RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 932

EXPLICATIO.

説明

 

(1) 原文

932. [Vers. 1.] " Et ostendit mihi purum fluvium aquae vitae, splendidum tanquam crystallum, exeuntem e Throno Dei et Agni," significat Apocalypsin nunc quoad Sensum spiritualem apertam et explicatam, ubi Divina Vera in copia a Domino revelata sunt pro illis qui in Nova Ipsius Ecclesia, quae est Nova Hierosolyma, erunt.Per "purum fluvium aquae vitae splendidum tanquam crystallum" significatur Divinum Verum Verbi in copia translucens ex Sensu spirituali ejus, qui est in luce Caeli; quod per "fluvium" significetur Divinum Verum in copia[, videatur supra] (n. 409); causa est, quia per "aquas," ex quibus fluvius, significantur vera (n. 50, 685, 719), et per "aquas vitae" vera illa ex Domino per Verbum (ut sequitur); ac per "splendidum sicut crystallum" significantur vera haec translucentia ex Sensu spirituali, qui est in luce Caeli (n. 897{1}): per quod visus sit fluvius ille exire "ex Throno Dei et Agni" significatur quod e Caelo a Domino; per "Thronum" enim significatur Dominus quoad judicium et quoad regimen et quoad Caelum; quoad judicium, n. 229, 845, 865; quoad regimen, n. 694, 808 fin.; et quoad Caelum, n. 14, 221, 222; hic itaque e Caelo a Domino: per "Deum et Agnum" significatur hic, ut saepius supra, Dominus quoad Ipsum Divinum a Quo et quoad Divinum Humanum. [2] Quod per "fluvium aquae vitae" hunc in specie intelligantur Divina Vera in copia hic nunc in Apocalypsi a Domino revelata, patet a versibus 6, 7, 9, 10, 14, 16-19, hujus capitis, ubi de Libro hujus prophetiae agitur, et quod servanda sint quae ibi scripta sunt; quae non servari potuerunt, antequam per Sensum spiritualem revelata sunt quae inibi continentur, quia prius non intellecta fuerunt: et quoque Apocalypsis est Verbum, simile Verbo prophetico Veteris Testamenti; et in Apocalypsi nunc detecta sunt mala et falsa Ecclesiae quae fugienda et aversanda sunt, ac bona et vera Ecclesiae quae facienda, imprimis de Domino et de vita aeterna ab Ipso; quae quidem docentur apud Prophetas, sed non ita manifeste ut apud Evangelistas et in Apocalypsi; ac Divina Vera de Domino, quod sit Deus Caeli et Terrae, quae tunc procedunt ab Ipso, et recipiuntur ab illis qui in Nova Hierosolyma erunt, de quibus agitur in Apocalypsi, sunt quae in specie intelliguntur per "purum fluvium aquae vitae splendidum tanquam crystallum, exeuntem e Throno Dei et Agni," ut quoque constare potest ex his:

 

Jesus dixit "Quisquis credit in Me, sicut dixit Scriptura, Flumina e Ventre ejus fluent Aquae viventis" (Joh. vii. 38);

Jesus dixit "Qui biberit ex aqua, quam Ego dabo ei, non sitiet in aeternum; sed aqua quam dabo ei fiet in illo Fons aquae salientis in vitam aeternam" (Joh. iv. 14);

"Ego sitienti dabo ex Aqua vitae gratis" (Apoc. xxi. 6; cap. xxii. 17);

"Et Agnus Qui in medio Throni pascet eos, et deducet ad Vivos Fontes aquarum" (Apoc. vii. 17);

"In die illo exibunt Aquae vivae ex Hierosolyma; Jehovah erit in Regem unum super totam terram; in die illo erit Jehovah unus, et Nomen Ipsius unum" (Sach. xiv. 8, 9);

 

per "aquas vivas" seu "vitae" significantur ibi Divina Vera a Domino.

