RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 922

(1) 原文

922. [Vers. 25.] " Et portae ejus non claudentur interdiu, nox enim non erit ibi," significat quod in Novam Hierosolymam jugiter recipiantur qui in veris ex bono amoris a Domino sunt, quia non ibi est falsum fidei.Per quod "portae non claudentur interdiu" significatur quod jugiter admittantur qui volunt introire; per "interdiu" significatur jugiter, quia semper ibi lux (ut supra, vers. 11 et 23), et non aliqua nox, ut sequitur. Quod jugiter recipiantur qui in veris ex bono amoris a Domino sunt, est quia lux Novae Hierosolymae est verum ex bono amoris, et bonum amoris [est] a Domino, ut saepius supra ostensum est; et in illam lucem non intrare possunt alii, quam qui in veris ex bono a Domino sunt. Si intrant alieni, non recipiuntur, quia non concordant; et tunc vel sua sponte exeunt, quia non sustinent illam lucem, vel emittuntur. Per quod "nox non erit ibi" significatur quod non falsum fidei; per "noctem" enim significatur oppositum luci, et per "lucem" significatur verum ex bono amoris a Domino, ut dictum est; inde per "noctem" significatur id quod non ex bono amoris a Domino est, et hoc est falsum fidei. Falsum fidei etiam intelligitur per "noctem" apud Johannem:

 

Jesus dixit, "Me oportet operari opera Dei, quousque dies est; venit Nox quando nemo poterit Operari" (ix. 4{1});

 

et apud Lucam:

 

"In illa Nocte erunt duo super lecto uno; unus acceptabitur alter deseretur" (xvii. 34);

 

agitur ibi de ultimo tempore Ecclesiae, quando non erit nisi falsum fidei; per "lectum" significatur doctrina (n. 137).

@1 4 pro "14"

 

(2) 直訳

922. [Vers. 25.] " Et portae ejus non claudentur interdiu, nox enim non erit ibi," significat quod in Novam Hierosolymam jugiter recipiantur qui in veris ex bono amoris a Domino sunt, quia non ibi est falsum fidei.− 922(25)「また、その門は日中は(昼に)ざされない、というのは、そこに夜はないから」は、新しいエルサレムの中に常に受け入れられることを意味する、その者は主からの愛の善からの真理の中にいる、そこに信仰の虚偽がないからである――

Per quod "portae non claudentur interdiu" significatur quod jugiter admittantur qui volunt introire; 「門が日中に閉ざされない」ことによって、常に受け入れられることが意味される、その者は入ることを欲する。

per "interdiu" significatur jugiter, quia semper ibi lux (ut supra, vers. 11 et 23), et non aliqua nox, ut sequitur. 「日中は(昼に)」によって、常に、が意味される、常にそこに光が〔ある〕からである(上のように、11と12節)、また何らかの夜がない、続けられるように。

Quod jugiter recipiantur qui in veris ex bono amoris a Domino sunt, est quia lux Novae Hierosolymae est verum ex bono amoris, et bonum amoris [est] a Domino, ut saepius supra ostensum est; 常に受け入れられることは、その者は主から愛の善からの真理の中にいる、新しいエルサレムの光が愛の善からの真理であるからである、また主からの愛の善〔である〕、しばしば上に示されたように。

et in illam lucem non intrare possunt alii, quam qui in veris ex bono a Domino sunt. また、その光の中に他の者が入ることができない、主から善からの真理の中にいる者以外に。

Si intrant alieni, non recipiuntur, quia non concordant; もし、他に属する(異質な)者が入るなら、受け入れられない、一致しないからである。

et tunc vel sua sponte exeunt, quia non sustinent illam lucem, vel emittuntur. また、その時、あるいは、自分で、自発的に出る、その光に耐えないので、あるいは送り出される。

Per quod "nox non erit ibi" significatur quod non falsum fidei; 「そこに夜はない」ことによって、信仰の虚偽がないことが意味される。

per "noctem" enim significatur oppositum luci, et per "lucem" significatur verum ex bono amoris a Domino, ut dictum est; というのは、「夜」によって、光と正反対のものが意味されるから、また「光」によって主から愛の善からの真理が意味される、言われたように。

inde per "noctem" significatur id quod non ex bono amoris a Domino est, et hoc est falsum fidei. ここから、「夜」によってそれが意味される、主から愛の善からでないものである、またこれは信仰の虚偽である。

Falsum fidei etiam intelligitur per "noctem" apud Johannem: 信仰の虚偽もまた「ヨハネ(福音書)のもとに「夜」によって意味されている――

Jesus dixit, "Me oportet operari opera Dei, quousque dies est; イエスは言った、「わたしに、神の働きを働くべきである、日がある間に。

venit Nox quando nemo poterit Operari" (ix. 4{1}); 夜がやって来る、だれも働くことができない〔その〕時」(9:4)

et apud Lucam: また「ルカ(福音書)」のもとに――

"In illa Nocte erunt duo super lecto uno; 「その夜の中で、ふたりが一つの寝床の上にいるであろう。

unus acceptabitur alter deseretur" (xvii. 34); ひとりは受け入れられであろう、もうひとりは見捨てられるであろう」(17:34)

agitur ibi de ultimo tempore Ecclesiae, quando non erit nisi falsum fidei; そこに教会の最後の時が扱われている、信仰の虚偽でないならないであろう時。

per "lectum" significatur doctrina (n. 137). 「寝床」によって、教えが意味される(137)

@1 4 pro "14" 1 14」の代わりに 4

 

(3) 訳文

 922(25)「その門は、日中、閉ざされない、というのは、そこに夜はないから」は、主からの愛の善からの真理の中にいて、そこに信仰の虚偽がない者が新しいエルサレムの中に常に受け入れられることを意味する。

 「門が日中、閉ざされない」ことによって、入ることを欲する者が常に受け入れられることが意味される。「日中」によって、常に、が意味される、常にそこに光があり(前のように、1112節)、また続けられるように、何らかの夜がないからである。

主から愛の善からの真理の中にいる者が常に受け入れられるのは、前にしばしば示されたように、新しいエルサレムの光が愛の善からの真理、また主からの愛の善であるからである。また、その光の中に主から善からの真理の中にいる者以外に他の者は入ることができない。

 もし、異質な者が入るなら、受け入れられない、一致しないからである。また、その時、その光に耐えないので自分から自発的に出るか、あるいは送り出される。

 「そこに夜はない」ことによって、信仰の虚偽がないことが意味される。というのは、「夜」によって、光と正反対のものが意味され、また言われたように、「光」によって主から愛の善からの真理が意味されるから。ここから、「夜」によって、主から愛の善からでないものが意味され、これは信仰の虚偽である。

 信仰の虚偽は「ヨハネ福音書」の「夜」によっても意味されている――

 

 イエスは言われた、「わたしにとって、日がある間に神の働きを働くべきである。夜がやって来る、その時、だれも働くことができない」(9:4)

 

 また「ルカ福音書」に――

 

 「その夜、一つの寝床の上にふたりいる。ひとりは受け入れられ、もうひとりは見捨てられる」(17:34)

 

 そこに教会の最後の時、信仰の虚偽しかない時が扱われている。「寝床」によって、教えが意味されている(137)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094959