RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 936

(1) 原文

936. " Et folia arboris in medicinam gentium," significat vera rationalia inde, per quae illi qui in malis et inde falsis sint, perducuntur ad cogitandum sane et ad vivendum decenter.Per "folia arboris" significantur vera rationalia (de quibus infra); per "gentes" significantur qui in bonis et inde veris sunt, et in opposito sensu qui in malis et inde falsis (n. 483); hic qui in malis et inde, falsis, quia dicitur "in medicinam" illorum; et illi qui in malis et inde falsis sunt, non possunt sanari per Verbum, quia hoc non legunt; sed si judicio pollent, sanari possunt per vera rationalia. Similia quae in hoc versu significantur per haec apud Ezechielem:

 

Ecce aquae exeuntes desub limine Domus ex quibus fluvius, "super cujus ripa Arbor cibi multa valde hinc et hinc, cujus non decidit Folium neque consumitur, in menses renascitur, unde fructus ejus est in cibum, et Folium ejus in Medicinam" (xlvii. 1, 7, 12);

 

ibi etiam de Nova Ecclesia. Quod per "folia" significentur vera rationalia, est quia per "Arborem" significatur homo (n. 89, 400), et tunc per omnia Arboris significantur concordantia apud hominem, ut per ramos, folia, flores, fructus, et semina; per "ramos" significantur vera sensualia et naturalia hominis, per "folia" vera rationalia ejus, per "flores" vera primitiva spiritualia in rationali, per "fructus" bona amoris et charitatis, et per "semina" significantur ultima et prima hominis. [2] Quod per "folia" significentur vera rationalia, patet clare a visis in mundo spirituali; apparent enim ibi etiam arbores cum foliis et fructibus, sunt ibi horti et paradisi ex illis: apud eos qui in bonis amoris et simul in veris sapientiae sunt, apparent arbores fructiferae luxuriantes foliis pulchris; at apud illos qui in veris alicujus sapientiae sunt, et ex ratione loquuntur, et non in bonis amoris, apparent arbores plenae foliis sed absque fructibus; at apud quos non sunt bona nec vera sapientiae, non apparent arbores, nisi denudatae foliis quales tempore hyemis in mundo; homo non rationalis nec aliud est quam talis arbor. [3] Vera rationalia sunt quae proxime recipiunt vera spiritualia est enim rationale hominis primum receptaculum veritatum spiritualium, nam in rationali hominis est perceptio veri in aliqua forma. quam ipse homo non videt cogitatione, sicut illa quae sub rationali sunt in cogitatione inferiore, quae se conjungit cum visu externo. Per "folia" etiam significantur vera rationalia

 

Gen. iii. 7; cap. viii. 11; Esaj. xxxiv. 4; Jerem. viii. 13; cap. xvii. 8; Ezech. xlvii. 12; Dan. iv. 9, 11 [B. A. 12, 14]: Psalm. i. 3; Levit. xxvi. 36; Matth. xxi. 19{1}; cap. xxiv. 32; Marc. xiii. 28.

 

 Sed significant secundum species arborum; folia oleae et vitis significant vera rationalia ex luce caelesti et spirituali; folia ficus vera rationalia ex luce naturali; et folia abietis, populi, quercus, pini, rationalia ex luce sensuali. Horum folia dant terrorem in mundo spirituali, dum forti vento agitantur; haec sunt quae intelliguntur Levit. xxvi.{2} 36; Hiob xiii. 25. Illorum autem folia non ita.

@1 19 pro "20" @2 xxvi. pro "xvi."

 

(2) 直訳

936. " Et folia arboris in medicinam gentium," significat vera rationalia inde, per quae illi qui in malis et inde falsis sint, perducuntur ad cogitandum sane et ad vivendum decenter.− 936.「その木の葉は諸国民の薬〔となる〕」は、ここからの理性的な真理を意味する、それらによって、彼らは、その者は悪と個々からの虚偽の中にいる、健全に考える(よう)に向けて導かれる、また正しく生きる(よう)に向けて――

Per "folia arboris" significantur vera rationalia (de quibus infra); 「木の葉」によって、理性的な真理が意味される(それらについて以下に

per "gentes" significantur qui in bonis et inde veris sunt, et in opposito sensu qui in malis et inde falsis (n. 483); 「諸国民」によって、善の中にまたここから真理の中にいる者が意味される、また正反対の意味の中で悪の中にまたここから虚偽の中に〔いる〕者が(438

hic qui in malis et inde, falsis, quia dicitur "in medicinam" illorum; ここに、悪とここから虚偽の中に〔いる〕者が〔意味される〕、彼らの「薬〔となる〕」と言われているからである。

et illi qui in malis et inde falsis sunt, non possunt sanari per Verbum, quia hoc non legunt; また、彼らは、その者は悪とここから虚偽の中にいる、みことばによっていやされることができない、この者は読まないからである。

sed si judicio pollent, sanari possunt per vera rationalia. しかし、もし判断力が授けられているなら、理性的な真理によっていやされることができる。

