RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 169

(1) 原文

De Summo Deo et creatore universi eorum qui non agnoscunt Deum Messiam pro Mediatore

 

169.  Cum spiritibus loquutus sum, num agnoscere possunt Supremum Jehovam Salvatoris nostri Parentem pro supremo Creatore, qui Deum Messiam non agnoscunt, et qui cupiditatibus auferuntur in perversum ordinem; et tunc subiit satis vive, quod nullum alium pro creatore universi agnoscere possent, quam aliquem Deum prorsus naturalem, qui se jactat pro supremo, sic aliquem genium magna loquentem; quod tales genii sint, ab experientia viva novi, nam se creatores universi putabant et jactabant, et sic multos decipiebant, sed eorum jactabunda verba, prolixum est describere, et plura, quae ab iis patrata sunt, hoc solum, quod postquam fere crediderim, quod essent tam magni, pedibus meis postea substrati sunt, et mecum tot vana loquuti sunt, ut ne quidem risum tenere potuissem. Tales itaque sunt dii, quos adorant ii qui cupiditatibus abducti inversum vivunt ordinem, et facti qui tunc naturam agnoscunt pro omnium rerum creatore, nam iis impossibile est, prae caligine eorum intellectus et crassitie ingenii, ultra naturam penetrare; haec in praesentia spirituum. 1747, 24 Aug.

 (m)Ea jam causa est, quod gentiles tot deos agnoverint et adoraverint, qui omnes naturalia significabant, et dejectissimi idola, alii{1} autem homines diversos olim in vita; etc. etc.(n)

@1 ms. idola alii

 

(2) 直訳

De Summo Deo et creatore universi eorum qui non agnoscunt Deum Messiam pro Mediatore 彼らの最高全世界創造者についてそのメシアを仲介者(調停者)としてめない

169. Cum spiritibus loquutus sum, num agnoscere possunt Supremum Jehovam Salvatoris nostri Parentem pro supremo Creatore, qui Deum Messiam non agnoscunt, et qui cupiditatibus auferuntur in perversum ordinem; 私たちとした、最高位(至高者)エホバを、私たちの救い主の父を、至高の創造者として認めることができるかどうか、その者は神メシアを認めない、またその者は欲望によってゆがめられた秩序の中に連れ去られる。

et tunc subiit satis vive, quod nullum alium pro creatore universi agnoscere possent, quam aliquem Deum prorsus naturalem, qui se jactat pro supremo, sic aliquem genium magna loquentem; またその時、十分きと心に浮かんだ(subeo)、決して他の者を全世界の創造者として認めることができないこと、まったく自然的なある神以外に、その者は自分自身を至高者として自慢する、このように大きなことを話すある魔鬼を〔認める〕。

quod tales genii sint, ab experientia viva novi, このような魔鬼たちがいることを、生きとした経験から私は知った(知っている)。

nam se creatores universi putabant et jactabant, et sic multos decipiebant, sed eorum jactabunda verba, prolixum est describere, et plura, quae ab iis patrata sunt, なぜなら、自分自身全世界の創造者と思ったからである、また自慢した、またこのように多くの者を欺いた、しかし、彼らの自慢することばを、記述することは長たらしくて飽きあきする(退屈である)、また多くのもの、それらは彼らにより遂行された。

hoc solum, quod postquam fere crediderim, quod essent tam magni, pedibus meis postea substrati sunt, et mecum tot vana loquuti sunt, ut ne quidem risum tenere potuissem. ここにただだけ〔述べよう〕、私がほとんど信じた(接続)後、これほどに偉大であったこと、その後、私の足で(=の)に置かれた、また私にこのように多くのむだな(空虚な)ことを話した、決して笑いを抑えることができないような。

Tales itaque sunt dii, quos adorant ii qui cupiditatibus abducti inversum vivunt ordinem, et facti qui tunc naturam agnoscunt pro omnium rerum creatore, そこでこれらの者が神々である、その者を彼らは崇拝する、その者は欲望によって連れ去られて逆転した秩序に生きる、行なった、その者はその時、自然をすべての事柄の創造者として認める。

nam iis impossibile est, prae caligine eorum intellectus et crassitie ingenii, ultra naturam penetrare; なぜなら、彼らに不可能であるからである、彼らの理解力の暗黒と素質の粗雑さのために、自然を超えて洞察することが。

haec in praesentia spirituum. これらは霊たちの居合わせる中で〔書かれた〕。

1747, 24 Aug. 1747824日。

(m)Ea jam causa est, quod gentiles tot deos agnoverint et adoraverint, qui omnes naturalia significabant, et dejectissimi idola, alii{1} autem homines diversos olim in vita; etc. etc.(n) (欄外に☆1)これらは、今、理由である、異邦人(異教徒の意味もある)がこのように多くの神々を認めた、また崇拝した、そのすべての者は自然的なものを意味した、また最も低い(投げ落とされた)者は偶像を、けれども、他の者たちはいろいろな人間を、昔は、生活の中で☆2、等々。

1 (m)……(n)の記号は「……」が欄外に書かれていることを意味します。

2 ここは「昔にいのちの中に(あった)」、すなわち、「昔に生きた」と見なしてようでしょう。

 

(3) 訳文

メシアを調停者としてめない最高全世界創造者について

 

169. 私、神メシアを認めず、欲望によってゆがめられた秩序の中に連れ去られた霊たちとした至高者エホバを、私たちの救い主の父を、至高の創造者として認めることができるかどうか。またその時、十分きと心に浮かんだ、自分自身を至高者として自慢し、このように大きなことを話すある魔鬼を、まったく自然的なある神以外に決して他の者を全世界の創造者として認めることができないことである。このような魔鬼たちがいることを、生きとした経験から私は知っている。なぜなら、自分自身全世界の創造者と思い、自慢し、このように多くの者を欺いたからである、しかし、彼らの自慢することばを、また彼らにより遂行された多くのものを記述することは長たらしくて飽きあきする。ここに、私がこれほどに偉大であったことをほとんど信じた後、私の足の下に置かれ、私に、決して笑いを抑えることができないような多くのむだなことを話したことだけ〔を述べよう〕。

 そこでこれらの者が神々であり、その神々を、欲望によって連れ去られて逆転した秩序に生き、その時、自然をすべての事柄の創造者として認めることを行なった者が崇拝する。なぜなら、彼らの理解力の暗黒と素質の粗雑さのために、自然を超えて洞察することが彼らに不可能であるからであるこれらはたちの居合わせる〔書かれた〕。1747824日。

 (欄外これらは、今、異邦人がこのようにくの神々また偶像けれども、他たちは昔に生きたいろいろな人間、崇拝した理由でありそのすべての神々自然的なものを意味した、等々。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095050