RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 167

(1) 原文

De vita Brutorum

 

167.  De vita brutorum cum angelis loquutus sum, nempe quod communi quadam vita regantur, quae est vita geniorum et spirituum, nam genii et spiritus classificati sunt, et tenentur secundum genera et classes, in suo ordine, inque sua subordinatione, qui{1} quia activitates sunt, inde communis vita existit, et quidem secundum facultates diversas brutorum, sicut ab omni alia activitate, quae diffundit se, et constituit sphaeram, quae sphaera activitatis vocatur, et se in subtiliori natura ad magnam, imo ad immensam distantiam [extendit]{2}, quilibet genius et spiritus suam sphaeram activitatis habet, quod multis demonstratum est, ita quoque omnes simul, secundum ordinem, in quo sunt, qui ordo nisi a Deo Messia conservaretur, periret{3} omne{4} vitale in terra, imo confunderetur totum coelum: haec causa est quod bruta secundum indolem suam vivant, nec ab ea deflectant, et quod varietates excitentur secundum objecta sensuum, et status mutationes in sanguine utroque. Homo autem et spiritus mali, quia contrariam naturae vitam, vivunt, regendi omnino sunt a Deo Messia per angelos secundum classes, etiam a spiritibus, quibus datur major vis operandi, quum homo in tentationes mittitur. Et nisi homines regerentur a Deo Messia per angelos et spiritus, nequicquam posset mens eorum intellectualis aperiri, et instrui, nam absque intellectu nascitur homo, et tempore intellectus formatur, aliter apud animalia bruta.

@1 in ms. quae in qui emendatum〔手書き原稿では quae qui に訂正されている〕

@2 sic J.F.I. Tafel〔ターフェルは extendit を補っている〕

@3 ms. perireret

@4 ms. omnne sed J.F.I. Tafel amoris

 

(2) 直訳

De vita Brutorum 獣のいのちについて

167.  De vita brutorum cum angelis loquutus sum, nempe quod communi quadam vita regantur, quae est vita geniorum et spirituum, 獣のいのちについて私は天使たちと話した、すなわち、全般的なある種のいのちに支配されていること、それは悪鬼と霊たちのいのちである。

nam genii et spiritus classificati sunt, et tenentur secundum genera et classes, in suo ordine, inque sua subordinatione, qui{1} quia activitates sunt, inde communis vita existit, et quidem secundum facultates diversas brutorum, なぜなら、悪鬼と霊たちは分類されているから、また種類(属)と部類にしたがって保たれている、その秩序の中に、そしてその従属の中に、それらは活動であるので、ここから全般的ないのちが存在する、その上(実際に)、獣のいろいろな能力にしたがって。

sicut ab omni alia activitate, quae diffundit se, et constituit sphaeram, quae sphaera activitatis vocatur, et se in subtiliori natura ad magnam, imo ad immensam distantiam [extendit]{2}, 他のすべての活動からのように、それはそれ自体をまきちらす(広がる)、またスフェアを構成する、それは活動のスフェアと呼ばれる、またそれ自体をさらに微細な自然の中に大きなものへ、それどころか測り知れない距離へ〔広げる〕。

quilibet genius et spiritus suam sphaeram activitatis habet, quod multis demonstratum est, ita quoque omnes simul, secundum ordinem, in quo sunt, どんな悪鬼や霊たちも自分の活動のスフェアを持っている、大いに示されたこと、そのようにすべての者もまた一緒に、秩序にしたがって〔持っている〕、その中にいる、

qui ordo nisi a Deo Messia conservaretur, periret{3} omne{4} vitale in terra, imo confunderetur totum coelum: その秩序が神メシアにより守られないなら、地の中のすべての生命力〔のあるもの〕が滅びる、それどころか、全天界が混乱させられる。

haec causa est quod bruta secundum indolem suam vivant, nec ab ea deflectant, et quod varietates excitentur secundum objecta sensuum, et status mutationes in sanguine utroque. これらが理由である、獣がその生来の性質にしたがって生きていること、それから逸れもしない、また多種多様なもの(変化)感覚の対象にしたがってかきたてられる(ひき起こされる)、また両方の血液☆の中の変化の状態〔にしたがって〕。

「両方の血液」とは962番に immunda spiritumm sanguinus(血液の精の不潔なもの) immunda seri sanguinus(血液の漿液の不潔なもの)とあるので、この二つ精(エキス)と漿液(血清)でしょう。

Homo autem et spiritus mali, quia contrariam naturae vitam, vivunt, regendi omnino sunt a Deo Messia per angelos secundum classes, etiam a spiritibus, quibus datur major vis operandi, quum homo in tentationes mittitur. けれども、人間と悪い霊は、自然に反した生活を、生きているので、すべての点で神メシアにより支配されなければならない、天使たちによって、部類にしたがって、霊たちによってもまた、彼らに働きかけるさらに大きな力が与えられている、人間が試練の中に入れられるとき。

Et nisi homines regerentur a Deo Messia per angelos et spiritus, nequicquam posset mens eorum intellectualis aperiri, et instrui, また、人間は神メシアにより支配されないなら、天使と霊たちを通して、決して彼の知性的な心は開かれることができない、また教えられること。

nam absque intellectu nascitur homo, et tempore intellectus formatur, なぜなら、人間は理解力なしに生まれているからである、また時が経つにつれて理解力が形作られる。

aliter apud animalia bruta. 獣のもとで異なって〔いる〕。

 

(3) 訳文

のいのちについて

 

167.  のいのちについて、私天使たちとしたすなわち、悪鬼たちのいのちである全般的なあるのいのちに支配されていることであるなぜなら、悪鬼たちはまた部類にしたがって分類されその秩序そしてその従属それらは活動であるのでここから全般的ないのちが存在実際、獣のいろいろな能力にしたがってたれているからである。他のすべての活動からのようにそれはがり、活動のスフェアとばれるスフェアを構成またさらに微細自然きなものへそれどころかれない距離げる。いにされたことであるが、どんな悪鬼たちも自分活動のスフェアをそのようにすべてのもまた一緒になってそのにいる秩序にしたがってっているその秩序メシアによりられないなら、地上のすべての生命力あるものがそれどころか、全天界混乱させられるこれらが、獣がその生来性質にしたがってそれかられもせずまた感覚対象にしたがってまた両方血液☆変化状態にしたがって、多種多様なものがひきこされる理由である。

 けれども、人間、自然した生活きているのですべてのメシアにより、部類にしたがって天使たちによって、霊たちによってもまた支配されなければならない、彼らには人間試練れられるとき、働きかけるさらにきなえられている

 また、人間メシアにより支配されないなら、天使たちをして、決して知性的かれ、教えられることができないなぜなら、人間理解力なしにまれ、時つにつれて理解力形作られるからである獣のもとで異なっている。

 

「両方の血液」とは、962番にあるように、血液の精(エキス)と漿液(血清)でしょう。962番参照。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095048