RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 897

(1) 原文

897. [Vers. 11.] " Habentem gloriam Dei; et lumen ejus simile lapidi pretiosissimo, tanquam lapidi jaspidi instar crystalli splendenti," significat quod in illa Ecclesia erit Verbum intellectum, quia translucens ex Sensu spirituali ejus.Per "gloriam Dei" significatur Verbum in sua Divina luce, de qua sequitur; per "lumen ejus" significatur Divinum Verum ibi, hoc enim intelligitur per lucem in Verbo (n. 796, 799); per "simile lapidi pretiosissimo, tanquam lapidi jaspidi instar crystalli splendenti" significatur id lucens et translucens ex Sensu spirituali ejus, de quo etiam sequitur. Per illa verba describitur intellectus Verbi apud illos qui in doctrina Novae Hierosolymae, et in vita secundum illam sunt. Apud hos Verbum quasi lucet cum legitur; lucet a Domino medio Sensu spirituali, quia Dominus est Verbum, et Sensus spiritualis est in luce Caeli quae procedit a Domino ut Sole; et Lux quae procedit a Domino ut Sole est in sua essentia Divinum Verum Divinae Sapientiae Ipsius. Quod in singulis Verbi sit Sensus spiritualis, in quo sunt angeli, et a quo est sapientia illorum, et quod Verbum transluceat ex luce illius Sensus apud illos qui a Domino in genuinis veris sunt, in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra ostensum est. [2] Quod per "gloriam Dei" intelligatur Verbum in sua Divina luce, constare potest ex his locis:

 

"Verbum Caro factum est, et vidimus Gloriam Ipsius sicut Gloriam Unigeniti a Patre" (Joh. i. 14);

 

quod per "gloriam" intelligatur gloria Verbi seu Divinum Verum in Ipso, patet, quoniam dicitur "Verbum Caro factum est:" simile per "gloriam" intelligitur in sequentibus, ubi dicitur, "Gloria Dei illustravit illam, et Lucerna ejus Agnus" (vers. 23). Simile intelligitur per

 

Gloriam in qua visuri sunt Filium Hominis quando venturus est in nubibus Caeli (Matth. xxiv. 30; Marc. xiii, 26{1});

 

(videatur supra, n. 22,{2} 642, 820;) nec aliud per

 

Thronum Gloriae super quo sedebit Dominus cum venturus est ad Ultimum Judicium (Matth. xxv. 31);

 

quia judicaturus est unumquemvis secundum vera Verbi, quare etiam dicitur, quod "venturus sit in gloria Sua." Quando Dominus transformatus est, etiam dicitur quod Moses et Elias "visi sint in Gloria" (Luc. ix. 30, 31);

 

per "Mosen et Eliam" significatur ibi Verbum; Ipse etiam Dominus tunc dedit Se videndum coram discipulis ut Verbum in gloria Sua: quod "Gloria" significet Divinum Verum, videantur plura ex Verbo supra (n. 629). [3] Quod Verbum comparetur "lapidi pretiosissimo tanquam lapidi jaspidi instar crystalli splendenti," est quia "lapis pretiosus" significat Divinum Verum Verbi (n. 231, 540, 726, 823); et "lapis jaspis" significat Divinum Verum Verbi in Sensu literae translucens ex Divino Vero in Sensu spirituali. Hoc significatur per

 

"Lapidem jaspidem," Exod. xxviii. 20; Ezech. xxviii. 13;

 

et in sequentibus in hoc capite, ubi dicitur, quod "structura muri" sanctae Hierosolymae esset "jaspis" (vers. 18); et quia Verbum in Sensu literae translucet ex Sensu spirituali ejus, dicitur "jaspis instar crystalli splendens." Omnis illustratio quae est illis qui in Divinis Veris a Domino sunt, est inde.

@1 26 pro "25" @2 22 pro "20"

 

(2) 直訳

897. [Vers. 11.] " Habentem gloriam Dei; et lumen ejus simile lapidi pretiosissimo, tanquam lapidi jaspidi instar crystalli splendenti," significat quod in illa Ecclesia erit Verbum intellectum, quia translucens ex Sensu spirituali ejus.− 897(11) 「神の栄光を持っている。またその光は最も価値のある石に似て〔いた〕、あたかも碧玉の石のような、光り輝く水晶に似た」は、その教会の中にみことばの真理の理解力があるであろうことを意味する、その霊的な意味から透明であるからである――

Per "gloriam Dei" significatur Verbum in sua Divina luce, de qua sequitur; 「神の栄光」によって、みことばが意味される、その神的光の中の、それについて続けられる。

per "lumen ejus" significatur Divinum Verum ibi, hoc enim intelligitur per lucem in Verbo (n. 796, 799); 「その光」によって、そこに神的真理が意味される、というのは、これはみことばの中で光によって意味されるから(796, 799)

per "simile lapidi pretiosissimo, tanquam lapidi jaspidi instar crystalli splendenti" significatur id lucens et translucens ex Sensu spirituali ejus, de quo etiam sequitur. 「最も価値のある石に似て〔いた〕、あたかも碧玉の石のような、光り輝く水晶に似た」によって、それがその霊的な意味から輝いているまた透明である、が意味される、そのことについても続けられる。

