RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 896

(1) 原文

896. [Vers. 10.] " Et abstulit me in spiritu super montem magnum et altum, et ostendit mihi urbem magnam, sanctam Hierosolymam, descendentem e Caelo a Deo," significat Johannem translatum in tertium Caelum, et visum ejus ibi apertum, coram quo manifestata est Nova Domini Ecclesia quoad doctrinam in forma urbis.Per "abstulit me in spiritu super montem magnum et altum" significatur quod Johannes translatus sit in tertium Caelum, ubi illi qui in amore a Domino sunt, et in doctrina genuini veri ab Ipso; "magnum" etiam praedicatur de bono amoris, et "altum" de veris; quod per ablatum "in montem" significetur in tertium Caelum, est quia dicitur "in spiritu;" et qui in spiritu est, quoad mentem et ejus visum est in mundo spirituali; et ibi angeli tertii Caeli habitant super montibus, angeli secundi Caeli super collibus, et angeli ultimi Caeli in vallibus inter colles et montes; quare cum quis in spiritu aufertur in montem, significatur in tertium Caelum: haec ablatio fit momento, quia fit per mutationem status mentis: per "ostendit mihi" significatur visus tunc apertus, et manifestatio; per "urbem magnam, sanctam Hierosolymam, descendentem e Caelo a Deo" significatur Nova Domini Ecclesia, ut supra (n. 879, 880{1}); ubi etiam explicatum est, unde est quod dicatur "sancta," et quod dicatur "descendens e Caelo a Deo;" quod visa sit in forma urbis, est quia "urbs" significat doctrinam (n. 194, 712), et Ecclesia est Ecclesia ex doctrina et ex vita secundum illam; visa etiam est ut urbs, ut describatur quoad omne quale ejus, et hoc describitur per ejus murum, portas, fundamenta, et per varias mensuras. Similiter describitur Ecclesia apud Ezechielem, ubi etiam dicitur, quod Propheta

 

In visionibus Dei deductus sit super montem altum valde, [et] viderit Urbem a meridie, quam angelus etiam quoad murum et portas, et quoad latitudines et altitudines, mensus est (cap. xl. 2, seq.).

 

Simile intelligitur per haec apud Sachariam:

 

"Dixi Angelo, Quo tu pergis; dixit, Ad metiendum Hierosolymam, ut videam quanta latitudo ejus, et quanta longitudo ejus" (ii. 6 [B. A.2]).

 

@1 879, 880 pro "878, 879"

 

(2) 直訳

896. [Vers. 10.] " Et abstulit me in spiritu super montem magnum et altum, et ostendit mihi urbem magnam, sanctam Hierosolymam, descendentem e Caelo a Deo," significat Johannem translatum in tertium Caelum, et visum ejus ibi apertum, coram quo manifestata est Nova Domini Ecclesia quoad doctrinam in forma urbis.− 896(10)「また、私を連れ去った、霊の中で、大きなまた高い山の上へ、また、私に見せた、聖なる大きな都エルサレムを、神から、天から降っている」は、第三の天界の中に移されたヨハネを意味する、またそこで開かれた彼の視覚を、その前に主の新しい教会が教えに関して都の形の中で示された――

Per "abstulit me in spiritu super montem magnum et altum" significatur quod Johannes translatus sit in tertium Caelum, ubi illi qui in amore a Domino sunt, et in doctrina genuini veri ab Ipso; 「私を連れ去った、霊の中で、大きなまた高い山の上へ」によって、ヨハネが第三の天界の中へ移された(運ばれた)ことが意味される、そこに彼らが、その者は主からの愛の中にいる、またその方からの真理の本物の教えの中に。

"magnum" etiam praedicatur de bono amoris, et "altum" de veris; なおまた「大きな」は愛の善について述べられる、また「高い」は真理について。

quod per ablatum "in montem" significetur in tertium Caelum, est quia dicitur "in spiritu;" 「山の中へ」連れ去られた、によって、第三の天界の中へが意味される、「霊の中で」と言われているからである。

et qui in spiritu est, quoad mentem et ejus visum est in mundo spirituali; また霊の中にいる者は、心とその視覚に関して霊界の中にいる。

et ibi angeli tertii Caeli habitant super montibus, angeli secundi Caeli super collibus, et angeli ultimi Caeli in vallibus inter colles et montes; また、そこに、第三の天界の天使たちは山の上に住んでいる、第二の天界の天使たちは丘の上に。また最も低い天界の天使たちは丘と山の間の谷間の中に。

quare cum quis in spiritu aufertur in montem, significatur in tertium Caelum: それゆえ、だれかが霊の中で山の中に連れ去られる(取り去られる)とき、第三の天界の中へ、が意味される。

haec ablatio fit momento, quia fit per mutationem status mentis: この取り去ることは瞬間に生じる、心の状態の変化によって生じるので。

