RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 900

(1) 原文

900. " Et super portis angelos duodecim, et nomina superscripta quae sunt duodecim tribuum filiorum Israelis," significat Divina vera et bona Caeli, quae etiam sunt Divina vera et bona Ecclesiae, in cognitionibus illis, et quoque custodias, ne quis intret nisi in illis sit ex Domino.Per "angelos duodecim" significantur hic omnia vera et bona Caeli, quoniam per "angelos" in supremo Sensu significatur Dominus, in communi Sensu Caelum ex angelis, et in particulari Sensu vera et bona Caeli a Domino (videatur n. 5, 170, 258, 344, 415, 465, 647, 648, 657, 718); hic vera [et] bona Caeli, quia sequitur, "et nomina superscripta quae sunt duodecim tribuum filiorum Israelis," per quae significantur omnia vera et bona Ecclesiae (n. 349). Per "super portis" significatur in cognitionibus illis, quia "super" in Verbo significat intra; causa est quia id quod supremum est in ordine successivo fit intimum in ordine simultaneo; quare Caelum tertium vocatur tam supremum quam intimum Caelum; inde est quod "super{1} portis" significet in cognitionibus veri: per "nomina superscripta" significatur omne quale eorum, ita quoque in illis, nam omne quale est ex internis in externis. Quod per eadem verba significentur custodiae ne quis intret in Ecclesiam, nisi in cognitionibus illis sit ex Domino, patet; quia angeli visi sunt stantes super portis, et quoque nomina tribuum Israelis erant scripta super illis. Dicitur quod vera et bona Caeli et Ecclesiae sint in cognitionibus quae sunt ex Verbo, per quas fit introductio in Ecclesiam, quia cognitiones veri et boni ex Verbo, quando in illis est spirituale e Caelo a Domino, non vocantur cognitiones, sed vera; at si non in illis est spirituale e Caelo a Domino, non sunt nisi quam scientifica.

@1 super pro "supra"

 

(2) 直訳

900. " Et super portis angelos duodecim, et nomina superscripta quae sunt duodecim tribuum filiorum Israelis," significat Divina vera et bona Caeli, quae etiam sunt Divina vera et bona Ecclesiae, in cognitionibus illis, et quoque custodias, ne quis intret nisi in illis sit ex Domino.− 900「また門の上に十二の天使、また名前が書かれていた、それらはイスラエル民族の十二の部族である」は、天界の神的真理と善を意味する、それらは教会の神的真理と善でもある、それらの認識(知識)の中の、また保護(防御・見張り)〔意味する〕、だれがか入らないように、主からそれらの中にいるのでないなら――

Per "angelos duodecim" significantur hic omnia vera et bona Caeli, quoniam per "angelos" in supremo Sensu significatur Dominus, in communi Sensu Caelum ex angelis, et in particulari Sensu vera et bona Caeli a Domino (videatur n. 5, 170, 258, 344, 415, 465, 647, 648, 657, 718); 「十二天使」よって、天界のすべての真理と善が意味される、「天使」によって最高の意味の中で主が意味されるからである、全般的な意味の中で天使からの天界が、また個別的な意味の中で主からの天界の真理と善が(5, 170, 258, 344, 415, 465, 647, 648, 657, 718番に見られる)

hic vera [et] bona Caeli, quia sequitur, "et nomina superscripta quae sunt duodecim tribuum filiorum Israelis," per quae significantur omnia vera et bona Ecclesiae (n. 349). ここに、天界の真理と善が〔意味される〕、「また名前かれていたそれらはイスラエル民族十二部族であるけられるからであるそれらによって、教会のすべての真理意味される(349)

