RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 924

(1) 原文

924. [Vers. 26.] " Et non intrabit in illam ullum immundum, et faciens abominationem et mendacium" significat quod nemo in novam Domini Ecclesiam, quae est Nova Hierosolyma, recipiatur, qui adulterat bona et falsificat vera Verbi, et qui jacit mala ex confirmatione et sic quoque falsa.Per "non intrare" significatur non recipi, ut supra; per "immundum" significatur scortatio spiritualis, quae est adulteratio boni et falsificatio veri Verbi (n. 702 et 728{1}); hoc enim est ipsum immundum et impurum, quia Verbum est ipsum mundum et purum, et hoc conspurcatur a malis et falsis cum pervertitur; quod adulterium et scortatio correspondeat adulterationi boni et falsificationi veri Verbi, videatur, n. 34, 632; per "facere abominationem et mendacium" significatur facere mala et sic quoque falsa; per "abominationes" significantur omnis generis mala, imprimis quae nominantur in Decalogo (n. 891); et per "mendacium" significantur omnis generis falsa, hic, falsa mali, quae in se sunt mala, ita falsa confirmantia malum, quae eadem sunt cum malis confirmatis. [2] Quod "mendacium" significet falsum doctrinae, est quia mendacium spirituale non aliud est; inde per "facere mendacium" significatur vivere secundum falsa doctrinae. Quod "mendacium" in Verbo significet falsum doctrinae, constare potest ex sequentibus locis:

 

"Excidimus foedus cum Morte, et cum Inferno fecimus visionem; posuimus Mendacium fiduciam, et in Falsitate latuimus" (Esaj. xxviii. 15);

"Vir socio suo illudunt, et veritatem non loquuntur, et docuerunt linguam suam loqui Mendacium" (Jerem. ix. 4 [B.A. 5];

"Populus rebellionis ille{2} filii Mendaces, non volunt audire legem Jehovae" (Esaj. xxx. 9);

"Ecce Ego contra prophetantes somnia Mendacii; narrant ea ut seducant populum Meum per Mendacia sua" (Jerem. xxiii. 32);

"Divinatores vident Mendacium, et somnia vanitatis loquuntur" (Sach. x. 2):

"Viderunt vanitatem et divinationem Mendacii; propterea quod loquimini vanitatem et videtis Mendacium, ideo ecce Ego contra vos; ut sit manus Mea contra prophetas loquentes Mendacium" (Ezech. xiii. 6-9{3} cap. xxi. 34{4} [B. A. 29]);

"Vae urbi sanguinum, tota Mendacio et rapina plena" (Nah. iii. 1);

"In prophetis Hierosolymae vidi obfirmationem horrendam, adulterando et eundo in Mendacio" (Jer. xxiii. 14);

"Propheta usque ad sacerdotem, quivis facit Mendacium" (Jerem. viii. 10);

In Israele "fecerunt Mendacium" (Hosch. vii. 1);

"Vos ex patre Diabolo estis; ille homicida fuit ab initio, quia non veritas in illo; quando loquitur Mendacium, ex propriis loquitur, quia Mendacium loquens est, et pater ejus" (Joh. viii. 44);

 

hic etiam per "mendacium" intelligitur falsum.

@1 728 pro "708" @2 ille pro "illi" @3 6-9 pro "16, 17, 18, 19" @4 34 pro "24"

 

(2) 直訳

924. [Vers. 26.] " Et non intrabit in illam ullum immundum, et faciens abominationem et mendacium" significat quod nemo in novam Domini Ecclesiam, quae est Nova Hierosolyma, recipiatur, qui adulterat bona et falsificat vera Verbi, et qui jacit mala ex confirmatione et sic quoque falsa.− 924(26)「また、その中にだれも入らないであろう、不潔なもの」は、だれも主の新しい教会の中に、それは新しいエルサレムである、受け入れられないことを意味する、その者はみことばの善を不純化する、また真理を虚偽化する、またその者は確信から悪を行なう、またこのように虚偽もまた――

