RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 158

(1) 原文

Quod idea intellectualis{1}, a permultis ideis existat et consistat

 

158.  Ipsas ideas{2} intellectuales veri et boni, etiam a permultis eorum, qui sunt angeli intellectuales, etiam existere, et quidem successive, et sic consistere, hodie per experientiam vivam, per Misericordiam Dei Messiae, licuit percipere; sic ut sit forma consentientium, dum veritas influit, et forma dissentientium, cum aliqua confusio oritur, intermediae differentiae a consensu ad dissensum sunt indefinitae, hae formae a Solo Deo Messia disponuntur, prorsus secundum eum statum, in quem homo venit, quare ne quidem minimum aut hilum cogitationis humanae de veris et bonis fidei ab homine influit, quum autem remittitur aliquantisper homini aliquid ex iis, quae sunt memoriae ejus, influere, tunc id perturbat et confundit illico ideam, similiter dum aliquid permittitur spiritibus ratiocinari, etc. etc. 1747, 23 Aug. st. v. Dissensio ista continuata fatigabat mentem meam; at vero consensus, mentem meam reddit alacrem et vivificat, quod aliquoties prius expertus.

@1 sic J. F. I. Tafel ms. ideae intellectuales

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. Ipsae ideae

 

(2) 直訳

Quod idea intellectualis{1}, a permultis ideis existat et consistat 知的な観念について、非常に多くの観念から存在する、また構成されること

158.  Ipsas ideas{2} intellectuales veri et boni, etiam a permultis eorum, qui sunt angeli intellectuales, etiam existere, et quidem successive, et sic consistere, hodie per experientiam vivam, per Misericordiam Dei Messiae, licuit percipere; 真理と善の知的な観念そのものは、そのとおり(しかり)、それらの非常に多くのものから、それは知的な天使のものである、そのとおり(しかり)、存在すること、また確かに連続的に、またこのように構成されること、今日、生き生きとして経験から、神メシアの慈悲によって、知覚することが許された。

sic ut sit forma consentientium, dum veritas influit, et forma dissentientium, cum aliqua confusio oritur, intermediae differentiae a consensu ad dissensum sunt indefinitae, hae formae a Solo Deo Messia disponuntur, prorsus secundum eum statum, in quem homo venit, quare ne quidem minimum aut hilum cogitationis humanae de veris et bonis fidei ab homine influit, そのように一致している形がある、狄人瓩流入する時、意見を異にしている(一致していない)が、何らかの混乱が起こるとき、一致から不一致まで中間の相違は無限である、それらの形は神メシアだけ(おひとり)より配列されている、彼の状態にまったく(完全に)たがって、その中へ人間がやって来る、それゆえ、信仰の真理と善について人間の思考の最小のものまたは何も、決して人間から流入しない、

quum autem remittitur aliquantisper homini aliquid ex iis, quae sunt memoriae ejus, influere, tunc id perturbat et confundit illico ideam, similiter dum aliquid permittitur spiritibus ratiocinari, etc. etc. けれども、少しの間、それらからの何らかのものが人間にゆるめられる(許される)なら、それらは彼の記憶のものである、流入することが、そのとき、そのことは直ちに観念を動揺させる、また混乱させる、同様に、何らかのものが霊たちに許される時、推論すること、等々。

1747, 23 Aug. st. v. 1747823日、旧暦。

Dissensio ista continuata fatigabat mentem meam; その続けられる(さらに議論される)意見の衝突が私の心を疲れさせた(うんざさせた)

at vero consensus, mentem meam reddit alacrem et vivificat, quod aliquoties prius expertus. しかし、一致が、私の心を活発さ(はつらつさ)へ戻した、また生き生きとさせた、そのことが、数回、以前に、経験された。

 

(3) 訳文

非常くの観念から存在、構成される知的観念について

 

158.  真理知的観念そのものはそのとおり、知的天使のものであるそれらの非常くのものから存在、確かに連続的このように構成されることが、今日、生きとして経験から、神メシアの慈悲によって、知覚することがされた

狄人流入する時、そのように一致しているがあり、何らかの混乱こるとき一致していないがある。一致から不一致まで中間相違無限でありそれらの、人間がそのへやって状態完全にしたがって、神メシアおひとりにより配列されているそれゆえ、信仰真理について人間思考最小のものまたは、決して人間から流入していない。けれども、人間の記憶に属すそれらからのらかのものが、少しの間、人間流入することがされるならそのときそのことはちに観念動揺させ、混乱させる、推論すること等々の何らかのものがたちにされる時も同様である。1747823日、旧暦。

 その続けられる意見の衝突により私の心は疲れた。しかし、一致により、私の心は活発さへ戻り、生き生きとなった、そのことを、以前に数回、経験した。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095042