per "ostendit mihi" significatur visus tunc apertus, et manifestatio; 「私に見せた」によって、視覚が意味される、その時、開かれた、また明示が。

per "urbem magnam, sanctam Hierosolymam, descendentem e Caelo a Deo" significatur Nova Domini Ecclesia, ut supra (n. 879, 880{1}); 「大きな都、聖なるエルサレムを、神から、天から降っている」によって、主の新しい教会が意味される、上のように(879, 880)

ubi etiam explicatum est, unde est quod dicatur "sancta," et quod dicatur "descendens e Caelo a Deo;" quod visa sit in forma urbis, est quia "urbs" significat doctrinam (n. 194, 712), et Ecclesia est Ecclesia ex doctrina et ex vita secundum illam; そこにもまた説明されている、どこからであるか、「聖なるもの」と言われること、また「神から、天から降っている」と言われること、都の形の中で見られたこと、「都」が教えを意味するからである(194, 712)、また教会は教えからまたそれにしたがった生活から教会である。

visa etiam est ut urbs, ut describatur quoad omne quale ejus, et hoc describitur per ejus murum, portas, fundamenta, et per varias mensuras. さらにまた、都として見られた、そのすべての性質に関して述べられるために、またこれが、その城壁、門、土台によって、またいろいろな計量によって。

Similiter describitur Ecclesia apud Ezechielem, ubi etiam dicitur, quod Propheta 同様に、教会が「エゼキエル(書)」のもとに述べられている、そこにもまた言われている、預言者〔エゼキエル〕が〜こと

In visionibus Dei deductus sit super montem altum valde, [et] viderit Urbem a meridie, quam angelus etiam quoad murum et portas, et quoad latitudines et altitudines, mensus est (cap. xl. 2, seq.). 神の幻の中で、非常に高い山の上に導かれた、また、都を南から見た、それを天使は城壁と門に関してもまた、また幅(広さ)と高さに関して、測定した(402以降)

Simile intelligitur per haec apud Sachariam: 同様のものが「ゼカリヤ(書)」のもとのこれらによって意味されている――

"Dixi Angelo, Quo tu pergis; 「私は天使に言った、どこへ、あなたは進むのか。

dixit, Ad metiendum Hierosolymam, ut videam quanta latitudo ejus, et quanta longitudo ejus" (ii. 6 [B. A.2]). 彼は言った、エルサレムを測定するために、私が知るために、その幅(広さ)がどれほどか、またその長さがどれほどか」(2:2)

@1 879, 880 pro "878, 879" 1 878, 879」の代わりに 879, 880

 

(3) 訳文

 896(10)「また、私を、霊の中で、大きなまた高い山の上へ連れ去り、私に、神から天を通って降っている聖なる大きな都エルサレムを見せた」は、第三の天界の中に移され、またそこで彼の視覚が開かれ、その〔視覚〕前に主の新しい教会が教えに関して都の形の中で示されたヨハネを意味する

 「私、霊、大きなまたったによってヨハネが第三天界されたことが意味されるそこにからのまたそのからの真理本物えのにいるがいるなおまた「大きなについてまた「高真理についてべられる。「山」連られたによって、第三天界へが意味される、「霊われ、霊にいる、心とその視覚して霊界にいるからであるまたそこの第三天界天使たちは、第二天界天使たちはまた最も低い天界の天使たちは丘と山の間の谷間に住んでいる。それゆえ、だれかが霊の中で山の中に連れ去られるとき、第三の天界の中へ連れ去られる、が意味される。この連れ去ることは、心の状態の変化によって生じるので、瞬間に生じる。「私に見せた」によって、その時、開かれた視覚が、また明示が意味される。「神から、天から降っている大きな都、聖なるエルサレム」によって、前のように、主の新しい教会が意味される(879, 880)。そこにもまた、「聖なるもの」と言われること、また「神から、天から降っている」と言われることがどこからか説明されている。都の形の中で見られたのは、「都」が教えを意味するからであり(194, 712)、教会は教えからまたそれにしたがった生活から教会である。さらにまた、都として、そのすべての性質に関して、またこれが、その城壁、門、土台によって、またいろいろな計量によって述べられるために、見られた。

 同様に、「エゼキエル」に教会が述べられており、そこにもまた、預言者〔エゼキエル〕が神の幻の中で、非常に高い山の上に導かれ、また、都を南から見て、それを天使は城壁と門に関しても、また広さと高さに関して測定したことが言われている(40:2以降)

 

 同様のものが「ゼカリヤ」のこれらによって意味されている――

 

 「私は天使に言った、どこへ、あなたは進むのか。彼は言った、エルサレムを測り、私が、その広さがどれほどか、またその長さがどれほどか知るために」(2:2)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094933