Similia quae in hoc versu significantur per haec apud Ezechielem: 同様のことが、それはこの節の中に、「エゼキエル(書)」のもとのこれらによって意味されている――

Ecce aquae exeuntes desub limine Domus ex quibus fluvius, "super cujus ripa Arbor cibi multa valde hinc et hinc, cujus non decidit Folium neque consumitur, in menses renascitur, unde fructus ejus est in cibum, et Folium ejus in Medicinam" (xlvii. 1, 7, 12); 見よ、家の敷居の下に出ている水、それらから川、「その川岸の上に、非常に多くの食物の木が、ここにまたここに、その葉は落ちない、消滅もしない、月々の中で再び生長する、ここからその実が食物としてある、またその葉は薬として」(47:1, 7, 12)

ibi etiam de Nova Ecclesia. そこにもまた、新しい教会について〔扱われている〕。

Quod per "folia" significentur vera rationalia, est quia per "Arborem" significatur homo (n. 89, 400), et tunc per omnia Arboris significantur concordantia apud hominem, ut per ramos, folia, flores, fructus, et semina; 「葉」によって理性的な真理が意味されることは、「木」によって人間が意味されるからである(89, 400番)、またその時、すべての木によって、人間のもとの調和(一致)が意味される、例えば、枝、葉、花、実、また種によって。

per "ramos" significantur vera sensualia et naturalia hominis, per "folia" vera rationalia ejus, per "flores" vera primitiva spiritualia in rationali, per "fructus" bona amoris et charitatis, et per "semina" significantur ultima et prima hominis. 「枝」によって人間の感覚的なまた自然的な真理が意味される、「葉」によってその理性的な真理が、「花」によって理性的なものの中の霊的な初期の真理が、「実」によって愛のまた仁愛の善が、また「種」によって人間の最後ものまた最初のものが。

[2] Quod per "folia" significentur vera rationalia, patet clare a visis in mundo spirituali; [2] 「葉」によって理性的な真理が意味されることは、霊界の中で見られたものからはっきりと明らかである。

apparent enim ibi etiam arbores cum foliis et fructibus, sunt ibi horti et paradisi ex illis: というのは、そこにもまた葉や実とともに木々が見られるから、それらから庭園と楽園がある。

apud eos qui in bonis amoris et simul in veris sapientiae sunt, apparent arbores fructiferae luxuriantes foliis pulchris; 彼らのもとに、その者は愛の善の中に、また同時に知恵の真理の中にいる、美しい葉で繁茂した実を結ばせる木々が見られる。

at apud illos qui in veris alicujus sapientiae sunt, et ex ratione loquuntur, et non in bonis amoris, apparent arbores plenae foliis sed absque fructibus; しかし、彼らのもとに、その者は知恵の何らかの真理の中にいる、また理性から話す、また愛の善の中に〔い〕ない、葉で満ちた木が見られる、しかし、実なし〔の〕。

at apud quos non sunt bona nec vera sapientiae, non apparent arbores, nisi denudatae foliis quales tempore hyemis in mundo; しかし、善も知恵の真理もない者のもとに、木は見られない、葉で裸にされた〔木〕でないなら、世の中の冬の時のような。

homo non rationalis nec aliud est quam talis arbor. 理性的でない人間も、このような木以外の何らかのものではない。

[3] Vera rationalia sunt quae proxime recipiunt vera spiritualia est enim rationale hominis primum receptaculum veritatum spiritualium, nam in rationali hominis est perceptio veri in aliqua forma. [3] 理性的な真理である、それは霊的な真理を最も近くに(密接して)け入れる、というのは、人間の理性的なものは霊的な真理の最初の容器であるから、なぜなら、人間の理性的なものの中に、何らかの形の中の真理の知覚があるからである。

quam ipse homo non videt cogitatione, sicut illa quae sub rationali sunt in cogitatione inferiore, quae se conjungit cum visu externo. それを人間自身は思考(思考の過程)で見ない、それらのように、それらは理性的なものの下にある、低い思考の中の、それらはそれ自体を外なる視覚に結合している。

Per "folia" etiam significantur vera rationalia 「葉」によってもまた理性的な真理が意味される

Gen. iii. 7; cap. viii. 11; Esaj. xxxiv. 4; Jerem. viii. 13; cap. xvii. 8; Ezech. xlvii. 12; Dan. iv. 9, 11 [B. A. 12, 14]: Psalm. i. 3; Levit. xxvi. 36; Matth. xxi. 19{1}; cap. xxiv. 32; Marc. xiii. 28. 創世記3:7、第811、イザヤ34:4、エレミヤ8:3、第178、エゼキエル47:12、ダニエル4:12, 14、詩篇1:3、レビ記26:36、マタイ21:19、第2432、マルコ13:28

