RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 923

(1) 原文

923. " Et afferent gloriam et honorem gentium in illam," significat quod qui intrant secum ferent confessionem, agnitionem et fidem, quod Dominus sit Deus Caeli et Terrae, et quod omne verum Ecclesiae et omne bonum Religionis sit ab Ipso.Quod per "afferre gloriam et honorem in illam" significetur confiteri Dominum, et addicare Ipsi omne bonum, quae apud se sunt, videatur supra (n. 921); hic similia significantur, cum differentia quod illi qui per "reges terrae" ibi intelliguntur, id ferent secum; hic, quod qui per "gentes" intelliguntur; nam dicitur, "afferent gloriam et honorem gentium in illam," et per "gentes" significantur qui in bono vitae sunt, et credunt in Dominum (n. 920); et quoque agitur de receptione illorum qui in veris ex bono amoris a Domino sunt (mox supra, n. 922); inde sequitur, quod per "afferent gloriam et honorem gentium in illam" significetur quod qui intrant secum ferent confessionem, agnitionem et fidem, quod Dominus sit Deus Caeli et Terrae, et quod omne verum Ecclesiae et omne bonum Religionis sit ab Ipso. Similia paene significantur per haec apud Esajam:

 

"Ego expandam super Hierosolymam pacem, sicut torrentem Gloriam Gentium " (lxvi. 12).

 

Dicitur verum Ecclesiae et bonum Religionis, quia aliud est Ecclesia et aliud Religio. Ecclesia dicitur Ecclesia ex doctrina, et Religio dicitur Religio ex vita secundum doctrinam. Omne doctrinae vocatur verum, et quoque bonum ejus est verum, quia modo docet illud; at omne vitae secundum illa quae docet doctrina, vocatur bonum; etiam facere vera doctrinae est bonum. Ita distinguitur Ecclesia et Religio. Sed usque ubi doctrina est et non vita, ibi non dici potest Ecclesia nec Religio; quia doctrina spectat vitam ut unum secum, prorsus sicut verum et bonum, sicut fides et charitas, sapientia et amor, et sicut intellectus et voluntas; quare ubi doctrina est et non vita, non est Ecclesia.

 

(2) 直訳

923. " Et afferent gloriam et honorem gentium in illam," significat quod qui intrant secum ferent confessionem, agnitionem et fidem, quod Dominus sit Deus Caeli et Terrae, et quod omne verum Ecclesiae et omne bonum Religionis sit ab Ipso.− 923.「また彼らはその中へ諸国民の栄光と名誉を運ぶ(携える)であろう」は、入る者が自分自身に告白、認知と信仰をもたらすことを意味する、主が天地の神であること、また教会のすべての真理と宗教のすべての善がその方からであること――

Quod per "afferre gloriam et honorem in illam" significetur confiteri Dominum, et addicare Ipsi omne bonum, quae apud se sunt, videatur supra (n. 921); 「その中へ栄光と名誉を運ぶ(携える)こと」によって、主を告白すること、またその方にすべての善を帰すことが意味される、それは自分自身のもとにある、上に見られる(921番)

hic similia significantur, cum differentia quod illi qui per "reges terrae" ibi intelliguntur, id ferent secum; ここに同様のものが意味される、相違とともに、彼らが、その者は「地の王たち」によってそこに意味される、それを自分自身にもたらすこと

hic, quod qui per "gentes" intelliguntur; ここに、その者は「諸国民」によって意味される者が〔それを自分自身にもたらす〕こと。

nam dicitur, "afferent gloriam et honorem gentium in illam," et per "gentes" significantur qui in bono vitae sunt, et credunt in Dominum (n. 920); なぜなら、言われている、「彼らはその中へ諸国民の栄光と名誉を運ぶ(携える)であろう」と、また「諸国民」によって、生活の善の中にいる者が意味される、また主を信じている(920番)

et quoque agitur de receptione illorum qui in veris ex bono amoris a Domino sunt (mox supra, n. 922); そしてまた彼らの受け入れについて扱われている、その者は主から愛の善から真理の中にいる(直ぐ上に、922)

inde sequitur, quod per "afferent gloriam et honorem gentium in illam" significetur quod qui intrant secum ferent confessionem, agnitionem et fidem, quod Dominus sit Deus Caeli et Terrae, et quod omne verum Ecclesiae et omne bonum Religionis sit ab Ipso. ここからいえる、「彼らはその中へ諸国民の栄光と名誉を運ぶ(携える)であろう」によって、入る者が告白、認知また信仰をもたらすであろうことが意味される、主が天地の神であること、また教会のすべての真理と宗教のすべての善がその方からであること。

