RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 945

(1) 原文

945. [Vers. 8.] " Et ego Johannes videns haec et audiens; et cum audivi et vidi, procidi adorare ante pedes Angeli, qui monstrabat mihi haec," significat quod Johannes opinatus sit quod Angelus qui a Domino missus est ad illum, ut in statu spiritus teneretur, esset Deus Qui revelavit illa, cum tamen non ita erat; Angelus enim solum monstrabat quod Dominus manifestavit.Quod Johannes opinatus sit quod Angelus qui ad illum missus est, foret Ipse Deus, patet; nam dicitur, quod prociderit adorare ad pedes ejus; quod autem non ita esset, patet a versu sequente, ubi Angelus dicit quod conservus illius esset, "Deum adora;" quod Angelus ille a Domino ad illum missus fuerit, patet a vers. 16, ubi haec, "Ego Jesus misi Angelum Meum testari vobis haec in Ecclesiis." Sed arcanum quod in his latet, est hoc: Angelus a Domino ad Johannem missus est, ut teneretur in statu spiritus, et in illo statu monstraret illi quae vidit; nam quicquid Johannes vidit non oculis corporis vidit, sed oculis spiritus, ut constare potest a locis ubi dicit se fuisse "in spiritu" et "in visione" (cap. i. 10; cap. ix. 17; cap. xvii. 3; cap. xxi. 10); ita ubivis ubi dicit se "vidisse;" et in illum statum non potest aliquis venire, et in illo teneri, nisi per Angelos qui prope adjunguntur homini, qui statum suum spiritualem indunt interioribus mentis ejus; sic enim homo elevatur in lucem Caeli, et in illa videt quae in Caelo sunt, et non quae in Mundo. [2] In simili statu fuerunt quandoque Ezechiel, Sacharias, Daniel, et alii Prophetae: non autem cum locuti sunt Verbum; tunc non in spiritu sed in corpore erant, et ab Ipso Jehovah, hoc est, Domino, audiverunt verba quae scripserunt. Illi bini status Prophetarum probe distinguendi sunt; ipsi Prophetae etiam probe distinguunt, nam dicunt ubivis cum a Jehovah scripserunt Verbum, quod Jehovah locutus sit cum illis et ad illos; et saepissime, "Dixit Jehovah," "Dictum Jehovae:" at cum in altero statu fuerunt, dicunt quod "in spiritu" fuerint aut "in visione," ut constare potest ex his: Dixit Ezechiel,

 

"Spiritus sustulit me, et reduxit me in Chaldaeam ad captivitatem in Visione Dei; ita ascendit super me visio, quam vidi" ([Ezech.] xi. 1, 24);

Dicit quod sustulerit illum Spiritus, et audiverit post se terrae motum, et alia (cap. iii. 12, 14);

Tum, quod sustulerit eum Spiritus inter Terram et Caelum, et abduxerit in Hierosolymam in Visionibus Dei, et viderit abominationes (cap. viii. 3, seq.):

 

quare similiter in visione Dei seu spiritu,

 

Vidit quatuor Animalia, quae erant Cherubi (cap. i: et cap. x.);

Tum novum Templum et novam Terram, et Angelum metientem illa (de quibus, cap. xl.-xlviii.);

 

quod tunc fuerit "in visionibus Dei," dicit cap. xl. 2; et quod sustulerit illum Spiritus, cap. xliii. 5. [3] Simile factum est cum Sacharia,

 

In quo tunc Angelus fuit, cum vidit Virum equitantem inter myrtos (Sach. i. 8, seq.);

Cum vidit quatuor Cornua, et dein Virum in cujus manu funiculus mensurae (cap. ii. 1, 5, seq. [B.A. i. 18; ii. 1]).

Cum vidit Joschuam Sacerdotem magnum (cap. iii. 1, seq.);

Cum vidit Candelabrum et duas Oleas (cap. iv. 1, seq.);

Cum vidit Volumen volans et Epham (cap. v. 1, 6);

Et cum vidit quatuor Currus exeuntes inter duos montes, et Equos (cap, vi. 1, seq.).

