RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 920

(1) 原文

920. [Vers. 24.] " Et gentes quae salvantur in luce ejus ambulabunt," significat quod omnes qui in bono vitae sunt et credunt in Dominum, ibi vivent secundum Divina vera, et videbunt illa intus in se, sicut oculus objecta.Per "gentes" significantur qui in bono vitae sunt, et quoque qui in malo vitae (n. 483); hic qui in bono vitae sunt, et credunt in Dominum, quia dicitur, "gentes quae salvantur:" "in luce ambulare" significat vivere secundum Divina vera, et videre illa intus in se, sicut oculus objecta; objecta enim visus spiritualis, qui est interioris intellectus, sunt vera spiritualia, quae similiter ab illis, qui in illo intellectu sunt, videntur, sicut objecta naturalia coram oculis; per "lucem" hic significatur perceptio Divini Veri ex interiore illustratione a Domino apud illos (n. 796), et per "ambulare" significatur vivere (n. 167); inde patet quod per "in luce" Novae Hierosolymae "ambulare," significetur ex interiore illustratione percipere et videre Divina vera, et vivere secundum illa: [2] sed hoc illustrandum est, quia nescitur quinam per "gentes" hic intelliguntur, et quinam per "reges," de quibus in hoc versu sequitur. Per "gentes" significantur qui in bono amoris a Domino sunt, quod bonum vocatur bonum caeleste, et per "reges" significantur qui in veris sapientiae ex bono spirituali a Domino sunt, de quibus in sequente articulo; illi qui in bono caelesti a Domino sunt, omnes habent Divina vera vitae suae inscripta; quare "ambulant," hoc est, vivunt juste secundum illa, et quoque vident illa intus in se, sicut oculus objecta (de quibus videantur quae supra, n. 120-123, memorata sunt). Omnes Caeli distincti sunt in duo Regna, caeleste et spirituale; bonum Regni caelestis vocatur bonum caeleste, quod est bonum amoris in Dominum; et bonum Regni spiritualis vocatur bonum spirituale, et est bonum sapientiae, quod in sua essentia est verum: de binis his Regnis, videatur supra (n. 647, 725, 854). [3] Simile est cum Ecclesia; et ibi homines caelestes sunt, qui vivunt secundum praecepta justi{1} quia reges Divinae sunt, sicut homo civilis vivit secundum praecepta justi quia leges civiles sunt; sed differentia illorum est, quod prior ex vita sua secundum praecepta seu leges sit civis Caeli, quantum apud se facit leges civiles, quae justitiae sunt, etiam leges Divinas. Illi qui per "gentes" hic significantur, quibus, ut dictum est, Divina vera sunt inscripta, sunt qui intelliguntur apud Jeremiam:

 

"Dabo Legem Meam in medio eorum, et super cor illorum scribam illam; neque docebunt quis amplius socium suum aut quis fratrem suum, dicendo, Cognoscite Jehovam; omnes enim cognoscet Me a minimo eorum usque ad maximum eorum" (xxxi. 33, 34).

 

@1 justi pro "juste"

 

(2) 直訳

920. [Vers. 24.] " Et gentes quae salvantur in luce ejus ambulabunt," significat quod omnes qui in bono vitae sunt et credunt in Dominum, ibi vivent secundum Divina vera, et videbunt illa intus in se, sicut oculus objecta.− 920(24)「また諸国民は、それらは救われた、その光の中を歩く」は、すべての者は、その者は生活の善の中にいる、また主を信じる、そこに神的真理にしたがって生きる、またそれらを内部に(内面的に)本質的に、目が対象を〔見る〕ように、見ることを意味する――

Per "gentes" significantur qui in bono vitae sunt, et quoque qui in malo vitae (n. 483); 「諸国民」によって、生活の善の中にいる者が意味される、そしてまた悪の生活の中に〔いる〕者(483)

hic qui in bono vitae sunt, et credunt in Dominum, quia dicitur, "gentes quae salvantur:" ここに、生活の善の中にいる者が、また主を信じる、「諸国民は、それらは救われた」と言われるので。

