RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 940

(1) 原文

940. [Vers. 5.] " Et nox non erit ibi, et non opus habent lucerna et luce solis, quia Dominus [Deus] illustrat illos," significat quod in Nova Hierosolyma non erit aliquod falsum fidei, et quod homines in cognitionibus de Deo ibi non erunt ex lumine naturali quod est ex propria intelligentia, et ex gloria oriunda ex fastu, sed erunt in luce spirituali ex Verbo a Solo Domino.Per "nox non erit ibi" significatur simile quod supra, cap. xxi., ubi haec:

 

"Portae ejus non claudentur interdiu, non enim nox erit ibi" (vers. 25);

 

per quae significatur quod in Novam Hierosolymam jugiter recipiantur qui in veris ex bono amoris a Domino sunt, quia non ibi est falsum fidei (n. 922): per "non opus habent lucerna et luce solis, quia Dominus Deus illustrat illos" simile significatur quod supra, cap. xxi., ubi haec:

 

"Urbs non opus habet sole et luna, ut luceant in ea, quia gloria Dei illustravit eam, et Lucerna ejus Agnus" (vers. 23);

 

per quae significatur quod homines illius Ecclesiae non erunt in amore sui et in propria intelligentia, et inde in lumine solo naturali, sed ex Divino vero Verbi a solo Domino in luce spirituali (n. 919): sed pro "luna" ibi, hic dicitur "lucerna;" et pro "sole" ibi, hic dicitur "lux solis:" ac per "lunam" sicut per "lucernam" significatur lumen naturale ex propria intelligentia, et per "lucem solis" significatur lumen naturale ex gloria oriunda ex fastu. Sed paucis explicabitur quid lumen naturale ex gloria oriunda ex fastu. [2] Datur lumen naturale ex gloria oriunda ex fastu, et quoque ex non fastu; lumen ex gloria oriunda ex fastu est illis qui in amore sui sunt, et inde in malis omnis generis; quae si non faciunt ex timore jacturae famae, et quoque si damnant quia contra moralitatem et contra bonum publicum, usque illa non reputant ut peccata; hi in lumine naturali sunt ex gloria oriunda ex fastu, nam amor sui in voluntate fit fastus in intellectu, et hic fastus ex illo amore elevare potest intellectum usque in lucem Caeli: hoc datum est homini, ut sit homo, ac ut possit reformari. Vidi et audivi plures summe diabolos, qui intellexerunt arcana sapientiae angelicae cum audiverunt et legerunt illa, sicut ipsi angeli; sed actutum cum redierunt ad amorem suum et inde fastum suum, non modo nihil de illis intellexerunt, sed etiam viderunt contraria ex luce confirmationis falsi apud se. At lumen naturale ex gloria a non fastu, est apud illos qui in jucundo usuum ex genuino amore erga proximum sunt: illorum lumen naturale est quoque lumen rationale in quo intus est lux spiritualis a Domino; gloria apud illos est ex splendore lucis influentis ex Caelo ubi omnia splendida et harmonica sunt, omnes enim usus in Caelo splendent; ex his amoenitas in cogitationum ideis apud illos percipitur ut gloria; intrat per voluntatem et ejus bona in intellectum et ejus vera, et in his sistitur.

 

(2) 直訳

940. [Vers. 5.] " Et nox non erit ibi, et non opus habent lucerna et luce solis, quia Dominus [Deus] illustrat illos," significat quod in Nova Hierosolyma non erit aliquod falsum fidei, et quod homines in cognitionibus de Deo ibi non erunt ex lumine naturali quod est ex propria intelligentia, et ex gloria oriunda ex fastu, sed erunt in luce spirituali ex Verbo a Solo Domino.− 940(第5節)「またそこに夜はなく、明かりと太陽の光を必要としない、〔神である〕主が彼らを照らすからである」は、新エルサレムの中に何らかの信仰の虚偽がないであろうことを意味する、また人間が主についての認識(知識)の中に、そこにいないであろうこと、自然的な光から、それは自己知性からである、また高慢から出てくる栄光(称賛)から、しかし霊的な光の中にいるであろう、主おひとりからのみことばからの――

Per "nox non erit ibi" significatur simile quod supra, cap. xxi., ubi haec: 「そこに夜はないであろう」によって、同様のものが意味される、それは上の、第21章、そこにこれら――

