RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 943

(1) 原文

943. " Et Dominus Deus sanctorum Prophetarum misit Angelum Suum ad monstrandum servis Suis quae oportet fieri cito," significat quod Dominus, ex Quo est Verbum utriusque Foederis, per Caelum revelaverit illis, qui in veris ex Ipso sunt, illa quae certe futura sunt."Dominus Deus sanctorum Prophetarum" significat Dominum ex Quo est Verbum utriusque Foederis, per "prophetas" enim significantur qui docent vera ex Verbo, et in sensu abstracto doctrina veri Ecclesiae (n. 8, 173), et in lato sensu ipsum Verbum; et quia Verbum per "sanctos prophetas" significatur, ideo per illos significatur Verbum utriusque Foederis; "misit Angelum ad monstrandum servis Suis quae oportet fieri cito" significat quod Dominus revelaverit, illis qui in veris ex Ipso sunt, illa quae certe futura sunt; per "Angelum" hic significatur Caelum, ut supra (n. 5,{1} 65,{2} 644, 647, 648, 910); per "servos" significantur qui in veris a Domino sunt (n. 3, 380, 937); per "cito" significatur certe (n. 4); inde per "quae oportet fieri cito" significatur quae certe futura sunt. [2] Quod per "Angelum" hic significetur Caelum, est quia Dominus per Caelum locutus est cum Johanne, et quoque per Caelum locutus est cum Prophetis, et per Caelum loquitur cum unoquovis cum quo loquitur: causa est quia Caelum angelicum in communi est sicut unus Homo, cujus anima et vita est Dominus; quare omne quod Dominus loquitur, per Caelum loquitur, sicut anima et mens hominis per suum corpus. Quod universum Caelum angelicum in uno complexu referat unum Hominem, et quod hoc sit ex Domino, videatur supra (n. 5), et in Opere de Caelo et Inferno, Londini 1758 edito (n. 59-86); et in Sapientia Angelica de Divina Providentia (n. 64-69, 162-164, 201-204), et in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia (n. 11, 19, 133, 288). [3] Sed dicam mysterium hoc: Dominus loquitur per Caelum, sed usque non loquuntur Angeli ibi, qui ne quidem sciunt quid Dominus loquitur, nisi aliqui ex illis sint apud hominem, per quos Dominus ex Caelo aperte loquitur, ut cum Johanne et cum aliquibus Prophetis: est enim influxus Domini per Caelum, sicut est influxus animae per corpus. Corpus quidem loquitur et agit, et quoque sentit aliquid ex influxu, sed usque corpus non agit quicquam ex se ut ex se, sed agitur. Quod talis sit loquela, imo omnis influxus Domini per Caelum apud homines, a multa experientia scire datum est. Angeli Caeli, et quoque spiritus infra Caelos, nihil sciunt de homine, sicut nec homo de illis; quia status spirituum et angelorum est spiritualis, et hominum est naturalis, qui bini status unice consociantur per correspondentias; et consociatio per correspondentias facit quidem ut simul sint in affectionibus, sed non in cogitationibus; quare non unus scit aliquid de altero, hoc est, non homo de spiritibus cum quibus est quoad affectiones, nec spiritus de homine; nam quod non in cogitatione est, sed solum in affectione, non scitur, quia non apparet seu videtur. Solus Dominus novit cogitationes hominum.

@1 5 pro "8" @2 65 pro "66"

 

(2) 直訳

943. " Et Dominus Deus sanctorum Prophetarum misit Angelum Suum ad monstrandum servis Suis quae oportet fieri cito," significat quod Dominus, ex Quo est Verbum utriusque Foederis, per Caelum revelaverit illis, qui in veris ex Ipso sunt, illa quae certe futura sunt.− 943.「また聖なる預言者たちの神である主は、すぐに行なわれるべきであることをご自分のしもべたちに示すために、ご自分の天使を遣わされた」は、主が、その方から両方の契約のみことばがある、天界を通して彼らに啓示したことを意味する、その者はその方からの真理の中にいる、それらを、それらは確かに存在するようになる――

"Dominus Deus sanctorum Prophetarum" significat Dominum ex Quo est Verbum utriusque Foederis, per "prophetas" enim significantur qui docent vera ex Verbo, et in sensu abstracto doctrina veri Ecclesiae (n. 8, 173), et in lato sensu ipsum Verbum; 「聖なる預言者たちのである主」によって、主意味されるそのから両方契約のみことばがある、「預言者」によってみことばから真理える意味されるまた抽象的意味教会の真理の教えが(8, 173)、また広い意味の中で、みことばそのものが。

et quia Verbum per "sanctos prophetas" significatur, ideo per illos significatur Verbum utriusque Foederis; また、みことばが「聖なる預言者たち」によって意味されるので、それゆえ、それらによって両方契約のみことばが意味される。

