RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 902

(1) 原文

902. [Vers. 14.] " Et murus urbis habens fundamenta duodecim," significat quod Verbum in Sensu literae contineat omnia doctrinae Novae Ecclesiae.Per "murum urbis" significatur Verbum in Sensu literae (n. 898); et per "fundamenta duodecim" significantur omnia doctrinae Ecclesiae, per "fundamenta" significantur doctrinalia, et per "duodecim" omnia; etiam Ecclesia fundatur super doctrina, docet enim quomodo credendum est et quomodo vivendum, et doctrina non aliunde quam ex Verbo haurienda est; quod ex Sensu literae Verbi, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 50-61). Quoniam omnia doctrinae per "duodecim fundamenta muri urbis Novae Hierosolymae" significantur, et Ecclesia est Ecclesia ex doctrina, ideo de fundamentis ejus in specie agitur infra (vers. 19, 20). In Verbo aliquoties nominantur "fundamenta terrae;" et per illa non intelliguntur fundamenta terrae, sed fundamenta Ecclesiae, "terra" enim significat Ecclesiam (n. 285): et fundamenta Ecclesiae non alia sunt, quam quae ex Verbo sunt, et vocantur doctrinalia; ipsum enim Verbum est quod fundat Ecclesiam. [2] Doctrinalia ex Verbo etiam significantur per "fundamenta" in his locis:

 

"Annon intelligitis Fundamenta terrae" (Esaj. xl. 21);

"Ponam verba Mea in os tuum ad plantandum Caelos et ad Fundandum terram" (Esaj. li. 16):

"Non agnoscunt, non intelligunt, in tenebris ambulant, vacillant omnia Fundamenta terrae" (Psalm. lxxxii. 5):

"Verbum Jehovae extendentis Caelos et Fundantis terram, et formantis spiritum hominis in medio ejus" (Sach. xii. 1);

"Jehovah accendit ignem in Zione, qui comedit Fundamenta ejus" (Thren. iv. 11);

"Impii jaculantur in tenebris rectos corde, quia Fundamenta subruuntur" (Psalm. xi. 2, 3);

"Audite montes litem Jehovae, robora, Fundamenta terrae, quia lis Jehovae cum populo Suo" (Mich. vi. 2);

"Cataractae ab alto apertae sunt, et commota sunt Fundamenta terrae, confracta est terra, disrupta est terra, commota est terra" (Esaj. xxiv. 18-20).

(Praeter alibi, ut Esaj. xiv. 32; cap. xlviii. 13: cap. li. 13; Psalm. xxiv. 2; Psalm. cii. 26 [B. A. 25]; Psalm. civ. 5, 6; 2 Sam. xxii. 8, 16:)

 

Qui non cogitat quod "terra" significet Ecclesiam, non potest nisi quam mere naturaliter, imo materialiter cogitare hic, ubi legit "fundamenta terrae;" similiter ut foret, si non cogitaret quod urbs Hierosolyma hic significet Ecclesiam, dum legit murum, portas, fundamenta, plateas, mensuras ejus, et plura quae in hoc capite describuntur ut urbis, cum tamen sunt Ecclesiae, ita non materialiter sed spiritualiter intelligenda.

 

(2) 直訳

902. [Vers. 14.] " Et murus urbis habens fundamenta duodecim," significat quod Verbum in Sensu literae contineat omnia doctrinae Novae Ecclesiae.− 902(14)「また都の城壁は十二の土台(基礎)を持っている」は、文字どおりの意味の中のみことばが新しい教会のすべての教えを含んでいることを意味する――

Per "murum urbis" significatur Verbum in Sensu literae (n. 898); 「都の城壁」によって、文字どおりの意味の中のみことばが意味される(898)

et per "fundamenta duodecim" significantur omnia doctrinae Ecclesiae, per "fundamenta" significantur doctrinalia, et per "duodecim" omnia; また、「十二の土台(基礎)」によって、教会の教えのすべてのものが意味される、「土台(基礎)」によって、教えの事柄が意味される、また「十二」によって、すべてのものが。

etiam Ecclesia fundatur super doctrina, docet enim quomodo credendum est et quomodo vivendum, et doctrina non aliunde quam ex Verbo haurienda est; さらにまた、教会は教えの上に建てられる(基礎づけられる)というのは、どのように信じなければならないか教えるから、またどのように生きなければならないか、また、教えは他のところからではない、みことばから以外の、吸収されるべき(学ばれるべき)

quod ex Sensu literae Verbi, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 50-61). みことばの文字どおりの意味から〔である〕ことが、『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に見られる(50-61)

