RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 934

(1) 原文

934. Quod "fructus" significent bona quae homo ex amore seu charitate facit, quidem scitur absque confirmatione ex Verbo; nam legens per "fructus" in Verbo non aliud intelligit. Causa quod per "fructus" intelligantur bona amoris seu charitatis, est quia homo comparatur Arbori, et quoque vocatur Arbor (n. 89, 400). Quod "fructus" significent bona amoris seu charitatis, quae communi voce vocantur bona opera, constare potest ex his locis:

 

"Securis ad radicem arboris jacet; omnis Arbor non faciens Fructum bonum exscindetur, et in ignem conjicietur" (Matth. iii. 10; cap. vii. 16-20);

"Aut facite Arborem bonam et Fructum bonum, aut facite Arborem putrem et Fructum putrem; ex Fructu cognoscitur Arbor" (Matth. xii. 33; Luc. vi. 43, 44);

"Omnis palmes non ferens Fructum auferetur; omnis autem Fructum ferens putabitur ut plus Fructus ferat; qui manet in Me et Ego in illo, hic fert Fructum multum" (Joh. xv. 2-8);

"Facite Fructus dignos paenitentia" (Matth. iii. 8);

"Qui in terram bonam seminatus est, hic est qui Verbum audit et attendit et Fructum fert" (Matth. xiii. 23);

Jesus dixit discipulis "Ego elegi vos ut Fructum feratis, et fructus vester maneat" (Joh. xv. 16);

"Ficum habebat aliquis in Vinea sua plantatam; venit Fructum quaerens in ea, sed non invenit; dicit ad vinitorem, Exscinde eam; quid terram infrugiferam reddet" (Luc. xiii. 6-9{1});

Homo paterfamilias locavit Vineam suam agricolis, ut acciperet Fructus ejus; sed occiderunt servos ad illos missos, et tandem Filium; "quare Vineam locabit aliis, qui reddent Illi Fructus in temporibus suis. Ita auferetur vobis Regnum Dei, et dabitur Genti facienti Fructus ejus (Matth. xxi. 33-35, 38, 39, 41, 43{2}).  

(Praeter multis aliis in locis.)

 

@1 6-9 pro "6 ad 20" @2 33-35, 38, 39, 41, 43 pro "34, 40, 41, 43"

 

(2) 直訳

934. Quod "fructus" significent bona quae homo ex amore seu charitate facit, quidem scitur absque confirmatione ex Verbo; 934.「実」が善を意味することは、それを人間は愛または仁愛から行なう、確かに、みことばからの確信(確証)なしに知られる。

nam legens per "fructus" in Verbo non aliud intelligit. なぜなら、読んでいる者は、みことばの中の「実」によって他のものを理解しないからである。

Causa quod per "fructus" intelligantur bona amoris seu charitatis, est quia homo comparatur Arbori, et quoque vocatur Arbor (n. 89, 400). 理由は、「実」によって、愛のまたは仁愛の善が意味されること、人間が「木」にたとえられるからである、そしてまた「木」と呼ばれる(89, 400)

Quod "fructus" significent bona amoris seu charitatis, quae communi voce vocantur bona opera, constare potest ex his locis: 「実」が、愛のまたは仁愛の善を意味することは、それは通常の声(言葉)で善の働きと呼ばれる、これらの箇所から明らかにすることができる――

"Securis ad radicem arboris jacet; 「斧が木の根に置かれている。

omnis Arbor non faciens Fructum bonum exscindetur, et in ignem conjicietur" (Matth. iii. 10; cap. vii. 16-20); 善い実を結ばないすべての木は切り出される、また火の中へ投げ込まれる」(マタイ3:10、第716-20)

"Aut facite Arborem bonam et Fructum bonum, aut facite Arborem putrem et Fructum putrem; 「あるいは木を善い、また実を善いとせよ、あるいは木を腐った、また実を腐ったとせよ。

ex Fructu cognoscitur Arbor" (Matth. xii. 33; Luc. vi. 43, 44); また、実から木が知られる」(マタイ12:33、ルカ6:43, 44)

"Omnis palmes non ferens Fructum auferetur; 「実を結ばないすべての枝は取り除かれる。

omnis autem Fructum ferens putabitur ut plus Fructus ferat; けれども、実を結ぶすべてのものは、さらに実を結ぶために刈り込まれる。

qui manet in Me et Ego in illo, hic fert Fructum multum" (Joh. xv. 2-8); わたしの中にとどまる者は、またわたしは彼の中に、この者は多くの実を結ぶ」(ヨハネ15:2-8)

"Facite Fructus dignos paenitentia" (Matth. iii. 8); 「悔い改めにふさわしい実を結べ」(マタイ3:8)

