RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 938

(1) 原文

938. [Vers. 4.] " Et videbunt Faciem Ipsius, et Nomen Ipsius in frontibus illorum," significat quod convertent se ad Dominum, et Dominus Se ad illos, quia conjuncti per amorem. Quod per "videre Faciem" Dei et Agni, seu Domini, non intelligatur videre Faciem Ipsius, quia nemo potest videre Faciem Ipsius, qualis est in Divino Suo Amore et in Divina Sua Sapientia, et vivere, est enim Sol Caeli et totius mundi spiritualis; nam videre Faciem Ipsius, qualis in Se est, foret sicut quis intraret in solem, a cujus igne momento consumeretur. At Dominus extra Solem Suum Se quandoque sistit videndum; sed tunc obvelat se et sistit Se visui illorum, quod fit per angelum; ut quoque fecerat in mundo coram Abrahamo, Hagare, Lotho, Guideone, Josua, et aliis; quare illi angeli vocati sunt "angeli," et quoque "Jehovah;" fuit enim praesentia Jehovae e longinquo in illis. [2] At per "videbunt Faciem Ipsius" hic nec intelligitur ita videre Faciem Ipsius, sed videre vera quae in Verbo sunt ab Ipso, et per illa cognoscere et agnoscere Ipsum. Divina enim vera Verbi faciunt lucem quae procedit a Domino ut Sole, in qua sunt Angeli; et quia faciunt lucem, sunt sicut specula, in quibus Facies Domini videtur. Quod per "videre Faciem Domini" significetur convertere se ad Ipsum, dicetur infra. Per "Nomen Domini in frontibus illorum" significatur quod Dominus amet illos, et convertat illos ad Se; per "Nomen Domini" significatur Ipse Dominus, quia significatur omne quale Ipsius, per quod cognoscitur, et secundum quod colitur (n. 81, 584); et per "frontem" significatur amor (n. 347, 605); et per "scriptum in fronte" significatur amor Domini in illis (n. 729); ex his constare potest quid proprie per illa verba significatur. [3] Quod autem significetur, quod illi convertent se ad Dominum, et Dominus Se ad illos, est quia Dominus omnes qui Ipsi conjuncti sunt per amorem aspicit in fronte, et sic convertit illos ad Se; quare angeli in Caelo non alio faciem vertunt, quam ad Dominum et Solem, et hoc fit in omni corporis eorum conversione, quod mirabile est; inde est in communi sermone, ut "habeant Deum jugiter ante oculos." Simile fit cum spiritu hominis qui in mundo vivit, et per amorem conjunctus est Domino; sed de hac conversione facierum ad Dominum, plura memorabilia videantur in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia (n. 129-144): et in Opere de Caelo et Inferno Londini 1758 edito (n. 17, 123, 143, 144, 151, 153, 255, 272).

 

(2) 直訳

938. [Vers. 4.] " Et videbunt Faciem Ipsius, et Nomen Ipsius in frontibus illorum," significat quod convertent se ad Dominum, et Dominus Se ad illos, quia conjuncti per amorem.− 938(第4節)その方の顔を見る、その方の名前が彼らの額の中に〔ある〕」は、彼らが自分自身を主へ向けることを意味する、また主がご自身を彼らに、愛によって結合されているからである――

Quod per "videre Faciem" Dei et Agni, seu Domini, non intelligatur videre Faciem Ipsius, quia nemo potest videre Faciem Ipsius, qualis est in Divino Suo Amore et in Divina Sua Sapientia, et vivere, est enim Sol Caeli et totius mundi spiritualis; 神のまた小羊の、すなわち、主の「顔を見ること」によって、その方の顔を見ることが意味されない、だれもその方の顔を見ることができないからである、ご自分の神的真理の中にまたご自分の神的知恵の中にあるような、また生きることは〔できない〕、というのは、天界のまた全霊界の太陽であるから。

nam videre Faciem Ipsius, qualis in Se est, foret sicut quis intraret in solem, a cujus igne momento consumeretur. なぜなら、その方の顔を見ることは、ご自身の中にあるような、だれかが太陽の中に入るようになるからである、その火から瞬間に焼き尽くされる。