 

In simili statu fuit Daniel,

 

Cum vidit quatuor Bestias ascendentes e mari (Dan. vii.{1} 1, seq.);

Et cum vidit pugnas Arietis et Hirci (cap. viii, 1, seq.);

 

quod viderit illa "in visionibus," legitur cap. vii. 1, 2, 7, 13; cap. viii. 2; cap. x. 1, 7, 8;

 

Et quod Angelus Gabriel ei visus sit in Visione, et locutus cum illo (cap. ix. 21).

 

Simile factum est cum Johanne, cum vidit illa quae descripsit; ut cum vidit Filium Hominis in medio septem Candelabrorum; Tabernaculum, Templum, Arcam, Altare in Caelo; Draconem et ejus pugnam cum Michaele, Bestias, Mulierem sedentem super Bestia Coccinea; Novum Caelum et Novam Terram, ac Sanctam Hierosolymam cum ejus Muro, Portis et Fundamentis, et plura. Haec a Domino revelata sunt, sed per Angelum monstrata.

@1 vii. pro "vi."

 

(2) 直訳

945. [Vers. 8.] " Et ego Johannes videns haec et audiens; et cum audivi et vidi, procidi adorare ante pedes Angeli, qui monstrabat mihi haec," significat quod Johannes opinatus sit quod Angelus qui a Domino missus est ad illum, ut in statu spiritus teneretur, esset Deus Qui revelavit illa, cum tamen non ita erat; Angelus enim solum monstrabat quod Dominus manifestavit.− 945(第8節)「私、ヨハネは、これらを見て聞いている者である。私が聞き、見たとき、私は私にこれらを示した天使の足の前に崇拝して平伏した」は、ヨハネが信念を抱いた(意見を持った)ことを意味する、天使が、その者は主から彼に遣わされた、霊の状態の中に保たれるために、神であった、その者はそれを啓示した、そのときそれでもそのようでなかった。というのは、天使は単に示した、主が啓示したものを――

Quod Johannes opinatus sit quod Angelus qui ad illum missus est, foret Ipse Deus, patet; ヨハネが信念を持った(〜と考えた)ことは、天使が、その者は彼へ遣わされた、神ご自身であった、明らかである。

nam dicitur, quod prociderit adorare ad pedes ejus; なぜなら、言われるからである、その足へ崇拝することを平伏したこと。

quod autem non ita esset, patet a versu sequente, ubi Angelus dicit quod conservus illius esset, "Deum adora;" けれども、そのようではなかったことは、続く節から明らかである、そこに天使が言った、彼の仲間のしもべであったこと、「神を崇拝せよ」。

quod Angelus ille a Domino ad illum missus fuerit, patet a vers. 16, ubi haec, "Ego Jesus misi Angelum Meum testari vobis haec in Ecclesiis." その天使が主から彼へ遣わされたことは、16節から明らかである、そこにこれらが、「わたし、イエスは、わたしの天使を遣わし、教会の中に、あなたがたにこれらのことばを証言した」。

Sed arcanum quod in his latet, est hoc: しかし、アルカナは、それはこれらに隠れている、これらである――

Angelus a Domino ad Johannem missus est, ut teneretur in statu spiritus, et in illo statu monstraret illi quae vidit; 天使が主からヨハネへ遣わされた、霊の状態の中に保たれるために、またその状態の中で彼に示す、それらを見た。

nam quicquid Johannes vidit non oculis corporis vidit, sed oculis spiritus, ut constare potest a locis ubi dicit se fuisse "in spiritu" et "in visione" (cap. i. 10; cap. ix. 17; cap. xvii. 3; cap. xxi. 10); なぜなら、どんな〜でも、ヨハネが見た、身体の目で見なかった、しかし霊の目で、そこに言われている箇所から明らかにすることができるように、自分自身が「霊の中に」また「幻の中に」いたこと(110、第917、第173、第2110)

