RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 第22章(本文)

CAPUT XXII.

22

 

(1) 原文

ET ostendit mihi purum fluvium aquae vitae, splendidum tanquam crystallum, exeuntem e Throno Dei et Agni.

2. In medio plateae ejus et fluvii hinc et hinc Arbor vitae faciens fructus duodecim, juxta mensem quemvis reddens fructum suum, et folia arboris in medicinam gentium.

3. Et ullum devotum non erit ibi; et Thronus Dei et Agni in illa erit, et servi Ipsius ministrabunt Ipsi.

4. Et videbunt Faciem Ipsius, et Nomen Ipsius in frontibus illorum.

5. Et nox non erit ibi, et non opus habent lucerna et luce solis, quia Dominus Deus illustrat illos; et regnabunt in saecula saeculorum.

6. Et dixit mihi, Haec verba fida et Vera. Et Dominus Deus sanctorum Prophetarum misit Angelum Suum ad monstrandum servis Suis quae oportet fieri cito.

7. Et venio cito; beatus servans verba prophetiae Libri hujus.

8. Et ego Johannes videns haec et audiens; et cum audivi et vidi, procidi adorare ante pedes Angeli, qui monstrabat mihi haec.

9. Et dicit mihi, Vide ne; conservus tuus enim Sum, et fratrum tuorum Prophetarum, et servantium verba Libri hujus; Deum adora.

10. Et dicit mihi, Ne obsignes verba prophetiae Libri hujus, quia tempus prope est.

11. Injustus injustus fiat adhuc, et sordidus sordescat adhuc, et justus justificetur adhuc, et sanctus sanctificetur adhuc.

12. Et ecce venio cito, et merces Mea cum Me, reddens unicuique sicut opus ejus erit.

13. Ego sum Alpha et Omega, Principium et Finis, Primus et Ultimus.

14. Beati facientes mandata Ipsius, ut sit potestas illorum in Arbore vitae, et portis ingrediantur in Urbem.

15. Foris vero canes, et incantatores, et scortatores, et homicidae, et idololatrae, et omnis amans et faciens mendacium.

16. Ego Jesus misi Angelum Meum testari vobis haec in Ecclesiis; Ego sum Radix et Genus Davidis, Stella splendida et matutina.

17. Et Spiritus et Sponsa dicunt, Veni; et audiens dicat Veni, et sitiens veniat, et volens accipiat aquam vitae gratis.

18. Contestor enim Omni audienti verba prophetiae Libri hujus, Si quis addiderit ad haec, addet, Deus super illum plagas scriptas in Libro hoc.

19. Et si quis abstulerit e verbis Libri prophetiae hujus, auferet Deus partem ejus e Libro vitae, et ex Urbe sancta, et scriptis in Libro hoc.

20. Dicit Testans haec, Etiam venio cito; amen. Etiam veni, Domine Jesu.


21. GRATIA DOMINI NOSTRI JESU CHRISTI CUM OMNIBUS VOBIS, AMEN.

 

(2) 直訳

ET ostendit mihi purum fluvium aquae vitae, splendidum tanquam crystallum, exeuntem e Throno Dei et Agni. 1. また彼は私にいのちの水の川を見せた、水晶のように輝いている、神と小羊の王座から出ている。

2. In medio plateae ejus et fluvii hinc et hinc Arbor vitae faciens fructus duodecim, juxta mensem quemvis reddens fructum suum, et folia arboris in medicinam gentium. 2. その街路と川の真ん中の中に、ここにまたここに、十二の実を結んでいるいのちの木が〔ある〕、それぞれの月にしたがって自分の実を戻す(報いる)、また木の葉は諸国民の治療薬として〔なるだろう〕。

3. Et ullum devotum non erit ibi; 3. また呪いは何もないであろう、そこに。

et Thronus Dei et Agni in illa erit, et servi Ipsius ministrabunt Ipsi. また神と小羊の王座があるであろう、またその方のしもべたちがその方に仕えるであろう。

