RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 895

(1) 原文

895. [Vers. 9.] " Et venit ad me unus septem Angelorum habentium septem phialas plenas septem plagis ultimis, et locutus est mecum, dicens, Veni, ostendam tibi Sponsam Agni Uxorem," significat influxum et manifestationem a Domino ex intimo Caeli de Nova Ecclesia, quae per Verbum erit conjuncta Domino.Per "unum septem Angelorum habentium septem phialas plenas septem plagis ultimis, et locutus mecum," intelligitur Dominus ex intimo Caeli influens, et per intimum Caelum loquens, hic manifestans illa quae sequuntur; quod per hunc Angelum intelligatur Dominus, patet ab explicatione capitis xv., ubi haec sunt:

 

"Post haec vidi, cum ecce apertum est Templum Tabernaculi in Caelo, et exiverunt septem Angeli habentes septem plagas" (vers. 5 et 6);

 

quod per illa significetur quod visum sit intimum Caeli,ubi Dominus in Sua sanctitate, et in Lege quae Decalogus est, videatur supra (n. 669, 670); tum etiam ab explicatione capitis xvii., ubi haec sunt:

 

"Et venit unus ex Angelis habentibus septem phialas, et locutus est mecum dicens, Veni ostendam tibi judicium Meretricis magnae" (vers.1);

 

quod per illa significetur influxus et revelatio a Domino ex intimo Caeli de Religioso Catholico Romano, videatur supra (n. 718, 719): inde patet, quod per "venit ad me unus septem Angelorum habentium septem phialas plenas septem plagis ultimis, et locutus mecum dicens," intelligatur Dominus ex intimo Caeli influens; et quod per "veni, ostendam tibi" significetur manifestatio; et quod per "Sponsam Agni Uxorem" significetur Nova Ecclesia, quae per Verbum conjuncta erit Domino (ut n. 881): Ecclesia illa vocatur "Sponsa" quando instauratur, et "Uxor" quando instaurata est; hic "Sponsa Uxor" quia pro certo instauranda.

 

(2) 直訳

895. [Vers. 9.] " Et venit ad me unus septem Angelorum habentium septem phialas plenas septem plagis ultimis, et locutus est mecum, dicens, Veni, ostendam tibi Sponsam Agni Uxorem," significat influxum et manifestationem a Domino ex intimo Caeli de Nova Ecclesia, quae per Verbum erit conjuncta Domino.− 895(9) 「また、私に七人の天使のひとりがやって来た、最後の七つの災害に満ちている七つの鉢を持っている、また、私に話した、言って。来い、私はあなたに花嫁を小羊の妻を見せる」は、新しい教会について主による最内部の天界からの流入と明示を意味する、それは、みことばによって主の結合があるであろう――

Per "unum septem Angelorum habentium septem phialas plenas septem plagis ultimis, et locutus mecum," intelligitur Dominus ex intimo Caeli influens, et per intimum Caelum loquens, hic manifestans illa quae sequuntur; 「最後の七つの災害に満ちている七つの鉢を持っている七人の天使のひとり、また、私に話した」によって、最内部の天界から流入している、また最内部の天界を通して話している主が意味される、ここにそれらを明らかにしている(示している)それらが続けられる。

quod per hunc Angelum intelligatur Dominus, patet ab explicatione capitis xv., ubi haec sunt: この天使によって主が意味されることは、第15章の説明から明らかである、そこにこれらがある――

 

"Post haec vidi, cum ecce apertum est Templum Tabernaculi in Caelo, et exiverunt septem Angeli habentes septem plagas" (vers. 5 et 6); 「この後、私は見た、見よ、天の中の幕屋の神殿が開かれたとき、また七つの災害を持っている七つの天使たちが出た」(56)

quod per illa significetur quod visum sit intimum Caeli,ubi Dominus in Sua sanctitate, et in Lege quae Decalogus est, videatur supra (n. 669, 670); それらによって、天界の最内部が開かれたことが意味される、そこに主がご自分の神聖さの中に〔いる〕、また律法の中に、それは十戒である、そのことが上に見られる(669, 670)

tum etiam ab explicatione capitis xvii., ubi haec sunt: なおまた(加えて)らにまた、第17章の説明から、そこにこれらがある――