@1 897 pro "879"

 

(2) 直訳

932. [Vers. 1.] " Et ostendit mihi purum fluvium aquae vitae, splendidum tanquam crystallum, exeuntem e Throno Dei et Agni," significat Apocalypsin nunc quoad Sensum spiritualem apertam et explicatam, ubi Divina Vera in copia a Domino revelata sunt pro illis qui in Nova Ipsius Ecclesia, quae est Nova Hierosolyma, erunt.− 932(第1節)「また彼は私に、神と小羊の王座から出て、水晶のように輝いている、いのちの水の純粋な☆川を見せた」は、今や、霊的な意味に関して開かれた、説明された「黙示録」を意味する、そこに主からの神的真理が豊富に啓示されている、彼らのために、その者はその方の新しい教会の中に、それは新しいエルサレムである、いることになる」――

「純粋な purus」を訳し落しました。新改訳聖書にないのでうっかりしました。「永井直治訳」では「透き通りて、水晶の如き、生(いのち)の水の浄(きよ)き河を我に見(あら)わせり」と「浄(きよ)き」と訳出してあります。写本の違いであり、現在は有力でないとしてこの語(原語のギリシア語は καθαρός (英語 pure, cleane))が省かれています。スヴェーデンボリは当時の聖書を利用したのでしょう、そして英訳のKJV(欽定訳)にも pire があります。

永井直治訳聖書(新約部分のみ、基督教文書伝道会)は入手しづらいかもしれません(文章も古いです)。けれども、きわめで厳密に直訳してあるので、たとえば上記のように「生」と訳し、これに「いのち」とルビを振っています(この講座に通じるものがあるかとも思います)、参考となります(もちろん、ギリシア語原文が読めれば不要ですが、でも、「どのように訳したのか」調べれば、得られるものが多いです。

Per "purum fluvium aquae vitae splendidum tanquam crystallum" significatur Divinum Verum Verbi in copia translucens ex Sensu spirituali ejus, qui est in luce Caeli; 「水晶のように輝いている、いのちの水の純粋な川」によって、その霊的な意味から透明になっている豊富な、みことばの神的真理が意味される、それは天界の光の中にある。

quod per "fluvium" significetur Divinum Verum in copia[, videatur supra] (n. 409); 「川」によって、豊富な神的真理が意味されること〔上に見られる〕(409)

causa est, quia per "aquas," ex quibus fluvius, significantur vera (n. 50, 685, 719), et per "aquas vitae" vera illa ex Domino per Verbum (ut sequitur); 理由がある、「水」によって、それらから川〔がある〕、真理が意味されるからである(50, 685, 719)、また「いのちの水」によって、主からのその真理が、みことばを通して、(続けられるように)

ac per "splendidum sicut crystallum" significantur vera haec translucentia ex Sensu spirituali, qui est in luce Caeli (n. 897{1}): そして「水晶のように輝いている」によって、霊的な意味から透明さ〔のある〕これらの真理が意味される、それ〔霊的な意味〕は天界の光の中にある(897)

per quod visus sit fluvius ille exire "ex Throno Dei et Agni" significatur quod e Caelo a Domino; その川が「神と小羊の王座から」出ることが見られたことによって、天界から、主から〔出ている〕ことが意味される。

per "Thronum" enim significatur Dominus quoad judicium et quoad regimen et quoad Caelum; というのは、「王座」によって、審判に関する、また統治に関する、また天界に関する主が意味されるから。

quoad judicium, n. 229, 845, 865; 審判に関しては、229, 845, 865番。

quoad regimen, n. 694, 808 fin.; 統治に関しては、694, 808番末。

et quoad Caelum, n. 14, 221, 222; 天界に関しては、14, 221, 222番〔参照〕。

hic itaque e Caelo a Domino: そこで、ここに天界から、主から〔が意味される〕。

per "Deum et Agnum" significatur hic, ut saepius supra, Dominus quoad Ipsum Divinum a Quo et quoad Divinum Humanum. 「神と小羊」によって、ここに意味される、しばしば、上のように、ご自分の神性に関する主が、その方からの(=源である)、また神的人間性に関する。

