RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 第22章(各節の内容)の直訳

(2) 直訳

1. " Et ostendit mihi purum fluvium aquae vitae, splendidum tanquam crystallum, exeuntem e Throno Dei et Agni," significat Apocalypsin nunc quoad Sensum spiritualem apertam explicatam,{1} ubi Divina Vera in copia a Domino revelata sunt, pro illis qui in Nova Ipsius Ecclesia, quae est Nova Hierosolyma, erunt [n. 932]. 1. 「また彼は私に、神と小羊の王座から出て、水晶に輝いている、いのちの水の川を見せた」は、今や、霊的な言い実に関して開かれた、説明された「黙示録」を意味する、そこに主からの神的真理が豊富に啓示されている、彼らのために、その者はその方の新しい教会の中に、それは新しいエルサレムである、いることになる(932)

@1 apertam et explicatam pro "apertum et explicatum" 1 apertum et explicatum」の代わりに apertam et explicatam

2. " In medio plateae et fluvii hinc et hinc Arbor vitae faciens fructus duodecim," significat quod in intimis veritatum doctrinae et inde vitae in Nova Ecclesia sit Dominus in Divino Suo Amore, a Quo omnia bona quae homo ibi facit apparenter sicut ex se, profluunt [n. 933, 934]; 2. 「またその街路と川の真ん中に、ここにまたそこに、十二の実を結んでいるいのちの木〔がある〕」は、新しい教会の中の教えの狄人瓩虜覇睇瑤涼罎法△海海ら生活〔の中に〕ご自分の神的愛の中の主がいることを意味する、それからすべての善が、それらを人間はそこに行なう、外観上は自分自身からのように、流れ出る(933, 934)

" juxta mensem quemvis reddens fructum suum," significat quod Dominus producat bona apud hominem secundum omnem statum veri apud illum [n. 935]; 「それぞれの月にしたがってその実を報いる」は、主が人間のもとに善を生み出すことを意味する、彼のもとの真理のすべての状態にしたがって(935)

" et folia arboris in medicinam gentium," significat vera rationalia inde, per quae illi qui in malis et inde falsis sunt, perducuntur ad cogitandum sane et ad vivendum decenter [n.936]. 「その木の葉は諸国民の薬となる」は、ここからの理性的な真理を意味する、それらによって、彼らは、その者は悪と個々からの虚偽の中にいる、健全に考える(よう)に向けて導かれる、また正しく生きる(よう)に向けて(936)

3. " Et ullum devotum non erit ibi, et Thronus Dei et Agni in illa erit, et servi Ipsius ministrabunt Ipsi," significat quod in Ecclesia, quae Nova Hierosolyma, non aliqui separati a Domino erunt, quia Ipse Dominus ibi regnabit, et illi qui in veris per Verbum ab Ipso sunt, et faciunt mandata Ipsius, cum Ipso erunt, quia conjuncti [n. 937]. 3. 「またそこに呪いは何もない。神と小羊の王座があり、その方のしもべたちがその方に仕える」は、教会の中に、それは新しいエルサレム、主から分離された何らかの者がいないであろうことを意味する、主ご自身がそこに支配するであろうからである、また彼らは、その者はみことばを通してその方からの真理の中にいる、またその方の命令を行なう、その方とともにいることになる、結合されたので(937)

4. " Et videbunt Faciem Ipsius, et nomen Ipsius in frontibus illorum," significat quod convertent se ad Dominum et Dominus Se ad illos, quia conjuncti per amorem [n. 938, 939]. 4. 「その方の顔を見る、その方の名前が彼らの額の中に〔ある〕」は、彼らが自分自身を主へ向けることを意味する、また主がご自身を彼らに、愛によって結合されているからである(938, 939)

5. " Et nox non erit ibi, et non opus habent lucerna et luce solis, quia Dominus [Deus] illustrat illos," significat quod in Nova Hierosolyma non erit aliquod falsum fidei, et quod homines in cognitionibus de Deo ibi non erunt ex lumine naturali quod est ex propria intelligentia, et ex gloria oriunda ex fastu, sed erant in luce spirituali ex Verbo a Solo Domino [n. 940]; 5. 「またそこに夜はなく、明かりと太陽の光を必要としない、〔神である〕主が彼らを照らすからである」は、新エルサレムの中に何らかの信仰の虚偽がないであろうことを意味する、また人間が主についての認識(知識)の中に、そこにいないであろうこと、自然的な光から、それは自己知性からである、また高慢から出てくる栄光(称賛)から、しかし霊的な光の中にいるであろう、主おひとりからのみことばからの(940)