"Qui in terram bonam seminatus est, hic est qui Verbum audit et attendit et Fructum fert" (Matth. xiii. 23); 「善い地に蒔かれた者は、この者である、その者は、みことばを聞く、また注意する、また実を結ぶ」(マタイ13:23)

Jesus dixit discipulis "Ego elegi vos ut Fructum feratis, et fructus vester maneat" (Joh. xv. 16); イエスは弟子たちに言った、「わたしがあなたがたを選んだ、あなたがたが実を結ぶために、またあなたがたの実が残る」(ヨハネ15:16)

"Ficum habebat aliquis in Vinea sua plantatam; 「ある者が自分のブドウ畑の中にイチジクの木を持った、植えられた。

venit Fructum quaerens in ea, sed non invenit; 彼はその中に実を求めてやって来た、しかし、見つけなかった。

dicit ad vinitorem, Exscinde eam; ブドウ園の働き人に言った、それを切り出せ。

quid terram infrugiferam reddet" (Luc. xiii. 6-9{1}); なぜ、地を実のりのないものにするのか」(ルカ13:6-9)

Homo paterfamilias locavit Vineam suam agricolis, ut acciperet Fructus ejus; 人間が、家長が自分のブドウ畑を農夫たちに貸した、その実を受け取るために。

sed occiderunt servos ad illos missos, et tandem Filium; しかし、彼らは彼らへ送られたしもべを殺した、また最後に、息子を。

"quare Vineam locabit aliis, qui reddent Illi Fructus in temporibus suis. 「それゆえ、ブドウ畑を他の者に貸すであろう、その者は彼に実を戻す(報いる)、それ自身の時に。

Ita auferetur vobis Regnum Dei, et dabitur Genti facienti Fructus ejus (Matth. xxi. 33-35, 38, 39, 41, 43{2}). そのようにあなたがたに神の王国は取り去られる、またその実を結ぶ国民(異教徒)与えられる」(マタイ21: 33-35, 38, 39, 41, 43)。 

(Praeter multis aliis in locis.) (ほかに多くの他の箇所の中に)

@1 6-9 pro "6 ad 20" 1 6 ad 20」の代わりに 6-9

@2 33-35, 38, 39, 41, 43 pro "34, 40, 41, 43" 2 34, 40, 41, 43」の代わりに 33-35, 38, 39, 41, 43

 

(3) 訳文

 934.「実」が、人間が愛または仁愛から行なう善を意味するのは、確かに、みことばからの確証なしに知られる。なぜなら、読む者は、みことばの中の「実」によって他のものを理解しないからである。

 「実」によって、愛または仁愛の善が意味される理由は、人間が「木」にたとえられ、そしてまた「木」と呼ばれているからである(89, 400)

 「実」が、通常の言葉で善の働きと呼ばれる愛または仁愛の善を意味することは、これらの箇所から明らかにすることができる――

 

 「斧が木の根に置かれている。善い実を結ばないすべての木は切り倒され、火へ投げ込まれる」(マタイ3:107:16-20)

 「木を善い〔とし〕、実を(=も)善いとせよ、あるいは木を腐ったもの〔とし〕、実を腐ったものとせよ。木は実から知られる」(マタイ12:33、ルカ6:43, 44)

 「実を結ばないすべての枝は取り除かれる。けれども、実を結ぶすべてのものは、さらに実を結ぶために刈り込まれる。わたしの中にとどまり、わたしがその者の中にいる者は、多くの実を結ぶ」(ヨハネ15:2-8)

 「悔い改めにふさわしい実を結べ」(マタイ3:8)

 「善い地に蒔かれた者は、みことばを聞き、注意し、実を結ぶ者である」(マタイ13:23)

 イエスは弟子たちに言われた、「わたしがあなたがたを選んだ、あなたがたが実を結び、あなたがたの実が残るために」(ヨハネ15:16)

 「ある者が自分のブドウ畑に植えられたイチジクの木を持った。彼はその実を求めてやって来た、しかし、見つけなかった。ブドウ園の働き人に言った、それを切り倒せ。なぜ、地を実のりのないものとするのか」(ルカ13:6-9)

 家長である人が自分のブドウ畑を、その実を受け取るために農夫たちに貸した。しかし、彼らは自分たちへ送られたしもべを殺し、最後に、息子を殺した。「それゆえ、ブドウ畑を他の者に貸すであろう、その者はしかるべき時に彼に実を報いる。そのように、あなたがたに神の王国は取り去られ、実を結ぶ国民与えられる」(マタイ21: 33-35, 38, 39, 41, 43)(ほかに多くの他の箇所の中に)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094971