At Dominus extra Solem Suum Se quandoque sistit videndum; しかし、主はご自分の太陽の外に、ご自分を時々、見るように見せる(〜にする)

sed tunc obvelat se et sistit Se visui illorum, quod fit per angelum; しかし、その時、ご自分をおおう、またご自分を彼らの視覚に見せる(〜にする)、そのことは天使〔となること〕によって生じる(行なわれる)。

ut quoque fecerat in mundo coram Abrahamo, Hagare, Lotho, Guideone, Josua, et aliis; 世の中でもまた行なわれたように、アブラハムの前に、ハガイ、ロト、ギデオン、ヨシュア、また他の者〔の前〕に。

quare illi angeli vocati sunt "angeli," et quoque "Jehovah;" それゆえ、それらの天使たちは「天使たち」と、そしてまた「エホバ」と呼ばれた。

fuit enim praesentia Jehovae e longinquo in illis. というのは、彼らの中に遠方からエホバの臨在があったから。

[2] At per "videbunt Faciem Ipsius" hic nec intelligitur ita videre Faciem Ipsius, sed videre vera quae in Verbo sunt ab Ipso, et per illa cognoscere et agnoscere Ipsum. [2] しかし、「その方の顔を見るであろう」によって、ここに、そのようにその方の顔を見ることもまた意味されない、しかし、真理を見ることが、それはその方からのみことばの中にある、また、それらによってその方を知ることと認めることが。

Divina enim vera Verbi faciunt lucem quae procedit a Domino ut Sole, in qua sunt Angeli; というのは、みことばの神的真理が光をつくるからである、それは太陽としての主から発出する、その中に天使たちがいる。

et quia faciunt lucem, sunt sicut specula, in quibus Facies Domini videtur. また、光をつくるので、鏡のようである、それらの中に主の顔が見られる。

Quod per "videre Faciem Domini" significetur convertere se ad Ipsum, dicetur infra. 「主の顔を見ること」によって、その方へ自分自身を向きを変えることが意味されることが、下に言われる。

Per "Nomen Domini in frontibus illorum" significatur quod Dominus amet illos, et convertat illos ad Se; 「彼らの額の中の主の名前」によって、主が彼らを愛する、また彼らをご自分へ向けることが意味される。

per "Nomen Domini" significatur Ipse Dominus, quia significatur omne quale Ipsius, per quod cognoscitur, et secundum quod colitur (n. 81, 584); 「主の名前」によって、主ご自身が意味される、その方のすべての性質が意味されるからである、それによって知られる、またそれにしたがって礼拝される(81, 584

et per "frontem" significatur amor (n. 347, 605); 「額」によって、愛意味される(347, 605

et per "scriptum in fronte" significatur amor Domini in illis (n. 729); また「額の中に書かれた」によって、彼らの中の主への愛が意味される(729

ex his constare potest quid proprie per illa verba significatur. これらから、何が正しくそれらのことばによって意味されているか明らかにすることができる。

[3] Quod autem significetur, quod illi convertent se ad Dominum, et Dominus Se ad illos, est quia Dominus omnes qui Ipsi conjuncti sunt per amorem aspicit in fronte, et sic convertit illos ad Se; [3] けれども、彼らが自分自身を主へ向きを変えることが意味されることは、また主ご自身が彼らに、主がすべての者に、その者は愛によってその方に結合されている、額の中で(向かって)眺める(見る)、またこのように彼らをご自身へ向けるからである。

quare angeli in Caelo non alio faciem vertunt, quam ad Dominum et Solem, et hoc fit in omni corporis eorum conversione, quod mirabile est; それゆえ、天界の中の天使たちは、他の者に顔を向けない、主と太陽へ以外に、またこのことは彼らの身体のすべての方向転換の中で生じる、それは驚くべきことである。

inde est in communi sermone, ut "habeant Deum jugiter ante oculos." ここからである、通常の談話の中で、「神を常に目の前に持っている」こと。