[2] Quod per "fluvium aquae vitae" hunc in specie intelligantur Divina Vera in copia hic nunc in Apocalypsi a Domino revelata, patet a versibus 6, 7, 9, 10, 14, 16-19, hujus capitis, ubi de Libro hujus prophetiae agitur, et quod servanda sint quae ibi scripta sunt; [2] この「いのちの水の川」によって、特に(特定的に)、神的真理が意味されることは、豊富に、ここに、今や、主により「黙示録」の中に啓示された、この章の6, 7, 9, 10, 14, 16-19節から明らかである、そこにこの預言の書について扱われている、また守らなくてはならないこと、それはそこに書かれた。

quae non servari potuerunt, antequam per Sensum spiritualem revelata sunt quae inibi continentur, quia prius non intellecta fuerunt: それは守られることができない、霊的な意味によって啓示される前に、それらはそこに含まれている、それらは以前に理解されなかったからである。

et quoque Apocalypsis est Verbum, simile Verbo prophetico Veteris Testamenti; そしてまた、「黙示録」はみことばである、旧い契約の預言のことばと同様なもの。

et in Apocalypsi nunc detecta sunt mala et falsa Ecclesiae quae fugienda et aversanda sunt, ac bona et vera Ecclesiae quae facienda, imprimis de Domino et de vita aeterna ab Ipso; また「黙示録」の中に、今や、教会の悪と虚偽が明らかにされた(あばかれた)、それらは避けられ、また嫌悪されなければならない、そして教会の善と真理が、それらは、行なわれなければならない、特に主についてまたその方からの永遠のいのちについて。

quae quidem docentur apud Prophetas, sed non ita manifeste ut apud Evangelistas et in Apocalypsi; それらは、確かに、預言者(書)のもとに言われている、しかし、そのようにはっきりとでない、福音書記者()のもとに、また「黙示録」の中に。

ac Divina Vera de Domino, quod sit Deus Caeli et Terrae, quae tunc procedunt ab Ipso, et recipiuntur ab illis qui in Nova Hierosolyma erunt, de quibus agitur in Apocalypsi, sunt quae in specie intelliguntur per "purum fluvium aquae vitae splendidum tanquam crystallum, exeuntem e Throno Dei et Agni," ut quoque constare potest ex his: そして、主についての神的真理は、天地の神であること、それは、その時、その方から発出する、また彼らにより受け入れられる、その者は新しいエルサレムの中にいることになる、それらについて「黙示録」の中で扱われている、それらは特に「神と小羊の王座から出て、水晶のように輝いている、いのちの水の純粋な川」によって意味される、これらからもまた明らかにすることができるように――

Jesus dixit "Quisquis credit in Me, sicut dixit Scriptura, Flumina e Ventre ejus fluent Aquae viventis" (Joh. vii. 38); イエスは言った、「だれでもわたしを信じる者は、文書(聖書)が言っているように、彼の腹から生きている水の川が流れ出る」(ヨハネ7:38)

Jesus dixit "Qui biberit ex aqua, quam Ego dabo ei, non sitiet in aeternum; イエスは言った、「水から飲む者は、それをわたしが彼に与える、永遠に渇かない。

sed aqua quam dabo ei fiet in illo Fons aquae salientis in vitam aeternam" (Joh. iv. 14); しかし、水は、それをわたしは彼に与える、彼の中で水の泉になる、永遠のいのちの中にわき出ている」(ヨハネ4:14)

"Ego sitienti dabo ex Aqua vitae gratis" (Apoc. xxi. 6; cap. xxii. 17); 「わたしは、渇いている者に、いのちの水から、ただで与える」(黙示録21:6、第2217)

"Et Agnus Qui in medio Throni pascet eos, et deducet ad Vivos Fontes aquarum" (Apoc. vii. 17); 「また、小羊が、その方は王座の真ん中の中に、彼らを牧する、また生きている水の泉へ導く」(黙示録7:17)

