RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 199

(1) 原文

De operatione spirituum ac angelorum circa cogitationes humanas

 

199.  Ab experientia confirmatum, quod, nisi spiritus, per quos inferiores hominis cogitationes seu ideae materiales ita dictae{1}, reguntur, simul cogitarent, nec tenerentur in eadem cogitatione cum ea, in qua homo est, dum cogitat vel loquitur, quod homo nequaquam cogitare posset, sed ex turba variarum cogitationum apud spiritus oriretur maxima obscuritas, ut ne hilum potuisset percipere, ne quidem in communibus. Quod autem angelos attinet, cumprimis intimiores ac intimos, ii videntur simul cum homine posse cogitare, quia in sphaera superiore sunt, quam ut eorum cogitationes possint influere ita in mentes humanas, ut eas distraherent, minus confunderent, nam una hominis cogitationis idea, ex indefinitis fere angelorum coelestium ideis potest concinnari, et praeterea, cogitationes angelorum concordes{2} et unanimes sunt, sic nequaquam distrahentes; maxime ideo delectantur homine fidem accipiente, nam tunc in{3} cogitationes ejus cum coelesti gaudio influere possunt, quapropter dictum est a      {4} quod angeli valde laetentur ex homine se resipiscente [Luc. XV: 7, 10], hoc est, homine fidem accipiente. 1747, die 5 Sept. st. v.

@1 sic J.F.I Tafel; ms. dicta

@2 ms. concodes

@3 ms. cum

@4 ms. spatium non impletum; J.F.I. Tafel [Deo Messia]〔間隔が満たされていない、ターフェルは Deo Messia を補うとしている〕

 

(2) 直訳

De operatione spirituum ac angelorum circa cogitationes humanas 人間の思考に関して霊そして天使たちの働き(作用)について

199.  Ab experientia confirmatum, quod, nisi spiritus, per quos inferiores hominis cogitationes seu ideae materiales ita dictae{1}, reguntur, simul cogitarent, nec tenerentur in eadem cogitatione cum ea, in qua homo est, dum cogitat vel loquitur, quod homo nequaquam cogitare posset, sed ex turba variarum cogitationum apud spiritus oriretur maxima obscuritas, ut ne hilum potuisset percipere, ne quidem in communibus. 経験から確信された、〜こと、霊たちが、その者によって人間の低い思考または物質的な観念を、そのように言われる、支配され、一緒に考え、それらとともに同じ思考の中に保たれもしないなら、その中に人間がいる、考えるかあるいは話す時、人間は決して考えることができないこと、しかし、霊たちのもとのいろいろな思考の群れから最大の暗さ(不明瞭)が起こる、少しも知覚することができないような、全般的なものの中でさえ〔でき〕ない。

Quod autem angelos attinet, cumprimis intimiores ac intimos, ii videntur simul cum homine posse cogitare, quia in sphaera superiore sunt, quam ut eorum cogitationes possint influere ita in mentes humanas, ut eas distraherent, minus confunderent, けれども、天使たちについては、特に、さらに内的な者そして最内部の者、彼らは人間と一緒に考えることができること、さらに高いスフェアの中にいるからである、彼ら(天使たち)の思考がそのように人間の心の中に流入することができるようなよりも、それらを引き離すような、まして混乱させる。

nam una hominis cogitationis idea, ex indefinitis fere angelorum coelestium ideis potest concinnari, et praeterea, cogitationes angelorum concordes{2} et unanimes sunt, sic nequaquam distrahentes; なぜなら、人間の思考の一つの観念は、天的な天使のほとんど無限の観念から構成されることができるからである、またほかに(さらに)、天使たちの思考は一致しているまた和合している、このように決して引き離されない。

maxime ideo delectantur homine fidem accipiente, nam tunc in{3} cogitationes ejus cum coelesti gaudio influere possunt, それゆえ、〔天使たちは〕人間に受け入れられた信仰を最大に喜ばされる、なぜなら、その時、彼の思考の中に天界の楽しさとともに流入することができるからである。

quapropter dictum est a      {4} quod angeli valde laetentur ex homine se resipiscente [Luc. XV: 7, 10], hoc est, homine fidem accipiente. そのために、〔神メシア☆〕により言われている、天使たちは大いに喜ばされること、自分自身を悔い改めた人間から〔ルカ15:7, 10〕、すなわち、人間に受け入れられた信仰を

原文でここは空白であり、J.F.I. Tafel は「神メシア」を補っています。

1747, die 5 Sept. st. v. 174795日に、旧暦。

 

(3) 訳文

199.  経験から確信された、人間思考または物質的観念そのようにわれるが、霊たちによって支配され、〔霊たちと〕一緒それらとともに思考たれもしないなら、考えるかあるいは時、その人間してえることができないことしかし、霊たちのもとのいろいろな思考れから、全般的なもののでさえ、少しも知覚することができないような、最大(不明瞭)こる

 けれども、天使たち、特さらに内的なそして最内部天使については、彼らは人間一緒えることができる、彼(天使たち)それらをすようにまして混乱させるように人間流入することができるようなものよりもさらにいスフェアのにあるからであるなぜなら、人間思考つの観念、天的天使のほとんど無限観念から構成されほかにも、天使たちの思考一致、和合このようにしてされることができないからであるそれゆえ、〔天使たちは〕人間れられた信仰最大なぜならその時、彼思考天界しさとともに流入することができるからであるそのために、〔神メシア☆〕により、天使たちは悔い改めた人間を、すなわち、人間に受け入れられた信仰を大いに喜ぶ、と言われているルカ15:7, 10〕。174795日、旧暦。

 

ここの原文は空白であり、J.F.I. Tafel は「神メシア」を補っています。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095068