Simile fit cum spiritu hominis qui in mundo vivit, et per amorem conjunctus est Domino; 同様のことが人間の霊に生じている、その者は世の中で生きる、また愛によって主に結合されている。

sed de hac conversione facierum ad Dominum, plura memorabilia videantur in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia (n. 129-144): しかし、主へ顔を〔向きを〕変えること(方向転換)これについて、多くのメモラビリア(注目すべき出来事)が『神的愛と神的知恵について天使の知恵』の中に見られる(129-144

et in Opere de Caelo et Inferno Londini 1758 edito (n. 17, 123, 143, 144, 151, 153, 255, 272). またロンドンで1758年に出版の『天界と地獄』についての著作の中に(17, 123, 143, 144, 151, 153, 255, 272

 

(3) 訳文

938(第4節)「その方の顔を見る、その方の名前が彼らの額の中に〔ある〕」は、愛によって結合されているので、彼らは自分自身を主へ向け、主はご自身を彼らに向けられることを意味する(938, 939)

 神の、小羊の、すなわち、主の「顔を見ること」によって、その方の顔を見ることが意味されない、というのは、だれも、ご自分の神的真理の中にまたご自分の神的知恵の中にあるような、その方の顔を見て、生きることができないからである、というのは、〔主は〕天界のまた全霊界の太陽であるから。なぜなら、ご自身の中にあるような、その方の顔を見ることは、だれかが太陽の中に入り、その火から瞬間に焼き尽くされるようになるからである。

 しかし、主はご自分の太陽の外に、ご自分を時々、見られるにする。しかし、その時、ご自分をおおって、ご自分を彼らの視覚に見せ、そのことは天使〔となること〕によって行なわれる。世でもまた、アブラハム、ハガイ、ロト、ギデオン、ヨシュア、また他の者の前に行なわれたように。それゆえ、それらの天使たちは、「天使たち」そしてまた「エホバ」と呼ばれた。というのは、彼らによって遠方にエホバの臨在があったから。

 [2] しかし、「その方の顔を見るであろう」によって、ここに、そのようにその方の顔を見ることは意味されない、しかし、その方からのみことばの中にある真理を見ることが、また、それらによってその方を知ることと認めることが意味される。

 というのは、みことばの神的真理が太陽としての主から発出する光をつくり、その中に天使たちがいるからである。また、光をつくるので、鏡のようであり、それらの中に主の顔が見られる。

 「主の顔を見ること」によって、その方へ向きを変えることが意味されることが、後で言われる。

 「彼らの額の中の主の名前」によって、主が彼らを愛し、彼らをご自分へと向けることが意味される。「主の名前」によって、主ご自身が意味される、その方のすべての性質が意味され、それによって知られ、またそれにしたがって礼拝されるからである(81, 584。「額」によって、愛意味される(347, 605。また「額の中に書かれた」によって、彼らの中の主への愛が意味される(729。これらから、何が正しくそれらのことばによって意味されているか明らかにすることができる。

 [3] けれども、彼らが自分自身を主へ向きを変えることが意味されるのは、また主ご自身が彼らに、主が愛によってご自分に結合されているすべての者に、額に向かけて見る、またこのように彼らをご自身へ向けるからである。それゆえ、天界の中の天使たちは、顔を主と太陽へ以外に他の者に向けない、またこのことは彼らの身体のすべての方向転換の中で生じ、これは驚くべきことである。通常の談話の中で、「神を常に目の前に持っている」ことは、ここからである。

 同様のことが世で生き、愛によって主に結合されている人間の霊に生じている。しかし、主へ顔〔に向きを〕を変えるこのことについて、多くのメモラビリア(注目すべき出来事)が『神の愛と知恵』の中に(129-144、またロンドンで1758年に出版の著作『天界と地獄』の中に(17, 123, 143, 144, 151, 153, 255, 272)見られる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094975