RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 937

(1) 原文

937. [Vers. 3.] " Et ullum devotum non erit ibi, et Thronus Dei et Agni in illa erit, et servi Ipsius ministrabunt Ipsi," significat quod in Ecclesia, quae Nova Hierosolyma, non aliqui separati a Domino erunt, quia Ipse Dominus ibi regnabit, et illi qui in veris per Verbum ab Ipso sunt, et faciunt mandata Ipsius, cum Ipso erunt, quia conjuncti.Per "ullum devotum non erit ibi" significatur quod non aliquod malum aut falsum ex malo, quod separat Dominum, in Nova Hierosolyma erit; et quia malum et falsum non datur nisi in recipiente qui est homo, significatur quod non aliqui separati a Domino ibi erunt; per "devotum" in Verbo intelligitur omne id malum et falsum quod separat et avertit hominem a Domino, tunc enim ille homo fit diabolus et satanas: per quod "Thronus Dei et Agni in illa erit," significatur quod Ipse Dominus in illa Ecclesia regnaturus sit, per "Thronum" enim hic significatur Regnum, et Regnum Domini est ubi Ipse Solus colitur: per quod "servi Ipsius ministrabunt Ipsi" significatur quod qui in veris per Verbum a Domino sunt, erunt cum Ipso et facient mandata Ipsius, quia conjuncti; quod per "servos Domini" significentur qui in veris ab Ipso sunt, videatur supra (n. 3, 380), et per "ministros" qui in bono ab Ipso sunt (n. 128); inde per "servos qui ministrabunt Ipsi" significantur qui in veris ex bono per Verbum a Domino sunt, et faciunt mandata Ipsius.

[2] Quia Ecclesia hodie non scit quod conjunctio cum Domino faciat Caelum, et quod conjunctio fiat per agnitionem quod Ipse sit Deus Caeli et Terrae, et simul per vitam secundum praecepta Ipsius, ideo de his aliquid dicetur: Qui de his non aliquid scit, potest dicere, Quid conjunctio; quomodo agnitio et vita potest facere conjunctionem; quid his opus est; potest ne salvari unusquisque ex sola misericordia; quid opus alio salvationis medio quam sola Fide; estne Deus misericors et omnipotens. At sciat quod in mundo spirituali cognitio et agnitio faciant omnem praesentiam, et quod affectio quae est amoris faciat omnem conjunctionem; spatia enim ibi non aliud sunt quam apparentiae secundum similitudinem animorum, hoc est, affectionum et inde cogitationum; quare cum aliquis cognoscit alterum vel ex fama, vel ex commercio cum illo, vel ex conversatione, vel ex affinitate, dum ex idea cognitionis istius de illo cogitat, sistitur ille praesens, tametsi procul foret ad mille stadia ad apparentiam; et si aliquis alterum quem cognoscit etiam amat, habitat cum illo in una societate, et si intime amat in una domo. Hic status est omnium in toto mundo spirituali; et ille status omnium trahit originem ex eo, quod Dominus unicuivis sit praesens secundum Fidem, et conjunctus secundum Amorem. Fides et inde praesentia Domini datur per cognitiones veritatum ex Verbo, imprimis de Ipso Domino ibi. Amor autem et inde conjunctio datur per vitam secundum praecepta Ipsius; nam dicit Dominus,

 

Qui habet praecepta Mea et facit illa, ille est qui amat Me; et amabo illum, et mansionem apud illum faciam" (Joh. xiv. 21-24).

 

