RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 933

(1) 原文

933. [Vers. 2.] " In medio plateae et fluvii hinc et hinc, Arbor vitae faciens fructus duodecim," significat quod in intimis veritatum doctrinae e, inde vitae in Ecclesia sit Dominus in Divino Suo Amore, a Quo omnia bona quae homo facit apparenter sicut ex se, profluunt.Per "in medio" significatur in intimo, et inde in omnibus circum (n. 44, 383); per "plateam" significatur verum doctrinae Ecclesiae (n. 501, 917); per "fluvium" significatur Divinum Verum in copia (n. 409, 932); "hinc et hinc" significat ad dextrum et ad sinistrum, et verum ad dextrum est quod in claro est, et ad sinistrum quod in obscuro; meridies enim in Caelo, per quam significatur verum in claro, est ad dextrum, et septentrio per quam significatur verum in obscuro, est ad sinistrum (n. 901): per "Arborem vitae" significatur Dominus quoad Divinum Amorem (n. 89); per "fructus" significantur bona amoris et charitatis, quae vocantur bona opera, de quibus in sequente Articulo; per "duodecim" significantur omnia, et dicuntur de bonis et veris Ecclesiae (n. 348); ex his in unum sensum collatis, sequitur, quod per "in medio plateae et fluvii hinc et hinc, Arbor vitae faciens fructus duodecim" significetur quod in intimis veritatum doctrinae et vitae in Nova Ecclesia sit Dominus in Divino Suo Amore, a Quo omnia bona, quae homo facit apparenter sicut a se, profluunt. [2] Hoc fit apud illos qui Dominum immediate adeunt, ac fugiunt mala quia sunt peccata, ita qui in Nova Domini Ecclesia, quae est Nova Hierosolyma, erunt; nam qui non immediate adeunt Dominum, non possunt Ipsi conjungi, ita nec Patri, et inde non possunt in amore qui a Divino est, esse: aspectus enim conjungit; non aspectus intellectualis solus, sed aspectus intellectualis ex affectione voluntatis; et affectio voluntatis non datur, nisi homo faciat praecepta Ipsius. Quare Dominus dicit,

 

"Qui facit praecepta Mea, ille amat Me, et ad illum veniam, et mansionem apud illum faciam" (Joh. xiv. 21-24).

 

[3] Dicitur in intimis veritatum doctrinae et inde vitae in Nova Ecclesia, quia in spiritualibus ab intimo sunt omnia et procedunt omnia, sicut ab igne et luce in centro in peripherias; aut sicut a Sole, qui etiam est in centro, calor et lux in universum; ita fit in minimis ut in maximis: quia intimum omnis veri significatur, ideo dicitur "in medio plateae et fluvii," et non ab utraque parte fluvii, tametsi hoc intelligitur. Quod a Domino, dum est in intimo, sint et procedant omnia bona amoris et charitatis, patet ab Ipsius Domini verbis apud Johannem:

 

Jesus dixit," Quemadmodum palmes non potest fructum ferre a se ipso, nisi manserit in vite, ita neque vos nisi in Me manseritis: Ego sum Vitis, vos palmites: qui manet in Me et Ego in illo, hic fert fructum multum, quia sine Me non potestis facere quicquam (xv. 4-6).

 

(2) 直訳

933. [Vers. 2.] " In medio plateae et fluvii hinc et hinc, Arbor vitae faciens fructus duodecim," significat quod in intimis veritatum doctrinae et inde vitae in Ecclesia sit Dominus in Divino Suo Amore, a Quo omnia bona quae homo facit apparenter sicut ex se, profluunt.− 933(第2節)「また街路と川の真ん中に、ここにまたそこに、十二の実を結んでいるいのちの木〔がある〕」は、新しい教会の中の教えの狄人瓩虜覇睇瑤涼罎法△泙燭海海ら生活〔の中に〕ご自分の神的愛の中の主がいることを意味する、それからすべての善が、それらを人間はそこに行なう、外観上は自分自身からのように、流れ出る――

Per "in medio" significatur in intimo, et inde in omnibus circum (n. 44, 383); 「真ん中に」によって、最内部の中に、が意味される、またここからまわりのすべてのものの中に(44, 383)

per "plateam" significatur verum doctrinae Ecclesiae (n. 501, 917); 「街路」によって、教会の教えの真理が意味される(501, 917)

per "fluvium" significatur Divinum Verum in copia (n. 409, 932); 「川」によって、豊富な神的真理が意味される(409, 932)

