RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 935

(1) 原文

935. " Juxta mensem quemvis reddens fructum [suum]," significat quod Dominus producat bona apud hominem secundum omnem statum veri apud illum.Per "mensem" significatur status vitae hominis quoad verum, de quo sequitur; per "reddere fructum" significatur producere bona; quod "fructus" sint bona amoris et charitatis, mox supra (n. 934) ostensum est; et quia Dominus producit illa apud hominem essentialiter, tametsi homo facit illa sicut a se, ita apparenter (ut supra, n. 934, dictum est), constat quod significetur quod Dominus ex intimo, dum ibi est, producat illa. Sed dicetur quomodo intelligendum est quod Dominus producat bona charitatis apud hominem secundum statum veri apud illum: qui credit quod homo bonum faciat acceptum Domino, quod vocatur bonum spirituale, nisi apud illum sint vera ex Verbo, multum fallitur; bona absque veris non sunt bona, et vera absque bonis non sunt vera apud hominem, tametsi in se sunt vera; bonum enim absque vero est sicut voluntarium hoc minis absque intellectu, quod voluntarium non est humanum, sed est sicut bestiae, vel sicut sculptilis quod artifex facit operari; at voluntarium una cum intellectuali fit humanum secundum statum intellectus per quem existit: nam status vitae cujusvis hominis talis est, quod voluntas ejus non possit aliquid facere nisi per intellectum, nec intellectus aliquid cogitare nisi ex voluntate; simile est cum bono et vero, quoniam bonum est voluntatis et verum est intellectus. [2] Ex his patet, quod bonum quod Dominus producit apud hominem sit secundum statum veri, ex quo est intellectus, apud illum. Quod hoc, significetur per quod Arbor vitae "juxta mensem quemvis reddat fructum suum," est quia per "mensem" significatur status veri apud hominem. Quod per omnia tempora, quae sunt horae, dies, septimanae, menses, anni, saecula, significentur status vitae videatur n. 476, 562; quod per "menses" significentur status vitae quoad vera, est quia per "menses" intelliguntur tempora designata per lunam, et per "Lunam" significatur verum intellectus et fidei (n. 332, 413, 414, 919). Similia intelliguntur per "menses" in his:

 

"Benedicta a Jehovah terra Josephi de pretiosis proventuum Solis, et de pretiosis producti Mensium " (Deutr. xxxiii. [13,] 14);

"Fiet de Mense in Mensem, et de Sabbatho in Sabbathum, veniet omnis caro ad incurvandum se coram Jehovah" (Esaj. lxvi. 23{1}).

 

Propter significationem "mensis," quae est Lunae, fiebant

 

Sacrificia in principiis cujusvis Mensis seu Novilunii (Num. xxix. 6; Esaj. i. 14);

Et quoque tunc canebant buccinis (Num x. 10; Psalm. lxxxi. 4 [B.A. 3]);

Et mandatum est ut observarent Mensem Abib, quo celebrabant Pascha (Exod. xii. 2: Deutr. xvi. 1).

 

Per "menses" significantur status veri, et in opposito sensu status falsi apud hominem, etiam supra

 

(In Apocalypsi cap. ix. 5, 10, 15; cap, xi. 2; cap. xiii. 5).

 

Simile quod hic, per "mensem" significatur apud Ezech. xlvii. 12.

@1 23 pro "24"

 

(2) 直訳

935. " Juxta mensem quemvis reddens fructum [suum]," significat quod Dominus producat bona apud hominem secundum omnem statum veri apud illum.− 935.「それぞれの月にしたがってその実を報いる」は、主が人間のもとに善を生み出すことを意味する、彼のもとの真理のすべての状態にしたがって――

Per "mensem" significatur status vitae hominis quoad verum, de quo sequitur; 「月」によって、真理に関する人間のいのちの状態が意味される、それについて続けられる。

per "reddere fructum" significatur producere bona; 「実を報いること」によって善を生み出すことが意味される。

quod "fructus" sint bona amoris et charitatis, mox supra (n. 934) ostensum est; 「実」が愛のまた仁愛の善であることは、直ぐ上に(934)、示された。

et quia Dominus producit illa apud hominem essentialiter, tametsi homo facit illa sicut a se, ita apparenter (ut supra, n. 934, dictum est), constat quod significetur quod Dominus ex intimo, dum ibi est, producat illa. また、主はそれらを人間のもとに本質的に生み出すので、たとえ人間が自分自身からのようにそれらを行なっても、そのように見える(上の934番に、言われているように)、意味されることが明らかである、主が最内部から、そこにいる時、それらを生み出すことが。

