RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 947

(1) 原文

947. [Vers. 10] " Et dicit{1} mihi, Ne obsignes verba prophetiae [Libri] hujus, quia tempus prope est," significat quod Apocalypsis non occlusa erit, sed aperienda, et quod hoc necessum sit in fine Ecclesiae, ut aliqui salventur.Per "non obsignes verba prophetiae hujus" significatur quod Apocalypsis non occlusa erit sed aperienda, de quo sequitur: per "quia tempus prope est," significatur quod hoc necessum sit ut aliqui salventur; per "tempus" significatur status (n. 476, 562), hic status Ecclesiae quod talis sit ut necessum sit; per "prope" significatur necessum, quia per "prope" non intelligitur prope seu propinquum temporis, sed propinquum status, et propinquum status est necesse: quod non propinquum temporis intelligatur, patet; quia Apocalypsis scripta est principio saeculi primi; et Adventus Domini quando Ultimum Judicium, et Nova Ecclesia, quae hic per "tempus prope est," et quoque per "quae oportet fieri cito" (vers 6), et per "venio cito" (vers. 7, 20), intelliguntur, nunc post septendecim saecula apparuit et exstitit. Eadem haec etiam dicuntur in capite primo, quod illa "oporteat fieri cito" (vers. 1), et quod "tempus prope sit" (vers. 3); de quibus videatur supra (n. 4 et 9); per quae similia intelliguntur. [2] Quod non intelligatur prope seu propinquum temporis, sed propinquum status, illustrabitur: Verbum in Sensu pure spirituali non aliquid trahit ex idea temporis nec ab idea spatii, quia tempora et spatia in Caelo quidem apparent sicut tempora et spatia in mundo, sed usque ibi non sunt; quare angeli tempora et spatia, quae ibi sunt apparentiae, non possunt metiri aliter quam per status, sicut hi procedunt et mutantur: ex quibus constare potest, quod in Sensu pure spirituali per "cito" et "prope" non intelligatur cito et prope temporis, sed cito et prope status. Hoc quidem potest videri sicut non ita sit; causa est quia apud homines in omni idea cogitationis inferioris eorum, quae est mere naturalis, est aliquid ex tempore et spatio; aliter in idea cogitationis superioris, in qua homines sunt cum volvunt res naturales, civiles, morales et spirituales in luce rationali interiore; tunc enim lux spiritualis, quae abstracta est a tempore et spatio, influit et illustrat. Potes hoc experiri et sic confirmari, si vis, modo attendas ad tuas cogitationes; et quoque tunc confirmaberis quod cogitatio superior et inferior sit, quoniam cogitatio simplex non potest semet intueri, nisi a quadam superiore; et nisi homini foret cogitatio superior et inferior, non foret homo sed brutum. [3] Quod per "Ne obsignes verba prophetiae hujus" significetur quod Apocalypsis non occlusa erit, sed aperienda, est quia per "obsignare" significatur occludere, et inde per "non obsignare" significatur aperire, et per "tempus prope est" significatur quod necessum sit; est enim Apocalypsis Liber obsignatus seu occlusus quamdiu non explicatus est; atque (ut supra n. 944 ostensum est) per "verba prophetiae [Libri] hujus" intelliguntur vera et praecepta doctrinae hujus Libri a Domino aperti. Quod hoc necessum sit in fine Ecclesiae, ut aliqui salventur, videatur supra (n. 9). Ex his constare potest, quod per "Ne obsignes verba prophetiae hujus, quia tempus prope est," significetur quod Apocalypsis non occlusa erit, sed aperienda, et quod hoc necessum sit in fine Ecclesiae, ut aliqui salventur.

@1 dicit pro "dixit"

 

(2) 直訳

947. [Vers. 10] " Et dicit{1} mihi, Ne obsignes verba prophetiae [Libri] hujus, quia tempus prope est," significat quod Apocalypsis non occlusa erit, sed aperienda, et quod hoc necessum sit in fine Ecclesiae, ut aliqui salventur.− 947(10)また私に言う、『この書の預言のことばをあなたは封じないうにせよ、時は近いからである』」は、「黙示録」が閉ざされてはならないことを意味する、しかし、開かれるべき、またこのことが教会の終わりの中で必要であること、ある者が救われるために――

