RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 948

(1) 原文

948. [Vers. 11.] " Injustus injustus fiat adhuc, at sordidus sordescat adhuc, et justus justificetur adhuc, et sanctus sanctificetur adhuc," significat statum omnium in particulari post mortem, et ante ejus judicium, et in communi ante Ultimum Judicium; quod illis qui in malis sunt auferentur bona, et qui in falsis auferentur vera; ac vicissim quod illis qui in bonis sunt auferentur mala, et qui in veris auferentur falsa.Per "injustum" significatur qui in malis est, et per "justum" qui in bonis (n. 668); per "sordidum" aut immundum significatur qui in falsis (n. 702, 708, 924), et per "sanctum" significatur qui in veris (n. 173, 586, 666, 852); inde sequitur quod per "injustus injustus fiat adhuc" significetur quod qui in malis est adhuc plus in malis erit, et per "sordidus sordescat adhuc" significetur quod qui in falsis est adhuc plus in falsis erit; et vicissim, quod per "justus justificetur adhuc" significetur quod qui in bonis est adhuc plus in bonis erit, et per "sanctus sanctificetur adhuc" significetur quod qui in veris est adhuc plus in veris erit. Quod autem significetur quod qui in malis sunt auferentur bona, et qui in falsis auferentur vera, et vicissim quod qui in bonis sunt auferentur mala, et qui in veris auferentur falsa, est quia quantum alicui qui in malis est auferuntur bona tantum plus in malis est, et quantum alicui qui in falsis est auferuntur vera tantum plus in falsis est; ac vicissim, quantum alicui qui in bonis est auferuntur mala tantum plus in bonis est, et quantum alicui qui in veris est auferuntur falsa tantum plus in veris est. Hoc aut illud fit omnibus post mortem, sic enim praeparantur mali ad Infernum, et boni ad Caelum; non enim potest malus secum ferre ad Infernum bona et vera, nec potest bonus secum ferre in Caelum mala et falsa, sic enim confunderetur et Caelum et Infernum. [2] Sed probe sciendum est quod intelligantur interius mali, ac interius boni; possunt enim interius mali exterius boni esse, agere enim possunt et loqui sicut boni, ut faciunt hypocritae, et possunt interius boni quandoque exterius mali esse, possunt enim exterius agere mala et loqui falsa, sed usque paenitentiam agunt, et in veris volunt informari: hoc idem est quod Dominus dicit,

 

"Habenti omni dabitur ut abundet; ab eo autem qui non habet, etiam quod habet auferetur" (Matth. xiii. 12; cap. xxv, 29; Marc. iv. 25; Luc. viii. 18; cap. xix. 26).

 

Ita fit omnibus post mortem ante judicium super illos; etiam factum est in communi cum illis qui die Ultimi Judicii vel perierunt vel salvati sunt; nam antequam hoc factum est, non potuit Ultimum Judicium fieri, ex causa quia quamdiu mali retinuerunt bona et vera conjuncti fuerunt cum angelis ultimi Caeli quoad externa, et tamen separandi erant; et hoc est quod praedictum est a Domino (Matth. xiii. 24-30 et 38-40, quae explicata videantur supra, n. 324, 329, 343, 346, 398). Ex his videri potest, quid in Sensu spirituali significatur per "injustus injustus fiat adhuc, et sordidus sordescat adhuc, et justus justificetur adhuc, et sanctus sanctificetur adhuc." Similia significantur per haec apud Danielem:

 

"Abi Daniel, quia occlusa et obsignata verba usque ad tempus finis: purgabuntur et mundabuntur multi, impie agent, nec intelligent ulli impii, intelligentes tamen intelligent" (xii. 9, 10).