Per illa verba describitur intellectus Verbi apud illos qui in doctrina Novae Hierosolymae, et in vita secundum illam sunt. それらのことばによって、彼らのもとのみことばの理解力が述べられている、その者は新しいエルサレムの教えの中に、またそれにしたがって生活の中にいる。

Apud hos Verbum quasi lucet cum legitur; これらの者のもとで、みことばはあたかも輝くかのようである、読まれるとき。

lucet a Domino medio Sensu spirituali, quia Dominus est Verbum, et Sensus spiritualis est in luce Caeli quae procedit a Domino ut Sole; 主から輝く、霊的な意味を手段で(媒介として)、主はみことばであるからである、また霊的な意味は天界の光の中にある、それは太陽としての主から発出する。

et Lux quae procedit a Domino ut Sole est in sua essentia Divinum Verum Divinae Sapientiae Ipsius. また、太陽としての主から発出する光は、その本質の中でその方の神的知恵の神的真理である。

Quod in singulis Verbi sit Sensus spiritualis, in quo sunt angeli, et a quo est sapientia illorum, et quod Verbum transluceat ex luce illius Sensus apud illos qui a Domino in genuinis veris sunt, in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra ostensum est. みことばの個々のものの中に霊的な意味があること、その中に天使たちがいる、またそこから彼らの知恵がある、またみことばが彼らのもとのその意味の光から透明になっていること、その者は主から本物の真理の中にいる、『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に示されている。

[2] Quod per "gloriam Dei" intelligatur Verbum in sua Divina luce, constare potest ex his locis: [2] 「神の栄光」によって、みことばが意味されることは、その神的光の中の、これらの箇所から明らかにすることができる――

"Verbum Caro factum est, et vidimus Gloriam Ipsius sicut Gloriam Unigeniti a Patre" (Joh. i. 14); 「ことばは肉となった、また私たちはその方の栄光を、父からのひとり子の栄光のように、見た」(ヨハネ1:14)

quod per "gloriam" intelligatur gloria Verbi seu Divinum Verum in Ipso, patet, quoniam dicitur "Verbum Caro factum est:" 「栄光」によって、みことばの栄光、すなわち、その方の中の神的真理が意味されることは、明らかである、「ことばは肉となった」と言われているので。

simile per "gloriam" intelligitur in sequentibus, ubi dicitur, "Gloria Dei illustravit illam, et Lucerna ejus Agnus" (vers. 23). 同様のものが「栄光」によって、続くものの中で意味される、そこに言われている、「神の栄光がそれ〔都〕を照らした、またその明かりは小羊」(23)

Simile intelligitur per 同様のものが〜よって意味される

Gloriam in qua visuri sunt Filium Hominis quando venturus est in nubibus Caeli (Matth. xxiv. 30; Marc. xiii, 26{1}); 栄光を、その中に彼らは見るであろう、人の子を、天の雲の中にやって来る時(マタイ24:30、マルコ13:26)

(videatur supra, n. 22,{2} 642, 820;) (上に見られる、22, 642, 820)

nec aliud per 他のものも〔意味され〕ない、〜によって

Thronum Gloriae super quo sedebit Dominus cum venturus est ad Ultimum Judicium (Matth. xxv. 31); 栄光の王座、その上に主は最後の審判にやって来る時、座るであろう(マタイ25:31)

quia judicaturus est unumquemvis secundum vera Verbi, quare etiam dicitur, quod "venturus sit in gloria Sua." さばくであろうからである、みことばの真理にしたがってそれぞれの者を、それゆえ、さらにまた言われる、「ご自分の栄光の中にやって来ること」

Quando Dominus transformatus est, etiam dicitur quod Moses et Elias "visi sint in Gloria" (Luc. ix. 30, 31); 主が変容された時、もまたモーセとエリヤが「栄光の中に見られた」ことが言われている(ルカ9:30, 31)

per "Mosen et Eliam" significatur ibi Verbum; 「モーセとエリヤ」によって、そこに、みことばが意味される。

Ipse etiam Dominus tunc dedit Se videndum coram discipulis ut Verbum in gloria Sua: 主ご自身もまたその時、ご自分を弟子たちの前で見ることを許した(与えた)、みことばとして、ご自分の栄光の中に。

quod "Gloria" significet Divinum Verum, videantur plura ex Verbo supra (n. 629). 「栄光」が神的真理を意味することは、多くのものが上のみことばから見られる(629)

 [3] Quod Verbum comparetur "lapidi pretiosissimo tanquam lapidi jaspidi instar crystalli splendenti," est quia "lapis pretiosus" significat Divinum Verum Verbi (n. 231, 540, 726, 823); [3] みことばが、「最も価値のある石に、あたかも碧玉の石のような、光り輝く水晶に似た」たとえられていることは、「宝石」がみことばの神的真理を意味するからである(231, 540, 726, 823)

et "lapis jaspis" significat Divinum Verum Verbi in Sensu literae translucens ex Divino Vero in Sensu spirituali. また「碧玉の石」が、霊的な意味の中の神的真理から透明になっている文字どおりの意味の中のみことばの神的真理を意味する。

