RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 198

(1) 原文

Quod omnes spiritus et homines vinculis teneantur

 

198.  Quod saepissime observavi, erat, quod omnes spiritus vinculis tenerentur, nempe talibus vinculis quae coercerent, ne in libidines et cupiditates erumperent, una spirituum species{1} alio vinculo quam altera, et quousque licentia iis conceditur ruunt, sic in immensum, ni{2} tenerentur in vinculis convenientibus a Deo Messia, similiter etiam angeli, unusquisque enim, sicut homines{3}, radicitus malus est; hodie etiam comperii{a}, quod unus spiritus, dum ei vinculum relaxaretur, quod in altum volaret, et usque altius cuperet, sique ei licuisset secundum libidinem evolare, non dubito quin rumperetur, seu in nihilum laberetur, nam spiritus sicut homo, non desistit, a cupiditatis{4} suae aestu, antequam rumpitur, si ei licentia daretur, secundum impetum suae libidinis erumpere. 1747, die 5 Sept. st. v.

@1 sic J.F.I. Tafel ms. specie

@2 ms. ne ut apparet

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. homine

@4 sic J.F.I. Tafel; "cupiditatis pro cupiditats"

@a = comperi

 

(2) 直訳

Quod omnes spiritus et homines vinculis teneantur すべての霊と人間たちは抑制に保たれること

198.  Quod saepissime observavi, erat, quod omnes spiritus vinculis tenerentur, nempe talibus vinculis quae coercerent, ne in libidines et cupiditates erumperent, una spirituum species{1} alio vinculo quam altera, 極めてしばしば私は観察した、それがあった、すべての霊たちが抑制に保たれていること、すなわち、このような抑制に、それは抑制(制限)する、情欲(欲望)と欲望の中に突発しないように、霊たちのある種類に〔よって〕他の抑制が〔あり〕、それを他の者〔にある〕、

et quousque licentia iis conceditur ruunt, sic in immensum, ni{2} tenerentur in vinculis convenientibus a Deo Messia, また、許(放縦)が彼らに切り分けられる間に、突進する、このようにはてしなく、神メシアにより適切な抑制の中に保たれすらしない。

similiter etiam angeli, unusquisque enim, sicut homines{3}, radicitus malus est; 天使たちも同様である、というのは、それぞれの者が人間のように、根源で(根っこで)悪であるから。

hodie etiam comperii{a}, quod unus spiritus, dum ei vinculum relaxaretur, quod in altum volaret, et usque altius cuperet, sique ei licuisset secundum libidinem evolare, non dubito quin rumperetur, seu in nihilum laberetur, 今日もまた、私は知った、ひとりの霊が、彼に抑制がゆるめられる時、高いところへ飛ぶこと、またそれでもさらに高いところを欲する、そしてもし彼に情欲(欲望)にしたがって飛び出すことが許されたなら、私は疑わない、むしろ粉砕される、または無へ陥ること、

nam spiritus sicut homo, non desistit, a cupiditatis{4} suae aestu, antequam rumpitur, si ei licentia daretur, secundum impetum suae libidinis erumpere. なぜなら、霊人間のように、断念しない(やめない)らである、自分える欲望から、粉砕されるもし、彼(放縦)えられるなら、自分情欲(欲望)衝動突発することにしたがって

1747, die 5 Sept. st. v. 174795日に、旧暦。

 

(3) 訳文

すべての人間たちは抑制たれること

 

198.  極めてしばしば私は、すべての霊たちが抑制に保たれていることを観察した、すなわち、情欲と欲望の中に突発しないように制限)するような抑制であり、その抑制は、霊たちの種類によってさまざまであり、彼らに(放縦)がある間、神メシアにより適切な抑制の中に保たれすらしないようにも、はてしなく突進する。天使たちも同様である、というのは、それぞれの者が人間のように、根っこでは悪であるから。今日もまた、私は知った、ある霊が、抑制がゆるめられる時、高いところへ飛ぶこと、さらに高いところへ飛ぶこと欲することである、そしてもしその霊に情欲にしたがって飛び出すことが許されたなら、私は、むしろ粉砕されるかまたは無へ陥ることを疑わない。なぜなら、霊人間のように、自分える欲望からもし、自分(放縦)えられるなら、自分情欲衝動突発することにしたがって、粉砕されるやめないからである174795日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095067