" et regnabunt in saecula saeculorum," significat quod erunt in Regno Domini, et in conjunctione cum Ipso in aeternum [n. 941]. 「また彼らは永遠に王である」は、主の王国の中にいることになることを意味する、またその方との結合の中に、永遠に(941)

6. " Et dixit mihi, Haec verba fida et vera," significat quod haec pro certo sciant, quia Ipse Dominus id testatus dixit [n. 942]; 6. 「また彼は私に言った、『これらのことばは信ずるにたるもの、真実である』」は、これらを確かな事実として(確かに)らなければならないことを意味する、主ご自身がそれを証明されて言ったからである(942)

" et Dominus Deus sanctorum Prophetarum misit Angelum Suum ad monstrandum servis Suis quae oportet fieri cito," significat quod Dominus, ex Quo est Verbum utriusque Foederis, per Caelum revelaverit illis, qui in veris ex Ipso sunt, illa quae certe futura sunt [n. 943]. 「また聖なる預言者たちの神である主は、すぐに行なわれるべきであることをご自分のしもべたちに示すために、ご自分の天使を遣わされた」は、主が、その方から両方の契約のみことばがある、天界を通して彼らに啓示したことを意味する、その者はその方からの真理の中にいる、それらを、それらは確かに存在するようになる(943)

7. " Ecce venio cito; beatus servans verba prophetiae (Libri) hujus," significat quod Dominus certe venturus sit, et daturus vitam aeternam illis qui custodiunt et faciunt vera seu praecepta doctrinae hujus Libri nunc a Domino aperti [n. 944]. 7. 「わたしはすぐに来る。この〔書の〕預言のことばを守っている者は幸いだ」は、主が確かにやって来ることになることを意味する、また彼らに永遠のいのちを与える(ことになる)、その者は真理を、すなわち、この書の教えの戒めを守る、また行なう、今や、主により開かれた(944)

8. " Et ego Johannes videns haec et audiens; et cum audivi et vidi, procidi adorare ante pedes Angeli, qui monstrabat mihi haec," significat quod Johannes opinatus sit, quod Angelus qui a Domino missus est ad illum, ut in statu spiritus teneretur, esset Deus Qui revelavit illa, cum tamen non ita erat; angelus enim solum monstrabat quod Dominus manifestavit [n. 945]. 8. 「私、ヨハネは、これらを見て聞いている者である。私が聞き、見たとき、私は私にこれらを示した天使の足の前に崇拝して平伏した」は、ヨハネが信念を抱いた(意見を持った)ことを意味する、天使が、その者は主から彼に遣わされた、霊の状態の中に保たれるために、神であった、その者はそれを啓示した、そのときそれでもそのようでなかった。というのは、天使は単に使命だ、主が啓示したものを(945)

9. " Et dicit mihi, Vide ne; conservus enim tuus sum, et fratrum tuorum Prophetarum, et servantium verba Libri hujus; Deum adora," significat quod Angeli Caeli non adorandi et invocandi sint, quia nihil Divinum est illis, sed quod associati sint hominibus, sicut fratres fratribus, illis qui in doctrina Novae Hierosolymae sunt, et faciunt praecepta ejus, et quod Solus Dominus in consociatione cum illis adorandus sit [n. 946]. 9. 「また彼は私に言う、『見よ、〔そんなこと〕するな。というのは、私はあなたの仲間のしもべ、預言者のあなたの兄弟、この書のことばを守る者であるから。神を崇拝せよ』」は、天界の天使が崇拝されては、また(加護を)祈られてはならないことを意味する、神的なものは彼に何もないからである、しかし、人間に仲間となっている。兄弟が兄弟にのように、彼らに、その者は新しいエルサレムの教えの中にいる、またその戒めを行なっている、また主おひとりが、彼らと交わりの中で、崇拝されなければならない(946)

10. " Et dicit{1} mihi, Ne obsignes verba prophetiae (Libri) hujus, quia tempus prope est," significat quod Apocalypsis non occlusa erit, sed aperienda, et quod hoc necessum sit in fine Ecclesiae, ut alicui salventur [n. 947]. 10. 「また私に言う、『この書の預言のことばをあなたは封じないうにせよ、時は近いからである」は、「黙示録」が隠されてはならないことを意味する、しかし、開かれるべき、またこのことが教会の終わりの中で必要であること、ある者が救われるために(947)