Quoniam omnia doctrinae per "duodecim fundamenta muri urbis Novae Hierosolymae" significantur, et Ecclesia est Ecclesia ex doctrina, ideo de fundamentis ejus in specie agitur infra (vers. 19, 20). 教えのすべてのものが「新しいエルサレムの都の城壁の十二の基礎(土台)」によって意味されるので、また教会は教えから教会である、それゆえ、その基礎(土台)について特に下に扱われる(19, 20節)

In Verbo aliquoties nominantur "fundamenta terrae;" みことばの中に数回(ときどき)「地の基い」の名前が挙げられている。

et per illa non intelliguntur fundamenta terrae, sed fundamenta Ecclesiae, "terra" enim significat Ecclesiam (n. 285): それによって、地の基いが意味されない、しかし、教会の基礎(土台)が、というのは、「地」は教会を意味するから(285番)

et fundamenta Ecclesiae non alia sunt, quam quae ex Verbo sunt, et vocantur doctrinalia; また、教会の基礎(土台)は他のものではない、それはみことばからである、以外の、また教えの事柄と呼ばれる。

ipsum enim Verbum est quod fundat Ecclesiam. というのは、みことばそのものであるから、それが教会を基礎づける(建てる)

[2] Doctrinalia ex Verbo etiam significantur per "fundamenta" in his locis: [2] みことばからの教えの事柄もまた、「土台(基礎)」によって、意味されている、これらの箇所の中に――

"Annon intelligitis Fundamenta terrae" (Esaj. xl. 21); 「あなたがたは地の基礎(基い)を理解しないのか(悟らないのか)(イザヤ40:21)

"Ponam verba Mea in os tuum ad plantandum Caelos et ad Fundandum terram" (Esaj. li. 16): 「わたしはわたしのことばをあなたの口の中に置く、天を植えるために、また地を基礎づけるために」(イザヤ51:16)

"Non agnoscunt, non intelligunt, in tenebris ambulant, vacillant omnia Fundamenta terrae" (Psalm. lxxxii. 5): 「彼らは認めない、理解しない(悟らない)、暗やみの中を歩く、地のすべての基いは不安定である(ぐらつく)(詩篇82:5)

"Verbum Jehovae extendentis Caelos et Fundantis terram, et formantis spiritum hominis in medio ejus" (Sach. xii. 1); 「エホバのことばは天を広げている、また地を基礎づけている、また人間の霊をその真ん中の中で形作っている」(ゼカリヤ12:1)

"Jehovah accendit ignem in Zione, qui comedit Fundamenta ejus" (Thren. iv. 11); 「エホバはシオンの中に火を(火を)つけた、それはその基いを焼き尽くした」(哀歌4:11)

"Impii jaculantur in tenebris rectos corde, quia Fundamenta subruuntur" (Psalm. xi. 2, 3); 「不信心な者が暗やみの中で射る(矢を放つ)心で正しい者に、土台が削り取られたからである」(詩篇11:2, 3)

"Audite montes litem Jehovae, robora, Fundamenta terrae, quia lis Jehovae cum populo Suo" (Mich. vi. 2); 「山々よ、エホバの論争を聞け、力強いもの☆、地の基いよ、エホバの論争がご自分の民と〔ある〕からである」(ミカ6:2)

ヘブル原文では「変わらないもの・固いもの」を意味することばです。

"Cataractae ab alto apertae sunt, et commota sunt Fundamenta terrae, confracta est terra, disrupta est terra, commota est terra" (Esaj. xxiv. 18-20). 「高いところから瀑布が開かれた、また地の基いが揺り動かされた、地が粉砕された、地は砕かれた、地は揺り動かされた」(イザヤ24:18-20)

(Praeter alibi, ut Esaj. xiv. 32; cap. xlviii. 13: cap. li. 13; Psalm. xxiv. 2; Psalm. cii. 26 [B. A. 25]; Psalm. civ. 5, 6; 2 Sam. xxii. 8, 16:) (ほかに他の箇所に、例えば、イザヤ14:32、第4813,第5113、詩篇24:2、詩篇102:25、詩篇104:5, 6、サムエル記22:8, 16)