Per "non intrare" significatur non recipi, ut supra; 「入らないこと」によって、受け入れられないことが意味される、上のように。

per "immundum" significatur scortatio spiritualis, quae est adulteratio boni et falsificatio veri Verbi (n. 702 et 728{1}); 「不潔なもの」によって、霊的な淫行が意味される、それはみことばの善の不純化と真理の虚偽化である(702728)

hoc enim est ipsum immundum et impurum, quia Verbum est ipsum mundum et purum, et hoc conspurcatur a malis et falsis cum pervertitur; というのは、これは不潔と不純そのものであるから、なぜなら、みことばは清潔と純粋そのものであるからである、またこれが悪と虚偽により汚される、曲解(歪曲)されるとき。

quod adulterium et scortatio correspondeat adulterationi boni et falsificationi veri Verbi, videatur, n. 34, 632; 姦淫と淫行がみことばの善の不純化と真理の不純化に対応することは、34, 632番に見られる。

per "facere abominationem et mendacium" significatur facere mala et sic quoque falsa; 「忌み嫌われたものと偽りを行なうこと」によって、悪を、またこのように虚偽もまた行なうことが意味される。

per "abominationes" significantur omnis generis mala, imprimis quae nominantur in Decalogo (n. 891); 「忌み嫌われたもの」によって、すべての種類の悪が意味される、特にそれらは十戒の中に名前を挙げられている(891)

et per "mendacium" significantur omnis generis falsa, hic, falsa mali, quae in se sunt mala, ita falsa confirmantia malum, quae eadem sunt cum malis confirmatis. また「偽り」によって、すべての種類の虚偽が意味される、ここに、悪の虚偽が、それらは本質的に悪である、そのように悪を確認するものが、それらは確信された悪と同じものである。

[2] Quod "mendacium" significet falsum doctrinae, est quia mendacium spirituale non aliud est; [2] 「偽り」が教えの虚偽を意味することは、霊的な偽りが他のものではないからである。

inde per "facere mendacium" significatur vivere secundum falsa doctrinae. ここから、「偽りを行なうこと」によって、教えの虚偽にしたがって生きることが意味される。

Quod "mendacium" in Verbo significet falsum doctrinae, constare potest ex sequentibus locis: みことばの中の「偽り」が教えの虚偽を意味することは、続く箇所から明らかにすることができる――

 

"Excidimus foedus cum Morte, et cum Inferno fecimus visionem; 「私たちは死と契約を切り出した(=結んだ)、また地獄とともに幻をつくった。

posuimus Mendacium fiduciam, et in Falsitate latuimus" (Esaj. xxviii. 15); 私たちは信頼を偽りを置いた、また虚偽の中に私たちは隠れた」(イザヤ28:15)

"Vir socio suo illudunt, et veritatem non loquuntur, et docuerunt linguam suam loqui Mendacium" (Jerem. ix. 4 [B.A. 5]; 「男は自分の仲間に、彼らはあざけっている、また狄人瓩鯱辰気覆ぁ△泙深分の舌に*偽りを話すことを教えた」(エレミヤ9:5)

"Populus rebellionis ille{2} filii Mendaces, non volunt audire legem Jehovae" (Esaj. xxx. 9); 「彼らは反逆の民、偽りの子、エホバの律法を聞くことを欲しない」(イザヤ30:9)

"Ecce Ego contra prophetantes somnia Mendacii; 「見よ、わたしは偽りの夢の預言者に逆らう。

narrant ea ut seducant populum Meum per Mendacia sua" (Jerem. xxiii. 32); 彼らはそれを語る、わたしの民を惑わすために、自分の偽りによって」(エレミヤ23:32)

"Divinatores vident Mendacium, et somnia vanitatis loquuntur" (Sach. x. 2): 「占い師たちは偽りを見る、また空しい夢を話す」(ゼカリヤ10:2)

"Viderunt vanitatem et divinationem Mendacii; 「彼らは空しいものと偽りの占いを見た。

propterea quod loquimini vanitatem et videtis Mendacium, ideo ecce Ego contra vos; このために、あなたがたが空しいことを話す、また偽りを見る、それゆえ、わたしはあたたがたに逆らう。

ut sit manus Mea contra prophetas loquentes Mendacium" (Ezech. xiii. 6-9{3} cap. xxi. 34{4} [B. A. 29]); わたしの手が偽りを話す預言者に逆らうために」(エゼキエル13:6-9、第2129)

"Vae urbi sanguinum, tota Mendacio et rapina plena" (Nah. iii. 1); 「わざわいだ、血の都に、偽りと強奪が全部に満ちている」(ナホム3:1)

"In prophetis Hierosolymae vidi obfirmationem horrendam, adulterando et eundo in Mendacio" (Jer. xxiii. 14); 「エルサレムの預言者たちの中に、わたしは、恐ろしい〔ほどの〕頑固さを見た、偽りの中で姦淫してまた歩いて」(エレミヤ23:14)

"Propheta usque ad sacerdotem, quivis facit Mendacium" (Jerem. viii. 10); 「預言者から祭司まで、それぞれの者が偽りを行なっている」(エレミヤ8:10)

