RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 180〜184

(1) 原文

De varii generis spiritibus, et eorum ludicris

 

180.  Hac nocte etiam observabam, quod spiritus essent, qui repraesentarent somnia, et quod ea illorum vita esset, dormiente homine, et quod dum personae plures somniantur, quisque eorum sustineant{1} unam personam, quod manifeste comperui{a} dum expergefactus, tunc{2} enim loquutus sum cum iis satis diu qui hanc vel illam personam agebant. Malorum spirituum phantasiae sunt dirae et crudeles, se delectando in hominibus crudeliter tractandis, quod ut perciperem, saevitia eorum diu continuabatur post vigiliam, nec abstinere poterant.

@1 sic ms.; vide praefationem hujus editionis sub capite "Idiosyncrasies"

@2 J.F.I. Tafel tum

@a = comperi

 

(2) 直訳

De varii generis spiritibus, et eorum ludicris いろいろな種類たちについてまたらの演劇について

180.  Hac nocte etiam observabam, quod spiritus essent, qui repraesentarent somnia, et quod ea illorum vita esset, dormiente homine, et quod dum personae plures somniantur, quisque eorum sustineant{1} unam personam, この夜もまた私は観察した、霊たちがいたこと、その者は夢を提示する(表象する)、またそれが彼らのいのちであったこと、人間で眠って☆、また多くの人物が夢見られる時、彼らのだれもがある人物〔の役割〕を保つこと、

ご存知と思いますが「独立奪格句」であり、文脈から自由に訳すことができます、多くは「主語と述語」に「〜のとき」とすればほぼ間に合います。

quod manifeste comperui{a} dum expergefactus, tunc{2} enim loquutus sum cum iis satis diu qui hanc vel illam personam agebant. 目覚めた時、私ははっきりと知ったこと、というのは、その時、私は彼らと十分に長い間、話したから、その者はこれのあるいはそれの人物を演じた。

Malorum spirituum phantasiae sunt dirae et crudeles, se delectando in hominibus crudeliter tractandis, quod ut perciperem, saevitia eorum diu continuabatur post vigiliam, nec abstinere poterant. 悪い霊たちの幻想は恐ろしいまた残酷である、人間で(を)残酷に扱って(その中で)、自分自身を楽しませて、私が知覚するために、彼らの残忍な行為は、長い間、私が目覚めた後、続けられたこと、彼らはやめることもできなかった。

 

(3) 訳文

いろいろな種類たちとらの演劇について

 

180.  このもまた、人間っているとき、夢たちがいてそれがらのいのちでありまたくの人物夢見られる時、彼らのだれもがある人物〔役割〕つことを観察した。目覚めた時、私はっきりとったというのはその時、私はあれこれの人物じた相当に長間、話したから

 悪たちの幻想、人間残酷自分自身しんで、恐ろしいまた残酷である。知覚するために、彼らの残忍行為、長間、私目覚めた後、続けられ、彼らはやめることもできなかった

 

(1) 原文

181.  Aliquot genera spirituum etiam nunc mihi concessum est observare, prout eos, qui delectantur mensuris et similibus, quorum indoles videtur ducta a Geometricarum scientiarum studiis, eorum imaginationes mihi tunc exhibitae versabantur circa ea ut cuncta refererent{a} ad mensurationes mirabili modo, nec erant mali sicut mihi videbantur: aliud genus spirituum erat, qui jactarent se, nec tam mali, etc. etc., quidem{1} solum affectiones sunt, qui afficiunt hominem jucunditate quadam delitiosa, si malae vocandae sunt Sirenes.

