RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 899

(1) 原文

899. " Habentem portas duodecim," significat ibi omnes cognitiones veri et boni, per quas homo introducitur in Ecclesiam.Per "portas" significantur cognitiones veri et boni ex Verbo, quia per illas homo introducitur in Ecclesiam; "murus" enim in quo portae erant, significat Verbum, de quo mox supra (n. 898); et in sequentibus dicitur, quod "duodecim portae duodecim margaritae essent, unaquaevis portarum una margarita" (vers. 21); et per "margaritas" significantur cognitiones veri et boni (n. 727); quod homo per illas introducatur in Ecclesiam, sicut per portas in urbem, patet: quod "duodecim" significent omnes, videatur supra (n. 348). Per "portas" significantur cognitiones veri et boni, etiam in his locis:

 

"Fundamenta tua ponam in sapphiris, et ponam pyropum soles tuos, et Portas tuas in lapides carbunculi" (Esaj. liv. 11, 12);

"Amans Jehovah Portas Zionis prae omnibus habitaculis Jacobi; gloriosa praedicanda sunt{1} in te, Urbs Dei " (Psalm. lxxxvii. 2[, 3]);

"Intrate per Portas Ipsius in confessione, confitemini Ipsi, benedicite Nomini Ipsius "(Psalm. c. 4);

"Stantes fuerunt pedes nostri in Portis tuis, Hierosolyma; Hierosolyma aedificata sicut Urbs quae cohaeret una" (Psalm. cxxii. 2, 3);

"Lauda Hierosolyma Jehovam, nam firmat vectes Portarum tuarum, benedicit filiis tuis in medio tui" (Psalm. cxlvii. 12, 13);

"Ut enumerem omnes laudes tuas in Portis filiae Zionis" (Psalm. ix.15 [B. A. 14]);

"Aperite Portas, ut ingrediatur Gens justa custodiens fidelitates" (Esaj. xxvi. 2{2});

"Extollite vocem ut veniant Portae principum" (Esaj. xiii. 2);

"Beati qui faciunt mandata Ipsius, et per Portas ingrediuntur in Urbem" (Apoc. xxii. 14);

"Attolite Portae capita vestra, ut ingrediatur Rex gloriae" (Psalm. xxiv. 7, 9);

"Viae Zionis lugentes, omnes Portae ejus devastatae sunt, sacerdotes ejus gemunt" (Thren. i. 4);

"Luxit Jehudah, et portae ejus languescentes factae sunt" (Jerem. xiv.{3} 12);

"Cogitavit Jehovah perdere Murum filiae Zionis, subsederunt in terram Portae ejus" (Thren. ii. 8, 9);

"Qui peccare faciunt hominem in Verbo, et corripientem in Porta illa queant" (Esaj. xxix. 21);

"Elegit deos novos, tunc oppugnare coepit Portas" (Jud. v. 8).

(Praeter alibi, ut Esaj. iii. 25, 26; cap. xiv. 31; cap. xxii. 7; cap xxiv. 12; cap. xxviii. 6; cap. lxii. 10; Jerem. i. 15; cap. xv. 7; cap. xxxi. 38, 40; Mich. ii. 13; Nah. iii. 13; Jud. v. 11.)

 

Quoniam "portae" significabant vera introducentia, quae sunt cognitiones ex Verbo, ideo Seniores Urbis sedebant in Portis et judicabant

 

(Ut patet ex Deutr. xxi, 18-21{4}; cap. xxii. 15; Thren. v. 14; Amos v. 12, 15; Sach. viii. 16).

 

@1 sunt pro "est" @2 2 pro "3" @3 xiv. pro "iv." @4 21 pro "22"

 

(2) 直訳

899. " Habentem portas duodecim," significat ibi omnes cognitiones veri et boni, per quas homo introducitur in Ecclesiam.− 899「十二の門を持っている」は、そこに真理と善のすべての認識(知識)〔がある〕、それらによって、人間は教会の中に導き入れられることを意味する――

Per "portas" significantur cognitiones veri et boni ex Verbo, quia per illas homo introducitur in Ecclesiam; 「門」によって、みことばからの真理と善の認識(知識)意味される、それらによって、人間は教会の中に導き入れられるからである。

"murus" enim in quo portae erant, significat Verbum, de quo mox supra (n. 898); というのは、「城壁」は、その中に門があった、みことばを意味するから、それについてすぐ上に〔扱われた〕(898)

et in sequentibus dicitur, quod "duodecim portae duodecim margaritae essent, unaquaevis portarum una margarita" (vers. 21); また、続くものの中で言われる、「十二の門は十二の真珠であった、それぞれの門は一つの真珠〔であった〕」こと。

et per "margaritas" significantur cognitiones veri et boni (n. 727); また「真珠」によって、真理と善の認識(知識)意味される(727)

quod homo per illas introducatur in Ecclesiam, sicut per portas in urbem, patet: 人間はそれらによって、教会の中に導き入れられることは、城壁の中の門によってのように、明らかである。

quod "duodecim" significent omnes, videatur supra (n. 348). 「十二」がすべてのものを意味することは、上に見られる(348)