In Israele "fecerunt Mendacium" (Hosch. vii. 1); イスラエルの中で「彼らは偽りを行なう」(ホセア7:1)

"Vos ex patre Diabolo estis; 「あなたがたは、〔あなたがたの〕父〔である〕悪魔からである。

ille homicida fuit ab initio, quia non veritas in illo; 彼〔悪魔〕は初めから人殺しであった、狄人瓩彼の中にないからである。

quando loquitur Mendacium, ex propriis loquitur, quia Mendacium loquens est, et pater ejus" (Joh. viii. 44); 

偽りから話す時、自己のものから話す、偽りを話している、その父であるからである」(ヨハネ8:44)

hic etiam per "mendacium" intelligitur falsum. ここにもまた「偽り」によって虚偽が意味されている。

@1 728 pro "708" 1 708」の代わりに 728

@2 ille pro "illi" 2 illi」の代わりに ille

@3 6-9 pro "16, 17, 18, 19" 3 16, 17, 18, 19」の代わりに 6-9

@4 34 pro "24" 4 24」の代わりに 34

 

(3) 訳文

924(26)「また、不潔なもの、忌み嫌われたものと偽りを行なう者は、その中にだれも入らないであろう」は、みことばの善を不純化し、真理を虚偽化し、確信から悪を、またこのように虚偽も行なう者は、だれも新しいエルサレムである主の新しい教会の中に受け入れられないことを意味する。

 「入らないこと」によって、前のように、受け入れられないことが意味される。「不潔なもの」によって、霊的な淫行が意味される、それはみことばの善の不純化と真理の虚偽化である(702728)。というのは、これは不潔と不純そのものであるから、なぜなら、みことばは清潔と純粋そのものであり、これが曲解(歪曲)されるとき、悪と虚偽により汚されるるからである。姦淫と淫行が、みことばの善の不純化と真理の不純化に対応することは、34, 632番に見られる。「忌み嫌われたものと偽りを行なうこと」によって、悪を、このように虚偽も行なうことが意味される。「忌み嫌われたもの」によって、すべての種類の悪が、特にそれらは十戒の中に名前を挙げられている悪が意味される(891)。また「偽り」によって、すべての種類の虚偽が、ここに、悪の虚偽が、それらは本質的に悪であり、そのように悪を確認するものが意味される、それらは確信された悪と同じものである。

 [2] 「偽り」が教えの虚偽を意味するのは、霊的な偽りに他ならないからである。ここから、「偽りを行なうこと」によって、教えの虚偽にしたがって生きることが意味される。

 みことばの中の「偽り」が教えの虚偽を意味することは、次の箇所から明らかにすることができる――

 

 「私たちは死と契約を結び、地獄とともに幻をつくった。私たちは偽りに信頼を置き、虚偽の中に隠れた」(イザヤ28:15)

 「彼らはあざけっている、男は自分の仲間に。また彼らは狄人瓩鯱辰気此⊆分の舌に*偽りを話すことを教えた」(エレミヤ9:5)

 「彼らは反逆の民、偽りの子、エホバの律法を聞こうとしない」(イザヤ30:9)

 「見よ、わたしは偽りの夢の預言者に逆らう。彼らはそれを語る、自分の偽りによって、わたしの民を惑わすために」(エレミヤ23:32)

 「占い師たちは偽りを見、空しい夢を話す」(ゼカリヤ10:2)

 「彼らは空しいものと偽りの占いを見た。このために、あなたがたは空しいことを話し、偽りを見る。それゆえ、わたしはあたたがたに逆らう。わたしの手が偽りを話す預言者に逆らうために」(エゼキエル13:6-921:29)

 「血の都に、わざわいだ。偽りと強奪が全部に満ちている」(ナホム3:1)

 「エルサレムの預言者たちの中に、わたしは、偽りの中で姦淫し、歩いている恐ろしい〔ほどの〕頑固さを見た」(エレミヤ23:14)

 「預言者から祭司まで、それぞれの者が偽りを行なっている」(エレミヤ8:10)

 イスラエルの中で「彼らは偽りを行なう」(ホセア7:1)

 「あなたがたは、〔あなたがたの〕父〔である〕悪魔から〔の者〕である。彼〔悪魔〕は初めから人殺しであった、狄人瓩彼の中にないからである。偽りから話す時、自己のものから話ししている、偽りを話すその父であるからである」(ヨハネ8:44)

 

 ここにもまた「偽り」によって虚偽が意味されている。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094961