Hoc significatur per これが意味される〜によって

"Lapidem jaspidem," Exod. xxviii. 20; Ezech. xxviii. 13; 「碧玉の石」出エジプト記28:20、エゼキエル28:13.

et in sequentibus in hoc capite, ubi dicitur, quod "structura muri" sanctae Hierosolymae esset "jaspis" (vers. 18); また、この章の中の続くものの中で、そこに言われる、聖なるエルサレムの「城壁」が「碧玉で」造られたこと(18)

et quia Verbum in Sensu literae translucet ex Sensu spirituali ejus, dicitur "jaspis instar crystalli splendens."  またその霊的な意味から透明になっている文字どおりの意味の中のみことばが、「光り輝く水晶に似た碧玉」と言われるからである。 

Omnis illustratio quae est illis qui in Divinis Veris a Domino sunt, est inde. すべての照らしは、それは彼らにある、その者は主からの神的真理の中にいる、ここからである。

@1 26 pro "25" 1 25」の代わりに 26

@2 22 pro "20" 2 20」の代わりに 22

 

(3) 訳文

 897(11)「都は〕神の栄光を持っている。その光は最も価値のある石に似ており、あたかも光り輝く水晶に似た碧玉のようであった」は、その教会の中に、みことばの理解力があるであろうことを意味する、その霊的な意味から透明であるからである

 「神の栄光」によって、みことばが、その神的光の中のみことばが意味され、それについて続けられる。「その光」によって、そこの神的真理が意味される、というのは、これはみことばの中で光によって意味されるから(796, 799)。「あたかも碧玉の石のような、光り輝く水晶に似た最も価値のある石に似ていた」によって、それがその霊的な意味から輝いているまた透明である、が意味され、そのことについても続けられる。

 それらのことばによって、新しいエルサレムの教えの中に、またそれにしたがって生活の中にいる者のもとの、みことばの理解力が述べられている。

 これらの者のもとで、読まれるとき、みことばはあたかも輝くかのようである。主から霊的な意味を手段として輝く、主はみことばであり、霊的な意味は太陽としての主から発出する天界の光の中にあり、また、太陽としての主から発出する光は、その本質の中でその方の神的知恵の神的真理であるからである。

 みことばの個々のものの中に霊的な意味があり、その中に天使たちがいて、またそこから彼らの知恵があり、みことばが主から本物の真理の中にいる者のもとのその意味の光から透明になっていることは『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に示されている。

 [2] 「神の栄光」によって、みことばが、神的光の中のみことばが意味されることは、これらの箇所から明らかにすることができる――

 

 「ことばは肉となった。私たちはその方の栄光を、父からのひとり子の栄光のように見た」(ヨハネ1:14)

 

 「栄光」によって、みことばの栄光、すなわち、その方の中の神的真理が意味されることは、「ことばは肉となった」と言われているので明らかである。同様のものが「栄光」によって、続くものの中で意味され、そこに、「神の栄光がそれ〔都〕を照らした、またその明かりは小羊」(23)と言われている。

 同様のものが、「人の子が天の雲の中にやって来る時、彼らはその中に栄光を見るであろう」によって意味される(マタイ24:30、マルコ13:26)(前に見られる、22, 642, 820)

「栄光の王座、その上に主は最後の審判にやって来る時、座るであろう」もよって(マタイ25:31)他のものも〔意味され〕ない。みことばの真理にしたがってそれぞれの者をさばかれるからである、それゆえ、さらにまた、「ご自分の栄光の中にやって来ること」が言われている。

主が変容された時また、モーセとエリヤが「栄光の中に見られた」ことが言われている(ルカ9:30, 31)

 「モーセとエリヤ」によって、そこに、みことばが意味されている。

 主ご自身もまたその時、ご自分を弟子たちの前で、ご自分の栄光の中のみことばとして見ることを許された。「栄光」が神的真理を意味することは、多くのものが前のみことばから見られる(629)

 [3] みことばが、「あたかも碧玉の石のような、光り輝く水晶に似た最も価値のある石に」たとえられているのは、「宝石」がみことばの神的真理を意味する (231, 540, 726, 823)、また「碧玉の石」が、霊的な意味の中の神的真理から透明になっている文字どおりの意味の中のみことばの神的真理を意味するからである。

 これが「碧玉の石」によって意味され(出エジプト記28:20、エゼキエル28:13)、また、本章の中の続くものの中で、そこに、聖なるエルサレムの「城壁」が「碧玉で」造られた、と言われており(18) その霊的な意味から透明になっている文字どおりの意味の中のみことばが、「光り輝く水晶に似た碧玉」と言われているからである。 

 主からの神的真理の中にいる者にあるすべての照らしはここからである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094934