@1 dicit pro "dixit" 1 dixit」の代わりに dicit

11. " Injustus injustus fiat adhuc, et sordidus sordescat adhuc, et justus{1} justificetur adhuc, et sanctus sanctificetur adhuc," significat statum omnium in particulari post mortem, et ante ejus judicium, et in communi ante Ultimum Judicium: 11. 「不正な者はさらに不正であれ、不潔な者はさらに不潔になれ、た正しい者はさらに正しいとされよ、聖徒はさらに聖なるものとされよ」は、特定的に(個別的に)死後のすべての者の状態を意味する、また彼の審判前の、また全般的に「最後の審判」前の。

quod illis qui in malis sunt auferentur bona, et qui in falsis auferentur vera; 彼らに、その者は悪の中にいる、善が取り去られること、またその者は子儀の中に〔いる〕、真理が取り去られる。

ac vicissim quod illis qui in bonis sunt auferentur mala, et qui in veris auferentur falsa [n. 948]. そして逆に、彼らに、その者は善の中にいる、悪が取り去られること、またその者は真理の中に〔いる〕、虚偽が取り去られる(948)

@1 justus pro "injustus" 1 injustus」の代わりに justu

12. " Et ecce venio cito, et merces Mea cum Me, reddens unicuique sicut opus ejus erit," significat quod Dominus certe venturus sit, et quod Ipse sit Caelum et felicitas vitae aeternae, cuique, secundum fidem in Ipsum et vitam secundum praecepta Ipsius [n. 949]. 12. 「また『見よ、わたしはすぐに来る。わたしの報酬がわたしとともにあり、それぞれの者もその働きに応じて戻している』」は、主が確かにやって来ることになることを意味する、またその方は天界の永遠のいのちの幸福であること、そしてその者に、その方へ信仰にしたがって、またその方の戒めにしたがって(949)

13. " Ego sum Alpha et Omega. Principium et Finis, Primus et Ultimus," significat quia Dominus est Deus Caeli et Terrae, et ab Ipso omnia in Caelis et in Terris facta sunt, et per Divinam Ipsius Providentiam reguntur, et secundum illam fiunt [n. 950]. 13. 「わたしは、アルファとオメガ、始まりと終わり、最初と最後である」は、主は天地の神であるからであるを意味する、またその方により天界の中と地の中のすべてのものがつくられた、またその方の神的摂理によって支配される、またそれらにしたがって行なわれる(950)

14. " Beati facientes mandata Ipsius, ut sit potestas illorum in Arbore vitae, et portis ingrediantur in Urbem," significat quod felicitas aeterna sit illis qui vivunt secundum praecepta Domini, propter finem ut sint in Domino et Dominus in illis per amorem, et in Nova Ipsius Ecclesia per cognitiones de Ipso [n. 951]. 14. 「その方の命令を行なう者、彼らの力がいのちの木の中にあるような者、都の中に門で入れられる者は幸いだ」は、永遠の幸福が彼らにあることを意味する、その者は主の戒めにしたがって生きる、愛によって主の中にまた主が彼らの中にいるようにとの目的のために、またその方の新しい教会の中に、その方についての認識(知識)によって(951)

15. " Foris vero canes, et incantatores, et scortatores, et homicidae, et idololatrae, et omnis amans et faciens mendacium," significat quod non aliquis in Novam Hierosolymam recipiatur, qui nihili facit praecepta Decalogi, et non fugit aliqua mala ibi nominata ut peccata, et ideo vivit in illis [n. 952]. 15. 「けれども、外には、犬、魔法使い、淫行する者、人殺し、偶像崇拝者、偽りを愛し、行なっているすべての者が〔いる〕」は、ある者は新しいエルサレムの中に受け入れられないことを意味する、その者は十戒の戒めを何も行なわない、またそこに名前を挙げられている悪を罪として避けない、またそれゆえ、それらの中に生きている(952)

16. " Ego Jesus misi Angelum Meum testari vobis haec in Ecclesiis," significat testificationem a Domino coram toto Christiano orbe, quod verum sit quod Solus Dominus manifestaverit illa quae in hoc Libro descripta sunt, ut et quae nunc aperta sunt [n. 953]; 16. 「わたし、イエスは、わたしの天使を遣わし、教会の中に、あなたがたにこれらのことばを証言した」は、全キリスト教世界の前に、主からの証明を意味する、真理であること、主おひとりがそれらを啓示されたこと、それらはこの書の中に述べられた、そのようにまた、それらは今や、開かれた(953)

"Ego sum Radix et Genus Davidis, Stella splendida et matutina," significat quod sit Ipse Dominus, qui natus est in Mundo, et tunc fuit Lux, et qui venturus cum nova Luce, quae coram Nova Ipsius Ecclesia, quae est Sancta Hierosolyma, oritura est [n. 954]. 「わたしは、ダビデの根と子孫、輝く朝の星である」は、主ご自身であること意味する、その者は世の中で生まれた、またその時、光であった、またその者はやって来る、新しい光とともに、それはその方の新しい教会の前に、それは聖なるエルサレムである、出てくる(954)