 

(2) 直訳

948. [Vers. 11.] " Injustus injustus fiat adhuc, at sordidus sordescat adhuc, et justus justificetur adhuc, et sanctus sanctificetur adhuc," significat statum omnium in particulari post mortem, et ante ejus judicium, et in communi ante Ultimum Judicium; 948(11)「不正な者☆はさらに不正な者であれ、不潔な者はさらに不潔になれ、正しい者はさらに正しいとされよ、聖徒はさらに聖なるものとされよ」は、特定的に(個別的に)死後のすべての者の状態を意味する、また彼の審判前の、また全般的に「最後の審判」前の――

☆ 形容詞 injustus はここで男性なので「〜者」となります。後の injustum は中性なので「〜もの」です。しかし、厳密な区別は訳文では不要でしょう。

quod illis qui in malis sunt auferentur bona, et qui in falsis auferentur vera; 彼らに、その者は悪の中にいる、善が取り去られること、またその者は虚偽の中に〔いる〕、真理が取り去られる。

ac vicissim quod illis qui in bonis sunt auferentur mala, et qui in veris auferentur falsa.− そして逆に、彼らに、その者は善の中にいる、悪が取り去られること、またその者は真理の中に〔いる〕、虚偽が取り去られる――

Per "injustum" significatur qui in malis est, et per "justum" qui in bonis (n. 668); 「不正な者」によって、悪の中にいる者が意味される、また「正しい者」によって、善の中に〔いる〕者が(668番)

per "sordidum" aut immundum significatur qui in falsis (n. 702, 708, 924), et per "sanctum" significatur qui in veris (n. 173, 586, 666, 852); 「不潔なもの」または汚れたものによって、虚偽の中にいる者が意味される(702, 708, 924)、また「聖なるもの」によって、真理の中に〔いる〕者が(173, 586, 666, 852番)

inde sequitur quod per "injustus injustus fiat adhuc" significetur quod qui in malis est adhuc plus in malis erit, et per "sordidus sordescat adhuc" significetur quod qui in falsis est adhuc plus in falsis erit; ここからいえる、「不正な者はさらに不正な者であれ」によって、悪の中にいる者はさらにもっと悪の中にいることになること、また「不潔な者はさらに不潔になれ」によって、虚偽の中にいる者はさらにもっと虚偽の中にいることになること。

et vicissim, quod per "justus justificetur adhuc" significetur quod qui in bonis est adhuc plus in bonis erit, et per "sanctus sanctificetur adhuc" significetur quod qui in veris est adhuc plus in veris erit. また逆に、「正しい者はさらに正しいとされる」によって、善の中にいる者はさらにもっと善の中にいることになること、また「聖徒はさらに聖なるものとされる」によって、真理の中にいる者はさらにもっと真理の中にいることになること。

Quod autem significetur quod qui in malis sunt auferentur bona, et qui in falsis auferentur vera, et vicissim quod qui in bonis sunt auferentur mala, et qui in veris auferentur falsa, est quia quantum alicui qui in malis est auferuntur bona tantum plus in malis est, et quantum alicui qui in falsis est auferuntur vera tantum plus in falsis est; けれども、意味されることは、悪の中にいる者が善を取り去られること、また虚偽の中に〔いる〕者が真理を取り去られる、また逆に、善の中にいる者が悪を取り去られること、また真理の中に〔いる〕者が虚偽を取り去られる、〜からである、どれだけある者に、その者は悪の中にいる、善が取り去られるか〔によって〕それだけさらに悪の中にいる、またどれだけある者に、その者は虚偽の中にいる、真理が取り去られるか〔によって〕それだけさらに虚偽の中にいる。

ac vicissim, quantum alicui qui in bonis est auferuntur mala tantum plus in bonis est, et quantum alicui qui in veris est auferuntur falsa tantum plus in veris est. そして逆に、どれだけある者に、その者は善の中にいる、悪が取り去られるか〔によって〕それだけさらに善の中にいる、またどれだけある者に、その者は真理の中にいる、虚偽が取り去られるか〔によって〕それだけさらに真理の中にいる。

Hoc aut illud fit omnibus post mortem, sic enim praeparantur mali ad Infernum, et boni ad Caelum; このことまたはそのこと(前者または後者)が、死後、すべての者に生じる、というのは、このように、悪い者は地獄へ、また善い者は天界へ準備されるからである。

non enim potest malus secum ferre ad Infernum bona et vera, nec potest bonus secum ferre in Caelum mala et falsa, sic enim confunderetur et Caelum et Infernum. というのは、悪い者は自分自身とともに地獄へ善と真理を持ってくることができないから、善い者も自分自身とともに天界へ悪と虚偽を持ってくることができないから、というのは、このように、天界も地獄も混乱させられるからである。