4. Et videbunt Faciem Ipsius, et Nomen Ipsius in frontibus illorum. 4. またその方の顔を見るであろう、またその方の名前が彼らの額の中に〔あるであろう〕。

5. Et nox non erit ibi, et non opus habent lucerna et luce solis, quia Dominus Deus illustrat illos; 5. また夜はないであろう、そこに、また明かりと太陽の光を必要としない、主、神が彼らを照らすからである。

et regnabunt in saecula saeculorum. また、彼らは永遠に王であろう(支配するであろう)

6. Et dixit mihi, Haec verba fida et Vera. 6. また彼は私に言った、これらのことばは信ずるにたるものまた真実〔である〕。

Et Dominus Deus sanctorum Prophetarum misit Angelum Suum ad monstrandum servis Suis quae oportet fieri cito. 聖なる預言者たちの主、神はご自分の天使を遣わした、ご自分のしもべたちに示すために、 それはすぐに行なわれるべきである。

7. Et venio cito; 7. また、わたしはすぐに来る。

beatus servans verba prophetiae Libri hujus. 幸いだ、この書の預言のことばを守っている者。

8. Et ego Johannes videns haec et audiens; 8. また私、ヨハネはこれらを見ているまた聞いている者〔である〕。

et cum audivi et vidi, procidi adorare ante pedes Angeli, qui monstrabat mihi haec. また、私が聞いた、また見たとき、私は天使の足の前に崇拝することを平伏した、その者は私にこれらを示した。

9. Et dicit mihi, Vide ne; 9. また私に言う、見よ、〜ないように。

conservus tuus enim Sum, et fratrum tuorum Prophetarum, et servantium verba Libri hujus; というのは、私はあなたの仲間のしもべであるから、あなたの兄弟〔である〕預言者の、またこの書のことばを守る者の。

Deum adora. 神を崇拝せよ。

10. Et dicit mihi, Ne obsignes verba prophetiae Libri hujus, quia tempus prope est. 10. また私に言う、この書の預言のことばをあなたは封じない(未来)うに、時は近いからである。

11. Injustus injustus fiat adhuc, et sordidus sordescat adhuc, et justus justificetur adhuc, et sanctus sanctificetur adhuc. 11. 不正な者は依然として(さらに)不正であれ(未来)、また不潔な者は依然として(さらに)不潔になる(未来)、また正しい者は依然として(さらに)義(正しい)とされる(未来)、また聖徒は依然として(さらに)聖別される(未来)。

12. Et ecce venio cito, et merces Mea cum Me, reddens unicuique sicut opus ejus erit. 12. また見よ、わたしはすぐに来る、またわたしの報酬がわたしとともに、それぞれの者が戻している、その働きがあるように(応じて)

13. Ego sum Alpha et Omega, Principium et Finis, Primus et Ultimus. 13. わたしは、アルファとオメガ、始まりと終わり、最初と最後である。

14. Beati facientes mandata Ipsius, ut sit potestas illorum in Arbore vitae, et portis ingrediantur in Urbem. 14. 幸いだ、その方の命令を行なう者は、彼らの力がいのちの木の中にあるような〔者〕、また門で入れられる都の中に。

15. Foris vero canes, et incantatores, et scortatores, et homicidae, et idololatrae, et omnis amans et faciens mendacium. 15. けれども、外に、犬が、また魔法使い、また淫行する者、また人殺し、また偶像崇拝者、また偽りを愛しているまた行なっているすべての者〔がいる〕。

16. Ego Jesus misi Angelum Meum testari vobis haec in Ecclesiis; 16. わたし、イエスは、わたしの天使を遣わした、あなたがたにこれらのことばを証言した、教会の中に。

Ego sum Radix et Genus Davidis, Stella splendida et matutina. わたしはダビデの根と一族である、輝くまた朝の星。

17. Et Spiritus et Sponsa dicunt, Veni; 17. また霊と花嫁は言う、来い。

et audiens dicat Veni, et sitiens veniat, et volens accipiat aquam vitae gratis. また聞いている者は言う(未来)、来い、また渇いている者は来る(未来)また欲している者はいのちの水をただで受け取る(未来)

