RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 178

(1) 原文

De cibo et potu spirituum

 

178.{1} Cuivis notum esse potest, quod spiritus et angeli non fruantur cibo aut potu naturali, usque tamen cupiunt et desiderant refici; sed cibus et potus eorum est spiritualis, nempe quod jugiter desiderent scire quicquid obvenit, et fere nusquam contenti sunt; angelorum coelestium cibus est amor, et simul intelligentia veri et boni, qua maxime laetantur; cibus spirituum, qui affectiones dicendi, sunt plures affectiones secundum indolem eorum, et potus eorum, sunt cupiditates sciendi, nam nihil non est, quod non scire cupiunt, sive ad rem eorum faciat, sive non: quapropter etiam in Verbo Dei Messiae sapientia dicitur cibus coelestis, et intelligentia potus.

@1 171 ad 177 desunt171177は欠けている〕

 

(2) 直訳

De cibo et potu spirituum 霊たちのについて

178.{1} Cuivis notum esse potest, quod spiritus et angeli non fruantur cibo aut potu naturali, usque tamen cupiunt et desiderant refici; ☆それぞれの者によく知られていることができる、霊と天使たちは自然的な食または物を享受しないこと、やはりそれでも、元気づけられることを望む(欲する)、また望む。

171177番は手書き原稿にありません。

sed cibus et potus eorum est spiritualis, nempe quod jugiter desiderent scire quicquid obvenit, et fere nusquam contenti sunt; しかし、彼らの霊的なものであるすなわち、常に知ることを望んでいる、何でも生ずるもの、またほとんど決して満足しない。

angelorum coelestium cibus est amor, et simul intelligentia veri et boni, qua maxime laetantur; 天界天使たちのであるまた同時真理知性(理解力)であるそれらで

cibus spirituum, qui affectiones dicendi, sunt plures affectiones secundum indolem eorum, et potus eorum, sunt cupiditates sciendi,  霊たちの食べ物は、その者は情愛の者と呼ばれるべき〔である〕☆、彼らの(生来の)性質にしたがった(一致した)多くの情愛である、また彼らの飲み物は、知ろうとする欲望である。

156番参照。

nam nihil non est, quod non scire cupiunt, sive ad rem eorum faciat, sive non: なぜなら、何もないからである、知ることを望むまない(欲しない)ものは、あるいは、彼らの事柄(問題)行なう、あるいは〔行なわ〕ない――

quapropter etiam in Verbo Dei Messiae sapientia dicitur cibus coelestis, et intelligentia potus. そのために、神メシアのみことばの中でもまた知恵は天界の食べ物と言われている、また知性は飲み物と。

 

(3) 訳文

たちのについて

 

178.1 霊と天使たちは自然的な食または物を享受しない、やはりそれでも、元気づけられることを欲し、望むことは。だれにもよく知られていることができる。しかし、彼らの霊的なものであるすなわち、何でも生ずるもの常に知ることを望み、ほとんど決して満足していない。天界天使たちのであり、同時真理理解力であるそれらを。情愛ばれるべきである2たちの性質一致した情愛であり、彼らのろうとする欲望であるなぜなら、彼らの事柄わろうが、関わるまいがることを欲しないものはもないからである――そのために、神メシアのみことばのでも、知恵天界物、知性われている

 

1 171177番は手書き原稿にありません。

2  156番参照。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095052