"in luce ambulare" significat vivere secundum Divina vera, et videre illa intus in se, sicut oculus objecta; 「光の中を歩くこと」は、神的真理にしたがって生きることを意味する、またそれらを内部に(内面的に)本質的に見ること、目が対象を〔見る〕ように。

objecta enim visus spiritualis, qui est interioris intellectus, sunt vera spiritualia, quae similiter ab illis, qui in illo intellectu sunt, videntur, sicut objecta naturalia coram oculis; というのは、霊的な視覚の対象は、それは内的な理解力のものである、霊的な真理であるから、それらは同様に彼らにより、その者はその理解力の中にいる、見られる、目の前の自然的な対象のように。

per "lucem" hic significatur perceptio Divini Veri ex interiore illustratione a Domino apud illos (n. 796), et per "ambulare" significatur vivere (n. 167); 「光」によって、ここに彼らのもとの主からの内的な照らしからの神的真理の知覚が意味される(796)、また「歩くこと」によって、生きることが意味される(167)

inde patet quod per "in luce" Novae Hierosolymae "ambulare," significetur ex interiore illustratione percipere et videre Divina vera, et vivere secundum illa: ここから明らかである、「光の中で」新しいエルサレムの「歩くこと」によって、内的な照らしから、神的真理を知覚することと見ることが意味される、またそれにしたがって生きること。

[2] sed hoc illustrandum est, quia nescitur quinam per "gentes" hic intelliguntur, et quinam per "reges," de quibus in hoc versu sequitur. [2] しかし、このことは説明されなければならない、知られていないからである、何が「諸国民」によってここに意味されているか、また何が「王たち」によって、それらについてこの節の中で続けられる。

Per "gentes" significantur qui in bono amoris a Domino sunt, quod bonum vocatur bonum caeleste, et per "reges" significantur qui in veris sapientiae ex bono spirituali a Domino sunt, de quibus in sequente articulo; 「諸国民」によって、主からの愛の善の中にいる者が意味される、その善は天的な善と呼ばれる、また「王」によって、主からの霊的な善からの知恵の真理の中にいる者が意味される、それらについて続く節の中で〔扱われる〕。

illi qui in bono caelesti a Domino sunt, omnes habent Divina vera vitae suae inscripta; 彼らは、その者は主から天的な善の中にいる、すべての者は自分のいのち(生活)に刻み込まれた神的真理を持っている。

quare "ambulant," hoc est, vivunt juste secundum illa, et quoque vident illa intus in se, sicut oculus objecta (de quibus videantur quae supra, n. 120-123, memorata sunt). それゆえ、「歩く」、すなわち、それらにしたがって正しく生きる、そしてまたそれらを内部に(内面的に)本質的に、目が対象を〔見る〕ように見る(それらについて見られる、それらは上に、120-123番、記録されている)

Omnes Caeli distincti sunt in duo Regna, caeleste et spirituale; すべての天界は二つの王国の中に分けられる、天的なものと霊的なもの。

bonum Regni caelestis vocatur bonum caeleste, quod est bonum amoris in Dominum; 天的な王国の善は天的な善と呼ばれる、それは主への愛の善である。

et bonum Regni spiritualis vocatur bonum spirituale, et est bonum sapientiae, quod in sua essentia est verum: また霊的な王国の善は霊的な善と呼ばれる、また知恵の善である、それはその本質の中で真理である。

de binis his Regnis, videatur supra (n. 647, 725, 854). これらの二つの王国について、上に見られる(647, 725, 854)

[3] Simile est cum Ecclesia; [3] 同様である、教会に。

et ibi homines caelestes sunt, qui vivunt secundum praecepta justi{1} quia reges Divinae sunt, sicut homo civilis vivit secundum praecepta justi quia leges civiles sunt; また、そこに天的な人間がいる、その者は公正な(正しい)戒めにしたがって生きる、神的な律法であるから、市民的な人間のように公正な(正しい)戒めにしたがって生きる、市民的な法律であるから。

sed differentia illorum est, quod prior ex vita sua secundum praecepta seu leges sit civis Caeli, quantum apud se facit leges civiles, quae justitiae sunt, etiam leges Divinas. しかし、彼らの〔間に〕相違がある、前の者は、戒め、すなわち、律法(法律)にしたがって自分の生活から天界の市民である、自分自身のもとで、市民の法律としているかぎり、それらは公正である、神的な律法にもまた。