Per "portas" significantur cognitiones veri et boni, etiam in his locis: 「門」によって、真理と善の認識(知識)意味される、さらにまたこれらの箇所の中に――

"Fundamenta tua ponam in sapphiris, et ponam pyropum soles tuos, et Portas tuas in lapides carbunculi" (Esaj. liv. 11, 12); 「わたしはあなたの土台をサファイアの中に置く、またあなたの「銃眼付きの胸壁☆」にルビーを置く、またあなたの門をザクロ石(赤い色の宝石)の中に」(イザヤ54:11, 12)

soles が何か確認できませんが(英訳は太陽⇒日の光⇒「窓」と意訳しています)、ヘブル原文では「狭間胸壁」を意味することばです。

"Amans Jehovah Portas Zionis prae omnibus habitaculis Jacobi; 「エホバはシオンの門をヤコブのすべての住民よりも愛している。

gloriosa praedicanda sunt{1} in te, Urbs Dei " (Psalm. lxxxvii. 2[, 3]); あなたの中で壮麗なものが語られなければならない、神の都よ」(詩篇87:2, 3)

"Intrate per Portas Ipsius in confessione, confitemini Ipsi, benedicite Nomini Ipsius "(Psalm. c. 4); 「感謝(告白)の中で、その方の門を通って入れ、私たちはその方を称賛する、その方の名前に(を)福せよ」(詩篇100:4)

"Stantes fuerunt pedes nostri in Portis tuis, Hierosolyma; 「私たちの足はあなたの門の中に立っていることをしてきた、エルサレムよ。

Hierosolyma aedificata sicut Urbs quae cohaeret una" (Psalm. cxxii. 2, 3); エルサレムは都のように建てられた、それは一緒に密着する」(詩篇122:2, 3)

"Lauda Hierosolyma Jehovam, nam firmat vectes Portarum tuarum, benedicit filiis tuis in medio tui" (Psalm. cxlvii. 12, 13); 「エルサレムよ、エホバを称賛せよ、なぜなら、あなたの門のかんぬきを強くしたから、あなたの息子たちをあなたの真ん中の中で祝福した」(詩篇147:12, 133)

"Ut enumerem omnes laudes tuas in Portis filiae Zionis" (Psalm. ix.15 [B. A. 14]); 「私があなたのすべての称賛を数えるために、シオンの娘の門の中で」(詩篇9:143)

"Aperite Portas, ut ingrediatur Gens justa custodiens fidelitates" (Esaj. xxvi. 2{2}); 「(あなたがたは)門を開けよ、誠実を守っている正しい国民が入るために」(イザヤ26:2)

"Extollite vocem ut veniant Portae principum" (Esaj. xiii. 2); 「声を上げよ、彼らが君主の門にやって来るように」(イザヤ26:2)

"Beati qui faciunt mandata Ipsius, et per Portas ingrediuntur in Urbem" (Apoc. xxii. 14); 「幸いだ、その者はその方の命令を行なう、また門を通って都の中に入る」(黙示録22:14)

"Attolite Portae capita vestra, ut ingrediatur Rex gloriae" (Psalm. xxiv. 7, 9); 「門よ、あなたがたの頭を上げよ、栄光の王が入るように」(詩篇24:7, 9)

"Viae Zionis lugentes, omnes Portae ejus devastatae sunt, sacerdotes ejus gemunt" (Thren. i. 4); 「シオンの道は悲しんでいる、そのすべての門は荒らされた、その祭司たちはうめく」(哀歌1:4)

"Luxit Jehudah, et portae ejus languescentes factae sunt" (Jerem. xiv.{3} 12); 「ユダは痙攣を引き起こした、またその門は弱くなった」(エレミヤ14:12)

"Cogitavit Jehovah perdere Murum filiae Zionis, subsederunt in terram Portae ejus" (Thren. ii. 8, 9); 「エホバはシオンの娘の城壁を滅ぼすことを考えた、その門は地の中に沈んだ」(哀歌2:8, 9)

"Qui peccare faciunt hominem in Verbo, et corripientem in Porta illa queant" (Esaj. xxix. 21); 「その者は、人間をみことばの中で罪を犯すことをさせる、また捕える者をその門の中で〔そのことを〕できる」(イザヤ29:21)

"Elegit deos novos, tunc oppugnare coepit Portas" (Jud. v. 8). 「彼は新しい神々を選んだ、その時、門を攻撃することを始めた」(士師記5:8)