[3] Sed quomodo hoc fit, etiam dicetur: Dominus amat unumquemvis, et vult conjungi illis; sed non potest conjungi quamdiu homo in jucundo mali est, prout in jucundo odendi et vindicandi, in jucundo adulterandi et scortandi, in jucundo depraedandi seu furandi sub aliqua specie, in jucundo blasphemandi et mentiendi, inque concupiscentiis amoris sui et mundi; omnis enim qui in illis est, in consortio est cum diabolis qui in Inferno sunt. Dominus quidem amat illos etiam ibi, sed non potest conjungi illis, nisi removeantur jucunda malorum istorum; et ea non possunt removeri a Domino, nisi homo exploret se, ut sciat sua mala, agnoscat et confiteatur illa coram Domino, ac velit desistere ab illis, et sic paenitentiam agere. Hoc faciet homo sicut a se, quia non sentit quod faciat aliquid a Domino; et hoc datum est homini, quia conjunctio, ut sit conjunctio, erit reciproca hominis cum Domino, et Domini cum homine. Quantum itaque sic removentur mala cum illorum jucundis, tantum intrat amor Domini, qui, ut dictum, est universalis erga omnes, et tunc abducitur homo ab Inferno, ac inducitur in Caelum. Hoc faciet homo in mundo; nam qualis homo est in mundo quoad spiritum, talis manet in aeternum, cum sola differentia, quod status ejus fiat perfectior, si bene vixit, quia tunc non est circumvelatus materiali corpore, sed vivit spiritualis in spirituali corpore.

 

(2) 直訳

937. [Vers. 3.] " Et ullum devotum non erit ibi, et Thronus Dei et Agni in illa erit, et servi Ipsius ministrabunt Ipsi," significat quod in Ecclesia, quae Nova Hierosolyma, non aliqui separati a Domino erunt, quia Ipse Dominus ibi regnabit, et illi qui in veris per Verbum ab Ipso sunt, et faciunt mandata Ipsius, cum Ipso erunt, quia conjuncti.− 927(第3節)またそこに呪いは何もない。神と小羊の王座があり、その方のしもべたちがその方に仕える」は、教会の中に、それは新しいエルサレム、主から分離された何らかの者がいないであろうことを意味する、主ご自身がそこに支配するであろうからである、また彼らは、その者はみことばを通してその方からの真理の中にいる、またその方の命令を行なう、その方とともにいることになる、結合されたので――

Per "ullum devotum non erit ibi" significatur quod non aliquod malum aut falsum ex malo, quod separat Dominum, in Nova Hierosolyma erit; 「そこにいはもないによって、何らかのまたはからの虚偽は、それは主を分離する、新しいエルサレムの中に、ないであろうことが意味される。

et quia malum et falsum non datur nisi in recipiente qui est homo, significatur quod non aliqui separati a Domino ibi erunt; また、悪と虚偽は受け入れるものの中でないなら存在しないので、それは人間である、主から分離されただれかがそこにいないであろうことが意味される。

per "devotum" in Verbo intelligitur omne id malum et falsum quod separat et avertit hominem a Domino, tunc enim ille homo fit diabolus et satanas: みことばの中の「呪い」によって、その悪と虚偽()すべてのものが意味される、それは人間を主から分離する、また背かせる、というのは、その時、その人間は悪魔とサタンになるから。

per quod "Thronus Dei et Agni in illa erit," significatur quod Ipse Dominus in illa Ecclesia regnaturus sit, per "Thronum" enim hic significatur Regnum, et Regnum Domini est ubi Ipse Solus colitur: 「神小羊王座があるであろう」ことによって、主ご自身がその教会の中で支配することになることが意味される、というのは、「王座」によって、ここに王国が意味されるから、また主の王国はそこにその方だけが礼拝される〔ところ〕である。

per quod "servi Ipsius ministrabunt Ipsi" significatur quod qui in veris per Verbum a Domino sunt, erunt cum Ipso et facient mandata Ipsius, quia conjuncti; 「そののしもべたちがそのえるであろうことによって、主からみことばを通して真理の中にいる者が、その方とともにいるであろうことが意味される、またその方の命令を行なう、結合されているので。

quod per "servos Domini" significentur qui in veris ab Ipso sunt, videatur supra (n. 3, 380), et per "ministros" qui in bono ab Ipso sunt (n. 128); 「主のしもべ」によって、その方から真理の中にいる者が意味されることは、上に見られる(3, 380、また「仕える者たち」によって、その方から善の中にいる者が(128

inde per "servos qui ministrabunt Ipsi" significantur qui in veris ex bono per Verbum a Domino sunt, et faciunt mandata Ipsius. ここから、「しもべたちそのはそのえる」によって、主からみことばを通して善からの真理の中にいる者が意味される、またその方の命令を行なう。

