RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 187

(1) 原文

De spiritibus separatis et conjunctis

 

187.  Utplurimum spiritus in societate agunt cum pluribus ejusdem speciei, in societate etiam mecum multoties loquuti sunt, quod manifeste mihi{1} datum est percipere, sed praeterea dantur spiritus separati, qui quasi ex se loquuntur, sed separati sunt ideo, ut ratiocinia aliorum et quidem plurium specierum ejusdem generis reciperent, et quasi colligerent, et sic mecum loquerentur; hi quum a me discessisse mihi visi sunt, ad speciem suam sunt relapsi, ut vitam consortem cum iis agerent. Species diversae, praeterea quod distinguant se, per plura indicia, etiam ex sonis eorum loquelae, et dum simul sunt, colloquuntur et agunt, ex quodam differenti murmuratione et constrepitu, interstinguuntur. 1747, die 28 Aug. st. v.

@1 ms. mihil

 

(2) 直訳

De spiritibus separatis et conjunctis 分離されたまた結合された霊たちについて

187.  Utplurimum spiritus in societate agunt cum pluribus ejusdem speciei, 多くの場合、霊たちは社会(として)その種類の多くの者と行動する。

in の意味としてここでは「として」がよいと思います。

in societate etiam mecum multoties loquuti sunt, quod manifeste mihi{1} datum est percipere, 社会として(の中で)もまた私としばしば話した、そのことがはっきりと私に知覚することが与えられた。

sed praeterea dantur spiritus separati, qui quasi ex se loquuntur, sed separati sunt ideo, ut ratiocinia aliorum et quidem plurium specierum ejusdem generis reciperent, et quasi colligerent, et sic mecum loquerentur; しかし、さらに分離された霊が存在する、その者はあたかも自分自身からのように話す、しかし、分離されている、それゆえ、他の者の、そのうえ、同じ属の種類の多くの者の推論を受け入れるために、またいわば集める、またこのように私と話す。

hi quum a me discessisse mihi visi sunt, ad speciem suam sunt relapsi, ut vitam consortem cum iis agerent. これらのからった〕私られたとき、自分種類へすべりった、彼らとつながった生活を送るために。

Species diversae, praeterea quod distinguant se, per plura indicia, etiam ex sonis eorum loquelae, et dum simul sunt, colloquuntur et agunt, ex quodam differenti murmuratione et constrepitu, interstinguuntur. いろいろな種類さらに自分自身区別している、多くのしるしによって、彼らの話しの音声からもまた、また一緒である、会話する、また行動する時、ある種の異なるつぶやき(ブツブツ言うこと)と付随する騒音から、識別される。

1747, die 28 Aug. st. v. 1747828日に、旧暦。

 

(3) 訳文

分離されたまた結合されたたちについて

 

187.  くの場合、霊たちは社会としてその種類の多くの者とともに行動する。私と社会としてもまたしばしば話し、そのことをはっきりと知覚することが私に与えられた。しかし、さらに〔社会から〕分離された霊が存在する、その者はあたかも自分自身からのように話す、しかし、分離されており、それゆえ、他の者の、そのうえ同じ種類の多くの者の推論を受け入れるために、いわば集め、このように私と話す。これらの、私からったとられたとき、彼らとつながる生活を送るために自分種類へすべりった

さらに自分自身区別しているいろいろな種類〔の霊〕、多くのしるしによって、彼らの話しの音声からも、また一緒に会話し、行動する時、異なるある種のつぶやきと付随する騒音から、識別される。1747828日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095056