"hinc et hinc" significat ad dextrum et ad sinistrum, et verum ad dextrum est quod in claro est, et ad sinistrum quod in obscuro; 「ここにまたそこに」は、右(手)にまた左(手)にを意味する、また右(手)にある真理は、それは明るい中にある、また左(手)に〔ある真理は〕それは暗い中に。

meridies enim in Caelo, per quam significatur verum in claro, est ad dextrum, et septentrio per quam significatur verum in obscuro, est ad sinistrum (n. 901): というのは、天界の中の南(真昼)は、それによって明るい中の真理が意味されるから、右(手)にある、また北は、それによって暗い中の真理が意味される、左(手)にある(901番)

per "Arborem vitae" significatur Dominus quoad Divinum Amorem (n. 89); 「いのちの木」によって、神的愛に関する主が意味される(89)

per "fructus" significantur bona amoris et charitatis, quae vocantur bona opera, de quibus in sequente Articulo; 「実」によって、愛のまた仁愛の善が意味される、それらは善の働きと呼ばれる、それらについて続く節の中に。

per "duodecim" significantur omnia, et dicuntur de bonis et veris Ecclesiae (n. 348); 「十二」によって、すべてのものが意味される、また教会の善と真理について言われる(348)

ex his in unum sensum collatis, sequitur, quod per "in medio plateae et fluvii hinc et hinc, Arbor vitae faciens fructus duodecim" significetur quod in intimis veritatum doctrinae et vitae in Nova Ecclesia sit Dominus in Divino Suo Amore, a Quo omnia bona, quae homo facit apparenter sicut a se, profluunt. ひとつの意味の中に集められた(confer)これらから、〜いえる、「街路と川の真ん中に、ここにまたそこに、十二の実を結んでいるいのちの木〔がある〕」によって、新しい教会の中の教えの狄人瓩虜覇睇瑤涼罎法△泙燭海海ら生活〔の中に〕ご自分の神的愛の中の主がいることが意味される、それからすべての善が、それらを人間はそこに行なう、外観上は自分自身からのように、流れ出る。

[2] Hoc fit apud illos qui Dominum immediate adeunt, ac fugiunt mala quia sunt peccata, ita qui in Nova Domini Ecclesia, quae est Nova Hierosolyma, erunt; [2] このことは彼らのもとに生じる、その者は主に直接に近づく、そして罪であるので悪を避ける、そのように主の新しい教会の中の者、それは、新しいエルサレムである、〜になる。

nam qui non immediate adeunt Dominum, non possunt Ipsi conjungi, ita nec Patri, et inde non possunt in amore qui a Divino est, esse: なぜなら、主に直接に近づかない者は、その方に結合されることができないからである、そのように、父ともない、またここから愛の中にいることができない、それは神性からである。

aspectus enim conjungit; というのは、見ることが結合させるから。

non aspectus intellectualis solus, sed aspectus intellectualis ex affectione voluntatis; 単に理解力の(知的な)見ることは〔結合させ〕ない、しかし、意志の情愛からの理解力の(知的な)見ることは〔結合させる〕。

et affectio voluntatis non datur, nisi homo faciat praecepta Ipsius. また、意志の情愛は与えられない(存在しない)、人間がその方の戒めを行なわないなら。

Quare Dominus dicit, それゆえ、主は言う、

"Qui facit praecepta Mea, ille amat Me, et ad illum veniam, et mansionem apud illum faciam" (Joh. xiv. 21-24). 「わたしの戒めを行なう者は、彼はわたしを愛する、また彼へわたしはやって来る、また彼のもとに、わたしは住まいをつくる」(ヨハネ14:21-24)

[3] Dicitur in intimis veritatum doctrinae et inde vitae in Nova Ecclesia, quia in spiritualibus ab intimo sunt omnia et procedunt omnia, sicut ab igne et luce in centro in peripherias; [3] 「新しい教会の中の教えの狄人瓩虜覇睇瑤涼罎法△泙燭海海ら生活〔の中に〕」と言われた、霊的なものの中で、最内部からすべてものが存在する、またすべてのものが発出する、そのように中心の中の火と光から周辺の中に。

aut sicut a Sole, qui etiam est in centro, calor et lux in universum; または、太陽からのように、それは中心の中にある、熱と光が全世界の中に。

ita fit in minimis ut in maximis: そのように生じる、最小のものの中で、最大のものの中にのように。

quia intimum omnis veri significatur, ideo dicitur "in medio plateae et fluvii," et non ab utraque parte fluvii, tametsi hoc intelligitur. すべての真理の最内部が意味されているので、それゆえ、「街路と川の真ん中に」と言われている、また「川の両方の部分から」〔と言われてい〕ない、たとえこのことが意味されていても。