Per "non obsignes verba prophetiae hujus" significatur quod Apocalypsis non occlusa erit sed aperienda, de quo sequitur: 「この預言のことばをあなたはじないようにせよによって、「黙示録」ざしてはならないしかし、開かれなければならない〕ことが意味される、そのことについて続けられる。

per "quia tempus prope est," significatur quod hoc necessum sit ut aliqui salventur; 「時(副詞)らであるによってこのことが必要であることが意味される、ある者(だれも)が救われるために。

per "tempus" significatur status (n. 476, 562), hic status Ecclesiae quod talis sit ut necessum sit; 「時」によって状態が意味される(476, 562)、ここに教会の状態が、このようであることが必要であるような。

per "prope" significatur necessum, quia per "prope" non intelligitur prope seu propinquum temporis, sed propinquum status, et propinquum status est necesse: 「近く」によって、必要(である)が意味される、「近く」によって、時間の近くまたは近い(形容詞)意味されないからである、しかし、近い状態が、また近い状態は必要である。

quod non propinquum temporis intelligatur, patet; 時間の近いが意味されないことは、明らかである。

quia Apocalypsis scripta est principio saeculi primi; 「黙示録」は第一世紀の初めに書かれたからである。

et Adventus Domini quando Ultimum Judicium, et Nova Ecclesia, quae hic per "tempus prope est," et quoque per "quae oportet fieri cito" (vers 6), et per "venio cito" (vers. 7, 20), intelliguntur, nunc post septendecim saecula apparuit et exstitit. また、主の来臨、最後の審判の時の、また新しい教会、それらはここに「時は近い」によって、そしてまた「それらはすぐに行なわれるべきである」(6)によって、また「わたしはすぐに来る」(7, 20)によって、意味される、今や、十七世紀後に、現われた、また存在するようになった。

Eadem haec etiam dicuntur in capite primo, quod illa "oporteat fieri cito" (vers. 1), et quod "tempus prope sit" (vers. 3); これら同じものが第1章に言われている、それらは「すぐに行なわれるべきである」こと(1)、また「時は近い」こと(3)

de quibus videatur supra (n. 4 et 9); それらについて、上に見られる(49)

per quae similia intelliguntur. それらによって、同様のものが意味される。

[2] Quod non intelligatur prope seu propinquum temporis, sed propinquum status, illustrabitur: [2] 時間の近くまたは近いが意味されない、しかし、状態の近い〔が意味される〕ことが、説明される(未来)――

Verbum in Sensu pure spirituali non aliquid trahit ex idea temporis nec ab idea spatii, quia tempora et spatia in Caelo quidem apparent sicut tempora et spatia in mundo, sed usque ibi non sunt; 純粋に霊的な意味の中のみことばは何らかのものを時間から得ていない、空間の観念からもない、天界の中の時間と空間は、確かに世の中の時間と空間のように見られる(現われている)、しかし、それでもそこに存在しないからである。

quare angeli tempora et spatia, quae ibi sunt apparentiae, non possunt metiri aliter quam per status, sicut hi procedunt et mutantur: それゆえ、天使たちは、時間と空間を、それらはそこに外観である、状態によって以外に異なって測ることができない、これらが発出するまた変えられるように。

ex quibus constare potest, quod in Sensu pure spirituali per "cito" et "prope" non intelligatur cito et prope temporis, sed cito et prope status. それらから明らかにすることができる、純粋な霊的な意味の中の「すぐに」と「近く」によって、時間のすぐにと近くが意味されない、しかし状態のすぐにと近く。

Hoc quidem potest videri sicut non ita sit; このことは、確かに、見られることができる、そのようでないように。

causa est quia apud homines in omni idea cogitationis inferioris eorum, quae est mere naturalis, est aliquid ex tempore et spatio; 理由がある、人間のともに、彼らのより低い思考のすべての観念の中で、それらは単に自然的なものである、時間と空間からの何らかのであるからである。

aliter in idea cogitationis superioris, in qua homines sunt cum volvunt res naturales, civiles, morales et spirituales in luce rationali interiore; より高い思考の観念の中で、異なっている、その中に人間は自然的な、市民的な、道徳的なまた霊的な事柄を熟考しているとき、内的な理性的な光の中にいる。

tunc enim lux spiritualis, quae abstracta est a tempore et spatio, influit et illustrat. というのは、その時、霊的な光が、それは時間と空間から抽象されている、流入する、また照らす。

Potes hoc experiri et sic confirmari, si vis, modo attendas ad tuas cogitationes; あなたは、これを経験されることまたこのように確信されることができる、もし、欲するなら、あなたがあなたの思考に注意さえすれば。

et quoque tunc confirmaberis quod cogitatio superior et inferior sit, quoniam cogitatio simplex non potest semet intueri, nisi a quadam superiore; そしてまた、その時、あなたは確信するであろう、より高いまたより低い思考があること、単純な思考はそれ自体を熟慮することができないからである、何らかのより高いものからでないなら。

et nisi homini foret cogitatio superior et inferior, non foret homo sed brutum. また、人間により高いまたより低い思考がないなら、人間でなくなるであろう、しかし、獣。

[3] Quod per "Ne obsignes verba prophetiae hujus" significetur quod Apocalypsis non occlusa erit, sed aperienda, est quia per "obsignare" significatur occludere, et inde per "non obsignare" significatur aperire, et per "tempus prope est" significatur quod necessum sit; [3] この預言のことばをあなたはじないうにによって、「黙示録」閉ざされてはならないことが意味されることは、しかし、開かれるべき、「封印すること」によって、閉ざすことが意味されるからである、またここから「封印されないこと」によって、開けることが意味される、また「時は近い」によって、必要であることが意味される。

est enim Apocalypsis Liber obsignatus seu occlusus quamdiu non explicatus est; というのは、「黙示録」は、説明されないかぎり、封印された、すなわち、閉ざされた書物であるから。

atque (ut supra n. 944 ostensum est) per "verba prophetiae [Libri] hujus" intelliguntur vera et praecepta doctrinae hujus Libri a Domino aperti. そしてまた(上の944番に示されているように)、「この預言の書のことば」によって、主により開かれたこの書物の教えの真理と戒めが意味される。