Similia paene significantur per haec apud Esajam: ほとんど同様のものがこれらによって意味されている、「イザヤ(書)」のもとに――

"Ego expandam super Hierosolymam pacem, sicut torrentem Gloriam Gentium " (lxvi. 12). 「わたしは、エルサレムの上に平和を広げる、流れのように諸国民の栄光を」(66:12)

Dicitur verum Ecclesiae et bonum Religionis, quia aliud est Ecclesia et aliud Religio. 教会の真理と宗教の善が言われる、教会はあるものであるからである、また宗教はあるもの。

Ecclesia dicitur Ecclesia ex doctrina, et Religio dicitur Religio ex vita secundum doctrinam. 教会は教えから教会と言われる、また宗教は教えにしたがった生活から宗教と言われる。

Omne doctrinae vocatur verum, et quoque bonum ejus est verum, quia modo docet illud; すべての教えは真理と呼ばれる、そしてまたその善は真理である、単にそれ〔善〕を教えるから。

at omne vitae secundum illa quae docet doctrina, vocatur bonum; しかし、それにしたがった生活のすべてのものは、それを教えが教える、善と呼ばれる。

etiam facere vera doctrinae est bonum. さらにまた教えの真理を行なうことは善である。

Ita distinguitur Ecclesia et Religio. そのように、教会と宗教は区別される。

Sed usque ubi doctrina est et non vita, ibi non dici potest Ecclesia nec Religio; しかしそれでも、教えがあって生活がないところに、そこに教会が言われることができない、宗教も〔言われることができ〕ない。

quia doctrina spectat vitam ut unum secum, prorsus sicut verum et bonum, sicut fides et charitas, sapientia et amor, et sicut intellectus et voluntas; なぜなら、教えは生活をそれ自体と一つのもののように眺めるからである、まったく真理と善のように、信仰と仁愛、知恵と愛のように、また理解力と意志のように。

quare ubi doctrina est et non vita, non est Ecclesia. それゆえ、教えがあって生活がないところに、教会はない。

 

(3) 訳文

 923.「彼らはその中へ諸国民の栄光と名誉を携えるであろう」は、入る者が、主が天地の神であること、また教会のすべての真理と宗教のすべての善がその方からであることを、自分自身に告白し、認知と信仰をもたらすことを意味する

 「その栄光名誉えることによって、主告白その自分自身のもとにあるすべてのすことが意味されることが、前られる(921番)ここに同様のものが、地たちによって意味されるそれを自分自身にもたらすという相違とともに、意味されているここに、「諸国民」によって意味されるそれを自分自身にもたらす〕。なぜなら、「彼らはその諸国民栄光名誉えるであろう」とわれておりまた「諸国民」によって、生活にいて、主じている意味されるからである(920番)そしてまたからから真理にいるれについてわれている(前の922)ここから、「彼らはその諸国民栄光名誉えるであろうによって、入、主天地であることまた教会のすべての真理宗教のすべてのがそのからであることの告白、認知、信仰をもたらすであろう意味されることがいえる

 ほとんど同様のものがイザヤものによって意味されている――

 

 「わたしは、エルサレムの上に平和を、諸国民の栄光を、流れのように広げる」(66:12)

 

 教会の真理と宗教の善が言われる、教会と宗教は別ものであるからである。

 教会は教えから教会と言われ、宗教は教えにしたがった生活から宗教と言われる。

 すべての教えは真理と呼ばれ、そしてまたその善は真理である、単にそれ〔善〕を教えるからである。しかし、(教えられる)教えにしたがった生活のすべてのものは、善と呼ばれる。さらにまた教えの真理を行なうことは善である。そのように、教会と宗教は区別される。

 しかしそれでも、教えがあって生活がないところに、そこに教会が言われることができない、宗教も〔言われることができ〕ない。なぜなら、教えは生活を、まったく真理と善のように、信仰と仁愛、知恵と愛のように、また理解力と意志のように、それ自体と一つのものとして眺めるからである。それゆえ、教えがあって生活がないところに教会はない。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094960