[2] Quia Ecclesia hodie non scit quod conjunctio cum Domino faciat Caelum, et quod conjunctio fiat per agnitionem quod Ipse sit Deus Caeli et Terrae, et simul per vitam secundum praecepta Ipsius, ideo de his aliquid dicetur:― [2] 今日の教会は知らないので、主との結合が天界をつくること、また結合は認知によって生じること、その方が天地の神であること、また同時にその方の戒めにしたがった生活によって、それゆえ、これらについて何らかのものをが言われる(未来)――

Qui de his non aliquid scit, potest dicere, Quid conjunctio; これらについて何らかのものを知らない者は、言うことができる、「何が結合か?

quomodo agnitio et vita potest facere conjunctionem; どのように、認知と生活が結合をつくることができるのか?

quid his opus est; 何がこれらに必要とされる☆のか?

opus est で「必要とされる」という意味です(非人称構文

potest ne salvari unusquisque ex sola misericordia; それぞれの者が慈悲のみから救われることができないか?

quid opus alio salvationis medio quam sola Fide; 何が必要か、信仰のみ以外に、他の救いの手段が?

estne Deus misericors et omnipotens. 神は慈悲深い、また全能でないのか?

At sciat quod in mundo spirituali cognitio et agnitio faciant omnem praesentiam, et quod affectio quae est amoris faciat omnem conjunctionem; しかし、知らなければならない、霊界の中で知識と認知がすべての臨在をつくること、また情愛が、それは愛のものである、すべての結合をつくること。

spatia enim ibi non aliud sunt quam apparentiae secundum similitudinem animorum, hoc est, affectionum et inde cogitationum; というのは、そこに空間はアニムス(心)似ていることしたがった外観以外の他のものではないから、すなわち、情愛とここからの思考。

quare cum aliquis cognoscit alterum vel ex fama, vel ex commercio cum illo, vel ex conversatione, vel ex affinitate, dum ex idea cognitionis istius de illo cogitat, sistitur ille praesens, tametsi procul foret ad mille stadia ad apparentiam; それゆえ、ある者が他の者を知るとき、あるいはうわさから、あるいは彼との交際から、あるいは社交から、あるいは親族関係(親近感)から、その知識の観念から彼について考えている時、彼の臨在(現在)が見せられる、たとえ遠くにいたにしても、外観へ(向けて)千スタディオンまで〔も〕。

et si aliquis alterum quem cognoscit etiam amat, habitat cum illo in una societate, et si intime amat in una domo. また、もしある者が他の者を、その者を知っている、さらにまた愛するなら、彼と一つの社会の中に住む、またもし深く愛するなら、一つの家の中に。

Hic status est omnium in toto mundo spirituali; これが、全霊界の中のすべての者の状態である。

et ille status omnium trahit originem ex eo, quod Dominus unicuivis sit praesens secundum Fidem, et conjunctus secundum Amorem. またそのすべての状態は起源をそのことから得ている、主がそれぞれの者に信仰にしたがって臨在すること、また愛にしたがって結合する。

Fides et inde praesentia Domini datur per cognitiones veritatum ex Verbo, imprimis de Ipso Domino ibi.信仰とここからの主の臨在は、みことばからの狄人瓩稜知によって与えられる(存在する)、特にそこに主ご自身について。

Amor autem et inde conjunctio datur per vitam secundum praecepta Ipsius; けれども、愛とここからの結合は、その方の戒めにしたがって生活によって与えられる(存在する

nam dicit Dominus, なぜなら、主は言う、

Qui habet praecepta Mea et facit illa, ille est qui amat Me; わたしの戒めを持つ、またそれを行なう者は、彼である、その者はわたしを愛する。

et amabo illum, et mansionem apud illum faciam" (Joh. xiv. 21-24). また、わたしは彼を愛する、また彼のもとに住まいをつくる」(ヨハネ14:21-24)

