RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 944

(1) 原文

944. [Vers. 7.] " Ecce venio cito; beatus servans verba prophetiae [Libri] hujus," significat quod Dominus certe venturus sit, et daturus vitam aeternam illis qui custodiunt et faciunt vera seu praecepta doctrinae hujus Libri nunc a Domino aperti;"Ecce venio cito" significat quod Dominus certe venturus sit; per "cito" significetur certe (n. 4, 943), et per "venire" significatur quod venturus sit, non in Persona sed in Verbo, in quo apparebit omnibus qui e Nova Ipsius Ecclesia erunt; quod hoc sit Adventus Ipsius in nubibus Caeli, videatur supra (n. 24, 642, 820): "beatus qui servat verba [prophetiae] Libri hujus," significat quod daturus sit vitam aeternam illis qui custodiunt et faciunt vera seu praecepta doctrinae hujus Libri nunc a Domino aperti{1}; per "beatum" significatur qui accipit vitam aeternam (n. 639, 852); per "servare" significatur custodire et facere vera seu praecepta; "verba" sunt vera et praecepta: per "prophetiam Libri hujus" significatur doctrina hujus Libri nunc a Domino aperti; "prophetia" est doctrina (n. 8, 133, 943). [2] Qui expendit, potest videre quod non intelligatur servare verba prophetiae Libri hujus, sed quod significetur servare, hoc est, custodire et facere vera seu praecepta doctrinae, quae in hoc Libro nunc explicato aperta sunt; nam in Apocalypsi non explicata, pauca sunt quae servari possunt, sunt enim prophetica huc usque non intellecta. Pro exemplis sint haec: Non servari possunt quae in capite vi. memorantur de Equis exeuntibus ex libro; quae in cap. vii. de duodecim Tribubus; quae in cap. viii. et ix. de septem Angelis clangentibus; quae in cap. x. de Libello devorato a Johanne; quae in cap. xi. de duobus Testibus qui occisi revixerunt; quae in cap. xii. de Muliere et Dracone; quae in cap. xiii. et xiv. de binis Bestiis; quae in cap. xv. et xvi. de septem Angelis habentibus septem Plagas; quae in cap. xvii. et xviii. de Muliere sedente super Bestia Coccinea, et de Babylone; quae in cap. xix. de Equo albo, et de Caena magna; quae in cap. xx. de Ultimo Judicio; et quae in cap. xxi. de Nova Hierosolyma ut urbe. Ex quibus patet quod non intelligatur quod beati sint qui servant illa verba prophetiae, sunt enim occlusa; sed quod beati sint qui servant, hoc est, custodiunt et faciunt vera seu praecepta doctrinae quae in illis continentur, et nunc aperta sunt; quae quod sint ex Domino, videatur in Praefatione.

@1 aperti pro "saperti"

 

(2) 直訳

944. [Vers. 7.] " Ecce venio cito; beatus servans verba prophetiae [Libri] hujus," significat quod Dominus certe venturus sit, et daturus vitam aeternam illis qui custodiunt et faciunt vera seu praecepta doctrinae hujus Libri nunc a Domino aperti;― 944(第7節)「見よ、わたしはすぐにこの〔書の〕預言のことばを守っている者は幸いだ」は、主が確かにやって来ることになることを意味する、また彼らに永遠のいのちを与える(ことになる)、その者は真理を、すなわち、この書の教えの戒めを守る、また行なう、今や、主により開かれた――

"Ecce venio cito" significat quod Dominus certe venturus sit; 「見よ、わたしはすぐには、かにやってることになることを意味する

per "cito" significetur certe (n. 4, 943), et per "venire" significatur quod venturus sit, non in Persona sed in Verbo, in quo apparebit omnibus qui e Nova Ipsius Ecclesia erunt; 「すぐに」によって、確かにが意味される(4, 943)、また「やって来ること」によって、やってることになることが意味される、人物として()でなくしかしみことばの、その中で〔主は〕すべての者に見られる(現われる)ことになる、その者はその方の新しい教会からの者になる。

quod hoc sit Adventus Ipsius in nubibus Caeli, videatur supra (n. 24, 642, 820): これが天の雲の中でのその方の来臨であることが、上に見られる(24, 642, 820)――

"beatus qui servat verba [prophetiae] Libri hujus," significat quod daturus sit vitam aeternam illis qui custodiunt et faciunt vera seu praecepta doctrinae hujus Libri nunc a Domino aperti{1}; 「この書の〔預言ことばをっているいだ」は、彼らに永遠のいのちが与えられることになることを意味する、その者はことばを、すなわち、今や、主により開かれたこの書の教えの戒めを、守る、また行なう。

per "beatum" significatur qui accipit vitam aeternam (n. 639, 852); 「幸いだ(祝福されている)によって、永遠のいのちを受ける者が意味される(639, 852)

per "servare" significatur custodire et facere vera seu praecepta; 「守ること」によって、真理、すなわち、戒めを守る(保護する)ことと行なうことが意味される。

"verba" sunt vera et praecepta: 「みことば」は真理と戒めである。

per "prophetiam Libri hujus" significatur doctrina hujus Libri nunc a Domino aperti; 「この書の預言」によって、今や、主により開かれたこの書の教えが意味される。

"prophetia" est doctrina (n. 8, 133, 943). 「預言」は教えである(8, 133, 943)

