RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 926

(1) 原文

926. His adjiciam hoc MEMORABILE:

 

Quando in Explicatione capitis vigesimi eram, et meditabar de "Dracone," "Bestia," et "Pseudopropheta," apparuit mihi quidam, et quaesivit, "Quid meditaris." Dixi, quod "de Pseudopropheta."

Tunc ille dixit, "Deducam te ad locum, ubi illi sunt qui per "Pseudoprophetam" intelliguntur." Dixit, quod iidem sint qui (cap. xiii.) intelliguntur per "Bestiam ex Terra, quae habebat duo cornua similia Agno, et locuta est sicut Draco."

Secutus sum illum, et ecce vidi turbam, in cujus medio erant antistites, qui docuerunt quod nihil aliud salvet hominem, quam Fides; et quod Opera sint bona, sed non ad salutem: et quod usque docenda sint ex Verbo, ut laici, imprimis simplices, strictius in vinculis obedientiae erga magistratus teneantur, ac sicut ex religione, ita interius, adigantur ad charitatem moralem exercendam.

[2] Et tunc unus ex illis me videns dixit, "Vis videre nostrum Fanum, in quo est Imago repraesentativa nostrae Fidei."

Accessi et vidi; et ecce erat magnificum, et in medio ejus imago Mulieris, indutae veste coccinea, ac tenentis in dextra nummum aureum, et in sinistra catenam ex unionibus; sed erant et Fanum et Imago, inducta per phantasias: possunt enim spiritus infernales per phantasias repraesentare magnifica, occludendo interiora mentis, et aperiendo solum exteriora ejus. Sed cum animadverti quod tales praestigiae essent, oravi ad Dominum, et subito aperta sunt interiora mentis meae; et tunc vidi loco magnifici Fani domum rimosam a tecto usque ad imum, in qua nihil cohaesit, et vidi loco Mulieris in domo illa pendens simulacrum, cujus caput erat simile draconi, corpus sicut pardi, et pedes sicut ursi, ita sicut describitur" Bestia e Mari" Apoc. cap. xiii.): et loco soli erat palus in qua multitudo ranarum; et dictum est mihi, quod sub palude esset Lapis magnus caesus, sub quo jaceret Verbum bene reconditum.

[3] His visis, dixi ad Praestigiatorem, "Est hoc Vestrum Fanum;" et dixit, quod sit.

At subito tunc etiam aperiebatur illi visus interior, et vidit similia quae ego. Quibus visis clamavit clamore magno, "Quid hoc, et unde hoc."

Et dixi, quod sit e luce e Caelo, quae detegit quale cujusvis formae," et hic quale vestrae fidei separatae a charitate spirituali."

Et illico venit ventus orientalis, ac sustulit omne quod ibi erat, et quoque exsiccabat paludem, et sic nudabat Lapidem, sub quo jacuit Verbum. Et post haec spiravit calor sicut vernalis e Caelo, et ecce tunc in eodem loco visum est Tabernaculum quoad formam externam simplex.

Et dicebant angeli qui apud me erant, "Ecce Tabernaculum Abrahami, quale id fuit quando tres angeli ad illum venerunt et annuntiarunt de Isaco nascituro. Hoc apparet coram oculis simplex, sed usque fit secundum influxum lucis e Caelo magnificum plus et plus."

Et datum est illis aperire Caelum in quo angeli spirituales, qui in sapientia sunt, erant; et tunc ex luce inde influente, apparebat Tabernaculum illud, sicut Templum simile Hierosolymitano; quod cum introspexi, vidi Lapidem fundi, sub quo Verbum fuerat repositum, circum obsitum lapidibus pretiosis, e quibus sicut fulgur emicuit in parietes super quibus erant formae Cheruborum, et pulchre Variegavit illos coloribus.