"Portae ejus non claudentur interdiu, non enim nox erit ibi" (vers. 25); 「その門は昼間に閉ざされない、というのは、そこに夜はであろうから」(25

per quae significatur quod in Novam Hierosolymam jugiter recipiantur qui in veris ex bono amoris a Domino sunt, quia non ibi est falsum fidei (n. 922): それによって意味される、新しいエルサレムの中に常に(絶えず)受け入れられること、その者は主からの愛の善からの真理の中にいる、そこに信仰の虚偽はないからである(922 。 

per "non opus habent lucerna et luce solis, quia Dominus Deus illustrat illos" simile significatur quod supra, cap. xxi., ubi haec: 「明かりと太陽の光を必要としない、神〔である〕主が彼らを照らすからである」によって、同様のものが意味される、それは上の、第21章、そこにこれら――

"Urbs non opus habet sole et luna, ut luceant in ea, quia gloria Dei illustravit eam, et Lucerna ejus Agnus" (vers. 23); 「都は太陽と月を必要としない、その中で光を放つ(輝く)ために、神の栄光がそれを照らすからである、また小羊がその明かり〔である〕」(23節)。

per quae significatur quod homines illius Ecclesiae non erunt in amore sui et in propria intelligentia, et inde in lumine solo naturali, sed ex Divino vero Verbi a solo Domino in luce spirituali (n. 919): それらによって意味される、その教会の人間が自己愛の中にまた自己知性の中にいないであろうことが、またここから自然的な光だけの中に、しかし、主だけからのみことばの神的真理から、霊的な光の中に〔いる〕(919番)。

sed pro "luna" ibi, hic dicitur "lucerna;" しかし、そこに「月」の代わりに、ここに「明かり」が言われている。

et pro "sole" ibi, hic dicitur "lux solis:" また、そこに「太陽」の代わりに、ここに「太陽の光」が言われている。

ac per "lunam" sicut per "lucernam" significatur lumen naturale ex propria intelligentia, et per "lucem solis" significatur lumen naturale ex gloria oriunda ex fastu. そして、「月」によって、「明かり」によってのように、自己知性からの自然的な光が意味される、また「太陽の光」によって、高慢から出てくる栄光(称賛)からの自然的な光が意味される。

Sed paucis explicabitur quid lumen naturale ex gloria oriunda ex fastu. しかし、簡単に説明される(未来)、何が、高慢から出てくる栄光(称賛)からの自然的な光か。

[2] Datur lumen naturale ex gloria oriunda ex fastu, et quoque ex non fastu; [2] 高慢から出てくる栄光(称賛)からの自然的な光が存在する、そしてまた高慢からでない。

lumen ex gloria oriunda ex fastu est illis qui in amore sui sunt, et inde in malis omnis generis; 高慢から出てくる栄光(称賛)からの自然的な光が彼らにある、その者は自己愛の中にいる、またここからすべての種類の悪の中に。

quae si non faciunt ex timore jacturae famae, et quoque si damnant quia contra moralitatem et contra bonum publicum, usque illa non reputant ut peccata; それら〔悪〕をもし彼らが名声を失う恐れから行なわないなら、そしてまた、もし批難するなら、道徳に反するまた公共の善に反するからと、それでもそれら〔悪〕を彼らは罪として思わない。

hi in lumine naturali sunt ex gloria oriunda ex fastu, nam amor sui in voluntate fit fastus in intellectu, et hic fastus ex illo amore elevare potest intellectum usque in lucem Caeli: これらの者は高慢から出てくる栄光(称賛)からの自然的な光の中に〔いる〕、なぜなら、意志の中の自己愛は理解力の中で高慢となるから、またその愛からのこの高慢は理解力を天界の光の中にまで高揚することができるからである。

hoc datum est homini, ut sit homo, ac ut possit reformari. これ〔理解力〕が人間に与えられている、人間であるように、そして改心されることができるため(よう)に。

Vidi et audivi plures summe diabolos, qui intellexerunt arcana sapientiae angelicae cum audiverunt et legerunt illa, sicut ipsi angeli; 私は、多くの最高度の悪魔を見た、また聞いた、その者は天使の知恵のアルカナを理解した、それらを聞いたまた読んだとき、天使自身のように。

sed actutum cum redierunt ad amorem suum et inde fastum suum, non modo nihil de illis intellexerunt, sed etiam viderunt contraria ex luce confirmationis falsi apud se. しかし、直ちに、自分の愛にまたここから自分の高慢に戻ったとき、それらについて何も理解していなかっただけでなく、しかし、自分のもとの虚偽の確信の光から正反対ものもまた見た。