(Praeter alibi, ut Esaj. iii. 25, 26; cap. xiv. 31; cap. xxii. 7; cap xxiv. 12; cap. xxviii. 6; cap. lxii. 10; Jerem. i. 15; cap. xv. 7; cap. xxxi. 38, 40; Mich. ii. 13; Nah. iii. 13; Jud. v. 11.) (ほかに他の箇所に、例えば、イザヤ3:25,26、第1431、第227、第2412、第286、第6210、エレミヤ1:15、第157、第3138, 40、ミカ:13、ナホム3:13、士師記5:11)。

Quoniam "portae" significabant vera introducentia, quae sunt cognitiones ex Verbo, ideo Seniores Urbis sedebant in Portis et judicabant 「門」が導き入れる真理を意味したので、それらはみことばからの認識(知識)である、それゆえ、都の長老たちは門の中に座った、またさばいた。

(Ut patet ex Deutr. xxi, 18-21{4}; cap. xxii. 15; Thren. v. 14; Amos v. 12, 15; Sach. viii. 16). (申命記21:18-21、第2215、哀歌5:14、アモス5:12, 15、ゼカリヤ8:16から明らかであるように)

@1 sunt pro "est" 1 est」の代わりに sunt

@2 2 pro "3" 2 3」の代わりに 2

@3 xiv. pro "iv."  3 iv.」の代わりに xiv.

@4 21 pro "22" 4 22」の代わりに 21

 

(3) 訳文

 899「十二の門を持っている」は、そこに真理と善のすべての認識(知識)があり、それらによって、人間は教会の中に導き入れられることを意味する。

 「門」によって、みことばからの真理と善の認識(知識)意味される、それらによって人間は教会の中に導き入れられるからである。というのは、「城壁」はみことばを意味し、それについてすぐ前に〔扱われた〕(898)、その中に門があった、また、続くものの中で、「十二の門は十二の真珠であり、それぞれの門は一つの真珠であった」こと言われ、また「真珠」によって、真理と善の認識(知識)意味されるからである(727)。人間が、城壁の中の門によってのように、それらによって教会の中に導き入れられることは明らかである。「十二」がすべてのものを意味することは、前に見られる(348)

 「門」によって、真理と善の認識(知識)、これらの箇所の中でも意味されている――

 

 「わたしはあなたの土台をサファイアにする、またあなたの窓☆をルビーに、またあなたの門をザクロ石にする」(イザヤ54:11, 12)

 「エホバはシオンの門をヤコブのすべての住民よりも愛している。神の都よ、あなたの中で壮麗なものが語られなければならない、」(詩篇87:2, 3)

 「感謝の中で、その方の門を通って入れ、私たちはその方を称賛する、その方の名前を祝福せよ」(詩篇100:4)

 「エルサレムよ、私たちの足はあなたの門の中で立ってきた。エルサレムは一緒に密着する都のように建てられた」(詩篇122:2, 3)

 「エルサレムよ、エホバを称賛せよ、なぜなら、あなたの門のかんぬきを強くし、あなたの息子たちをあなたの真ん中で祝福したからである」(詩篇147:12, 133)

 「私があなたのすべての称賛を、シオンの娘の門の中で数えるために」(詩篇9:143)

 「門を開けよ、誠実を守っている正しい国民が入るために」(イザヤ26:2)

 「声を上げよ、彼らが君主の門にやって来るために」(イザヤ26:2)

 「その方の命令を行ない、門を通って都の中に入る者は幸いだ」(黙示録22:14)

 「門よ、栄光の王が入るために、あなたがたの頭を上げよ」(詩篇24:7, 9)

 「シオンの道は悲しんでいる、そのすべての門は荒らされ、その祭司たちはうめく」(哀歌1:4)

 「ユダは痙攣を引き起こし、その門は弱くなった」(エレミヤ14:12)

 「エホバはシオンの娘の城壁を滅ぼすことを考えた。その門は地の中に沈んだ」(哀歌2:8, 9)

 「その者は、人間をみことばの中で罪を犯すことをさせ、捕える者をその門の中で〔そのことが〕できる」(イザヤ29:21)

 「彼は新しい神々を選んだ、その時、門を攻撃し始めた」(士師記5:8)

 (ほかに他の箇所に、例えば、イザヤ3:25,2614:3122:724:1228:662:10、エレミヤ1:1515:731:38, 40、ミカ:13、ナホム3:13、士師記5:11)。

 

 「門」が、みことばからの認識(知識)である導き入れる真理を意味したので、それゆえ、都の長老たちは門の中に座り、さばいた(申命記21:18-2122:15、哀歌5:14、アモス5:12, 15、ゼカリヤ8:16から明らかであるように)

 

この「窓」は、ヘブル原文では「狭間胸壁」を意味することばです。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094936