 [2] Sed probe sciendum est quod intelligantur interius mali, ac interius boni; [2] しかし、よく知らなければならない、内的に悪い者☆、そして内的に善い者☆が意味されること。

ここでは malus bonus も「男性」複数です、それで「〜者(たち)」となります。

possunt enim interius mali exterius boni esse, agere enim possunt et loqui sicut boni, ut faciunt hypocritae, et possunt interius boni quandoque exterius mali esse, possunt enim exterius agere mala et loqui falsa, sed usque paenitentiam agunt, et in veris volunt informari: というのは、内的に悪い者が外的に善い者であることができるからである、というのは、善い者のように行なうことと話すことができるから、偽善者が行なうように、また内的に善い者が時々、外的に悪い者であることができるから、というのは、外的に悪いことを行なうことができるから、また虚偽を話すこと、しかしそれでも、悔い改めを行なう、また真理の中で改心されることを欲する。

hoc idem est quod Dominus dicit, これは同じことである、主が言われること、

"Habenti omni dabitur ut abundet; 「持っている者、すべての者に与えられるであろう、富むために。

ab eo autem qui non habet, etiam quod habet auferetur" (Matth. xiii. 12; cap. xxv, 29; Marc. iv. 25; Luc. viii. 18; cap. xix. 26). けれども、彼から、その者は持たない、持っているものもまた取り去られる」(マタイ13:12☆、第2529、マルコ4:25、ルカ8:18、第1926)

雑談:「マタイの法則」と言われるものがあります(経済学で?)。「お金はお金へとますます集まる」、別の言葉で言えば「金持ちはますます富む、貧乏人はますます貧乏になる」。

Ita fit omnibus post mortem ante judicium super illos; そのように、すべての者に、死後、生じる、彼らの上の審判の前に。

etiam factum est in communi cum illis qui die Ultimi Judicii vel perierunt vel salvati sunt; さらにまた起こる、全般的に彼らに、その者は最後の審判の日に滅びるかあるいは救われる。

nam antequam hoc factum est, non potuit Ultimum Judicium fieri, ex causa quia quamdiu mali retinuerunt bona et vera conjuncti fuerunt cum angelis ultimi Caeli quoad externa, et tamen separandi erant; なぜなら、このことが起こる前に、最後の審判は行なわれることができないから、理由から、悪い者が善と真理を保持するかぎり、外なるものに関して最外部の(最も低い)界の天使と結合されているからである、またそれでも分離されなければならない。

et hoc est quod praedictum est a Domino (Matth. xiii. 24-30 et 38-40, quae explicata videantur supra, n. 324, 329, 343, 346, 398). またこのことである、主により予言されたこと(マタイ13:24-3038-40、それら説明されたものが上に見られる、324, 329, 343, 346, 398)

Ex his videri potest, quid in Sensu spirituali significatur per "injustus injustus fiat adhuc, et sordidus sordescat adhuc, et justus justificetur adhuc, et sanctus sanctificetur adhuc." これらから明らかにすることができる、何が霊的な意味の中で「不正な者はさらに不正な者であれ、不潔な者はさらに不潔になれ、正しい者はさらに正しいとされよ、聖徒はさらに聖なるものとされよ」によって意味されるか。

Similia significantur per haec apud Danielem: 同様のものが「ダニエル(書)」のもとのこれらによって意味されている――

"Abi Daniel, quia occlusa et obsignata verba usque ad tempus finis: 「行け、ダニエルよ、〔この〕ことばは終わりの時まで閉ざされた、また封印された、からである。

purgabuntur et mundabuntur multi, impie agent, nec intelligent ulli impii, intelligentes tamen intelligent" (xii. 9, 10). 多くの者が清められる、また清潔にされるであろう、彼らは不信心に(不敬に)行なう、不信心な者はだれも理解しないであろう、それでも、知的な者(理解する者)は理解する」(12:9, 10)

 