[4] Haec admiratus sum; [et] dixerunt angeli, "Videbis adhuc mirabilius." Et datum est illis aperire Caelum tertium, in quo angeli caelestes, qui in amore sunt, erant; et tunc ex luce inde influente, totum illud Templum evanuit, et loco ejus visus est Dominus Solus, stans super Lapide fundi, qui erat Verbum, in simili effigie in qua visus est Johanni (Apoc. cap. i.): at quia sanctitas tunc implevit interiora mentis Angelorum, ex qua illis fuit nisus procidendi super facies, subito claudebatur a Domino via lucis e Caelo tertio, et aperiebatur via lucis e Caelo secundo, ex quo rediit aspectus prior Templi, et quoque Tabernaculi, sed in Templo.

Ex his illustratum est, quid intelligitur per haec in hoc capite:

 

"Ecce Tabernaculum Dei cum hominibus, et habitabit cum illis (vers. 3) (n. 882);

 

et per haec:

 

"Templum non vidi" in Nova Hierosolyma, "quia Dominus Deus Omnipotens Templum ejus et Agnus (vers. 22) (n. 918).

 

(2) 直訳

926. His adjiciam hoc MEMORABILE:― 926.ここに私はこのメモラビリアを加える――

 

Quando in Explicatione capitis vigesimi eram, et meditabar de "Dracone," "Bestia," et "Pseudopropheta," apparuit mihi quidam, et quaesivit, "Quid meditaris." かつて、私が第二十番目の章の説明の中にいた、

私は竜、獣、また偽預言者について熟考していた、私にある者が現われた、また彼が質問した、「何を、あなたは熟考しているのか?」

Dixi, quod "de Pseudopropheta." 私は言った、「偽預言者について」〔であった〕こと。

Tunc ille dixit, "Deducam te ad locum, ubi illi sunt qui per "Pseudoprophetam" intelliguntur."  その時、彼は言った、「私はあなたを場所へ導く(未来)、そこにいる、その者は「偽預言者」によって意味される」。

Dixit, quod iidem sint qui (cap. xiii.) intelliguntur per "Bestiam ex Terra, quae habebat duo cornua similia Agno, et locuta est sicut Draco." 彼は言った、同じであること、それは(13)「地からの獣、それは小羊に似た二本の角を持つ、また竜のように話した」によって意味されるものと。

Secutus sum illum, et ecce vidi turbam, in cujus medio erant antistites, qui docuerunt quod nihil aliud salvet hominem, quam Fides; 私は彼を従った(sequor)、また見よ、私は群衆を見た、その真ん中に高位聖職者たちがいた、その者たちは教えた、信仰以外に、人間はまったく救われないこと。

et quod Opera sint bona, sed non ad salutem: また働きは善であること、救いへ〔向かうもので〕ないこと。

et quod usque docenda sint ex Verbo, ut laici, imprimis simplices, strictius in vinculis obedientiae erga magistratus teneantur, ac sicut ex religione, ita interius, adigantur ad charitatem moralem exercendam. また、それでも、みことばから教えなければならないこと、平信徒のために、特に単純な者たち、行政長官に対する従順の束縛の中に厳密に保たれる、そして宗教からのように、このように内部(内心)ら、道徳的な仁愛へ向けて実践することを促される。

[2] Et tunc unus ex illis me videns dixit, "Vis videre nostrum Fanum, in quo est Imago repraesentativa nostrae Fidei." [2] またその時、彼らからの一人が私を見て、言った、「あなたは私たちの神殿を見ることを欲する、その中に私たちの信仰を表象する像がある」

Accessi et vidi; 私は近づき、見た。

et ecce erat magnificum, et in medio ejus imago Mulieris, indutae veste coccinea, ac tenentis in dextra nummum aureum, et in sinistra catenam ex unionibus; また見よ、荘厳であった、その真ん中に女の像があった、緋色の衣服を着て、右〔手〕に金の硬貨をつかんで、また左〔手〕に真珠でできた鎖を。

sed erant et Fanum et Imago, inducta per phantasias: しかし、幻想によって与えられた神殿と像であった。

possunt enim spiritus infernales per phantasias repraesentare magnifica, occludendo interiora mentis, et aperiendo solum exteriora ejus. というのは、地獄の霊は幻想によって荘厳なものを見せることができるから、心の内的なものを閉ざして、またその外的なものだけを開いて。