ita ubivis ubi dicit se "vidisse;" そのように、どこでも言っている、自分自身が「見たこと」。

et in illum statum non potest aliquis venire, et in illo teneri, nisi per Angelos qui prope adjunguntur homini, qui statum suum spiritualem indunt interioribus mentis ejus; また、その状態の中にある者はやって来ることができない、またその中に保たれること、天使によってでないなら、その者は密接に人間に結び付けられている、その者は自分の霊的な状態をその心の内的なものへ持ち込む(注ぐ)

sic enim homo elevatur in lucem Caeli, et in illa videt quae in Caelo sunt, et non quae in Mundo. というのは、このように、人間は天界の光の中に上げられる、またその中で天界の中にあるそれらを見るから、またそれらは世の中にない。

[2] In simili statu fuerunt quandoque Ezechiel, Sacharias, Daniel, et alii Prophetae: [2] 同様の状態の中にいた、時々、エゼキエル、ゼカリヤ、ダニエル、また他の預言者たちは。

non autem cum locuti sunt Verbum; けれども、みことばを話したときではない。

tunc non in spiritu sed in corpore erant, et ab Ipso Jehovah, hoc est, Domino, audiverunt verba quae scripserunt. その時、霊の中に〔い〕ない、しかし、身体の中にいた、またエホバご自身から、すなわち、主、ことばを聞いた、それを書いた。

Illi bini status Prophetarum probe distinguendi sunt; 預言者のそれらの二つの状態はよく区別されなければならない。

ipsi Prophetae etiam probe distinguunt, nam dicunt ubivis cum a Jehovah scripserunt Verbum, quod Jehovah locutus sit cum illis et ad illos; 預言者自身もまたよく区別している、なぜなら、どこでも言っているから、エホバによりみことばか書かれた時、エホバが彼らに話したこと、また彼らへ。

et saepissime, "Dixit Jehovah," "Dictum Jehovae:" また、最もしばしば、「エホバは言った」、「エホバの言われたこと」。

at cum in altero statu fuerunt, dicunt quod "in spiritu" fuerint aut "in visione," ut constare potest ex his: しかし、他の状態の中にいたとき、彼らは言っている「霊の中に」いたこと、または「幻の中に」、これらから明らかにすることができるように――

Dixit Ezechiel, エゼロエルは言った、

"Spiritus sustulit me, et reduxit me in Chaldaeam ad captivitatem in Visione Dei; 「霊は私を持ち上げた、また私をカルデヤの捕囚〔の民〕へ戻した、神の幻の中で。

ita ascendit super me visio, quam vidi" ([Ezech.] xi. 1, 24); そのように、私の上に幻が上がった、それを私は見た」(エゼキエル11:1, 24)

Dicit quod sustulerit illum Spiritus, et audiverit post se terrae motum, et alia (cap. iii. 12, 14); 彼は言った、霊が私を持ち上げたこと、また自分の後ろに地震を聞いた、また他のこと(312, 14)

Tum, quod sustulerit eum Spiritus inter Terram et Caelum, et abduxerit in Hierosolymam in Visionibus Dei, et viderit abominationes (cap. viii. 3, seq.): なおまた、霊は彼を地と天の間に持ち上げた、また神の幻の中でエルサレムの中へ連れ去った、また彼は忌まわしいものを見た(83以降)

quare similiter in visione Dei seu spiritu, それゆえ、同様に、神の幻または霊の中で、

Vidit quatuor Animalia, quae erant Cherubi (cap. i: et cap. x.); 四つの生き物を見た、それらはケルビムであった(1章と第10)

Tum novum Templum et novam Terram, et Angelum metientem illa (de quibus, cap. xl.-xlviii.); なおまた、新しい神殿と新しい地を、またそれらを測っている天使を(それらについて第40-48)

quod tunc fuerit "in visionibus Dei," dicit cap. xl. 2; その時「神の幻の中に」いたことが言われている、第402

et quod sustulerit illum Spiritus, cap. xliii. 5. また、彼を霊が持ち上げた(tollo)こと、第435

[3] Simile factum est cum Sacharia, [3] ゼカリヤに同様であった、

In quo tunc Angelus fuit, cum vidit Virum equitantem inter myrtos (Sach. i. 8, seq.); その中に、その時、天使がいた、ミルトスの木の間に馬に乗っている男を見たとき(ゼカリヤ1:8以降)