Sed dicetur quomodo intelligendum est quod Dominus producat bona charitatis apud hominem secundum statum veri apud illum: しかし、どのように理解されなければならないか言われる、主が仁愛の善を生み出すこと、彼のもとの真理の状態にしたがって。

qui credit quod homo bonum faciat acceptum Domino, quod vocatur bonum spirituale, nisi apud illum sint vera ex Verbo, multum fallitur; 人間が主に受け入れられる善を行なうことを信じる者は、それは霊的な善と呼ばれる、彼のもとに、みことばからの真理がないなら、大いに欺かれている。

bona absque veris non sunt bona, et vera absque bonis non sunt vera apud hominem, tametsi in se sunt vera; 人間のもとに、真理なしの善は善ではない、また善なしの真理は真理ではない、たとえ、本質的に真理であっても。

bonum enim absque vero est sicut voluntarium hoc minis absque intellectu, quod voluntarium non est humanum, sed est sicut bestiae, vel sicut sculptilis quod artifex facit operari; というのは、真理なしの善は、意志のもののようであるから、それは理解力なしに最小のもの(まるでたいしたことのないもの)、意志のものが人間性でないこと、しかし、獣のもののようである、あるいは彫像のよう〔である〕それを職人が活動することをする。

at voluntarium una cum intellectuali fit humanum secundum statum intellectus per quem existit: しかし、意志のものは理解力(知性)のものと一緒に人間性を生じる、理解力の状態にしたがって、それによって存在するようになる。

nam status vitae cujusvis hominis talis est, quod voluntas ejus non possit aliquid facere nisi per intellectum, nec intellectus aliquid cogitare nisi ex voluntate; なぜなら、人間のそれぞれのいのちの状態はこのようなものであるからである、彼の意志が理解力によらないなら何らかのものを行なうことができないもの、理解力も意志からでないなら何らかのものを考えることが〔でき〕ない。

simile est cum bono et vero, quoniam bonum est voluntatis et verum est intellectus. 善と真理に同様である、善は意志のものである、また真理は理解力のものであるからである。

[2] Ex his patet, quod bonum quod Dominus producit apud hominem sit secundum statum veri, ex quo est intellectus, apud illum. [2] これらから明らかである、善は、それを主が人間のもとに真理の状態にしたがって生み出すことが、それ〔善〕から理解力がある、彼のもとに。

Quod hoc, significetur per quod Arbor vitae "juxta mensem quemvis reddat fructum suum," est quia per "mensem" significatur status veri apud hominem. このことが、いのちの木が「それぞれの月にしたがってその実を報いる」ことによって意味されることは、「月」によって、人間のもとの真理の状態が意味されるからである。

Quod per omnia tempora, quae sunt horae, dies, septimanae, menses, anni, saecula, significentur status vitae videatur n. 476, 562; すべての時によって、それらは時間、日、週、月、年、世紀(時代)である、いのちの状態が意味される、476, 562番。

quod per "menses" significentur status vitae quoad vera, est quia per "menses" intelliguntur tempora designata per lunam, et per "Lunam" significatur verum intellectus et fidei (n. 332, 413, 414, 919). 「月」によって、真理に関するいのちの状態が意味されることは、「月」によって月によって定められた時間が意味されるからである、また「月」によって理解(理解力)信仰の真理が意味される(332, 413, 414, 919)

Similia intelliguntur per "menses" in his: 同様のものが意味されている、「月」によって、これらの中に――

"Benedicta a Jehovah terra Josephi de pretiosis proventuum Solis, et de pretiosis producti Mensium " (Deutr. xxxiii. [13,] 14); 「ヨセフの地はエホバにより祝福された、太陽の備える貴重なものから、また月の生み出す貴重なものから」(申命記33:13, 14)

"Fiet de Mense in Mensem, et de Sabbatho in Sabbathum, veniet omnis caro ad incurvandum se coram Jehovah" (Esaj. lxvi. 23{1}). 「月から月の中へ、〜なる、また安息日から安息日の中へ、すべての肉がエホバの前へ自分自身を腰をかがめるためにやって来る」(イザヤ66:23)

Propter significationem "mensis," quae est Lunae, fiebant 「月」の意味のために、それは月の〔意味〕である、行なわれた

Sacrificia in principiis cujusvis Mensis seu Novilunii (Num. xxix. 6; Esaj. i. 14); それぞれの月の始まりにいけにえが、すなわち、新月の祭りに(民数記29:6、イザヤ1:14)