[2] Qui expendit, potest videre quod non intelligatur servare verba prophetiae Libri hujus, sed quod significetur servare, hoc est, custodire et facere vera seu praecepta doctrinae, quae in hoc Libro nunc explicato aperta sunt; [2] 熟考する者は、見ることができる、この書の預言のことばを守ることを意味しないこと、しかし、守ることを意味すること、すなわち、守る(保護する)ことと行なうこと、真理を、すなわち、教えの戒めを、それらはこの書の中に、今や、開かれ、説明された。

nam in Apocalypsi non explicata, pauca sunt quae servari possunt, sunt enim prophetica huc usque non intellecta. なぜなら、「黙示録」の中に説明されていない〔もので〕守られることができるものはわずかであるから、というのは、預言はここまで☆、理解されなかったから。

huc usque を伴ってこの意味となります。

Pro exemplis sint haec: 例としてこれらがある――

Non servari possunt quae in capite vi. memorantur de Equis exeuntibus ex libro; 守られることができない、それらは第6章の中に記されている、書物から出て行く馬々について。

quae in cap. vii. de duodecim Tribubus; それらは第7章の中に,十二部族について。

quae in cap. viii. et ix. de septem Angelis clangentibus; それらは第89章の中に。らっぱを吹いている七人の天使たちについて。

quae in cap. x. de Libello devorato a Johanne; それらは第10章の中に、ヨハネにより食い尽された小さな書物(巻き物)ついて。

quae in cap. xi. de duobus Testibus qui occisi revixerunt; それらは第11章の中に、ふたりの証人について、その者は殺されて、生き返った。

quae in cap. xii. de Muliere et Dracone; それらは第12章の中に、女と竜について。

quae in cap. xiii. et xiv. de binis Bestiis; それらは第1314章の中に、二つの獣について。

quae in cap. xv. et xvi. de septem Angelis habentibus septem Plagas; それらは第16章の中に、七つの災害を持っている七人の天使たちについて。

quae in cap. xvii. et xviii. de Muliere sedente super Bestia Coccinea, et de Babylone; それらは第1718章の中に、緋色の獣の上に座っている女について、またバビロンについて。

quae in cap. xix. de Equo albo, et de Caena magna; それらは第19章の中に、白い馬について、また大宴会(大いなる晩餐)について。

quae in cap. xx. de Ultimo Judicio; それらは第20章の中に、最後の審判について。

et quae in cap. xxi. de Nova Hierosolyma ut urbe. またそれらは第21章の中に、都としての新しいエルサレムについて。

Ex quibus patet quod non intelligatur quod beati sint qui servant illa verba prophetiae, sunt enim occlusa; それらから明らかである、幸いである(祝福されている)ことが意味されないこと、その預言のことばを守る者が、というのは、隠されたから。

sed quod beati sint qui servant, hoc est, custodiunt et faciunt vera seu praecepta doctrinae quae in illis continentur, et nunc aperta sunt; しかし、幸いである(祝福されている)こと、その者は守る、すなわち、真理を、すなわち、教えの戒めを守る(保護する)、また行なう、それらはその中に含まれている、また今や開かれた。

quae quod sint ex Domino, videatur in Praefatione. それらが主からであることは、序文の中に見られる。

@1 aperti pro "saperti" 注1 「」の代わりに

 

(3) 訳文

 944(第7節)「見よ、わたしはすぐに来る。この〔書の〕預言のことばを守っている者は幸いだ」は、主が確かにやって来られること、また、今や、主により開かれた真理を、すなわち、この書の教えの戒めを守る者に永遠のいのちを与えられることを意味する。

 「見よ、わたしはすぐには、かにやってることになることを意味する。「すぐに」によって、確かに、が意味され(4, 943)、また「やって来ること」によって、人物としてでなく、主の新しい教会からの者になるすべての者に、主が、みことばの見られる(現われる)ことで、やってることになることが意味される。これが天の雲の中にその方が来臨することであることが、前に見られる(24, 642, 820)この書の〔預言ことばをっているいだ」は、ことばを、すなわち、今や、主により開かれたこの書の教えの戒めを、守る、また行なう者に永遠のいのちが与えられることを意味する。「幸いだ」によって、永遠のいのちを受ける者が意味される(639, 852)。「守ること」によって、真理、すなわち、戒めを守ることと行なうことが意味される。「みことば」は真理と戒めである。「この書の預言」によって、今や、主により開かれたこの書の教えが意味される。「預言」は、教えである(8, 133, 943)

 [2] 熟考する者は、この書の預言のことばを守ることを意味しないこと、しかし、この書の中に、今や、開かれ、説明された真理を、すなわち、教えの戒めを守ること、すなわち、守り、行なうことが意味されていることを見ることができる。なぜなら、「黙示録」の中に説明されてないで守られることができるものはわずかであるからである、というのは、預言はこれまで理解されなかったから。

 例としてこれらがある――第六章に記されている、書物から出て行く馬について、第七章の十二部族について、第八と九章の、らっぱを吹いている七人の天使たちについて、第十章の、ヨハネにより食い尽された小さな巻き物について、第十一章の、殺されて、生き返ったふたりの証人について、第十二章の、女と竜について、第十三と十四章の、二つの獣について、第十六章の、七つの災害を持っている七人の天使たちについて、第十七と十八章の、緋色の獣の上に座っている女について、またバビロンについて、第十九章の、白い馬について、また大宴会(大いなる晩餐)について、第二十章の、最後の審判について、第二十一章の、都としての新しいエルサレムについて、守られることができない。

 それらから、その預言のことばを守る者が幸いであることは意味されず、というのは、隠されたから、 (しかし)その中に含まれている、また今や開かれた真理を、すなわち、教えの戒めを、守り、行なう者が幸いであること〔が意味されること〕が明らかである。それら〔真理〕が主からであることは、序文の中に見られる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094982