RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 194,195

(1) 原文

Quod spiritus et angeli autument ex se agere et loqui, tametsi ex aliis

 

194.  Saepius etiam observatum est, quod agerent et loquerentur mecum spiritus vel angeli, ac autumarent, quod ex se, cum tamen ex aliis se interioribus, ac intimioribus, quibus etiam data est copia remittendi et constringendi vinculum voluntatis ac oris, ut prius dictum [193], quod cum observassem, et iis dixissem, indignati parumper sunt, sed usque non potuerunt non agnoscere. Exinde concludere datur, quod continuae sint mediationes incomprehensibili modo distributae a Deo Messia, proinde etiam successivae mediationes permissionum, quae semper augescunt quoad mali intentionem, quo plus descenditur ad spiritus malos; inde sequitur, quod permissiones superiorum angelorum spectent meliores fines, quam inferiorum, ordine; et quod permissio a Deo Messia immediate, relicta, sit ob finem optimum, seu ultimum, nempe ob Regnum Coeleste, quoad homines, et sic ob gloriam Jehovae. 1747, d. 2 Sept. st. v.

 

195.  Quod permissionum sint successivae mediationes, satis quoque mihi constare potuit, quia aliquoties mihi concessum est permittere spiritibus loqui, et quidem secundum ea, ad quae prius animadvertebam, eos ex indole sua duci, nec potuerunt se continere, quin ea loquerentur, quamvis postea indignati sunt, quod ea iis permitterentur, nam sic detegebatur{1} eorum indoles.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. detebatur

 

(2) 直訳

Quod spiritus et angeli autument ex se agere et loqui, tametsi ex aliis 霊天使たちは自分自身から行動することとすことをしていると〕思っていることそれでもからそうしている

194.  Saepius etiam observatum est, quod agerent et loquerentur mecum spiritus vel angeli, ac autumarent, quod ex se, cum tamen ex aliis se interioribus, ac intimioribus, quibus etiam data est copia remittendi et constringendi vinculum voluntatis ac oris, ut prius dictum [193], さらにまた、さらにしばしば観察された、霊または天使たちが私と行動する、また話す、そして推測する(思っている)こと、自分自身から〔そうしている〕こと、そのときそれでも他の者から、自分自身〔よりも〕内的な者、そしてさらに内的な者〔から〕、その者にもまた、意志と口の抑制をゆるめる、また強める(締める)機会(能力)が与えられている、以前に言われたように〔193〕、

quod cum observassem, et iis dixissem, indignati parumper sunt, sed usque non potuerunt non agnoscere. そのことを私が観察した、また彼らに言ったとき、しばらく、彼らは憤慨した、しかし、それでも、認めないことができなかった。

Exinde concludere datur, quod continuae sint mediationes incomprehensibili modo distributae a Deo Messia, proinde etiam successivae mediationes permissionum, quae semper augescunt quoad mali intentionem, quo plus descenditur ad spiritus malos; このゆえに、結論することが与えられる、神メシアにより割り当てられた理解できない方法で、絶え間のない調停があること、したがって(それゆえに)、連続的な許しの調停もまた〔ある〕、それらは常に増大する、悪の意図に関して、それだけより多く、悪い霊へ降るほど。

inde sequitur, quod permissiones superiorum angelorum spectent meliores fines, quam inferiorum, ordine; ここからいえる、高い天使たちの許しは、低い〔天使たちの目的〕よりも、よりよい目的を眺めていること、順序で。

et quod permissio a Deo Messia immediate, relicta, sit ob finem optimum, seu ultimum, nempe ob Regnum Coeleste, quoad homines, et sic ob gloriam Jehovae. また、神メシアの直接の許しは、(利用するように)された(relinquo)、最良の目的のためであること、すなわち(または)、最終の、すなわち、天界の王国のために、人間に関して、またこのようにエホバの栄光のために。

1747, d. 2 Sept. st. v. 174792日、旧暦。

 

195.  Quod permissionum sint successivae mediationes, satis quoque mihi constare potuit, 許しの連続的な調停があること、〔そのこと〕もまた十分に私に明らかにすることができた、

quia aliquoties mihi concessum est permittere spiritibus loqui, et quidem secundum ea, ad quae prius animadvertebam, eos ex indole sua duci, nec potuerunt se continere, quin ea loquerentur, quamvis postea indignati sunt, quod ea iis permitterentur, 数回、私に霊たちと話すことが許すことが許された(与えられた)からである、そのうえ(実際に)それらにしたがって、それらに私が以前に留意した、それらを自分の(生来の)性質から導かれること、自分自身を抑えることもできなかった、むしろそれらを話す、たとえ後で憤慨しても、それらが彼らに許されことを。

nam sic detegebatur{1} eorum indoles. なぜなら、このように彼らの(生来の)質が明らかにされたからである。

 

(3) 訳文

天使たちは自分自身から行動、話すしているとっているそれでも、他からそうしていること

 

194.  しばしばさらにまた観察された。私行動、話または天使たちが、自分自身からそうしている〕とっていることであるそのときそれでも、自分自身よりも内的そしてさらに内的からでありそのにも、以前われたように193番〕、意志抑制をゆるめ、強機会(能力)えられているそのことを私が観察し、彼らに言ったとき、しばらく、彼らは憤慨したが、それでも、認めることしかできなかった。

 このゆえに、神メシアにより割り当てられた理解できない方法で、絶え間のない調停があること、したがって、連続的な許しの調停もまたあり、それらは常に、悪の意図に関して、悪い霊へ降るほど、それだけより多く増大する、と結論することが与えられる。ここから、高い天使たちの許しは、順序で、低い〔天使たちの目的〕よりも、よりよい目的を眺めていること、また、神メシアの(利用するように)された直接の許しは、最良のまたは最終の目的のため、すなわち、人間に関して天界の王国のため、またこのようにエホバの栄光のためであることがいえる。174792日、旧暦。

 

195.  許しの連続的な調停があることもまた私に十分に明らかにされることができた。数回(たびたび)、霊たちと話すことが許され、そのことが私に与えられたからである。実際に、私が以前に留意したものにしたがって、それらを自分の性質から導いており、自分自身を抑えることもできず、むしろそれらを話したのであった、たとえ後で、それらが彼らに許されことに憤慨しても。なぜなら、このように彼らの質が明らかにされたからである。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095064