RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 185,186

(1) 原文

Quomodo abstrahitur homo a consortio angelorum

 

185.  Aliquoties in cogitationes decidi de rebus mundanis, et earum curis, ac toties relapsus sum a consortio spirituum, causam appercepi, quod tunc intimiora correspondentias separarentur, et modo mens externis absque correspondentia inhaereret; quae causa est, quod antiquae Ecclesiae filii cum angelis per vitam suam loquuti sunt, et continuum habuerint consortium, quia in externis repraesentabantur iis interna correspondentia, at vero dum homo solum externis indulget, tunc ab angelorum consortio manifesto amovetur, ac{1} regitur a spiritibus, et hi ab angelis, et sic homo a Deo Messia, et quidem in omnibus et singularissimis, sed permittendo, et sic custodiuntur{2} a malis spiritibus, unoquolibet momento.

@1 ms. amovetur; sp et agi ac

@2 ms. custudiuntur

この段落は『索引』の Ecclesia では次のようになっています。

 Quod remotus ab angelorum consortio, cum demissus in mundana; unde concludi potuit de antiquae Ecclesiae fillis, quod in spirituali visione et cum angelis fuerint, quia non in terrenis, intuitione; et de hodiernae, quod in terrenis, n. 185. (〔私が〕世俗のものの中に降ろされたとき、天使たちの交わりから遠ざけられたこと。ここから古代教会の息子たちについて結論することができた、霊的な幻の中に、天使たちとともにいたこと、地のものの中に〔いなかった〕からである、熟慮によって。また今日の人々について、地のものの中に〔いる〕こと、180番。)

 

186.  Num angeli sciant quid in mundo nunc peragitur, non possum affirmare, nam quod{1} per spiritus ad angelos venit, hoc ita mutatur, ut ne quidem simile existat, ne scilicet in gaudiis suis coelestibus turbentur, nam omnium rerum correspondentia datur, quae flecti potest in jucunditates per correspondentias varias, Deo Messia ita omnia et singula dirigente; imo ex maxime confusis et perturbatis imaginationibus hominis{2} in parte et plurium simul distinctissimae repraesentationes jucundae possunt quasi extrahi; quod ab experientia quoque confirmari potest, dum enim mens jucundis inhaeret, in communi, tunc omne objectum, in jucunditatis istius speciem, vertitur. 1747, die 28 Aug. st. v.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. quae

@2 in ms. hominum in hominis emendatum

 

(2) 直訳

Quomodo abstrahitur homo a consortio angelorum どのように人間は天使たちの交わりから引き離されるか

185.  Aliquoties in cogitationes decidi de rebus mundanis, et earum curis, ac toties relapsus sum a consortio spirituum, 数回、思考の中で、私は入り込んだ、世俗的な事柄について、またそれらの心配事、そしてこれほど何度も、霊たちの交わりからすべり返った。

causam appercepi, quod tunc intimiora correspondentias separarentur, et modo mens externis absque correspondentia inhaereret; 私は原因を把握した、その時、対応するさらに最内部☆のものが分離されていたこと、また心が対応なしの外なるものだけに定着していた(くっついていた)

この時期のスヴェーデンボリは「さらに最内部」を「さらに内的なもの」の意味で使っています。

quae causa est, quod antiquae Ecclesiae filii cum angelis per vitam suam loquuti sunt, et continuum habuerint consortium, quia in externis repraesentabantur iis interna correspondentia, それが理由である、古代教会の息子たち(構成員)が天使たちと自分の生活を通して(一生の間)話したこと、また交わりの継続を持った、外なるものの中に、彼らに、対応する内なるものが表象されたからである。

at vero dum homo solum externis indulget, tunc ab angelorum consortio manifesto amovetur, しかし、人間が外なるものだけにふける(ほしいままにする)時、その時、天使たちの交わりからはっきりと追い出される。

ac{1} regitur a spiritibus, et hi ab angelis, et sic homo a Deo Messia, et quidem in omnibus et singularissimis, sed permittendo, et sic custodiuntur{2} a malis spiritibus, unoquolibet momento. しかし、霊たちにより支配される、またこれらの者は天使たちにより、また、このように、人間は神メシアにより、そのうえ(実際に)、すべてと最も個々のもの(最小のもの・極めて些細なこと)の中で、しかし、許している、またこのように悪霊から守られている、どんな瞬間も。

 

186.  Num angeli sciant quid in mundo nunc peragitur, non possum affirmare, nam quod{1} per spiritus ad angelos venit, hoc ita mutatur, ut ne quidem simile existat, 天使たちが何が世の中で、今、行なわれているか、知っているかどうか、私は断言することができない、なぜなら、霊たちを通して天使たちにやって来るものは、これはそのように変えられるからである、決して同様のものが存在しないように。

ne scilicet in gaudiis suis coelestibus turbentur, nam omnium rerum correspondentia datur, quae flecti potest in jucunditates per correspondentias varias, Deo Messia ita omnia et singula dirigente; 正確には(すなわち)、天界の自分たちの楽しさの中で〔それらが〕乱されないように、なぜなら、すべての事柄の対応するものが存在するからである、それらはいろいろな対応するものによって快さにそらされることができるからである、神メシアによってそのようにすべてと個々のものは導かれて。

imo ex maxime confusis et perturbatis imaginationibus hominis{2} in parte et plurium simul distinctissimae repraesentationes jucundae possunt quasi extrahi; それどころか、人間の想像の最も混乱した(不明瞭な)また動揺(不安)から、一部のまた多くの中の、最も明確な快さの表象するものと一緒に、いわば引き出されることができる。

quod ab experientia quoque confirmari potest, dum enim mens jucundis inhaeret, in communi, tunc omne objectum, in jucunditatis istius speciem, vertitur. このことは経験からもまた確信されることができる、というのは、心が快さで定着して(くっついて)る時、全般的なものの中で、その時、すべての対象はその快さの種類(型・外見)に、変えられるからである。

1747, die 28 Aug. st. v. 1747828日に、旧暦。

 

(3) 訳文

どのように人間天使たちのわりからされるか

 

185. 数回、思考、私、世俗的事柄、またそれらの心配事についてそしてそのごと、霊たちのわりからすべりった。私原因に気づいた、その時、対応するさらに内的のものが分離され、心対応のないなるものだけに定着していたことであるそれが、古代教会息子たち(構成員)自分生涯して(一生間)天使たちと、継続する交わりをった理由である、彼らに、外なるものの対応するなるものが表象されたからである

 しかし、人間なるものだけにふける時、天使たちのわりからはっきりとされるそれでも、人間たちによりまたたちは天使たちによりまたこのように、神メシアにより実際すべてと最小のもの支配されるしかし、許されてまたこのようにどんな瞬間悪霊からられている

 

186.  今、世の中で何が行なわれているか、天使たちが知っているかどうか、私は断言することができない、なぜなら、霊たちを通して天使たちにやって来るものは、決して同様のものが存在しないように変えられるからである。すなわち、天界の自分たちの楽しさが〔それらで〕乱されないように〔変えられる〕、なぜなら、すべての事柄に対応するものが存在し、それらはいろいろな対応するものによって、神メシアによってそのようにすべてと個々のものは導かれて、快さへ逸らされることができるからである。それどころか、一部のまた多くの人間が想像する最も混乱したまた動揺(不安)から、最も明確な快さを表象するものと一緒に、いわば、引き出されることができる。このことは経験からもまた確信されることができる、というのは、全般的なものの中で、心が快さに定着してる時、すべての対象はその快さの外見(型)に変えられるからである。1747828日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095055