RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 898

(1) 原文

898. [Vers. 12] " Habentem murum magnum et altum," significat Verbum in Sensu literae ex quo doctrina Novae Ecclesiae.Cum per "urbem sanctam Hierosolymam" intelligitur Nova Domini Ecclesia quoad doctrinam, per "murum" ejus non aliud intelligitur quam Verbum in Sensu literae, ex quo doctrina; ille enim Sensus tutatur Sensum spiritualem, qui intus latet, sicut murus urbem et habitatores ejus. Quod Sensus literae sit basis, continens et firmamentum Sensus spiritualis ejus, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 27-36); quodque ille Sensus sit custodia, ne Divina Vera interiora, quae sunt Sensus spiritualis ejus, laedantur (n. 97 ibi): tum quod Doctrina Ecclesiae ex Sensu literae Verbi haurienda sit, et per illum confirmanda (n. 50-61 ibi). Dicitur "murus magnus et altus," quia intelligitur Verbum quoad Divinum Bonum et Divinum Verum; "magnum" enim praedicatur de bono, et "altum" de vero, ut supra (n. 896). [2] Per "murum" significatur id quod tutatur, et ubi de Ecclesia, significatur Verbum in Sensu literae etiam in sequentibus locis:

 

"Super Muros tuos, Hierosolyma, constitui custodes; die et nocte non tacebunt, commemorantes Jehovam" (Esaj. lxii. 6);

"Vocabunt te Urbem Jehovae, Zionem Sancti Israelis; et vocabis salutem Muros tuos, et portas tuas laudem" (Esaj. lx. 14, 18);

Jehovah erit "in Murum ignis circum, et in gloriam in medio ejus " (Sach. ii. 9 [B. A. 5]);

"Filii Arvadi super Muris tuis, et Gammadaei suspenderunt scuta sua super Muris circumcirca, et perfecerunt pulchritudinem tuam" (Ezech. xxvii. 11);

 

haec de Tyro, per quam significatur Ecclesia quoad cognitiones veri ex Verbo.

 

"Discurrite per plateas Hierosolymae, et videte si sit quaerens veritatem; ascendite in Muros ejus, et dejicite" (Jerem. v 1, 10);

"Cogitavit Jehovah perdere Murum filiae Zionis; lugere fecit Antemurale et Murum, simul languent; non lex et prophetae " (Thren. ii, 8, 9);

"In Urbe discurrent, in Muro current, in domos ascendent, per fenestras ingredientur" (Joel ii. 9);

 

haec de falsificationibus veri.

 

"Interdiu et noctu circumeunt impii in urbe, super Muris ejus, perditiones in medio ejus{1}" (Psalm. lv. 11, 12 [B. A. 10, 11]).

(Praeter alibi, ut Esaj. xxii. 5; cap. lvi. 5; Jerem. i. 15; Ezech. xxvii. 11; Thren. ii. 7.)

 

Quod Verbum in Sensu literae per "murum" significetur, patet clare ex sequentibus hujus capitis, quod de muro, ejus portis, fundamentis et mensuris multum agatur; causa est, quia Doctrina Novae Ecclesiae, quae per "urbem" significatur, unice est ex Sensu literae Verbi.

@1 ejus pro "eorum"

 

(2) 直訳

898. [Vers. 12] " Habentem murum magnum et altum," significat Verbum in Sensu literae ex quo doctrina Novae Ecclesiae.− 898(12)「大きな高い城壁を持っている」は、文字どおりの意味の中のみことばを意味する、それから新しい教会の教えが〔ある〕――

Cum per "urbem sanctam Hierosolymam" intelligitur Nova Domini Ecclesia quoad doctrinam, per "murum" ejus non aliud intelligitur quam Verbum in Sensu literae, ex quo doctrina; 「聖なる都エルサレム」によって、教えに関する主の新しい教会が意味されるとき、その「城壁」によって、他のものが意味されない、文字どおりの意味の中のみことば以外に、それから教えが〔ある〕。

ille enim Sensus tutatur Sensum spiritualem, qui intus latet, sicut murus urbem et habitatores ejus. というのは、その意味は霊的な意味を守るから、それは内部に隠れている、城壁のように、都をまたその住民を〔守る〕。

Quod Sensus literae sit basis, continens et firmamentum Sensus spiritualis ejus, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 27-36); 文字どおりの意味が、その霊的な意味の土台、容器また支柱であることは、『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に見られる(27-36)

quodque ille Sensus sit custodia, ne Divina Vera interiora, quae sunt Sensus spiritualis ejus, laedantur (n. 97 ibi): そして、その意味は保護(見張り)あること、内的な神的真理が、それはその霊的な意味である、傷つけられないように(97)

tum quod Doctrina Ecclesiae ex Sensu literae Verbi haurienda sit, et per illum confirmanda (n. 50-61 ibi). なおまた、教会の教えは、みことばの文字どおりの意味から汲み取られなければならないこと、またそれによって確信されなければならない(50-61番、そこに)