[3] Sed quomodo hoc fit, etiam dicetur:― [3] しかし、どのようにこのことが生じるか、さらにまた言われる――

Dominus amat unumquemvis, et vult conjungi illis; 主はそれぞれの者を愛する、また彼らと結合されることを欲する。

sed non potest conjungi quamdiu homo in jucundo mali est, prout in jucundo odendi et vindicandi, in jucundo adulterandi et scortandi, in jucundo depraedandi seu furandi sub aliqua specie, in jucundo blasphemandi et mentiendi, inque concupiscentiis amoris sui et mundi; しかし、結合されることができない、人間が悪の快さの中にいるかぎり、例えば、憎むまた復讐する快さの中に、姦淫するまた淫行する快さの中に、何らかの姿の下に略奪するまたは盗む快さの中に、冒涜するまた偽る快さの中に、そして自己愛と世俗愛の欲望の中に。

omnis enim qui in illis est, in consortio est cum diabolis qui in Inferno sunt. というのは、すべての者は、その者はそれらの中にいる、悪魔との交わりの中にいるから、その者は地獄の中にいる。

Dominus quidem amat illos etiam ibi, sed non potest conjungi illis, nisi removeantur jucunda malorum istorum; 確かに、主はそこにもまた彼らを愛する、しかし、彼らと結合されることができない、それらの悪の快さが遠ざけられないなら。

et ea non possunt removeri a Domino, nisi homo exploret se, ut sciat sua mala, agnoscat et confiteatur illa coram Domino, ac velit desistere ab illis, et sic paenitentiam agere. また、それらは主により遠ざけられることができない、人間が自分自身を調べないなら、自分の悪を知るために、主の前にそれらを認める、また告白する、そしてそれらから離れることを欲する、またこのように悔い改めを行なうこと。

Hoc faciet homo sicut a se, quia non sentit quod faciat aliquid a Domino; このことを人間は自分自身からのように行なわなければならない、何かを主から行なっていることを感じないからである。

et hoc datum est homini, quia conjunctio, ut sit conjunctio, erit reciproca hominis cum Domino, et Domini cum homine. また、このことは人間に与えられている、結合が、結合があるために、人間に主との交互のものとなる〔ために〕、また主に、人間との。

Quantum itaque sic removentur mala cum illorum jucundis, tantum intrat amor Domini, qui, ut dictum, est universalis erga omnes, et tunc abducitur homo ab Inferno, ac inducitur in Caelum. そこで、どれだけこのように悪がそれらの快さとともに遠ざけられるか〔によって〕、それだけ主の愛が入ってくる、それは、言われたように、すべての者に対する普遍的なものである、また、その時、人間は地獄から導き出される、そして、天界の中に導き入れられる。

Hoc faciet homo in mundo; このことを人間は世の中で行なわなければならない。

nam qualis homo est in mundo quoad spiritum, talis manet in aeternum, cum sola differentia, quod status ejus fiat perfectior, si bene vixit, quia tunc non est circumvelatus materiali corpore, sed vivit spiritualis in spirituali corpore. なぜなら、人間が世の中で霊に関して、どのようであるか〔によって〕、そのように永遠にとどまるからである、単に相違とともに、彼の状態がさらに完全になる、もし善く生きたなら、その時、物質的な身体でまわりをおおわれていないからである、しかし、霊的な身体で霊的なものが生きる。

 

(3) 訳文

 927(第3節)「またそこに呪いは何もない。神と小羊の王座があり、その方のしもべたちがその方に仕える」は、新しいエルサレムである教会の中に、主から分離された何らかの者がいないであろうことを意味する、主ご自身がそこで支配し、また彼らは、その者はみことばを通してその方からの真理の中にいる、またその方の命令を行なう者は、結合されたので、その方とともにいることになるからである。

 「そこにいはもないによって、主を分離する何らかのまたはからの虚偽は、新しいエルサレムの中にないであろうことが意味される。また、悪と虚偽は、人間である受け入れるものの中でないなら存在しないので、主から分離されただれかがそこにいないであろうことが意味される。みことばの中の「呪い」によって、人間を主から分離し、背かせるその悪と虚偽のすべてのものが意味される、というのは、その時、その人間は悪魔とサタンになるから。「神小羊王座があるであろう」ことによって、主ご自身がその教会の中で支配することになることが意味される、というのは、「王座」によって、ここに王国が意味されるから、主の王国はそこにその方だけが礼拝されるところである。「そののしもべたちがそのえるであろうことによって、主からみことばを通して真理の中にいる者が、その方とともにいる、また結合されているので、その方の命令を行なうことが意味される。「主のしもべ」によって、その方から真理の中にいる者が意味されることは、前に見られる(3, 380、また「仕える者たち」によって、その方から善の中にいる者が(128。ここから、「しもべたちそのはそのえる」によって、主からみことばを通して善からの真理の中にいる者が、またその方の命令を行なう者が意味される。