(3) 訳文

948(11)「不正な者はさらに不正であれ、不潔な者はさらに不潔になれ、正しい者はさらに正しいとされよ、聖徒はさらに聖なるものとされよ」は、個別的に死後のすべての者の状態を、またその審判前の、また全般的に「最後の審判」前の状態を意味する。悪の中にいる者は善が取り去られ、虚偽の中にいる者は真理が取り去られること。そして逆に、善の中にいる者は悪が取り去られ、真理の中にいる者は虚偽が取り去られること〔である〕。

 「不正な者」によって、悪の中にいる者が、また「正しい者」によって、善の中にいる者が意味される(668番)「不潔なもの」または汚れたものによって、虚偽の中にいる者が意味され(702, 708, 924)、また「聖なるもの」によって、真理の中にいる者が意味される(173, 586, 666, 852番)ここから、「不正な者はさらに不正な者であれ」によって、悪の中にいる者はさらにもっと悪の中にいることになること、また「不潔な者はさらに不潔になれ」によって、虚偽の中にいる者はさらにもっと虚偽の中にいることになること、また逆に、「正しい者はさらに正しいとされる」によって、善の中にいる者はさらにもっと善の中にいることになること、また「聖徒はさらに聖なるものとされる」によって、真理の中にいる者はさらにもっと真理の中にいることになることがいえる。。

 けれども、悪の中にいる者が善を取り去られ、虚偽の中にいる者が真理を取り去られ、また逆に、善の中にいる者が悪を取り去られ、真理の中にいる者が虚偽を取り去られるが意味されるのは、悪の中にいる者が、善を取り去られれば取り去られるほど、それだけさらに悪の中にいる、また虚偽の中にいる者が、真理を取り去られれば取り去られるほど、それだけさらに虚偽の中にいる、そして逆に、善の中にいる者が、悪を取り去られるば取り去れれるほど、それだけさらに善の中にいる、また真理の中にいる者が、虚偽を取り去られば取り去られるほど、それだけさらに真理の中にいるからである。

 これらのことが、死後、すべての者に生じる、というのは、このように、悪い者は地獄へ、また善い者は天界へ準備されるからである。というのは、悪い者は自分自身とともに善と真理を地獄へ持ってくることができない、善い者も自分自身とともに悪と虚偽を天界へ持ってくることができないから、というのは、このように、天界も地獄も混乱させられるからである。

 [2] しかし、内的に悪い者、そして内的に善い者が意味されることをよく知らなければならない。というのは、内的に悪い者が外的に善い者であることができるからである、というのは、偽善者が行なうように、善い者のように行なうことと話すことができるから、また内的に善い者が時々、外的に悪い者であることができるから、というのは、外的に悪いことを行なうこと、また虚偽を話すことができるから、しかしそれでも、悔い改めを行なう、また真理の中で改心されることを欲している。

 これは主が言われること同じである、

 

 「持っているすべての者に、〔さらに〕与えられるであろう、富むために。けれども、持たない者からは、持っているものもまた取り去られる」(マタイ13:1225;29、マルコ4:25、ルカ8:1819:26)

 

 そのように、死後、すべての者に、彼らのへの審判の前に生じる。さらにまた全般的に、「最後の審判」の日に滅びるかあるいは救われる者にも起こる。なぜなら、このことが起こる前に、最後の審判は行なわれることができないからであり、その理由は、悪い者が善と真理を保持するかぎり、外なるものに関して最も低い天界の天使と結合されている、またそれでも分離されなければならないからである。またこのことが主により予言されたことである(マタイ13:24-3038-40、それらの説明されたものが前に見られる、324, 329, 343, 346, 398)

 これらから、何が霊的な意味の中で「不正な者はさらに不正な者であれ、不潔な者はさらに不潔になれ、正しい者はさらに正しいとされよ、聖徒はさらに聖なるものとされよ」によって意味されるか明らかにすることができる

 同様のものが「ダニエル」のこれらによって意味されている――

 

 「ダニエルよ、行け。〔この〕ことばは終わりの時まで閉ざされ、封印されたからである。多くの者が清められ、清潔にされるであろう。彼らは不敬に行なう、不信心な者はだれも理解しない、それでも、知的な者は理解するであろう」(12:9, 10)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094986