RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 921

(1) 原文

921. " Et reges terrae afferent gloriam et honorem suum in illam," significat quod omnes qui in veris sapientiae sunt ex bono spirituali, ibi confitebuntur Dominum, et Ipsi addicabunt omne verum et omne bonum, quae apud se sunt.Per "reges terrae" significantur qui in veris ex bono a Domino sunt (n. 20, 854); hic itaque qui in veris sapientiae ex bono amoris spiritualis, quia prius nominantur "gentes," per quas significantur qui in bono amoris caelestis sunt, de quibus in praecedente Articulo; per "afferre gloriam et honorem in illam," seu Novam Hierosolymam, significatur confiteri Dominum et addicare Ipsi omne verum et bonum, quae apud se sunt; quod haec significentur per afferre et dare "gloriam et honorem," videatur n. 249, 629, 693, "gloria" enim praedicatur de Divino Vero, et "honor" de Divino Bono Domini (n. 249). Per "gentes et reges" similia significantur quae per "gentes et populos" (de quibus supra, n. 483); per "gentes" illi qui in bono amoris sunt, et per "populos" qui in veris sapientiae sunt; etiam in opposito sensu: quare in Verbo passim dicuntur "gentes et reges," sicut dicuntur "gentes et populi," ut in his:

 

"Incurvabunt se Illi omnes Reges, et omnes Gentes servient Illi" (Psalm. lxxii. 11);

"Suges lac Gentium, et ubera Regum suges" (Esaj. lx. 16);

"Servire facient eos Gentes multae, et Reges magni" (Jerem. xxv. 14);

"Dominus ad dextram tuam percussit in die irae Reges, judicavit inter Gentes" (Psalm. cx.{1} 5, 6). (Praeter alibi.)

 

@1 cx. pro "xc."

 

(2) 直訳

921. " Et reges terrae afferent gloriam et honorem suum in illam," significat quod omnes qui in veris sapientiae sunt ex bono spirituali, ibi confitebuntur Dominum, et Ipsi addicabunt omne verum et omne bonum, quae apud se sunt.− 921.「また地の王たちは自分の栄光と名誉をその中へ運ぶ(携える)」は、すべての者は、その者は霊的な善からの知恵の真理の中にいる、そこに主を告白する、またその方にすべての真理とすべての善を帰することを意味する、それらは自分自身のもとにある――

Per "reges terrae" significantur qui in veris ex bono a Domino sunt (n. 20, 854); 「地の王たち」によって、主から善からの真理の中にいる者が意味される(20, 854)

hic itaque qui in veris sapientiae ex bono amoris spiritualis, quia prius nominantur "gentes," per quas significantur qui in bono amoris caelestis sunt, de quibus in praecedente Articulo; ここに、そこで、霊的な愛の善からの知恵の真理の中に〔いる〕者が〔意味される〕、前に「諸国民」が名前を挙げられているからである、それによって天的な愛の善の中にいる者が意味される、それらの者について先行する節の中に。

per "afferre gloriam et honorem in illam," seu Novam Hierosolymam, significatur confiteri Dominum et addicare Ipsi omne verum et bonum, quae apud se sunt; 「栄光と名誉をその中へ運ぶ(携える)こと」によって、すなわち、新しいエルサレム〔の中へ〕、主を告白すること、またその方にすべての真理とすべての善を帰することが意味される、それらは自分自身のもとにある。

quod haec significentur per afferre et dare "gloriam et honorem," videatur n. 249, 629, 693, "gloria" enim praedicatur de Divino Vero, et "honor" de Divino Bono Domini (n. 249). これらが「栄光と名誉」を運ぶこと(携えること)と与えることによって意味されることは、249, 629, 693番に見られる、というのは、「栄光」は神的真理について述べられるから、また「名誉」は主の神的善について(249)

Per "gentes et reges" similia significantur quae per "gentes et populos" (de quibus supra, n. 483); 「諸国民と王たち」によって、同様のものが意味される、それらは「諸国民と民たち」によって(それらについて上の483)

per "gentes" illi qui in bono amoris sunt, et per "populos" qui in veris sapientiae sunt; 「諸国民」によって、彼らが、その者は愛の善の中にいる、また「民たち」によって、知恵の真理の中にいる者が〔意味される〕。

etiam in opposito sensu: さらにまた正反対の意味の中の〔者が〕。

quare in Verbo passim dicuntur "gentes et reges," sicut dicuntur "gentes et populi," ut in his: それゆえ、みことばの中でしばしば「諸国民と王たち」が言われる、「諸国民と民たち」が言われるように、これらの中のように――

"Incurvabunt se Illi omnes Reges, et omnes Gentes servient Illi" (Psalm. lxxii. 11); 「すべての王がその方に腰をかがめる(お辞儀をする)、またすべての国民がその方に仕える」(詩篇72:11)

"Suges lac Gentium, et ubera Regum suges" (Esaj. lx. 16); 「あなたは国々の乳を吸う、また王の乳首を吸う」(イザヤ60:16)

"Servire facient eos Gentes multae, et Reges magni" (Jerem. xxv. 14); 「多くの国民(国々)が、また大いなる王たちが、彼を仕えることをする」(エレミヤ25:14)

"Dominus ad dextram tuam percussit in die irae Reges, judicavit inter Gentes" (Psalm. cx.{1} 5, 6). 「あなたの右の主は、怒りの日に王たちを打つ、諸国民の間を裁く」(詩篇110:5, 6)

(Praeter alibi.) (ほかに他の箇所に)

@1 cx. pro "xc."  1 xc.」の代わりに cx.

 

(3) 訳文

 921.「地の王たちはその中へ自分の栄光と名誉を携える」は、霊的な善からの知恵の真理の中にいるすべての者は、そこで主を告白し、自分自身のもとにあるすべての真理とすべての善をその方に帰することを意味する

 「地たちによって、主からからの真理にいる意味される(20, 854)そこでここに霊的からの知恵真理にいる意味される、前「諸国民」名前げられているからであるそれによって天的にいる意味されるそれらのについては先行するある〕。

「栄光と名誉をその中へ携えること」によって、すなわち、新しいエルサレム〔の中へ〕、主を告白すること、またその方に自分自身のもとにあるすべての真理とすべての善を帰することが意味される。これらが「栄光と名誉」を携えることと与えることによって意味されることは、249, 629, 693番に見られる、というのは、「栄光」は神的真理について、また「名誉」は主の神的善について述べられるから(249)

「諸国民と王たち」によって、「諸国民と民たち」によって同様のものが意味される(それらについて前の483)。「諸国民」によって愛の善の中にいる者が、また「民たち」によって、知恵の真理の中にいる者が、さらにまた正反対の意味の者が意味される。それゆえ、みことばの中で、しばしば「諸国民と民たち」が言われるように、「諸国民と王たち」が言われている、これらの中のように――

 

 「すべての王がその方に腰をかがめ、すべての国民がその方に仕える」(詩篇72:11)

 「あなたは国々の乳を吸い、王の乳首を吸う」(イザヤ60:16)

 「多くの国民(国々)が、大いなる王たちが、彼に仕えさせる」(エレミヤ25:14)

 「あなたの右の主は、怒りの日に王たちを打ち、諸国民の間を裁く」(詩篇110:5, 6)(ほかに他の箇所に)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094958