Illi qui per "gentes" hic significantur, quibus, ut dictum est, Divina vera sunt inscripta, sunt qui intelliguntur apud Jeremiam: 彼らは、その者は「諸国民」によってここに意味される、その者たちに、言われたように、神的真理が刻み込まれている、「エレミヤ(書)」のもとに意味される者である――

"Dabo Legem Meam in medio eorum, et super cor illorum scribam illam; 「わたしは、わたしの律法を彼の真ん中の中に与える、また彼らの心の上にそれを書く。

neque docebunt quis amplius socium suum aut quis fratrem suum, dicendo, Cognoscite Jehovam; だれかがもはや自分の仲間にまたはだれかが自分の兄弟に教えもしない、言って、『エホバを知れ』。

omnes enim cognoscet Me a minimo eorum usque ad maximum eorum" (xxxi. 33, 34). というのは、すべての者がわたしを知るから、彼らの最小の者から彼らの最大の者まで」(31:33, 34)

@1 justi pro "juste" 1 juste」の代わりに justi

 

(3) 訳文

 920(24)「救われた諸国民は、その光の中を歩く」は、生活の善の中にいて、主を信じるすべての者は、そこで神的真理にしたがって生き、またそれらを内部で本質的に、目が対象を〔見る〕ように、見ることを意味する

 「諸国民」によって、生活にいる者、そしてまた生活にいる者が意味される(483)ここに、「救われた諸国民」われているので、生活にいる者、またじる意味される。 「光くこと、神的真理にしたがってきることをまたそれらを内部本質的、目対象〔見ように、ること意味するというのは、内的理解力のものである霊的視覚対象、霊的真理でありそれらは同様にその理解力にいるにより、目自然的対象のようにられるからである「光」によって、ここに彼らのもとの主からの内的な照らしからの神的真理の知覚が意味される(796)、また「歩くこと」によって、生きることが意味される(167)。ここから、「光の中で」新しいエルサレムが「歩くこと」によって、内的な照らしから、神的真理を知覚することと見ること、またそれにしたがって生きることが意味されることが明らかである。

 [2] しかし、このことは説明されなければならない、ここに何が「諸国民」によって、また何が「王たち」によって意味されているか知られていないからである、それらについてこの節の中で続けられる。

「諸国民」によって、主からの愛の善の中にいる者が意味され、その善は天的な善と呼ばれる、また「王」によって、主からの霊的な善からの知恵の真理の中にいる者が意味され、それらについて続く節の中で〔扱われる〕。主から天的な善の中にいる者は、すべての者は自分のいのち(生活)に刻み込まれた神的真理を持っている。それゆえ、「歩く」、すなわち、それらにしたがって正しく生きる、そしてまたそれらを内部で本質的に、目が対象を〔見る〕ように見る(それらについて、前に、120-123番に記されているものが見られる)

 すべての天界は、天的なものと霊的なものの二つの王国の中に分けられている。天的な王国の善は天的な善と呼ばれ、それは主への愛の善である。また霊的な王国の善は霊的な善と呼ばれ、知恵の善であり、それはその本質では真理である。これらの二つの王国について、前に見られる(647, 725, 854)

 [3] 教会も同様である。そこに市民的な法律であるからと、公正な戒めにしたがって生きる市民的な人間のように、神的な律法であるからと正しい戒めにしたがって生きる天的な人間がいる。しかし、彼らの〔間に〕相違がある、前者〔天的な人間〕は、戒め、すなわち、律法にしたがって自分の生活から、自分自身のもとで、神的な律法にもまた公正である市民の法律としているかぎり、天界の市民である。

  「諸国民」によってここに意味される者は、その者たちに、言われたように、神的真理が刻み込まれているが、「エレミヤ」で意味される者である――

 

 「わたしは、わたしの律法を彼の真ん中に与え、彼らの心の上にそれを書く。だれかがもはや自分の仲間に、またはだれかが自分の兄弟に『エホバを知れ』と言って、教えもしない。というのは、すべての者が、彼らの最小の者から彼らの最大の者まで、わたしを知るから」(31:33, 34)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:38
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094957