RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 919

(1) 原文

919. [Vers. 23.] " Et urbs non opus habet sole et luna ut luceant in ea, quia Gloria Dei illustravit eam, et Lucerna ejus Agnus," significat quod homines illius Ecclesiae non erunt in amore sui et in propria intelligentia, et inde in lumine solo naturali, sed ex Divino Vero Verbi a Solo Domino in luce spirituali.Per "solem" hic significatur amor naturalis separatus ab amore spirituali, qui est amor sui; et per "lunam" significatur intelligentia, tum fides naturalis, separata ab intelligentia et fide spirituali, quae est propria intelligentia et fides a se; hic amor et haec intelligentia et fides significantur hic per "solem et lunam," quibus non opus habebunt ut luceant coram illis qui in Nova Domini Ecclesia erunt: per "Gloriam Dei," quae illustrat illam, significatur Divinum Verum Verbi (n. 629); et quia a Domino est illustratio illa, dicitur "et lucerna ejus Agnus." Similia quae hic, significantur per haec apud Esajam:

 

"Vocabis salutem muros tuos, et portas tuas laudem; non erit tibi amplius sol in lucem interdiu, et in splendorem luna non lucebit tibi; sed erit tibi Jehovah in lucem aeternitatis, e Deus tuus in decus tuum: non occidet amplius Sol tuus, et Luna tua non colligetur, quia Jehovah erit ibi in Lucem aeternitatis; populus tuus omnes justi" (lx. 18-21);

 

per "solem et lunam" quae non amplius lucebunt, intelliguntur amor sui et propria intelligentia; et per "solem et lunam" quae non amplius occident, intelliguntur amor a Domino in Dominum, ac intelligentia tum fides ab Ipso; et per quod "Jehovah erit in lucem aeternitatis" significatur simile quod hic, quod "Gloria Dei illustrabit, et lucerna ejus Agnus." Quod "sol" significet amorem in Dominum, et in opposito sensu amorem sui, videatur supra (n. 53, 414); et quod "luna" significet intelligentiam a Domino et fidem ab Ipso (n. 332, 413, 414); inde "luna" in opposito sensu significat propriam intelligentiam et fidem a se. Quoniam per "solem" in opposito sensu significatur amor sui, et per "lunam" propria intelligentia et fides a se, ideo

 

Abominatio fuit adorare ad solem, lunam et stellas (ut constare potest apud Jerem. viii. 1, 2: apud Ezech. viii. 15, 16; apud Zeph. i. 5);

Et quod illi lapidarentur (Deutr. xvii. 2, 3[, 5]).

 

(2) 直訳

919. [Vers. 23.] " Et urbs non opus habet sole et luna ut luceant in ea, quia Gloria Dei illustravit eam, et Lucerna ejus Agnus," significat quod homines illius Ecclesiae non erunt in amore sui et in propria intelligentia, et inde in lumine solo naturali, sed ex Divino Vero Verbi a Solo Domino in luce spirituali.− 919(23)「また都は太陽を必要としない、月も〔必要とし〕ない、その中で輝くために、神の栄光がそれを照らす、またその〔油ランプの〕明かりが小羊〔である〕からである」は、その教会の意味の人間は自己愛の中にまた自己知性の中にいないであろうことを意味する、またここから単に自然的な光の中に、しかし、主おひとりからのみことばの神的真理からの霊的な光の中に――

Per "solem" hic significatur amor naturalis separatus ab amore spirituali, qui est amor sui; 「太陽」によって、ここに霊的な愛から分離した自然的な愛が意味される、それは自己愛である。

et per "lunam" significatur intelligentia, tum fides naturalis, separata ab intelligentia et fide spirituali, quae est propria intelligentia et fides a se; また「月」によって、知性が意味される、なおまた自然的な信仰が、霊的な知性と信仰から分離した、それは自己知性と自分自身からの信仰である。

hic amor et haec intelligentia et fides significantur hic per "solem et lunam," quibus non opus habebunt ut luceant coram illis qui in Nova Domini Ecclesia erunt: この愛とこの知性と信仰がここに「太陽と月」によって意味される、それらに必要としない、彼らの前で輝くために、その者は主の新しい教会の中にいることになる。

per "Gloriam Dei," quae illustrat illam, significatur Divinum Verum Verbi (n. 629); 「神の栄光」によって、それを照らす、みことばの神的真理が意味される(629)

et quia a Domino est illustratio illa, dicitur "et lucerna ejus Agnus." またその照らしは主からであるので、「またその明かりが小羊〔である」と言われる。

Similia quae hic, significantur per haec apud Esajam: 同様のものが、これらと、ここにこれらによって意味される、「イザヤ(書)」のもとに――