Sed significant secundum species arborum; しかし、木の種類にしたがって意味する。

folia oleae et vitis significant vera rationalia ex luce caelesti et spirituali; オリーブの木とブドウの木の葉は天的なと霊的な光からの理性的な真理を意味する。

folia ficus vera rationalia ex luce naturali; イチジクの木の葉は自然的な光からの理性的な真理。

et folia abietis, populi, quercus, pini, rationalia ex luce sensuali. また、モミの木の、ポプラの木の、オークの、松の木の葉は感覚的な光からの理性的な〔真理を〕。

Horum folia dant terrorem in mundo spirituali, dum forti vento agitantur; これらの葉は霊界の中で恐怖を与える、葉が風で揺り動かされる時。

haec sunt quae intelliguntur Levit. xxvi.{2} 36; Hiob xiii. 25. これら(後者)〔葉〕である、それらが意味される、レビ記26:36、ヨブ記13:25

Illorum autem folia non ita. けれどもそれら(前者)の葉はそのようでない。

@1 19 pro "20" 1 20」の代わりに 19

@2 xxvi. pro "xvi."  2 xvi.」の代わりに xxvi.

 

(3) 訳文

 936.「その木の葉は諸国民の薬となる」は、ここからの理性的な真理を意味する、それらによって、悪とここからの虚偽の中にいる者は、健全に考え、正しく生きるようにと導かれる(936)

 「木の葉」によって、理性的な真理が意味される(それらについて以下に。「諸国民」によって、善とここからの真理の中にいる者が意味され、正反対の意味で悪とここからの虚偽の中にいる者が意味される(438。ここに、悪とここから虚偽の中にいる者が意味される、彼らの「薬となる」と言われているからである。また、悪とここからの虚偽にいる者は、みことばによっていやされることができない、読まないからである。しかし、判断力が授けられているなら、理性的な真理によっていやされることができる。

この節にあるのと同様のことが、「エゼキエル」のこれらによって意味されている――

 

 見よ、家の敷居の下から出ている水を、それらから川がある、「その川岸の上に、非常に多くの食物の〔実の〕木が、ここにまたここに〔あり〕、その葉は落ちない、〔身も〕なくらな、毎月、再び生長し、ここからその実が食物に、またその葉は薬になる」(47:1, 7, 12)

 

 そこもまた、新しい教会について〔扱われている〕。

 「葉」によって理性的な真理が意味されるのは、「木」によって人間が意味されるからである(89, 400番)、またその時、すべての木によって、人間のもとで調和(和合)しているものが意味される、例えば、枝、葉、花、実、また種によってである。「枝」によって人間の感覚的なまた自然的な真理が、「葉」によってその理性的な真理が、「花」によって理性的なものの中の霊的な初期の真理が、「実」によって愛のまた仁愛の善が、また「種」によって人間の最後ものと最初のものが意味される。

 [2] 「葉」によって理性的な真理が意味されることは、霊界で見られたものからはっきりと明らかである。というのは、そこにもまた葉や実とともに木々が見られ、それらから庭園や楽園があるから。愛の善の中に、また同時に知恵の真理の中にいる者に、美しい葉で繁茂した実を結ばせる木々が見られる。しかし、知恵の何らかの真理の中にいて、理性から話す、また愛の善の中にいない者に、葉で満ちている、しかし、実のない木が見られる。しかし、善も知恵の真理もない者に、世の冬の時のような葉が裸にされた木しか見られない。理性的でない人間も、このような木でしかない。

 [3] 霊的な真理を最も近くにけ入れるものは理性的な真理である、というのは、人間の理性的なものは霊的な真理の最初の容器であるから、なぜなら、人間の理性的なものの中に、何らかの形の中の真理の知覚があるからである。人間自身はそれを思考の過程で、外なる視覚に結合している低い思考の中の理性的なものの下にあるもののように見ない。

 創世記3:78:11、イザヤ34:4、エレミヤ8:317:8、エゼキエル47:12、ダニエル4:12, 14、詩篇1:3、レビ記26:36、マタイ21:1924:32、マルコ13:28でも、「葉」によって理性的な真理が意味されている。

 しかし、意味は木の種類にしたがっている。オリーブの木とブドウの木の葉は天的な光と霊的な光からの理性的な真理を、イチジクの木の葉は自然的な光からの理性的な真理を、また、モミの木、ポプラの木、オーク、松の木の葉は感覚的な光からの理性的な真理を意味する。

 後者の葉は、葉が風で揺り動かされる時、霊界の中で恐怖を与える。レビ記26:36、ヨブ記13:25で意味されるものが、これらの葉である。けれども、前者の葉はそのようでない。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094973