17. "Et Spiritus et Sponsa dicunt, Veni" significat quod Caelum et Ecclesia Adventum Domini desiderent [n. 955]; 17. 「また霊と花嫁は言う、来てください」は、天界と教会が主の来臨を望むことを意味する(955)

"et audiens dicat Veni, et sitiens veniat, ac volens accipiat aquam vitae gratis," significat quod qui scit aliquid de Adventu Domini, et de Novo Caelo et de Nova Ecclesia, ita de Regno Domini, oret ut veniat; 「また聞いている者は、『来てください』と言いなさい、渇いている者は来なさい、欲している者はいのちの水をただで受け取りなさい」は、主の来臨について、また新しい天界についてまた新しい教会について、そのように主の王国について、何らかのものを知る者が、やって来るように祈ることを意味する。

et quod qui desiderat vera, oret ut Dominus cum luce veniat; また、真理を望む者が、主が光とともにやって来るように祈ることを。

et qui amat vera, tunc accepturus sit illa a Domino absque sua opera [n. 956]. また、真理を愛する者が、その時、それらを主から自分の働きなしに受けるようになる(956)

18. " Contestor enim omni audienti verba prophetiae Libri hujus, si quis addiderit ad haec, addet Deus super illum plagas scriptas in Libro hoc," significat quod qui legunt et sciunt vera doctrinae hujus Libri nunc a Domino aperti, et usque agnoscunt alium Deum quam Dominum, et aliam fidem quam in Ipsum, addendo aliquid per quod duo illa destruant, non possint aliter quam perire ex falsis et malis, quae per plagas in hoc Libro descriptas significantur [n. 957]. 18. 「というのは、わたしは、この預言の書のことばを聞くすべての者に立証するから、もしだれかがこれに加えるなら、神は、この書の中に書かれた災害を彼の上に加える」は、今や主により開かれたこの書の教えの真理を読み、また知る者は、またそれでも主以外の他の神を認める、またその方への〔信仰〕以外の他の信仰を、何らかのものを加えて、それら二つのことが破壊するものによって、虚偽と悪から滅びること以外に異なってできない、それらはこの書の中に述べられた災害によって意味されている(957)

19. " Et si quis abstulerit e verbis Libri prophetiae hujus, auferet Deus partem ejus e Libro vitae, et ex Urbe sancta, et scriptis in Libro hoc," significat quod qui legunt et sciunt vera doctrinae hujus Libri nunc a Domino aperti, et usque agnoscunt alium Deum quam Dominum, et aliam fidem quam in Ipsum, auferendo aliquid per quod illa duo destruant, non possint aliquid sapere et appropriare sibi ex Verbo, nec recipi in Novam Hierosolymam, neque habere sortem cum illis qui [in] Regno Domini sunt [n.958, 959]. 19. 「また、もしだれかがこの預言の書のことばから取り去るなら、神はいのちの書から、また聖なる都から、この書の中に書かれたものから、彼の分を取り去る」は、今や主により開かれたこの書の教えの真理を読み、また知る者は、またそれでも主以外の他の神を認める、またその方への〔信仰〕以外の他の信仰を、何らかのものを取り去って、それら二つのことが破壊するものによって、みことばから賢明になることまた何らかのもの自分自身のものにすることができない、新しいエルサレムの中に受け入れられることない、、彼らと運命(割り当て地)持つこともない、その者は主の王国の中にいる(958, 959)

20. " Dicit{1} Testans haec, Etiam venio cito[; amen]. Etiam veni, Domine Jesu," significat Dominum, Qui revelavit Apocalypsin, et nunc aperuit illam, testificantem hoc Evangelium, quod in Divino Humano Suo, quod suscipit in mundo et glorificavit, veniat ut Sponsus et Maritus, et quod Ecclesia Ipsum desideret ut Sponsa et Uxor [n. 960]. 20. 「これらを証言している者が言われる、「しかり、わたしはすぐに来る」。アーメン。しかり、来てください、主、イエスよ」は、主を意味する、その方は「黙示録」を啓示した、またその時、それを開いた,この福音を証言する〔ために〕、ご自分の神的人間性の中に、それを世の中でとられた、また栄化した、花婿と夫としてやって来ること、またその方の教会が花嫁と妻として降ること(960)

@1 Dicit pro "Dixit" 1 Dixit」の代わりに Dicit

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094967