Dicitur "murus magnus et altus," quia intelligitur Verbum quoad Divinum Bonum et Divinum Verum; 「大きな高い城壁」と言われる、神的善と神的真理に関するみことばが意味されるからである。

"magnum" enim praedicatur de bono, et "altum" de vero, ut supra (n. 896). というのは、「大きいもの」は善について述べられる(属性とされる)から、また「高いもの」は真理について、上のように(896)

[2] Per "murum" significatur id quod tutatur, et ubi de Ecclesia, significatur Verbum in Sensu literae etiam in sequentibus locis: [2] 「城壁」によってそれが意味される、それは守る、またそこに教会について〔である〕、文字どおりの意味の中のみことばが意味される、続く箇所の中でもまた――

"Super Muros tuos, Hierosolyma, constitui custodes; 「あなたの城壁の上に、エルサレムよ、見張り人が置かれた。

die et nocte non tacebunt, commemorantes Jehovam" (Esaj. lxii. 6); 日にまた夜に、彼らは黙らない、エホバを物語って」(イザヤ62:6)

"Vocabunt te Urbem Jehovae, Zionem Sancti Israelis; 「彼らはあなたをエホバの都と呼ぶであろう、イスラエルの聖者のシオンと。

et vocabis salutem Muros tuos, et portas tuas laudem" (Esaj. lx. 14, 18); また、あなたは、あなたの城壁を救いと呼ぶであろう、またあなたの門を賛美と」(イザヤ60:14, 18)

Jehovah erit "in Murum ignis circum, et in gloriam in medio ejus " (Sach. ii. 9 [B. A. 5]); エホバは〜になる「周囲に火の城壁に、またその真ん中の中で栄光に」(ゼカリヤ2:5)

"Filii Arvadi super Muris tuis, et Gammadaei suspenderunt scuta sua super Muris circumcirca, et perfecerunt pulchritudinem tuam" (Ezech. xxvii. 11); 「アルワデの息子たちはあなたの城壁の上に、またガマデ人たちは自分の盾を周囲の城壁の上に掛けた、また彼らはあなたの美を完成した」(エゼキエル37:11)

haec de Tyro, per quam significatur Ecclesia quoad cognitiones veri ex Verbo. これらはツロについて〔言われている〕、それによって、みことばからの真理の認識(知識)に関する教会が意味されている。

"Discurrite per plateas Hierosolymae, et videte si sit quaerens veritatem; 「エルサレムの街路を通って駆けまわれ、また、見よ、狄人瓩魑瓩瓩討い觴圓いるかどうか。

ascendite in Muros ejus, et dejicite" (Jerem. v 1, 10); その城壁の中へ上れ、また投げ落とせ」(エレミヤ5:1, 10)

"Cogitavit Jehovah perdere Murum filiae Zionis; 「エホバは、シオンの娘の城壁を滅ぼすことを考えた。

lugere fecit Antemurale et Murum, simul languent; 堡塁(とりで)と城壁は悲しむことをする、一緒に衰える。

non lex et prophetae " (Thren. ii, 8, 9); 律法と預言者はない」(哀歌2:8, 9)

"In Urbe discurrent, in Muro current, in domos ascendent, per fenestras ingredientur" (Joel ii. 9); 「都の中を彼らは駆けまわる、城壁の中を走る、家の中へのぼる、窓を通って入る」(ヨエル2:9)

haec de falsificationibus veri. これらは真理の虚偽化について〔言われている〕。

"Interdiu et noctu circumeunt impii in urbe, super Muris ejus, perditiones in medio ejus{1}" (Psalm. lv. 11, 12 [B. A. 10, 11]). 「昼間にまた夜に、不信心な者が都の中をあちこち歩きまわる、その城壁の上に、その真ん中の中に破滅〔がある〕」(詩篇55:10, 11)

(Praeter alibi, ut Esaj. xxii. 5; cap. lvi. 5; Jerem. i. 15; Ezech. xxvii. 11; Thren. ii. 7.) (ほかに他の箇所に、例えば、イザヤ22:5、第565、エレミヤ1:15、エゼキエル27:11、哀歌2:7)