Per "super portis" significatur in cognitionibus illis, quia "super" in Verbo significat intra; 「門の上に」によって、それらの認識(知識)意味される、みことばの中の「上に」が内部にを意味するからである。

causa est quia id quod supremum est in ordine successivo fit intimum in ordine simultaneo; 理由がある、それからである、連続的な順序の中で最高のものは同時的な順序の中で最内部のものになること。

quare Caelum tertium vocatur tam supremum quam intimum Caelum; それゆえ、第三の天界は、最高の〔天界〕とも最内部の天界とも呼ばれる。

inde est quod "super{1} portis" significet in cognitionibus veri: ここからである、「門の上に」が真理の認識(知識)の中に、を意味すること。

per "nomina superscripta" significatur omne quale eorum, ita quoque in illis, nam omne quale est ex internis in externis. 「書かれていた名前」によって、それらのすべての性質が意味される、そのようにまた、それらの中の〔性質が〕、なぜなら、すべての性質は内なるものから外なるものの中にあるから。

Quod per eadem verba significentur custodiae ne quis intret in Ecclesiam, nisi in cognitionibus illis sit ex Domino, patet; 同じことばによって、だれがか教会らないように、保護(防御見張)が意味されることは、からそれらの認識(知識)にいるのでないなら明らかである。

quia angeli visi sunt stantes super portis, et quoque nomina tribuum Israelis erant scripta super illis. 天使たちが門の上に立っているのが見られたからである、そしてまた、イスラエルの十二部族の名前がそれらの上に書かれていた。

Dicitur quod vera et bona Caeli et Ecclesiae sint in cognitionibus quae sunt ex Verbo, per quas fit introductio in Ecclesiam, quia cognitiones veri et boni ex Verbo, quando in illis est spirituale e Caelo a Domino, non vocantur cognitiones, sed vera; 天界と教会の真理と善が、認識(知識)にあることがわれたそれらはみことばからある、それらによって教会の中へ導き入れられることが行なわれる、みことばからの真理と善の認識(知識)が、それらの中に主から天界から霊的なものがある時、認識(知識)と呼ばれないからである、しかし、真理と〔呼ばれる〕。

at si non in illis est spirituale e Caelo a Domino, non sunt nisi quam scientifica. しかし、もし、それらの中に主から天界から霊的なものがないなら、記憶知以外でないならない〔もの〕である。

@1 super pro "supra" 注1 supra」の代わりに super

 

(3) 訳文

 900「門の上に十二の天使〔がいて〕、イスラエルの子らの十二の部族の名前が書かれていた」は、天界の神的真理と善を意味する、それらは教会の、それらの認識(知識)の中の神的真理と善でもある、また、主からそれらの中にいるのでないなら、だれがか入らないようにとの保護を〔意味する〕

 「十二天使」よって、天界のすべての真理と善が意味される、「天使」によって最高の意味で主が、全般的な意味で天使からの天界が、また個別的な意味で主からの天界の真理と善が意味されるからである(5, 170, 258, 344, 415, 465, 647, 648, 657, 718番に見られる)。ここに、天界の真理と善が〔意味される〕、「イスラエル民族十二部族である名前かれていたけられそれらによって、教会のすべての真理意味されるからである(349)

 「門の上に」によって、それらの認識(知識)意味される、みことばの中の「上に」が内部にを意味するからである。その理由は、連続的な順序の中で最高のものは同時的な順序の中で最内部のものになるからである。それゆえ、第三の天界は、最高の天界とも最内部の天界とも呼ばれる。ここから、「門の上に」は、真理の認識(知識)の中に、を意味する。「書かれていた名前」によって、それらのすべての性質が、そのように、それらの中の〔性質も〕意味される、なぜなら、すべての性質は内なるものから外なるものの中にあるからである。

 同じことばによって、主からそれらの認識(知識)にいるのでないならだれがか教会らないようにとの護が意味されることは、らかである。天使たちが門の上に立っているのが見られ、そしてまた、イスラエルの十二部族の名前がそれらの上に書かれていたからである。

 天界と教会の真理と善が、みことばからあ認識(知識)にあり、それらによって教会の中へ導き入れられることが言われた、みことばからの真理と善の認識(知識)が、それらの中に主から天界から霊的なものがある時、認識(知識)と呼ばれず、、真理と呼ばれるからである。それらの中に主から天界からの霊的なものがないなら、記憶知でしかない〔ものである〕。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094937