RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 191

(1) 原文

De hominum indole in altera vita

 

191.  Homines in altera vita non tales sunt, quales in corporis vita, tunc enim non possunt simulare, aliud dicere et aliud agere, et mentis intellectualis beneficio mentiri bonum quum sunt mali, indoles tunc, qualis est voluntatis, manet, intellectualia aufugiunt, quae non indoli inscripta sunt, ita nullus mentiri possunt{1} aliam personam, quam est voluntate, sic qualiter agit; spiritus dantur etiam dolosi, qui induere possunt angelorum speciem, sed sunt pessimi, et usque manifestatur, quod astutia indoli eorum implantata est, pauci tales admissi sunt ad me, nam remoti erunt a consortio aliorum, ne inquinentur, et ob plures causas. 1747, die 31 Aug. st. v.

@1 sic ms.; vide praefationem hujus editionis sub capite "Idiosyncrasies"〔本書の序文の「語法」を参照、としていますが、見当たりません?〕

 

(2) 直訳

De hominum indole in altera vita 来世の中での人間の(生来の)性質について

191.  Homines in altera vita non tales sunt, quales in corporis vita, tunc enim non possunt simulare, aliud dicere et aliud agere, et mentis intellectualis beneficio mentiri bonum quum sunt mali, 来世の中での人間はこのような者ではない、身体のいのちの中のような、というのは、その時、偽り装うこと、何らかのものを言うことと何らかのものを行なうこと、また知的な心の助けで(力によって)善を偽る(まねる・持っているふりをする)ことができないからである、悪い者であるとき。

indoles tunc, qualis est voluntatis, manet, intellectualia aufugiunt, quae non indoli inscripta sunt, ita nullus mentiri possunt{1} aliam personam, quam est voluntate, sic qualiter agit; その時、(生来の)性質は、意志のものであるような、残る(続く)、知的なもの(知性)は逃げ去る、それらは(生来の)性質に刻み込まれなかった、そのように他の人物(人格)偽装することは決してできない、意志であるよりも、このようにそのように行なう。

spiritus dantur etiam dolosi, qui induere possunt angelorum speciem, sed sunt pessimi, et usque manifestatur, quod astutia indoli eorum implantata est, 狡猾な霊たちもまた存在する、その者は天使の外見(姿)を装う(着る)ことができる、しかし、最悪である、またそれでも、現わされる、彼らの(生来の)性質に欺瞞(欺くこと)植え付けられていること。

pauci tales admissi sunt ad me, nam remoti erunt a consortio aliorum, ne inquinentur, et ob plures causas. わずかな者〔である〕このような者は、私に入る(=近づく)のを許された、なぜなら、彼らは他の者たちの交わりから遠ざけられているからである、汚さないように、また多くの理由のために。

1747, die 31 Aug. st. v. 1747831日に、旧暦。

 

(3) 訳文

来世での人間性質について

 

191.  来世での人間いのちが身体中あったときのようなではないというのはその時、偽うこと、何らかのものをうこととらかのものをなうことまたであるとき、知的っているふりをするができないからであるその時、意志に属す性質が残、性質まれなかった知的なものそのように意志に属す以外の他人物(人格)偽装することはしてできずそのようになう。狡猾たちもまた存在その天使外見うことができるしかし、最悪でありそれでも、彼らの性質欺瞞けられていることがらかにされる。私づくのをされたこのようなはわずかなであるなぜなら、彼らは、汚さないようにまたくの理由のために、他たちのわりからざけられているからである1747831日に、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095060