Sed cum animadverti quod tales praestigiae essent, oravi ad Dominum, et subito aperta sunt interiora mentis meae; しかし、私が気づいたとき、このようなものが欺瞞(魔法)あったこと、私は主に祈った、また突然に、私の心の内的なものが開かれた。

et tunc vidi loco magnifici Fani domum rimosam a tecto usque ad imum, in qua nihil cohaesit, et vidi loco Mulieris in domo illa pendens simulacrum, cujus caput erat simile draconi, corpus sicut pardi, et pedes sicut ursi, ita sicut describitur" Bestia e Mari" Apoc. cap. xiii.): またその時、私は荘厳な神殿の代わりに屋根から最も下のものまで割れ目でいっぱいの家を見た、その中に密着したものは何もない。また私は、女の代わりに、その家の中にぶらさがっている彫像を見た、その頭は竜に似ていた、身体はヒョウのよう、足は雌熊のよう、そのように完全に描かれているよう〔であった〕「海からの獣」(黙示録第13)

et loco soli erat palus in qua multitudo ranarum; また地面(床)の代わりに沼、その中にカエルの多数。

et dictum est mihi, quod sub palude esset Lapis magnus caesus, sub quo jaceret Verbum bene reconditum. また、私に言われた、沼の下に切り出された大きな石があったこと、その下に、よく隠されたみことばが横たわる。

[3] His visis, dixi ad Praestigiatorem, "Est hoc Vestrum Fanum;" [3] これらで見られて、私は魔術師に言った、「これがあなたがたの神殿ですか?」

et dixit, quod sit. また言った、〔そう〕であること。

At subito tunc etiam aperiebatur illi visus interior, et vidit similia quae ego. しかし、突然にその時、彼らにもまた内的な視覚が開かれた、また似たものを見た、それを私が〔見た〕。

Quibus visis clamavit clamore magno, "Quid hoc, et unde hoc." これらで見られて、大きな叫びで叫んだ、「これは何か、またこれはどこからか?」

Et dixi, quod sit e luce e Caelo, quae detegit quale cujusvis formae," et hic quale vestrae fidei separatae a charitate spirituali." また私は言った、天界からの光からであること、それはそれぞれの形の性質を明かす、またこのように霊的な仁愛から分離したあなたがたの信仰の性質を。

Et illico venit ventus orientalis, ac sustulit omne quod ibi erat, et quoque exsiccabat paludem, et sic nudabat Lapidem, sub quo jacuit Verbum. また、直ちに、東風が吹いた(flo)、また像とともにそこにあったすべてのものを取り去った(tollo)、そしてまた沼を干し上がらせた、またこのように石を裸にした、その下に、みことばが横たわる。

Et post haec spiravit calor sicut vernalis e Caelo, et ecce tunc in eodem loco visum est Tabernaculum quoad formam externam simplex. またこの後、天界から春のような熱(暖かさ)が吹き込んだ、また見よ、その時、同じ場所に幕屋(天幕)が見られた、外なる形に関して単純なもの。

Et dicebant angeli qui apud me erant, "Ecce Tabernaculum Abrahami, quale id fuit quando tres angeli ad illum venerunt et annuntiarunt de Isaco nascituro. また天使たちは言った、その者は私のもとにいた、「見よ、アブラハムの天幕を、それはそのようであった、三人の天使が彼にやって来た時、またイサクの〔これから後に〕生まれることについて知らせた。

Hoc apparet coram oculis simplex, sed usque fit secundum influxum lucis e Caelo magnificum plus et plus." これは目の前に単純なものに見える、しかしそれでも、天界からの光の流入にしたがってますます荘厳になる」。