 [2] 今日の教会は、主との結合が天界をつくること、また結合はその方が天地の神であることの認知によって、また同時にその方の戒めにしたがった生活によって生じることを知らないので、それゆえ、これらについて何らかのものをが言わなければれならない――

 これらについて何らかのものを知らない者は、言うことができる、「何が結合か? 認知と生活が、どのように結合をつくることができるのか? これらに何が必要とされるのか? だれもが慈悲のみから救われることができないか? 信仰のみ以外に、他の救いの何の手段が必要か? 神は慈悲深く、全能でないのか?」

 しかし、霊界の中で、知識と認知がすべての臨在をつくること、また愛のものである情愛が、すべての結合をつくることを知らなければならない。というのは、そこの空間はmアニムス(心)の、すなわち、情愛とここからの思考の似ていることしたがった外観でしかないから。それゆえ、ある者が他の者を、あるいはうわさから、あるいは彼との交際から、あるいは社交から、あるいは親族関係(親近感)から知るとき、その知識の観念から彼について考えている時、たとえ、外観からは千スタディオンも遠くにいるにしても、彼の臨在(居合わせること)が見せられる。また、もしある者が、他の者を知っている、さらにまた愛するなら、彼と一つの社会の中に、またもし深く愛するなら、一つの家の中に住む。

 これが、全霊界の中のすべての者の状態である。またそのすべての状態は起源を、主がそれぞれの者に信仰にしたがって臨在し、愛にしたがって結合することから得ている。

信仰とここからの主の臨在は、みことばからの狄人瓩、特にそこに主ご自身についての認知によって与えられる

 けれども、愛とここからの結合は、その方の戒めにしたがって生活によって与えられる。なぜなら、主は言われているからである、

 

 わたしの戒めを持ち、それを行なう者は、わたしを愛する者である。わたしは彼を愛し、彼のもとに住まいをつくる」(ヨハネ14:21-24)

 

 [3] しかし、どのようにこのことが生じるか、さらにまた言われなかればならない――

 主はだれをも愛し、彼らと結合されることを欲されている。しかし、人間が悪の快さの中に、例えば、憎むまた復讐する快さの中に、姦淫するまた淫行する快さの中に、何らかの姿の下に略奪するまたは盗む快さの中に、冒涜するまた偽る快さの中に、そして自己愛と世俗愛の欲望の中にいるかぎり、結合されることができない。というのは、それらの中にいるすべての者は、地獄の中にいる悪魔との交わりの中にいるから。

 確かに、主はそこでもまた彼らを愛する、しかし、それらの悪の快さが遠ざけられないなら、彼らと結合されることができない。また、それらは、人間が、自分の悪を知り、主の前にそれらを認め、告白し、そしてそれらから離れることを、またこのように悔い改めを行なうこと欲して、自分自身を調べないなら、主により遠ざけられることができない。

 このことを人間は自分自身からのように行なわなければならない、主から何かを行なっている、とを感じないからである。また、このことは人間に与えられている、結合が、結合があるために、人間に主との、また主に人間との交互のものとなるためである。

 そこで、どれだけこのように悪がそれらの快さとともに遠ざけられるかによって、それだけ主の愛が入ってくる、それは、言われたように、すべての者に対する普遍的なものであり、また、その時、人間は地獄から導き出され、そして、天界の中に導き入れられる。

 このことを人間は世で行なわなければならない。なぜなら、人間が世で霊に関して、どのようであるか〔によって〕、単に彼の状態がさらに完全になるという相違とともに、そのように永遠にとどまるからである、〔それは〕もし善く生きたなら、その時、物質的な身体でまわりをおおわれていないで、霊的な身体で霊的なものが生きるからである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094974