RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 157

(1) 原文

De perturbatione intellectus a dissensione spirituum

 

157.  Quando spiritibus concedebatur copia aut licentia de quadam re dissentiendi, sic ut unus sentiret aliud quam alter, quod facillime fit, per aliquantulam remissionem et licentiam, tunc illico confunditur ita intellectus, ut nihil fere intelligatur, quid latet in sensu intimiori; sunt quasi tenebrae quae obversantur, et lucem exstinguunt, quod aliquoties expertus sum, cum magna indignatione, datur enim quandoque copia spiritibus ratiocinantibus, qui ratiocinia possunt dici, sed pro intellectualibus angelis volunt se salutari, ut inter se disceptent, inde etiam inter inferiores spiritus similis turba oritur, quae prorsus confundit mentem, et ei lucem veritatis prorsus aufert: magna est tentatio, quum simul tunc teneatur mens in necessitate cogitandi, conscientia ejus id postulante, cui non resistere potui, tunc enim patientia omnis quasi perit, et simul angitur mens, timens ne intermittat id quod injunctum est. 1747, 22 Aug. st. v. Hoc fit etiam propter eam causam, quia intellectuales distingui volunt a ratiocinantibus, ita angeli vocari, cum tamen ii quoque spiritus sint, et quidem minime intellectuales, quando sibi relinquuntur; sic angeli sunt spiritus, et quidem non boni, quando sibi relinquuntur, at vero sunt angeli cum a Deo Messia se regi patiuntur; de qua re cum iis hodie loquutus sum, sed indignati valde, quapropter id iis per experientiam vivam ostensum est.

 

(2) 直訳

De perturbatione intellectus a dissensione spirituum 霊たちの意見の衝突(相違)からの理解力の動揺について

157.  Quando spiritibus concedebatur copia aut licentia de quadam re dissentiendi, sic ut unus sentiret aliud quam alter, quod facillime fit, per aliquantulam remissionem et licentiam, tunc illico confunditur ita intellectus, ut nihil fere intelligatur, quid latet in sensu intimiori; 霊たちに許された時、ある事柄について論議する機会または自由(承諾)が、そのようにある者があるものを感じる他の者よりも、最も容易に生じること、少しの量の解放や自由(承諾)によって、その時、直ちに、そのように理解力が混乱させられる、何もほとんど理解されないような、何がさらに最内部の意味の中に隠れているか。

sunt quasi tenebrae quae obversantur, et lucem exstinguunt, quod aliquoties expertus sum, cum magna indignatione, datur enim quandoque copia spiritibus ratiocinantibus, qui ratiocinia possunt dici, sed pro intellectualibus angelis volunt se salutari, ut inter se disceptent, inde etiam inter inferiores spiritus similis turba oritur, quae prorsus confundit mentem, et ei lucem veritatis prorsus aufert: いわば暗やみがある、それが現われる、また、光が消える、そのことを、数回、私は経験により学んだ、大きい憤慨とともに、というのは、時々(いつでも)、議論家(理屈屋)の霊たちに機会が与えられる(存在する)、その者は誤まった推論と言われることができる☆、しかし、知的な者として、天使たちに自分自身が敬意を表わされる(挨拶される)ことを欲する、自分たちの間で論争するような、ここからもまたさらに低い霊たちの間に、同様の騒動が起こる、それはまったく心を混乱させる、また、彼らに狄人瓩慮はまったく取り去られる――

ここは「理屈屋」と「誤まった推論」を入れ替えて意訳します。

magna est tentatio, quum simul tunc teneatur mens in necessitate cogitandi, conscientia ejus id postulante, cui non resistere potui, tunc enim patientia omnis quasi perit, et simul angitur mens, timens ne intermittat id quod injunctum est. 試練は大きい、そのとき同時に、その時、心は考えるべき必要性の中に保たれる、その意識(良心)そのことを要求して、それに私は抵抗できなかった、というのは、その時、すべての忍耐が、いわば滅んだ、また同時に、心が傷つけられる(痛みを感じさせられる)から、そのことをやめないように恐れて、連結されたもの(属性)☆を。

☆「連結されたもの(述部)」が何かはここの文面からは「わからない」と思いますが、誤訳なのでしょうか?

1747, 22 Aug. st. v. 1747822日、旧暦。

Hoc fit etiam propter eam causam, quia intellectuales distingui volunt a ratiocinantibus, ita angeli vocari, cum tamen ii quoque spiritus sint, et quidem minime intellectuales, quando sibi relinquuntur; このこともまた生じる、その理由のために、知的な者が議論家(理屈屋)から切り離される(区別される)ことを欲するからである、そのように、天使と呼ばれることを、そのときそれでも、彼らもまた霊である、そのうえ(実際に)決して知的でない、自分自身に残される時。

sic angeli sunt spiritus, et quidem non boni, quando sibi relinquuntur, at vero sunt angeli cum a Deo Messia se regi patiuntur; このように天使たちは霊である、また確かに善良でない、自分自身に残される時、しかし、天使たちである、神メシアにより自分自身が支配されることを許す(まかす)とき。

de qua re cum iis hodie loquutus sum, sed indignati valde, quapropter id iis per experientiam vivam ostensum est. その事柄について、今日、私は彼らと話した、しかし〔彼らは〕非常に憤慨した、そのために、そのことが彼らに生き生きとした経験によって示された。

 

(3) 訳文

霊たちの意見の衝突からの理解力の動揺について

 

157.  霊たちに、ある事柄について論議する機会または自由が、そのようにある者が他の者と異なってあるものを感じることが許された時、少しの解放や自由によって、その時、直ちに、さらに内的な意味の中に何が隠れているか、ほとんど何も理解されないような理解力の混乱が最も容易に生じる。いわば暗やみがあり、それが現われ、光が消える、そのことを、数回、私は大きな憤慨とともに経験により学んだ、というのは、時々、理屈屋と言われることができる、しかし、知的な者として、天使たちに自分自身が敬意を表わされることを欲する霊たちに、自分たちの間で論争するような誤まって推論する機会が与えられ、ここから低い霊たちの間にも、同様の騒動が起こり、それはまったく心を混乱させ、また、彼らに狄人瓩慮はまったく取り去られる――〔その〕試練は大きくて、同時に、心は考えるべき必要性の中に保たれ、その意識そのことを要求して、それに私は抵抗できなかった、というのは、その時、すべての忍耐が、いわば滅び、同時に、連結されたものがやんでしまわないよう恐れて、心に痛みを感じたから1747822日、旧暦。

 このこともまた、知的な者が、議論家(理屈屋)から切り離されることを、そのように、天使と呼ばれることを欲するという理由のために生じる、そのときそれでも、彼らもまた霊であり、そのうえ、自分自身に残される時、決して知的ではない。このように天使たちは霊であり、自分自身に残される時、確かに善良ではない、しかし、神メシアにより自分自身が支配されることを許すとき、天使たちである。

その事柄について、今日、私は彼らと話した、しかし〔彼らは〕非常に憤慨し、そのために、そのことが彼らに生き生きとした経験によって示された。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:38
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095041