Et datum est illis aperire Caelum in quo angeli spirituales, qui in sapientia sunt, erant; また彼らに天界を開くことが与えられた、その中に霊的な天使たちがいた、その者は知恵の中にいる。

et tunc ex luce inde influente, apparebat Tabernaculum illud, sicut Templum simile Hierosolymitano; またその時、光から、ここから流入して、その天幕がエルサレムの神殿に似たもののように見えた。

quod cum introspexi, vidi Lapidem fundi, sub quo Verbum fuerat repositum, circum obsitum lapidibus pretiosis, e quibus sicut fulgur emicuit in parietes super quibus erant formae Cheruborum, et pulchre Variegavit illos coloribus. 私がそれをのぞきこんだとき、私は土台の石を見た、その下にみことばが蓄えられていた、宝石でおおわれて、それらから壁の中に稲妻のように〔光が〕輝き出る、その上にケルビムの形があった、また色でそれらを美しく多様に変化させた。

[4] Haec admiratus sum; [4] 私はこれらを驚かされた。

[et] dixerunt angeli, "Videbis adhuc mirabilius." 〔また〕天使たちは言った、「あなたはさらに驚くべきものを見ます」。

Et datum est illis aperire Caelum tertium, in quo angeli caelestes, qui in amore sunt, erant; また、彼らに第三の天界を開けることが与えられた、その中に天的な天使たちがいた、その者は愛の中にいる。

et tunc ex luce inde influente, totum illud Templum evanuit, et loco ejus visus est Dominus Solus, stans super Lapide fundi, qui erat Verbum, in simili effigie in qua visus est Johanni (Apoc. cap. i.): またその時、光から、ここから流入して、その神殿全体が消えた(evanesco)、またそれに代わって(その場所に)、主おひとりが見られた、土台の石の上に立って、それはみことばであった、似た姿の中で、ヨハネに見られたその〔姿の〕中に(黙示録第1

at quia sanctitas tunc implevit interiora mentis Angelorum, ex qua illis fuit nisus procidendi super facies, subito claudebatur a Domino via lucis e Caelo tertio, et aperiebatur via lucis e Caelo secundo, ex quo rediit aspectus prior Templi, et quoque Tabernaculi, sed in Templo. しかし、聖なるものが、天使たちの心の内的なものを満たしたので、そのことから彼らに生じた、顔の上にうつ伏せに倒れようとする努力が、突然に、主によりふさがれた(遮断された)、第三の天界からの光の道が、また第二の天界からの光の道が開かれた、それ〔光の道〕から前の神殿の外観が戻った、そしてまた天幕(幕屋)が、しかし、これは神殿の中に。

Ex his illustratum est, quid intelligitur per haec in hoc capite: これらから明らかにされた、この章の中の、これらによって、何が意味されるか――

"Ecce Tabernaculum Dei cum hominibus, et habitabit cum illis (vers. 3) (n. 882); 「見よ、神の幕屋が人ともに〔ある〕、また〔神は〕彼らとともに住む」(3)(882)

et per haec: またこれらによって――

"Templum non vidi" in Nova Hierosolyma, "quia Dominus Deus Omnipotens Templum ejus et Agnus (vers. 22) (n. 918). 新しいエルサレムの中に「私は神殿を見なかった」、「全能の神、主が、また小羊が、その神殿〔だ〕からである」(22)(918)

 

(3) 訳文

926.ここに私はこのメモラビリアを加える――

かつて、私は第二十番目の章の説明の中にいて、「黙示録」中の竜、獣、また偽預言者について熟考していた。ある者われ、「何あなたは熟考しているのか?」と質問した

、偽預言者についてであったことをった

 その時、彼った、「私はあなたをそこに「偽預言者」によって意味されるがいる場所導きましょう」。

彼は、「小羊に似た二本の角を持ち、竜のように話した地からの獣(13)によって意味されるものと同じです」と言った。

私は彼に従った、すると見よ、私は群衆を見た。その真ん中に高位聖職者たちがいて、その者たちは、信仰以外に、人間はまったく救われないこと、また働きは善であるが、救いへ〔向かうもので〕ないことを教えた。また、それでも、平信徒、特に単純な者たちのために、みことばから教えなければならないこと、行政長官に対する従順の束縛の中に厳密に保たれ、そして宗教からのように、このように内心から、道徳的な仁愛へ向けて実践することを促される〔からである〕。