@1 ms. etc. quidem〔原稿には句点(,)がないので入れることにする〕

@a = referrent (forma antiqua)

 

(2) 直訳

181.  Aliquot genera spirituum etiam nunc mihi concessum est observare, prout eos, qui delectantur mensuris et similibus, quorum indoles videtur ducta a Geometricarum scientiarum studiis, いくつかの種類の霊たちもまた、今、私に観察することが許された、彼らのような、その者は測量のものまた同様のもので楽しむ(喜ぶ)、彼らの(生来の)性質が見られる、幾何学☆の学問の研究から導かれた(得た)、

☆ ここは幾何学でなく「測地学」を想定するとよいでしょう、歴史的には測地学から幾何学が始まったとされています。

eorum imaginationes mihi tunc exhibitae versabantur circa ea ut cuncta refererent{a} ad mensurationes mirabili modo, nec erant mali sicut mihi videbantur: 彼らの想像(空想)が、その時、私に示されて、それらに関して位置を与えられた、すべてのものを関係する(映し出す)ように、驚くべき方法で測量に、私に見られたように、悪い者でもなかった。

aliud genus spirituum erat, qui jactarent se, nec tam mali, etc. etc., 別の種類の霊たちがいた、その者は自分自身を自慢する、これほどに悪い者でもなかった、等々、等々、

quidem{1} solum affectiones sunt, qui afficiunt hominem jucunditate quadam delitiosa, si malae vocandae sunt Sirenes. 確かに、〔霊たちは〕単なる情愛である、その者は人間をある種の楽しさで働きかける、もし悪い〔女の霊たち〕なら、妖婦(セイレーン)呼ばれる。

 

(3) 訳文

181. 測量のものまた同様のものを喜ぶようないくつかの種類の霊たちもまた、今、私に観察することが許された、彼らの性質が、幾何学の研究から得られたことが 見られた。

彼らの想像が、その時、私に示され、驚くべき方法で測量に関係するすべてのものに関して位置を与えられた(=定められた)。〔彼らは〕私に見られたように、悪い者でもなかった。自分自身を自慢する別の種類の霊たちがいた、その者はこれほどに悪い者でもなかった、等々、等々、確かに、〔霊たちは〕単なる情愛であり、人間にある種の楽しさで働きかけ、もし悪い〔女の霊たち〕なら、妖婦(セイレーン)呼ばれる。

 

(1) 原文

182.  Affectionum sic dictarum species variae per modum quasi pulsationis, dum simul, loquuntur quaedam infra, quaedam supra hominem, quibus videntur distingui.

183.  Simplices loquuntur valde simpliciter, sed usque grate: nam simplicitas bona in se grata est.

184.  Sunt inferioris sortis, magna multitudo, quibus parum fidei, et cognitionum, a quibus spirituale et coeleste in indole eorum formari potuit; hi inservituri vi, robori, constantiae, durationi comparandae.

 

(2) 直訳

182.  Affectionum sic dictarum species variae per modum quasi pulsationis, dum simul, loquuntur quaedam infra, quaedam supra hominem, quibus videntur distingui. このように、いろいろな種類の情愛と言われる者は、いわば脈拍の方法によって、一緒になる時、話す、ある者は人間の下方で、ある者は上方で、それらで区別されることが見られる。

183.  Simplices loquuntur valde simpliciter, sed usque grate: 単純な者たちは非常に単純に話す、しかしそれでも快く――

nam simplicitas bona in se grata est. なぜなら、善良な単純さは本質的に快い(喜ばれる)からである。

184.  Sunt inferioris sortis, magna multitudo, quibus parum fidei, et cognitionum, a quibus spirituale et coeleste in indole eorum formari potuit; 低い種類の〔霊たち〕がいる、大いなる(多数の)群衆、それらの者に信仰の、また知識のわずかなもの〔がある〕、それらから霊的なものや天的なものが彼らの(生来の)性質の中に形作られることができる。

hi inservituri vi, robori, constantiae, durationi comparandae. これらの者は、力に、力強さに、不変性に、持続に(継続に)得るための、仕えることになる〔者である〕。

 

(3) 訳文

182. このように、いろいろな種類の情愛と言われる者は、いわば脈拍の方法によって、一緒になる時、ある者は人間の下方で、ある者は上方で話し、それらで区別されることが見られる。

 

183.  単純な者たちは非常に単純に、しかしそれでも快く話す――なぜなら、善良な単純さは本質的に快いからである。

 

184. 信仰や知識がわずかである大群衆の低い種類の霊たちがいて、それらの者にそれら〔の信仰や知識〕から霊的なものや天的なものが彼らの性質の中に形作られることができる。これらの者は、力、力強さ、不変性、持続性を得るために仕えることになる者である。

author:yasubee, category:霊界体験記, 22:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095054