Cum vidit quatuor Cornua, et dein Virum in cujus manu funiculus mensurae (cap. ii. 1, 5, seq. [B.A. i. 18; ii. 1]). 四つの角を見たとき、またその後、男を、その手の中に測り綱を〔持つ〕(118、第21)

Cum vidit Joschuam Sacerdotem magnum (cap. iii. 1, seq.); 大祭司ヨシュアを見たとき(31以降)

Cum vidit Candelabrum et duas Oleas (cap. iv. 1, seq.); 燭台と二本のオリーブの木を見たとき(41以降)

Cum vidit Volumen volans et Epham (cap. v. 1, 6); 飛んでいる巻き物とエパを見たとき(51, 6)

Et cum vidit quatuor Currus exeuntes inter duos montes, et Equos (cap, vi. 1, seq.). 二つの山の間から出て来る四つの戦車を見たとき、また馬を(61以降)

In simili statu fuit Daniel, 同様の状態の中にダニエルはいた、

Cum vidit quatuor Bestias ascendentes e mari (Dan. vii.{1} 1, seq.); 海から上がって来る四つの獣を見たとき(ダニエル7:1以降)

Et cum vidit pugnas Arietis et Hirci (cap. viii, 1, seq.); また、雄羊と雄ヤギの戦いを見たとき(81以降)

quod viderit illa "in visionibus," legitur cap. vii. 1, 2, 7, 13; cap. viii. 2; cap. x. 1, 7, 8; 「幻の中で」それらを見たことが、読まれる第71, 2, 7, 13、第82、第101, 7, 8

Et quod Angelus Gabriel ei visus sit in Visione, et locutus cum illo (cap. ix. 21). また、天使ガブリエルが彼に幻の中で見られた、また彼に話した(921)

Simile factum est cum Johanne, cum vidit illa quae descripsit; 同様のものが生じた、ヨハネに、それらを見たとき、それらを述べた(記述した)

ut cum vidit Filium Hominis in medio septem Candelabrorum; 例えば、七つの燭台の真ん中の中に人の子を見たとき。

Tabernaculum, Templum, Arcam, Altare in Caelo; 幕屋、神殿、箱を。

Draconem et ejus pugnam cum Michaele, Bestias, Mulierem sedentem super Bestia Coccinea;  竜とミカエルとのその戦い、獣、緋色の獣の上に座っている女を。

Novum Caelum et Novam Terram, ac Sanctam Hierosolymam cum ejus Muro, Portis et Fundamentis, et plura. 新しい天と新しい地、そして新しいエルサレムを、その城壁、門また土台とともに、また多くのもの。

Haec a Domino revelata sunt, sed per Angelum monstrata. これらは主により啓示された、しかし天使たちによって示された。

@1 vii. pro "vi." 1 vi.」の代わりに vii.

 

(3) 訳文

 945(第8節)「私、ヨハネは、これらを見、聞いている者である。私が聞き、見たとき、私は私にこれらを示した天使の足の前に崇拝して平伏した」は、ヨハネが、霊の状態の中に保たれるために、主から彼に遣わされた天使はそれを啓示した神であったとの信念を抱いた、そのときそれでもそのようではなかった、というのは、天使は、主が啓示したものを単に示しただけであるから、を意味する。

 ヨハネが、彼へ遣わされた天使が神ご自身であったとの信念を抱いたことは、明らかである。なぜなら、その足へ崇拝して平伏した、と言われているからである。けれども、そのようではなかったことは、続く節から明らかである、そこでは、天使が、彼の仲間のしもべであること、「神を崇拝せよ」と言った。その天使が主から彼へ遣わされたことは、16節から明らかである、そこにこれらがある、「わたし、イエスは、わたしの天使を遣わし、教会の中に、あなたがたにこれらのことばを証言した」。