[2] またその時、彼らからの一人が私を見て、言った、「あなたは私たちの神殿を見ることを欲しますか? その中に私たちの信仰を表象する像があります」。

 私は近づき、見た。すると見よ、荘厳であった。その真ん中に、緋色の衣服を着て、右手に金の硬貨を、左手に真珠でできた鎖をつかんでいる女の像があった。しかし、幻想によって与えられた神殿と像であった。というのは、地獄の霊は幻想によって、心の内的なものを閉ざして、またその外的なものだけを開いて、荘厳なものを見せることができるから。

 しかし、私が、このようなものが魔法であったことに気づいたとき、私は主に祈った。また突然に、私の心の内的なものが開かれ、またその時、私は荘厳な神殿の代わりに屋根から最も下のものまでその中に密着したものは何もない割れ目でいっぱいの家を見た。また私は、女の代わりに、その家の中にぶらさがっている彫像を見た。その頭は竜に、身体はヒョウのよう、足は雌熊のよう、そのように完全に「海からの獣」(黙示録第13)で描かれているもののよう〔であった〕。また地面の代わりに沼があり、その中にカエルの多数いた。また、私に、沼の下に切り出された大きな石があり、その下に、よく隠されたみことばが横たわっている、と言われた。

 [3] これらを見て、私は魔術師に言った、「これがあなたがたの神殿ですか?」 彼は言った、〔そう〕であること。

 しかし、突然にその時、彼らにもまた内的な視覚が開かれ、私が見たのと似たものを見た。

これらを見て、大きく叫んだ、「これは何か、またこれはどこからか?」

 また私は言った、それぞれの形の性質を、またこのように霊的な仁愛から分離したあなたがたの信仰の性質を明かす天界からの光からであること。

 また、直ちに、東風が吹き、像とともにそこにあったすべてのものを取り去り、そしてまた沼を干し上がらせ、またこのように、下に、みことばが横たわる石をむき出しにした。

 またこの後、天界から春のような暖かさが吹き込んだ。すると見よ、その時、同じ場所に外なる形に関して単純な天幕が見られた。

 また、私のもとにいた天使たちは言った、「見よ、アブラハムの天幕を。それは、三人の天使が彼にやって来て、イサクの〔これから後に〕生まれることについて知らせた時のようなものであった。これは目の前に単純なものに見える、しかしそれでも、天界からの光の流入にしたがってますます荘厳になる」。

 また彼らに天界を開くことが与えられた。その中には知恵の中にいる霊的な天使たちがいた。またその時、光から、ここから流入して、その天幕がエルサレムの神殿に似たもののように見えた。それをのぞきこんだとき、私は土台の石を見た。その下に宝石でおおわれて、みことばが蓄えられていた。その宝石から壁に稲妻のように〔光が〕輝き出て、その壁にケルビムの形があったが、色でそれらを美しく多様に変化させた。

 [4] 私はこれらに驚かされた。天使たちは言った、「あなたはさらに驚くべきものを見ます」。

 また、彼らに第三の天界を開けることが与えられた、その中には愛の中にいる天的な天使たちがいた。またその時、光から、ここから流入して、その神殿全体が消え、またそれに代わって(その場所に)、主おひとりが、みことばであった土台の石の上に、ヨハネに見られた(黙示録第1)のと似た姿で、立っているのが見られた。しかし、聖なるものが、天使たちの心の内的なものを満たしたので、そのことから彼らに、顔を伏せて倒れようとしたので、突然に、主により、第三の天界からの光の道がふさがれ、第二の天界からの光の道が開かれ、それ〔光の道〕から前の神殿の外観が、そしてまた天幕が戻った、しかし、これは神殿の中にあった。

 これらからこの章の中の次のものによって、何が意味されるか明らかにされた――

 

 「見よ、神の幕屋が人ともに〔ある〕、また〔神は〕彼らとともに住む」(3)(882)――

 

 またこれらによって――

 

 新しいエルサレムの中に「私は神殿を見なかった。全能の神、主が、また小羊が、その神殿〔だ〕からである」(22)(918)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 21:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094963