RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 170

(1) 原文

De Punitione superbiae, h.e, fiduciae sui

 

170.  Ab experientia viva etiam discere per misericordiam Dei Messiae, mihi datum est, quomodo fiducia sui per dolorem dejectionis castigaretur, erat dolor interior, planctus cum planctu, fere cum desperatione omnis salutis, sed observatum usque, quod semper in mediis doloribus et planctibus spes salutis continenter adesset, quae levaret doloremalioquin etiam deprimitur fastus per submissionem quasi spontaneam, quod non nisi humilia desideret, quod tamen est donum Dei Messiae. 1747, d. 24 Aug. st. v. Comitabatur etiam continua miseratio, sensibiliter tunc percepi, quod malus spiritus affligeret; et quod Deus Messias per spem salutis jugiter aspiraret.

 

De vita hominis post mortem

 

      Post vitam corporis manet vita qualis formata est in vita corporis, sed recedunt scientiae, et similia, quae fuerunt modo instrumentalia formationis hominis; ipsa indoles est quae manet, quae est essentia vitae.{1}

@1 paragraphus haec cum titulo deleta esse videtur in ms.〔この文節(段落)は表題☆とともに削除されているのが手書き原稿に見られる〕

前にtitulo を「口実」としましたが(スヴェーデンボリの著作ではこの意味で使っています)、この注では一般的な意味である「表題・上書き」の意味です。

この段落には欄外に二つの「Obs.}があります。訳文に表示しておきます。observatio の略語であり「注意・注目」の意味です。

 

(2) 直訳

De Punitione superbiae, h.e, fiduciae sui 誇りの、すなわち、自己信頼の懲罰について

170.  Ab experientia viva etiam discere per misericordiam Dei Messiae, mihi datum est, quomodo fiducia sui per dolorem dejectionis castigaretur, 生き生きとした経験からもまた神メシアの慈悲によって学ぶことが、私に与えられた、どのように自己信頼が投げ落とすことの苦痛によって懲らしめられる(矯正させる)か、

erat dolor interior, planctus cum planctu, fere cum desperatione omnis salutis, sed observatum usque, quod semper in mediis doloribus et planctibus spes salutis continenter adesset, quae levaret dolorem― 内的な苦痛であった、嘆きとともに嘆き、ほとんど、すべての救いの絶望とともに、しかしそれでも観察された(気づいた)、苦痛と嘆きの真ん中の中に常に救いの希望が絶え間なくあったこと、それが苦痛を和らげた(減らされた)――

alioquin etiam deprimitur fastus per submissionem quasi spontaneam, quod non nisi humilia desideret, quod tamen est donum Dei Messiae. そうでなければ(他の時に)もまた高慢はいわば自発的な従順によって押し下げられた(低くされた)、低いもの(=低い身分または卑下)でないなら望まないこと、それでも、そのことは神メシアの賜物である。

1747, d. 24 Aug. st. v. 1747824日に、旧暦。

Comitabatur etiam continua miseratio, sensibiliter tunc percepi, quod malus spiritus affligeret; 絶え間のない同情(哀れみの行動)もまた伴なった、その時、私は感覚でとらえられるように(感じられて)覚した、悪霊が取り付けたこと。

et quod Deus Messias per spem salutis jugiter aspiraret. また、神メシアが救いの希望を通して常に息を吹きかけていること。

 

De vita hominis post mortem 死後の人間のいのち(生活)ついて

Post vitam corporis manet vita qualis formata est in vita corporis, sed recedunt scientiae, et similia, quae fuerunt modo instrumentalia formationis hominis; 身体のいのちの後、いのちが残る、身体のいのちの中で形作られたような、しかし、知識は、また同様のものは去る(やむ)、それらは人間の形成の単なる道具であった。

ipsa indoles est quae manet, quae est essentia vitae.{1} (生来の)性質そのものである、それが残る、それはいのちの本質である。

 

(3) 訳文

すなわち、自己信頼懲罰について

 

170.  きとした経験からもまたメシアの慈悲によってどのように自己信頼とすことの苦痛によってらしめられるかぶことがえられた、嘆きとともにほとんどすべてのいの絶望とともに、内的苦痛であったしかしそれでも苦痛きのいの希望なくあそれが苦痛らげたったことにづいた――、高慢いわば自発的従順、低いもの(身分など)でないならまないことによってげられたそれでもそのことはメシアの賜物である

1747824日、旧暦。

 絶のないれみの行動もまたなったその時、私感覚じられて、悪霊けたこと、また、神メシアがいの希望してきかけていることをした。。

 

死後の人間のいのち(生活)ついて☆

 

 身体のいのちの後、身体のいのちの中で形作られたようないのちが残る、しかし、人間の形成の単なる道具であった知識や同様のものは去る。残るものは性質そのものであり、それがいのちの本質である。

 

手書き原稿では、この段落は表題とともに削除されています。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095051