"Et venit unus ex Angelis habentibus septem phialas, et locutus est mecum dicens, Veni ostendam tibi judicium Meretricis magnae" (vers.1); 「また、七つの鉢を持っている天使たちのひとりがやって来た、また私に言って、話した、来い、私はあなたに大淫婦のさばきを見せる(未来)(1)

quod per illa significetur influxus et revelatio a Domino ex intimo Caeli de Religioso Catholico Romano, videatur supra (n. 718, 719): それらによって、ローマカトリックの宗教的信念について、最内部の天界からの主による流入と啓示が意味されることが、上に見られる(718, 719)

inde patet, quod per "venit ad me unus septem Angelorum habentium septem phialas plenas septem plagis ultimis, et locutus mecum dicens," intelligatur Dominus ex intimo Caeli influens; ここから明らかである、「私に七人の天使のひとりがやって来た、最後の七つの災害に満ちている七つの鉢を持っている、また、私に話した、言って」によって、最内部から流入する主が意味されること。

et quod per "veni, ostendam tibi" significetur manifestatio; また、「来い、私はあなたに見せる」によって、明示が意味されること。

et quod per "Sponsam Agni Uxorem" significetur Nova Ecclesia, quae per Verbum conjuncta erit Domino (ut n. 881): また「花嫁を小羊の妻を」によって、新しい教会が意味される、それはみことばによって主と結合される(881番のように)

Ecclesia illa vocatur "Sponsa" quando instauratur, et "Uxor" quando instaurata est; その教会は「花嫁」と呼ばれる、設立される(接続)時、また「妻」と、設立された時。

hic "Sponsa Uxor" quia pro certo instauranda. ここに「花嫁、妻」と、確かに、設立される(動形容詞☆)からである。

☆ 動形容詞は未来受動分詞とも言われ、「行なわれようとしている、行なわれるべき」ことを意味します。

 

(3) 訳文

895(9)「また、最後の七つの災害に満ちている七つの鉢を持っている七人の天使のひとりが私にやって来て、私に、言って、話した。来い、私はあなたに花嫁を小羊の妻を見せよう」は、みことばによって主の結合があるであろう新しい教会について、主による最内部の天界からの流入と明示を意味する

 「最後の七つの災害に満ちている七つの鉢を持っている七人の天使のひとりが、私に話した」によって、最内部の天界から流入している、また最内部の天界を通して話している、ここにそれらを明らかに示している主が意味されそれらが続けられる。この天使によって主が意味されることは、第15章の説明から明らかである、そこにこれらがある――

 

 「この後、私は見た、見よ、天の中の幕屋の神殿が開かれたとき、七つの災害を持っている七つの天使たちが出て来た」(56)

 

 それらによって、天界の最内部が開かれ、そこに主がご自分の神聖さの中に、また十戒である律法の中に〔いる〕ことが意味される、そのことが前に見られる(669, 670)。なおらにまた第17章の説明から、そこにこれらがある――

 

 「また、七つの鉢を持っている天使たちのひとりがやって来て、私に言って、話した、来い、私はあなたに大淫婦のさばきを見せよう」(1)

 

 それらによって、ローマカトリックの宗教的信念について、最内部の天界からの主による流入と啓示が意味されることが、前に見られる(718, 719)。ここから、「最後の七つの災害に満ちている七つの鉢を持っている七人の天使のひとりが私にやって来た、また、私に言って、話した」によって、最内部から流入する主が意味されること、また、「来い、私はあなたに見せよう」によって、明示が意味されることが明らかである。また「花嫁、小羊の妻」によって、みことばによって主と結合される新しい教会が意味されること(881番のように)

 その教会は設立される時、「花嫁」、また設立された時、「妻」と呼ばれる。ここに「花嫁、妻」と呼ばれる、確かに、設立されるからである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094932