Quod a Domino, dum est in intimo, sint et procedant omnia bona amoris et charitatis, patet ab Ipsius Domini verbis apud Johannem: 主から、最内部の中にいる時、愛のまた仁愛のすべての善が存在し、発出することは、「ヨハネ(福音書)」のもとの、主ご自身のことばから明らかである――

Jesus dixit," Quemadmodum palmes non potest fructum ferre a se ipso, nisi manserit in vite, ita neque vos nisi in Me manseritis: イエスは言った、「枝がそれ自体から実を結ぶことができないように、ブドウの木にとどまらないなら、そのように、また〜ない、あなたがたは、あなたがたがわたしの中にとどまらないなら。

Ego sum Vitis, vos palmites: わたしはブドウの木である、あなたがたは枝。

qui manet in Me et Ego in illo, hic fert fructum multum, quia sine Me non potestis facere quicquam (xv. 4-6). わたしの中にとどまる者は、またわたしが彼の中に、この者は多くの実を結ぶ、わたしなしで、あなたがたは何も行なうことができないからである」(ヨハネ15:4-6)

 

(3) 訳文

 933(2)「また街路と川の真ん中に、ここにまたそこに、十二の実を結んでいるいのちの木〔がある〕」は、新しい教会の中の教えの狄人瓩虜覇睇瑤涼罎法△海海ら生活の中に、ご自分の神的愛の中の主がおられることを意味する。その方からすべての善が流れ出る、それらを人間はそこで外観上は自分自身からのように行なう。

 「真ん中に」によって、最内部の中に、またここからまわりのすべてのものの中にが意味される(44, 383)。「街路」によって、教会の教えの真理が意味される(501, 917)。「川」によって、豊富な神的真理が意味される(409, 932)。「ここにまたそこに」は、右にまた左にを、また右にある明るさの中にある真理を、また左にある暗さの中にある真理を意味する。というのは、天界の中の南は右にあり、それによって明るさの中の真理が意味され、また左にある北は、それによって暗さの中の真理が意味されるからである(901番)「いのちの木」によって、神的愛に関する主が意味される(89)。「実」によって、善の働きと呼ばれる、愛のまた仁愛の善が意味される、それらについて続く節の中で〔述べる〕。「十二」によって、すべてのものが意味され、教会の善と真理について言われている(348)。一つの意味の中に集められたこれらから、「街路と川の真ん中に、ここにまたそこに、十二の実を結んでいるいのちの木〔がある〕」によって、新しい教会の中の教えの狄人瓩虜覇睇瑤涼罎法△泙燭海海ら生活〔の中に〕ご自分の神的愛の中の主がいることが意味され、その方からすべての善が流れ出る、それらを人間はそこで外観上は自分自身からのように行なうことがいえる。

 [2] このことは、主に直接に近づき、そして罪であるので悪を避け、そのように新しいエルサレムである主の新しい教会の中にいることになる者のもとに生じる。なぜなら、主に直接に近づかない者は、その方に結合されることができない、そのように、父ともなく、またここから神性からである愛の中にいることもできないからである。というのは、見ることが結合させ、単に理解力で見ることは結合させない、しかし、意志の情愛からの理解力で見ることが結合させ、また、意志の情愛は、人間がその方の戒めを行なわないなら、与えられないからである。

 それゆえ、主は言われる、

 

 「わたしの戒めを行なう者はわたしを愛する、またわたしは彼へやって来る、また彼のもとに住まいをつくる」(ヨハネ14:21-24)

 

 [3] 「新しい教会の中の教えの狄人瓩虜覇睇瑤涼罎法△泙燭海海ら生活〔の中に〕」と言われた、最内部から、そのように中心の中の火と光から周辺の中に、霊的なもののすべてものが存在し、すべてのものが発出する。すなわち、中心にある太陽から、熱と光が全世界の中に〔発出する〕ように。そのように、最小のものの中で、最大のものの中でのように生じる。すべての真理の最内部が意味されているので、それゆえ、「街路と川の真ん中に」と言われ、「川の両側から」〔と言われてい〕ない、たとえこのことが意味されていても。

 最内部の中にいる時、主から、愛のまた仁愛のすべての善が存在し、発出することは、「ヨハネ福音書」の、主ご自身のことばから明らかである――

 

 イエスは言われた、「ブドウの木にとどまらないなら、枝がそれ自体から実を結ぶことができないように、あなたがたもまたわたしの中にとどまらないならそのようである。わたしはブドウの木、あなたがたは枝である。わたしの中にとどまえい、またわたしが彼の中にとどまる者は、多くの実を結ぶ。わたしなしで、あなたがたは何も行なうことができないからである」(ヨハネ15:4-6)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094970