Quod hoc necessum sit in fine Ecclesiae, ut aliqui salventur, videatur supra (n. 9). これが教会の終わりの中で必要であることは、ある者(だれも)が救われるために、上に見られる(9)

Ex his constare potest, quod per "Ne obsignes verba prophetiae hujus, quia tempus prope est," significetur quod Apocalypsis non occlusa erit, sed aperienda, et quod hoc necessum sit in fine Ecclesiae, ut aliqui salventur. これらから明らかにすることができる、「この預言のことばをあなたはじないうに、時いからであるによって、「黙示録」閉ざされてはならないことが意味されることが、しかし、開かれるべき、またこれが教会の終わりの中で必要であることが、ある者(だれも)が救われるために。

@1 dicit pro "dixit" 注1 dixit」の代わりに dicit

 

(3) 訳文

947(10)「また私に言う、『このことばの書の預言をあなたは封じないうにせよ、時は近いからである』」は、「黙示録」が閉ざされてはならない、しかし、だれもが救われるために開かれ、このことが教会の終わりの中で必要であることを意味する。

 「この預言のことばをあなたはじないようにせよによって、「黙示録」ざしてはならないしかし、開かれなければならない〕ことが意味され、そのことについて続けられる。「時らであるによってだれもが救われるために、このことが必要であることが意味される。「時」によって状態が意味され(476, 562)、ここに、このようであることが必要であるような教会の状態が意味される。「近く」によって、必要(である)が意味される、「近く」によって、時間の近くまたは近いではなく、近い状態が、また近い状態は必要であるが意味されるからである時間の近いが意味されないことは、明らかである。「黙示録」は一世紀の初めに書かれ、また、最後の審判の時の主の来臨、また新しい教会が、それらはここに「時は近い」によって、そしてまた「それらはすぐに行なわれるべきである」(6)によって、また「わたしはすぐに来る」(7, 20)によって意味されているが、今や、十七世紀後に、現われ、存在するようになったからである。

これらと同じものが第1章に言われている、それらがは「すぐに行なわれるべきである」こと(1)、また「時は近い」こと(3)であるそれらについて、前に見られる(49)。それらによって、同様のものが意味されている。

 [2] 時間の近くまたは近いが意味されない、しかし、状態の近いが意味されることを説明しよう――

 純粋に霊的な意味のみことばは、何らかのものを時間からも空間の観念からも得ていないない、天界の中の時間と空間は確かに世の中の時間と空間のように見られるが、しかし、それでもそこに存在しないからである。それゆえ、天使たちは、そこの外観である時間と空間を、状態によってしか測ることができない、これらが発出し、変えられるように。それらから、純粋に霊的な意味で「すぐに」と「近く」によって、時間のすぐにと近くでなく、状態のすぐにと近くが意味されることを明らかにすることができる。

 このことは、確かに、そのようでないように見られることができる。その理由は、人間のともに、単に自然的なものである低い思考のすべての観念の中に、時間と空間からの何らかものがあるからである。人間が、自然的、市民的、道徳的また霊的な事柄を熟考しているとき、内的な理性的な光の中にある高い思考の観念の中では異なっている。というのは、その時、時間と空間から抽象されている霊的な光が流入し、照らすからである。

 あなたは、もし、欲するなら、あなたがあなたの思考に注意さえすれば、これを経験し、このように確信することができる。

そしてまた、その時、あなたは、高いまた低い思考があることを確信するであろう、何らかの高いものからでないなら、単純な思考はそれ自体を熟慮することができないからである。また、人間に高いまた低い思考がないなら、人間でなく、獣ちなるであろう。

 [3] この預言のことばをあなたはじないうにによって、「黙示録」閉ざされてはならない、しかし、開かれるべきであることが意味されることは、「封印すること」によって、閉ざすことが意味され、またここから「封印されないこと」によって、開けることが意味され、また「時は近い」によって、必要であることが意味されるからである。というのは、「黙示録」は、説明されないかぎり、封印された、すなわち、閉ざされた書物であり、そしてまた(前の944番に示されているように)、「この預言の書のことば」によって、主により開かれたこの書物の教えの真理と戒めが意味されるからである。

 これが、だれも)が救われるために、教会の終わりに必要であることは前に見られる(9)

 これらから、「この預言のことばをあなたはじないうに、時いからであるによって、「黙示録」閉ざされてはならない、しかし、開かれるべきことが意味され、またこれが、だれもが救われるために、教会の終わりに必要であることうを明らかにすることができる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094985