"misit Angelum ad monstrandum servis Suis quae oportet fieri cito" significat quod Dominus revelaverit, illis qui in veris ex Ipso sunt, illa quae certe futura sunt; 「すぐになわれるべきであることをご自分のしもべたちにすために、天使わした」は、主が啓示したことを意味する、彼らに、その者はその方からの真理の中にいる、それらを、それらは確かに存在するようになる

per "Angelum" hic significatur Caelum, ut supra (n. 5,{1} 65,{2} 644, 647, 648, 910); 「天使」によって、ここに天界が意味される、上のように(5, 65, 644, 647, 648, 910)

per "servos" significantur qui in veris a Domino sunt (n. 3, 380, 937); 「しもべ」によって、主からの真理の中にいる者が意味される(3, 380, 937)

per "cito" significatur certe (n. 4); 「すぐに」によって、確かに、が意味される(4)

inde per "quae oportet fieri cito" significatur quae certe futura sunt. ここから「すぐになわれるべきであることによって、それらは確かに存在するようになる、が意味される。

[2] Quod per "Angelum" hic significetur Caelum, est quia Dominus per Caelum locutus est cum Johanne, et quoque per Caelum locutus est cum Prophetis, et per Caelum loquitur cum unoquovis cum quo loquitur: [2] 「天使」によって、ここに天界が意味されることは、主は天界を通してヨハネと話したからである、そしてまた、天界を通して預言者たちと話した、また天界を通してそれぞれの者と話す、その者と話す。

causa est quia Caelum angelicum in communi est sicut unus Homo, cujus anima et vita est Dominus; 理由がある、天使の天界は全般的にひとりの人間のようであるからである、その霊魂といのちが主である。

quare omne quod Dominus loquitur, per Caelum loquitur, sicut anima et mens hominis per suum corpus. それゆえ、すべてのものは、それを主が話す、天界を通して話す、人間の霊魂と心のように、自分の身体を通して。

Quod universum Caelum angelicum in uno complexu referat unum Hominem, et quod hoc sit ex Domino, videatur supra (n. 5), et in Opere de Caelo et Inferno, Londini 1758 edito (n. 59-86); 天使の全天界は一つの統一体として、ひとりの人間に関係すること、また、これが主からであることが上に見られる(5)、また『天界と地獄』の著作の中に、ロンドンで1758〔年〕〔出〕版(59-86)

et in Sapientia Angelica de Divina Providentia (n. 64-69, 162-164, 201-204), et in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia (n. 11, 19, 133, 288). また『神的摂理について天使の知恵』の中に(64-69, 162-164, 201-204)、また『神的愛と神的知恵について天使の知恵』の中に(11, 19, 133, 288)

[3] Sed dicam mysterium hoc: [3] しかし、私はこの秘密(奥義)を言う(未来)――

Dominus loquitur per Caelum, sed usque non loquuntur Angeli ibi, qui ne quidem sciunt quid Dominus loquitur, nisi aliqui ex illis sint apud hominem, per quos Dominus ex Caelo aperte loquitur, ut cum Johanne et cum aliquibus Prophetis: 主は天界を通して話す、しかし、それでも、そこに天使たちが話さない、その者は決して知らない、何を主が天界を通して話しているか、人間のもとにいる彼らからのある者でないなら、その者を通して主は天界からあからさまに話す、ヨハネとのように、また預言者のある者と。

est enim influxus Domini per Caelum, sicut est influxus animae per corpus. というのは、主の流入は天界を通してあるから、霊魂の流入が身体を通してあるように。

Corpus quidem loquitur et agit, et quoque sentit aliquid ex influxu, sed usque corpus non agit quicquam ex se ut ex se, sed agitur. 確かに、身体が話す、また行なう、そしてまた、流入からあるものを感じる、しかしそれでも、身体はそれ自体から、それ自体からのように何も行なわない、しかし、働きかけられる(作用される)

Quod talis sit loquela, imo omnis influxus Domini per Caelum apud homines, a multa experientia scire datum est. 話すことは、このようであること、それどころか、天界を通って人間のもとの主のすべての流入は、多くの経験から知ることが与えられた。