"In die illo exibunt Aquae vivae ex Hierosolyma; 「その日の中で生きている水が出て行く、エルサレムから。

Jehovah erit in Regem unum super totam terram; エホバは全地の上に一つの王になる。

in die illo erit Jehovah unus, et Nomen Ipsius unum" (Sach. xiv. 8, 9); またその日の中で、エホバは一つになる、またその方の名前は一つ」(ゼカリヤ14:8, 9)

per "aquas vivas" seu "vitae" significantur ibi Divina Vera a Domino. 「生きている水」、すなわち、「いのちの〔水〕」によって、そこに主からの神的真理が意味される。

@1 897 pro "879" 1 879」の代わりに 897

 

(3) 訳文

 932(第1節)「また彼は私に、神と小羊の王座から出て、水晶に輝いている、いのちの水の純粋な川を見せた」は、今や、霊的なi意味に関して開かれ、説明された「黙示録」を意味する。そこには新しいエルサレムであるその方の新しい教会の中にいることになる者のために主からの神的真理が豊富に啓示されている。

 「水晶のように輝いている、いのちの水の純粋な川」によって、天界の光の中にあるその霊的な意味から透明になっている豊富な、みことばの神的真理が意味される。「川」によって、豊富な神的真理が意味される(409)。その理由は、「水」によって、それらから川〔がある〕、真理が意味され(50, 685, 719)、また「いのちの水」によって、(〔この後〕続けられるように)みことばを通して主からのその真理が意味されるからである。そして「水晶のように輝いている」によって、天界の光の中にある霊的な意味から透明さ〔のある〕これらの真理が意味される(897)。その川が「神と小羊の王座から」出ることが見られたことによって、主から、天界から、出ている〕ことが意味される。というのは、「王座」によって、審判、統治、天界に関する主が意味されるから。審判に関しては、229, 845, 865番、統治に関しては、694, 808番末、天界に関しては、14, 221, 222番〔参照〕。そこで、ここに天界から、主から〔が意味される〕。「神と小羊」によって、ここに、しばしば前のように、源であるご自分の神性に関する、また神的人間性に関する主が意味される。

 [2] この「いのちの水の川」によって、特に、豊富に、ここに、今や、主により「黙示録」の中に啓示された神的真理が意味されること、またそこに書かれたことが守らなくてはならないことは、この預言の書について扱われている本章の6, 7, 9, 10, 14, 16-19節から明らかである。

そこに含まれているそれは、霊的な意味によって啓示される前に守られることができない、それらは以前に理解されなかったからである。そしてまた、「黙示録」は、旧約の預言のことばと同様な、みことばである。また「黙示録」の中で、今や、避けられ、嫌悪されなければならない教会の悪と虚偽が、そして特に、主についてまたその方からの永遠のいのちについて、行なわれなければならない教会の善と真理が明らかにされた。それらは、確かに、預言に言われている、しかし、、福音書に、また「黙示録」の中に、そのようにはっきりとではない。そして、主から発出する、天地の神であるというその方についての神的真理は、その時、新しいエルサレムの中にいることになる者により受け入れられ、それらについて「黙示録」の中で扱われており、それらは特に「神と小羊の王座から出て、水晶のように輝いている、いのちの水の純粋な川」によって意味されている、〔このことは〕次のものからもまた明らかにすることができる――

 

 イエスは言われた、「だれでもわたしを信じる者は、聖書が言っているように、彼の腹から、生ける水の川が流れ出る」(ヨハネ7:38)

 イエスは言われた、「わたしが与える水から飲む者は、永遠に渇かない。しかし、わたしが彼に与える水は、彼の中で、永遠のいのちの中にわき出る水の泉になる」(ヨハネ4:14)

 「わたしは、渇いている者に、いのちの水から、ただで与える」(黙示録21:622;17)

 「また、王座の真ん中の小羊が、彼らを牧し、生ける水の泉へ導く」(黙示録7:17)

 「その日に、生ける水がエルサレムから出る。エホバは全地の上にひとりの王になる。その日に、エホバはひとりに、その方の名前は一つになる」(ゼカリヤ14:8, 9)

 

 そこに「生ける水」、すなわち、「いのちの水」によって、主からの神的真理が意味されている。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094969