Quod Verbum in Sensu literae per "murum" significetur, patet clare ex sequentibus hujus capitis, quod de muro, ejus portis, fundamentis et mensuris multum agatur; 文字どおりの意味の中のみことばが「城壁」によって意味されることは、この章の続くものからはっきりと明らかである、城壁、その門、土台と計量(測定)について多くのものが扱われていること。

causa est, quia Doctrina Novae Ecclesiae, quae per "urbem" significatur, unice est ex Sensu literae Verbi. 理由がある、新しい教会の教えは、それは「都」によって意味される、もっぱらみことばの文字どおりの意味からであるからである。

@1 ejus pro "eorum" 1 eorum」の代わりに ejus

 

(3) 訳文

 898(12)「大きな高い城壁を持っている」は、文字どおりの意味のみことばを意味する、それから新しい教会の教えがある。

 「聖なる都エルサレム」によって、教えに関する主の新しい教会が意味されるとき、その「城壁」によって、文字どおりの意味の中のみことば以外に他のものが意味されない、それから教えが〔ある〕。というのは、その意味は、都をまたその住民を守る城壁のように、内部に隠れている霊的な意味を守るから。

 文字どおりの意味が、その霊的な意味の土台、容器、支柱であることは、『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に見られる(27-36)。そして、その意味は、内的な神的真理が、傷つけられないように保護(見張り)あること(そこの97)。なおまた、教会の教えは、みことばの文字どおりの意味から汲み取られ、またそれによって確信されなければならないこと(50-61)

「大きな高い城壁」と言われる、神的善と神的真理に関するみことばが意味されるからである。というのは、前のように(896)「大きい」は善について、また「高い」は真理について述べられるから。

 [2] 「城壁」によって、守るものが意味され、またそこに教会について〔であるとき〕、続く箇所の中でもまた、文字どおりの意味のみことばが意味されている――

 

 「エルサレムよ、あなた城壁の上に見張り人が置かれた。日に夜に、彼らは、エホバを物語って黙らない」(イザヤ62:6)

 「彼らはあなたをエホバの都、イスラエルの聖者のシオンと呼ぶであろう。また、あなたは、あなたの城壁を救い、またあなたの門を賛美と呼ぶであろう」(イザヤ60:14, 18)

 エホバは「周囲に火の城壁に、またその真ん中で栄光に」になる(ゼカリヤ2:5)

 「アルワデの息子たちはあなたの城壁の上に、またガマデ人たちは周囲の城壁の上に自分の盾を掛け、彼らはあなたの美を完成した」(エゼキエル37:11)

 

 これらはツロについて〔言われている〕、それによって、みことばからの真理の認識に関する教会が意味されている。

 

 「エルサレムの街路を通って駆けまわれ。また、見よ、狄人瓩魑瓩瓩討い觴圓いるかどうか。その城壁へ上れ、また投げ落とせ」(エレミヤ5:1, 10)

 「エホバは、シオンの娘の城壁を滅ぼすことを考えた。 堡塁と城壁は悲しみ、一緒に衰える。律法と預言者〔の書〕はない」(哀歌2:8, 9)

 「彼らは都の中を駆けまわり、城壁の中を走り、家の中へ上り、窓を通って入る」(ヨエル2:9)

 

 これらは真理の虚偽化について〔言われている〕。

 

 「昼間にまた夜に、不信心な者が都の中をあちこち歩きまわり、その城壁の上に、その真ん中に破滅〔がある〕」(詩篇55:10, 11)(ほかに他の箇所に、例えば、イザヤ22:556:5、エレミヤ1:15、エゼキエル27:11、哀歌2:7)

 

 文字どおりの意味の中のみことばが「城壁」によって意味されることは、本章の続くもの、城壁、その門、土台と測定について多くのものが扱われていることからはっきりと明らかである。その理由は、「都」によって意味される新しい教会の教えが、もっぱらみことばの文字どおりの意味からであるからである。

 

◎ここでやっと『霊界体験記』原文の整備が終わりました。そこにはスウェーデン語も出てきます。

 スウェーデン語(スヴェーデン語)についてはまったくわかりませんが、個人名など、どのように発音するのか(またそれをどのように、日本語として表記するのか)少し勉強したことがあります。

 「Swedenborg」について、「w」は、(「ウ」でなく)はっきりと「ヴ」です (余計ですが、国名は「スヴェーデン」が正しいです、またまた余計ですが「イギリス」という言い方は日本だけです)

 さて、「〜rg」ですが、無理やり表記すれば「〜ルイ」であり、そうすれば長島さんの「スヴェーデンボルイ」となります。私は、「スヴェーデン」人からその発音を質問し、直接に聞いたことがありますが、これを日本語として表記すれば「スヴェーデンボリ」です(確信しています)

 (自分勝手に呼ぶのでなく)本人に一番近い言葉で呼ぶ(発音する)のが「礼儀」と思うので、こうしています。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 01:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094935