"Vocabis salutem muros tuos, et portas tuas laudem; 「あなたは、あなたの城壁を救いと呼ぶ、またあなたの門を賛美と。

non erit tibi amplius sol in lucem interdiu, et in splendorem luna non lucebit tibi; 太陽はもはやあなたに昼間に光の中になくなるであろう、また、月はあなたに輝きの中で輝かない(光を放たない)

sed erit tibi Jehovah in lucem aeternitatis, e Deus tuus in decus tuum: しかし、エホバがあなたに永遠の光の中にある(ことになる)、あなたの神があなたの美観の中に。

non occidet amplius Sol tuus, et Luna tua non colligetur, quia Jehovah erit ibi in Lucem aeternitatis; あなたの太陽はもはや沈まない、またあなたの月は結ばれない(縛られない)、エホバがそこに永遠の月になるからである。

populus tuus omnes justi" (lx. 18-21); あなたの民はすべての者は正しい」(60:18-21)

per "solem et lunam" quae non amplius lucebunt, intelliguntur amor sui et propria intelligentia; 「太陽と月」によって、それらはもはや輝かない、自己愛と自己知性が意味される。

et per "solem et lunam" quae non amplius occident, intelliguntur amor a Domino in Dominum, ac intelligentia tum fides ab Ipso; また「太陽と月」によって、それらはもはや沈まない、主からの主への愛が意味される、そしてその方からの知性がなおまた信仰が。

et per quod "Jehovah erit in lucem aeternitatis" significatur simile quod hic, quod "Gloria Dei illustrabit, et lucerna ejus Agnus." また「エホバが永遠の光の中にある」ことによって、同様のものが意味される、それはここに、「神の栄光が照らす、またその明かりが小羊」こと。

Quod "sol" significet amorem in Dominum, et in opposito sensu amorem sui, videatur supra (n. 53, 414); 「太陽」が主への愛を意味すること、また正反対の意味の中で、自己愛を、上に見られる(53, 414)

et quod "luna" significet intelligentiam a Domino et fidem ab Ipso (n. 332, 413, 414); また、「月」が主からの知性をまたその方からの信仰を意味すること(332, 413, 414)

inde "luna" in opposito sensu significat propriam intelligentiam et fidem a se. ここから「月」は正反対の意味の中で自己知性と自分自身からの信仰を意味する。

Quoniam per "solem" in opposito sensu significatur amor sui, et per "lunam" propria intelligentia et fides a se, ideo 「太陽」によって正反対の意味の中で自己愛が意味されるので、また「月」によって自己知性と自分自身からの信仰が、それゆえ

Abominatio fuit adorare ad solem, lunam et stellas (ut constare potest apud Jerem. viii. 1, 2: apud Ezech. viii. 15, 16; apud Zeph. i. 5); 太陽、月また星に向かって崇拝することは忌まわしいことでであった(エレミヤ8:1, 2のもとに明らかにすることができるように、エゼキエル8:15, 16のもとに、ゼパニヤ1:5)

Et quod illi lapidarentur (Deutr. xvii. 2, 3[, 5]). また、彼らは石打ちにされたこと(申命記17:2, 3, 5)

 

(3) 訳文

 919(23)「都は、その中で輝くために太陽を、月も必要としない。神の栄光がそれを照らし、小羊がその明かりがであるからである」は、その教会の人間は、自己愛の中にまた自己知性の中にいない、ここから単に自然的な光の中にいない、しかし、主おひとりからのみことばの神的真理からの霊的な光の中にいることを意味する

 「太陽」によって、ここに霊的な愛から分離した自然的な愛が意味され、それは自己愛である。また「月」によって、霊的な知性と信仰から分離した、知性、なおまた自然的な信仰がが意味され、それは自己知性と自分自身からの信仰である。この愛とこの知性と信仰がここに「太陽と月」によって意味され、それらは、主の新しい教会の中にいることになる者の前で、輝くために必要とされない。それを照らす「神の栄光」によって、みことばの神的真理が意味される(629)。またその照らしは主からであるので、「その明かりが小羊であると言われる。

  ここのこれらと同様のものが、「イザヤ」のこれらによって意味される――

 

 「あなたは、あなたの城壁を救い、あなたの門を賛美と呼ぶ。あなたに太陽はもはや昼間の光の中になく、あなたに月は輝きの中で光を放たないであろう。しかし、あなたにエホバが永遠の光の中に、あなたの美観の中にあなたの神があるであろう。あなたの太陽はもはや沈まず、あなたの月は縛られない、エホバがそこに永遠の月になるからである。あなたの民のすべての者は正しい」(60:18-21)

 

もはや輝かない「太陽と月」によって、自己愛と自己知性が意味される。また、もはや沈まない「太陽と月」によって、主からの主への愛が、そしてその方からの知性がなおまた信仰が意味される。また「エホバが永遠の光の中にある」ことによって、ここの「神の栄光が照らし、その明かりが小羊である」ことと同様のものが意味される。

 「太陽」が主への愛を、また正反対の意味で、自己愛を意味することが前に見られる(53, 414)。また、「月」が主からの知性をまたその方からの信仰を意味すること(332, 413, 414)。ここから「月」は正反対の意味で自己知性と自分自身からの信仰を意味する。

「太陽」によって正反対の意味で自己愛が、また「月」によって自己知性と自分自身からの信仰が意味されるので、それゆえ、太陽、月、星に向かって崇拝することは忌まわしいことであった(エレミヤ書8:1, 2、エゼキエル書8:15, 16、ゼパニヤ書1:5で明らかにすることができるように)。また、彼らは石打ちにされた(申命記17:2, 3, 5)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094956