At lumen naturale ex gloria a non fastu, est apud illos qui in jucundo usuum ex genuino amore erga proximum sunt: しかし、高慢からでない栄光(称賛)からの自然的な光は、彼らのもとにある、その者は隣人に対する本物の愛からの快さの中にいる。

illorum lumen naturale est quoque lumen rationale in quo intus est lux spiritualis a Domino; 彼らの自然的な光は理性的な光でもある、その内部の中に主からの霊的な光がある。

gloria apud illos est ex splendore lucis influentis ex Caelo ubi omnia splendida et harmonica sunt, omnes enim usus in Caelo splendent; 彼らのもとの栄光(称賛)は天界から流入している光の輝きからである、そこにすべてのものは光り輝き、調和している、というのは、天界の中で役立ちは輝いているから。

ex his amoenitas in cogitationum ideis apud illos percipitur ut gloria; 彼らのもとの思考の観念の中のこれら〔役立ち〕から、楽しさが栄光(称賛)として知覚される。

intrat per voluntatem et ejus bona in intellectum et ejus vera, et in his sistitur. 意志とその善を通して理解力とその真理の中に入る、またこれら(後者)中で示される。

 

(3) 訳文

 940(第5節) 「またそこに夜はなく、明かりと太陽の光を必要としない、〔神である〕主が彼らを照らすからである」は、新しいエルサレムの中に何らかの信仰の虚偽がないこと、また自己知性から、また高慢から出てくる称賛からの自然的な光から、人間は主についての認識(知識)の中にいない、しかし、主おひとりからのみことばからの霊的な光の中にいることを意味する。

 「そこに夜はないであろう」によって、前の第21章のこれらと同様のものが意味される――

 

 「その門は昼間に閉ざされない、というのは、そこに夜はであろうから」(25

 

 それによって、主からの愛の善からの真理の中にいる者が新しいエルサレムの中に常に受け入れられることが意味される、そこに信仰の虚偽はないからである(922 。「明かりと太陽の光を必要としない、神〔である〕主が彼らを照らすからである」によって、前の第21章のこれらと同様のものが意味される――

 

 「都は、その中で輝くために太陽と月を必要としない、神の栄光がそれを照らし、小羊がその明かりであるからである」(23節)。

 

 それらによって、その教会の人間が自己愛の中にまた自己知性の中にいない、ここから自然的な光だけの中にいない、しかし、主だけからのみことばの神的真理から、霊的な光の中にいることが意味される(919番)。しかし、そこの「月」の代わりに、ここに「明かり」が言われている。また、そこの「太陽」の代わりに、ここに「太陽の光」が言われている。そして、「月」によって、「明かり」によってのように、自己知性からの自然的な光が意味され、また「太陽の光」によって、高慢から出てくる称賛からの自然的な光が意味される。

 しかし、高慢から出てくる称賛からの自然的な光が何か、簡単に説明しよう。

 [2] 高慢から出てくる、そしてまた高慢からでない称賛からの自然的な光が存在する。高慢から出てくる称賛からの自然的な光が自己愛の中にいる、またここからすべての種類の悪の中にいる者にある。それら〔悪〕を、彼らが名声を失う恐れから行なわなくても、そしてまた、道徳に反するまた公共の善に反するからと批難しても、それでも彼らはそれら〔悪〕を罪として思わない。これらの者は高慢から出てくる称賛からの自然的な光の中にいる、なぜなら、意志の中の自己愛は理解力の中で高慢となるから、またその愛からのこの高慢は理解力を天界の光の中にまで高揚することができるからである。これ〔理解力〕が人間に、人間であるために、そして改心することができるために与えられている。

 私は、多くの極度(きわめつき)の悪魔を見た、また聞いた、その者は天使の知恵のアルカナを、聞き、読んだとき、天使自身のように理解した。しかし、自分の愛にまたここから自分の高慢に戻るとすぐに、それらについて何も理解していなかっただけでなく、自分のもとの虚偽の確信の光から正反対ものを見た。

 しかし、高慢からでない称賛からの自然的な光が、隣人に対する本物の愛からの快さの中にいる者にある。彼らの自然的な光は理性的な光でもあり、その内部に主からの霊的な光がある。彼らのもとの称賛は天界から流入している光の輝きからである、そこのすべてのものは光り輝き、調和している、というのは、天界の中で役立ちは輝いているから。彼らのもとの思考の観念の中のこれら〔役立ち〕から、楽しさが称賛として知覚される。〔この称賛が〕意志とその善を通して理解力とその真理の中に入り、これら(後者=理解力)中で示される。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094978