Angeli Caeli, et quoque spiritus infra Caelos, nihil sciunt de homine, sicut nec homo de illis; 天界の天使たちは、そしてまた天界の下の霊たちは、人間について何も知らない、人間も彼らについて〔知ら〕ないように。

quia status spirituum et angelorum est spiritualis, et hominum est naturalis, qui bini status unice consociantur per correspondentias; 霊と天使の状態は霊的なものであるからである、また人間の〔状態〕は自然的なものである、それは二つの状態はもっぱら対応によって仲間とされている、

et consociatio per correspondentias facit quidem ut simul sint in affectionibus, sed non in cogitationibus; 対応によっての交わりは、確かに、情愛の中で一緒であるようにする、しかし、思考の中で〔し〕ない。

quare non unus scit aliquid de altero, hoc est, non homo de spiritibus cum quibus est quoad affectiones, nec spiritus de homine; それゆえ、ある者(一方)は他の者(他方)について何らかのものを知らない、すなわち、人間は霊たちについて知らない、情愛に関してその者といるとき、霊たちのも人間に関して〔知ら〕ない。

nam quod non in cogitatione est, sed solum in affectione, non scitur, quia non apparet seu videtur. なぜなら、思考の中にないものは、しかし情愛の中だけに、知られないからである、現われない、また見られないからである。

Solus Dominus novit cogitationes hominum. 主だけが人間の思考(考え)を知った(知っている)。。

@1 5 pro "8" 注1 8」の代わりに 5

@2 65 pro "66" 注1 66」の代わりに 65

 

(3) 訳文

 943.「また聖なる預言者たちの神である主は、すぐに行なわれるべきであることをご自分のしもべたちに示すために、ご自分の天使を遣わされた」は、両契約のみことばのもとである主が、確かに存在するようになることを、天界を通して、その方からの真理の中にいる者に啓示されたことを意味する。

 「聖なる預言者たちのである主」によって、両方契約のみことばのもとである意味される。「預言者」によってみことばから真理えるまた抽象的意味で、教会の真理の教えが(8, 173)、また広い意味で、みことばそのものが意味される。また、みことばが「聖なる預言者たち」によって意味されるので、それゆえ、それらによって両方契約のみことばが意味される。「すぐになわれるべきであることをご自分のしもべたちにすために、天使わした」は、主が、主からの真理の中にいる者に、それらは確かに存在するようになることを啓示されたことを意味する。「天使」によって、前のように(5, 65, 644, 647, 648, 910)ここに天界が意味される。「しもべ」によって、主からの真理の中にいる者が意味される(3, 380, 937)。「すぐに」によって、確かに、が意味される(4)。ここから「すぐになわれるべきであることによって、それらは確かに存在するようになる意味される

 [2] 「天使」によって、ここに天界が意味されるのは、主は天界を通してヨハネと話し、そしてまた、天界を通して預言者たちと話し、また天界を通して話すそれぞれの者と話たからである。その理由は、天使の天界は全般的にひとりの人間のようであり、その霊魂といのちが主であるからである。それゆえ、主が話すすべてのものは、それを、天界を通して、人間の霊魂と心のように、自分の身体を通して話す。

 天使の全天界は一つの統一体として、ひとりの人間に関係すること、また、これが主からであることが前に見られ(5)、またロンドンで1758年に出版の『天界と地獄』の著作の中に見られる(59-86)。また『神の摂理』の中に(64-69, 162-164, 201-204)、また『神の愛と知恵』の中に(11, 19, 133, 288)

 [3] しかし、私はこの奥義を言おう――

 主は天界を通して話す、しかし、それでも、そこの天使たちが話すのではない、その者は、人間のもとにいる彼らからのある者でないなら、主が天界を通して何を話しているか決して知らない、その者を通して主は天界から、ヨハネと、また預言者のある者とのように、あからさまに話される。というのは、霊魂が身体を通して流入するように、主は天界を通して流入するから。

 確かに、身体が話す、また行なう、そしてまた、流入からあるものを感じる、しかしそれでも、身体はそれ自体から、それ自体からのように何も行なわない、働きかけられるのである。

 話すことは、それどころか、天界を通って人間のもとの主のすべての流入は、このようなものであることが多くの経験から知ることが与えられた。

 天界の天使たちは、そしてまた天界の下の霊たちは、人間も彼らについて知らないように、人間について何も知らない。霊と天使の状態は霊的なもの、また人間の状態は自然的なものであり、その二つの状態はもっぱら対応によって交わっているからである。対応による交わりは、確かに、情愛の中で一緒であるようにする、しかし、思考の中ではしない。それゆえ、一方は他方について何らかのものを知らない、すなわち、人間は霊たちについて、情愛に関してその霊たちといるとき知らない、霊たちのも人間に関して知らない。なぜなら、思考の中になく、情愛の中にだけあるものは、現われず、見られないので、知られないからである。

 主おひとりが人間の思いを知られている。。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094981