RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 166(訳文と参考)

(3) 訳文

祝福された幸福知覚するとき、悪このように地獄れのもとのねたみの結果立証

 

166.  かきされたりの後、目覚めの最初のころにあたかも緑の月桂樹のような、長くまた二重わりとなって、互いのたりがある、最しい順序、一緒につながり、動くことのできる花冠とともにそののために記述されることが十分にできないまたここから至福情愛、調和からる、これほどに表象された。

これらは。悪たちにもまた非常にはっきりとしていたその後、他さらにしいまた推量することがされているように、天界幸福結合したいいものがいたしかし、非常不明瞭ることのできるものでしかなかった幼児天界びのにいて、言葉にできないそれらが最高度かしたそれらは明瞭明らかで知覚できるものではなかったそれらを最内部天界天使たちはでき〕、これらを目覚めの〔見〕。

 その後、私はそれらのについてたちとその、私同様最初はっきりとたこしかし第二のもの見ず、それもまた見れるよう最高度熱望していることを本気ったここから、彼らのもとにりがその後、段々とねたみがこり、私らのそのねたみをじてづくことがえられた、教えられて〔私〕貢献するかぎり、〔そのことが〕何かららないようにねたみは、彼らがこの第二、第一のもののようにはっきりとなかったことであり、彼らのもとに最高度反感だけでなくしかし最内部苦痛もまたがひきこされるようなものであったその後、彼らは多様なねたみによって、〔よく〕言われるようにあたかもらのまでもしむように、導かれた

らがその状態にいた時、私らのねたみについていろいろなことを、最初たので満足できることまたもし正直性質であったなら第二のものもることがであろうことをったここからもまたりが〔起こり〕、それによってねたみはされその後、それをすことにしてえられずむしろ苦痛でたされるようなものであった。順に発出ねたみとここから不信心にとどまるような実際こるしみがされような、その多種多様なものは、記述されることができないここから、彼らのだけでも記述されることができないなぜなら、私はそのねたみをのもののようにでなく、彼のもののように把握したからであるねたみの進行段階して、私たちとしたその時、私はそのしもめることができなかった

 ここから、敬虔至福時、ねたみにしでだけ、不信心将来状態がどんなものかある程度、知ることができる

  多くのものが起こりそれらを記憶保持することができなかったそれらのたちも、大部分の場合、それらがらかにされるようにしなかったそれゆえ、彼らにもまたある事柄記憶を密かにることがされた

17478月☆25, 26日、旧暦。

 

◎参考のためにスヴェーデンボリ出版の『みことばとその内意・表象と対応』の71番を掲載してきます。

これは『天界の秘義』1974番であり、この「霊界体験記」に基づいて書かれています。

 

七一 [一九七四] かき乱された夢の後、初

() の頃、最も快い光景が示されました。緑の、最も美しく整えられた、生きているように動き、美と調和のために述べられることができないような形をしたこぎれいな月桂樹の冠があり、ここから幸福の状態の情愛の流れ出るようでした。二列で互いの間が少し離れ、〔枝を〕十分に長く〔伸ばして〕交わり、また常に、美のさまざまな状態でした――これは霊に、さらに悪い者にも知覚されました。その後、なおさら美しい他の光景が続き、その中に天界の幸福がありました、しかし、ただ不明瞭に見えました。幼児たちが天界の遊びの中にいて、それが言語に絶する方法で心を感動させました。

[2] その後、それらの光景について霊たちと話し、その者は、私と同様に最初のものを見たこと、しかしもう一つのものは、何であったか言うことができなかったような不明瞭なものしか見なかったことを認めました。ここから、彼らのもとに憤りが、その後、天使と幼児がそれを見た、と言われたので、そのことから次第に、ねたみが生じました。彼らのそのねたみを、感覚でとらえらるように知覚することが与えられ、そのように教えに向けられているかぎり、私から何も逃げ去りませんでした。〔その〕ねたみは、彼らがもう一つのものもまた見なかった、という理由だけから、彼らのもとで極度の悩みだけでなく、苦悶と内的な苦痛もまたひき起こすようなものでした。ここから、多様なねたみよって導かれ、胸の奥までも悲しみました――

[3] その状態の中にいたとき、私は彼らとねたみについて、最初のものを見ることに満足していることができること、さらにまたもう一つのものも、もし善良な者であったなら〔見ることが〕できる、と話しました。ねたみの状態と進行は、その程度、〔その〕増大、アニムス(気質)と心の病気で変化また混合したものとともに、述べられることができません――このように、不信心な者が、単なる〔自分の〕ねたみから、遠方から善良な者の幸福の状態を見るとき、それどころか、ただそれについて考える時、どれだけ苦しめられるかが示されました。

author:yasubee, category:霊界体験記, 09:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095047