 しかし、これらに隠されれているアルカナは、これらである――

 天使が主からヨハネへ遣わされた、霊の状態の中に保たれ、またその状態の中で見たものを彼に示するために。なぜなら、ヨハネが見たどんなでも、身体の目でなく、霊の目で見たからである、そこに自分自身が「霊の中に」また「幻の中に」いたこと言われている箇所から明らかにすることができるように(1:109:1717:321:10)。そのように、どこでも、自分自身が「見たこと」が言われっている。また、その状態の中にやって来ること、またその中に保たれるは、天使によってでないなら、だれにもできない、その天使は密接に人間に結び付けられており、自分の霊的な状態をその心の内的なものへ注ぐ。というのは、このように、人間は天界の光の中に上げられ、その中で天界の中にある、また世の中にないもの見る。からである。

 [2] 同様の状態の中に、時々、エゼキエル、ゼカリヤ、ダニエル、また他の預言者たちがいた。けれども、みことばを話したときではない。その時、霊の中にいないで、身体の中にいた、またエホバご自身、すなわち、主から、ことばを聞き、それを書いた。

 預言者のそれらの二つの状態はよく区別されなければならない。預言者自身もまたよく区別している、なぜなら、どこでも、エホバによりみことばか書かれた時、エホバが彼らに、また彼らへ話したこと、また、極めてしばしば、「エホバは言った」、「エホバの言われたこと」と言われているからである。しかし、他の状態の中にいたとき、彼らは言っている「霊の中に」いたこと、または「幻の中に」、これらから明らかにすることができるように――

 

 エゼキエルは言った、「霊は私を持ち上げ、また神の幻の中で,私をカルデヤの捕囚〔の民〕へ戻した。そのように、私の上に幻が上がり、私はそれを見た」(エゼキエル11:1, 24)

 彼は、霊が自分を持ち上げた、また自分の後ろに地震を聞いたこと、また他のことを言った(3:12, 14)

 なおまた、霊は彼を地と天の間に持ち上げ、また神の幻の中でエルサレムの中へ連れ去り、彼は忌まわしいものを見た(8:3以降)

 

 それゆえ、同様に、神の幻または霊の中で、四つの生き物を見た、それらはケルビムであった(1章と第10)。なおまた、新しい神殿と新しい地を、またそれらを測っている天使を見た(それらについて第40-48)。その時「神の幻の中に」いたことが言われている(40:2)。また、彼を霊が持ち上げたこと( 43:5)

[3] ゼカリヤも同様であった、その中に、その時、天使がいた、

 

 ミルトスの木の間に馬に乗っている男を見たとき(ゼカリヤ1:8以降)

 四つの角を、またその後、手の中に測り綱を〔持つ〕男を見たとき(1:182:1)

 大祭司ヨシュアを見たとき(3:1以降)

 燭台と二本のオリーブの木を見たとき(4:1以降)

 飛んでいる巻き物とエパを見たとき(5:1, 6)

 二つの山の間から出て来る四つの戦車を、また馬を見たとき(6:1以降)

 

 同様の状態の中に、ダニエルはいた、

 

 海から上がって来る四つの獣を見たとき(ダニエル7:1以降)

 また、雄羊と雄ヤギの戦いを見たとき(8:1以降)

 

 「幻の中で」それらを見たことが、読まれる(7:1, 2, 7, 138:210;1, 7, 8)。また、天使ガブリエルが彼に幻の中で見られた、彼に話した(9:21)

 

ヨハネに同様のものが、それらを見て、それらを記述したとき生じた。例えば、七つの燭台の真ん中の中に人の子を、幕屋、神殿、箱を、竜とミカエルとのその戦い、獣、緋色の獣の上に座っている女を、新しい天と新しい地、そして新しいエルサレムを、その城壁、門また土台とともに、また多くのものを見たとき。

 これらは主により啓示された、しかし天使たちによって示された〔のである〕。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094983