Qui non cogitat quod "terra" significet Ecclesiam, non potest nisi quam mere naturaliter, imo materialiter cogitare hic, ubi legit "fundamenta terrae;" 「地」が教会を意味することを考えない者は、それを単に自然的にでないなら〔考えることが〕できない、それどころか物質的にここに考えること、そこに「地の基い」を読むとき。

similiter ut foret, si non cogitaret quod urbs Hierosolyma hic significet Ecclesiam, dum legit murum, portas, fundamenta, plateas, mensuras ejus, et plura quae in hoc capite describuntur ut urbis, cum tamen sunt Ecclesiae, ita non materialiter sed spiritualiter intelligenda. 生じるようにと同様に、もし考えないなら、エルサレムの都がここに教会を意味すること、城壁、門、土台、街路、その計量(測定)読む時、また多くのものを、それらはこの章の中で都として記述されている、その時、それでも、教会のものである、そのように物資的でなく、しかし、霊的に理解しなくてはならない。

 

(3) 訳文

 902(14)「また、都の城壁は十二の土台を持っている」は、文字どおりの意味の中のみことばが新しい教会のすべての教えを含んでいることを意味する(902)

 「都の城壁」によって、文字どおりの意味の中のみことばが意味される(898)。また、「十二の土台」によって、教会の教えのすべてのものが意味される、「土台」によって、教えの事柄が、また「十二」によって、すべてのものが意味される。さらにまた、教会は教えの上に基礎づけられる、というのは、どのように信じなければならないか、またどのように生きなければならないか教え、また、教えはみことばから以外の他のところから、学ばれるべきではないからである。みことばの文字どおりの意味から〔である〕ことが、『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に見られる(50-61)

 教えのすべてのものが「新しいエルサレムの都の城壁の十二の土台」によって意味され、また教会は教えから教会であるので、それゆえ、その土台について特に後で扱われる(19, 20節)

 みことばの中に、ときどき「地の基い」の名前が挙げられている。それによって、地の基いは意味されない、しかし、教会の基礎(土台)が意味される、というのは、「地」は教会を意味するから(285番)また、教会の基礎(土台)は、みことばから以外の他のものではなく、それは教えの事柄とも呼ばれる。というのは、教会を基礎づける(建てる)ものは、みことばそのものであるから。

 [2] みことばからの教えの事柄もまた、これらの箇所の中で「基い」によって意味されている――

 

 「あなたがたは地の基い悟らないのか」(イザヤ40:21)

 「わたしはわたしのことばをあなたの口の中に置く、天を植えるために、また地を基礎づけるために」(イザヤ51:16)

 「彼らは認めず、悟らず、暗やみの中を歩く。地のすべての基いはぐらつく」(詩篇82:5)

 「エホバのことばは、天を広げている、地を基礎づけている、人間の霊をその真ん中で形作っている」(ゼカリヤ12:1)

 「エホバはシオンの中に火をつけ、それはその基いを焼き尽くした」(哀歌4:11)

 「不信心な者が暗やみの中で心の正しい者に矢を放つ、土台が削り取られたからである」(詩篇11:2, 3)

 「山々よ、エホバの論争を聞け、力強い☆地の基いよ。エホバの論争がご自分の民と〔ある〕からである」(ミカ6:2)

 「高いところから瀑布が開かれ、地の基いが揺り動かされ、地が粉砕された。地は砕かれ、地は揺り動かされた」(イザヤ24:18-20)

(ほかに他の箇所に、例えば、イザヤ14:3248:1351:13、詩篇24:2、詩篇102:25、詩篇104:5, 6、サムエル記22:8, 16)

 

 「地」が教会を意味することを考えない者は、そこに「地の基い」を読むとき、それを単に自然的にでないなら〔考えることが〕できない、それどころか、ここに物質的に考える。もし、エルサレムの都がここに教会を意味することを思わないなら、城壁、門、土台、街路、その計測、またこの章の中で都として記述されている多くのものを読む時も同様である、その時、それでも、〔それらが〕教会に属すものであり、そのように物資的でなく、しかし、霊的に理解しなくてはならない。

 

「力強いもの」はヘブル原文では「変わらないもの・固いもの」を意味することばです。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 01:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094939