18. Contestor enim omni audienti verba prophetiae Libri hujus, Si quis addiderit ad haec, addet, Deus super illum plagas scriptas in Libro hoc. 18. というのは、わたしは立証するから、この預言の書のことばを聞くすべての者に、もしだれかがこれに加えるなら、神は彼の上に加える、この書の中に書かれた災害を。

19. Et si quis abstulerit e verbis Libri prophetiae hujus, auferet Deus partem ejus e Libro vitae, et ex Urbe sancta, et scriptis in Libro hoc. 19. またもしだれかがこの預言の書のことばから取り去る(aufero)なら、神はいのちの書から彼の部分を取り去る、また聖なる都から、またこの書の中に書かれたもの。

20. Dicit Testans haec, Etiam venio cito; 20. これらを証言している者が言う、そのとおり(しかり)、わたしはすぐに来る。

amen. Etiam veni, Domine Jesu. アーメン。そのとおり(しかり)、来い、主、イエスよ。


21. GRATIA DOMINI NOSTRI JESU CHRISTI CUM OMNIBUS VOBIS, AMEN. 21. 私たちの主、イエス・キリストの恵みがあなたがたすべての者に〔あるように〕、アーメン。

 

(3) 訳文

 1. 彼は私に、神と小羊の王座から出て、水晶に輝いている、いのちの水の川を見せた。

 2. その街路と川の真ん中に、ここにまたそこに、それぞれの月にしたがってその実を報いる十二の実を結んでいるいのちの木があり、その木の葉は諸国民の薬となる。

 3. そこに呪いは何もない。神と小羊の王座があり、その方のしもべたちがその方に仕える。

 4. その方の顔を見る、その方の名前が彼らの額の中にある。

 5. そこに夜はなく、明かりと太陽の光を必要としない、神である主が彼らを照らすからである。彼らは永遠に王である。

 6. 彼は私に言った、「これらのことばは信ずるにたるもの、真実である」。聖なる預言者たちの神である主は、すぐに行なわれるべきであることをご自分のしもべたちに示すために、ご自分の天使を遣わされた。

 7. わたしはすぐに来る。この書の預言のことばを守っている者は幸いだ。

 8. 私、ヨハネは、これらを見て聞いている者である。私が聞き、見たとき、私は私にこれらを示した天使の足の前に崇拝して平伏した。

 9. 彼は私に言う、「見よ、〔そんなこと〕するな。というのは、私はあなたの仲間のしもべ、預言者のあなたの兄弟、この書のことばを守る者であるから。神を崇拝せよ」。

 10. また私に言う、「この書の預言のことばをあなたは封じないうにせよ、時は近いからである。

 11. 不正な者はさらに不正であれ、不潔な者はさらに不潔になれ、た正しい者はさらに正しいとされよ、聖徒はさらに聖なるものとされよ」。

 12. 「見よ、わたしはすぐに来る。わたしの報酬がわたしとともにあり、それぞれの者もその働きに応じて戻している」。

 13. わたしは、アルファとオメガ、始まりと終わり、最初と最後である。

 14.その方の命令を行なう者、彼らの力がいのちの木の中にあるような者、都の中に門で入れられる者は幸いだ。

 15. けれども、外には、犬、魔法使い、淫行する者、人殺し、偶像崇拝者、偽りを愛し、た行なっているすべての者がいる。

 16. わたし、イエスは、わたしの天使を遣わし、教会の中に、あなたがたにこれらのことばを証言した。

わたしは、ダビデの根と子孫、輝く朝の星である。

 17. 霊と花嫁は言う、来てください。聞いている者は、「来てください」と言いなさい、渇いている者は来なさい、欲している者はいのちの水をただで受け取りなさい。

 18. というのは、わたしは、この預言の書のことばを聞くすべての者に立証するから、もしだれかがこれに加えるなら、神は、この書の中に書かれた災害を彼の上に加える。

 19. また、もしだれかがこの預言の書のことばから取り去るなら、神はいのちの書から、また聖なる都から、この書の中に書かれたものから、彼の分を取り去る。

 20. これらを証言している者が言われる、「しかり、わたしはすぐに来る」。アーメン。しかり、来てください、主、イエスよ。


 21. 私たちの主、イエス・キリストの恵みがあなたがたすべての者に〔あるように〕、アーメン。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094964