Et quoque tunc canebant buccinis (Num x. 10; Psalm. lxxxi. 4 [B.A. 3]); そしてまた、その時、角笛が歌われた(民数記10:10、詩篇81:3)

Et mandatum est ut observarent Mensem Abib, quo celebrabant Pascha (Exod. xii. 2: Deutr. xvi. 1). また命令された、アビブの月〔出エジプト記13:4〕を守るように、それによって過ぎ越しの祝いを守る(出エジプト記12:2、申命記16;1)

Per "menses" significantur status veri, et in opposito sensu status falsi apud hominem, etiam supra 「月」によって、真理の状態が意味される、また正反対の意味の中で、人間のもとの虚偽の状態が、上にもまた

(In Apocalypsi cap. ix. 5, 10, 15; cap, xi. 2; cap. xiii. 5). (「黙示録」の中に9:5, 10, 15、第112、第135)

Simile quod hic, per "mensem" significatur apud Ezech. xlvii. 12. 同様のものが、ここに、「月」によって「エゼキエル()」のもとに意味されている、47:12.

@1 23 pro "24" 1 24」の代わりに 23

 

(3) 訳文

935.「それぞれの月にしたがってその実を報いる」は、主が人間のもとに善を、彼のもとの真理のすべての状態にしたがって生み出すことを意味する

 「月」によって、真理に関する人間のいのちの状態が意味され、それについて続けられる。「実を報いること」によって善を生み出すことが意味される。「実」が愛また仁愛の善であることは、直前に示された(934)。また、主はそれらを人間のもとに本質的に生み出すので、(前の934番に言われているように)たとえ人間が自分自身からのようにそれらを行ない、そのように見えても、主が最内部から、そこにおられる時、それらを生み出すことが意味されることが明らかである。

 しかし、主が、彼のもとの真理の状態にしたがって仁愛の善を生み出すことが、どのように理解されなければならないか言われる。人間が、霊的な善と呼ばれる主に受け入れられる善を行なう、と信じる者は、彼のもとに、みことばからの真理がないなら、大いに欺かれている。人間のもとに、真理なしの善は善ではなき「く、また善なしの真理は、たとえ本質的に真理であっても、真理ではない。というのは、真理なしの善は、理解力なしにまるでたいしたことのない意志のもののようであり、〔その〕意志のものは人間性でないからである、しかし、獣のもののよう、あるいは職人が動かす彫像のようである。しかし、意志のものは理解力のものと一緒に、理解力の状態にしたがって人間性を生じ、それによって存在するようになる。なぜなら、人間のそれぞれのいのちの状態は、、彼の意志が理解力によらないなら何らかのものを行なうことができない、理解力も意志からでないなら何らかのものを考えることができないようなものであるからである。善と真理に同様である、善は意志のものであり、真理は理解力のものであるからである。

 [2] これらから、主が人間のもとに生み出す善は真理の状態にしたがってことが明らかである、その善から彼のもとに理解力があること。

 このことが、いのちの木が「それぞれの月にしたがってその実を報いる」ことによって意味されるのは、「月」によって、人間のもとの真理の状態が意味されるからである。

  時間、日、週、月、年、世紀であるすべての時によって、いのちの状態が意味される(476, 562)。「月」によって、真理に関するいのちの状態が意味されるのは、「月」によって〔空の〕月によって定められた時間が意味され、「〔空の〕月」によって理解信仰の真理が意味されるからである(332, 413, 414, 919)

 同様のものが、これらの中に「月」によって意味されている――

 

 「ヨセフの地はエホバにより、太陽の備える貴重なものから、また月々に生み出す貴重なものから祝福された」(申命記33:13, 14)

 「月から月へ、安息日から安息日へ、すべての肉がエホバの前へ身をかがめるためにやって来るようになる」(イザヤ66:23)

 

 〔空の〕月である「月」の意味のために、それぞれの月の始まりに、、すなわち、新月の祭りにいけにえが行なわれた(民数記29:6、イザヤ1:14)。そしてまた、その時、角笛が吹かれた(民数記10:10、詩篇81:3)。また、アビブの月〔出エジプト記13:4〕を守るように、それによって過ぎ越しの祝いを守るように命令された(出エジプト記12:2、申命記16;1)

 「月」によって、真理の状態が、また正反対の意味で、人間のもとの虚偽の状態が意味される、前にもまた(黙示録9:5, 10, 1511:213:5)

ここの「月」によって、同様のものが「エゼキエル書」に意味されている(47:12.)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094972