RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 200

(1) 原文

Quod plura interiorum Verbi Dei Messiae,

non ab experientia hujus generis humani, sed ab antiqui et spirituum disci queant

 

200.  Permulta occurrunt in Verbo Dei Messiae, tam Veteris quam Novi Testamenti, quae non possunt non apparere, ac [non] intelligibilia, sed ob causam, quia mutatum prorsus est genus humanum, quod hodie vivit, ab iis, qui vixerunt in Ecclesia antiqua, et postea in primitiva; qui si vixissent, ab experientia et revelatione in se id probe scire potuissent, praeterea etiam a statu spirituum seu animarum humanarum, quae nunc implent ultimam sphaeram coelorum, melius id sciri potest; quae causa est, quod etiam ex iis experientias, rerum hodie quasi obliteratarum, adducere, et sic supplere ignorantiam, liceat: haec in praesentia spirituum, qui indignati sunt, quod ab iis experientia caperetur{1}, 1747, die 15 Sept. st. v., sicut{2} quid ebrius esse, quid erubescere, et similia.

@1 ms. caparetur

@2 ms. v. sicut〔原文ではv.sicutの間に何もなく、[,]を補った〕

 

(2) 直訳

Quod plura interiorum Verbi Dei Messiae, non ab experientia hujus generis humani, sed ab antiqui et spirituum disci queant 神メシアのみことばの内的な多くのものは、この(=現在の)類の経験からではない、しかし、古代〔人〕のまた霊たちの〔経験〕から学ばれることができること

200.  Permulta occurrunt in Verbo Dei Messiae, tam Veteris quam Novi Testamenti, quae non possunt non apparere, ac [non] intelligibilia, sed ob causam, quia mutatum prorsus est genus humanum, quod hodie vivit, ab iis, qui vixerunt in Ecclesia antiqua, et postea in primitiva; 神メシアのみことばの中に非常に数多く出てきている、旧い〔契約〕も新しい契約も、それらは現われないことができない、そして理解できる〔ない〕、しかし理由のために、人類がまったく変わったからである、それは今日生きる。彼らから、その者は古代教会の中で生きた、またその後、原始〔教会〕の中で。

qui si vixissent, ab experientia et revelatione in se id probe scire potuissent, praeterea etiam a statu spirituum seu animarum humanarum, quae nunc implent ultimam sphaeram coelorum, melius id sciri potest; その者はもし〔現在〕生きたなら、経験と啓示から自分自身の中で、そのことをよく知ることができたであろう、ほかに(さらに)たちのまたは人間の霊魂の状態からも、それらは、今や、天界の最外部のスフェアを満たしている、よりよくそのことを知ることができる。

quae causa est, quod etiam ex iis experientias, rerum hodie quasi obliteratarum, adducere, et sic supplere ignorantiam, liceat: それが理由である、彼らからの経験もまた、今日あたかも抹殺されたかのような事柄が、もたらされること、またこのように無知を補うことが、許されている――

haec in praesentia spirituum, qui indignati sunt, quod ab iis experientia caperetur{1}, これらは彼らの居合わせる中で〔書かれた〕、その者は憤慨した、彼ら(=自分たち)から経験が得られていること、

1747, die 15 Sept. st. v., 1747915日に、旧暦。

sicut{2} quid ebrius esse, quid erubescere, et similia. 〜のように、何が「酔っている」ことか、何が「赤面すること」か、また同様のこと。

 

(3) 訳文

メシアのみことばの内的な多くのものは、この(=現在の)類の経験からではなく、古代人や霊たちの経験から学ばれることができること

 

200.  メシアのみことばの、旧約聖書新約聖書、現われそして理解できないものが非常数多てきているそれらは、今日生きる人類、古代教会に、またその後、原始教会に生きたからまったくわってしまったという理由のためである。それらの者がもし〔現在〕生きたなら、経験啓示から自分自身ほかにも、、天界最外部のスフェアをたしているたちのまたは人間霊魂状態からもよりよくそのことをることができたであろうそれが理由であり、彼らからの経験もまた、今日あたかも抹殺されたかのような事柄がもたらされこのように無知うことがされている――これらはらの居合わせる〔書かれ〕、彼らは、経験自分たちからられていることに憤慨した1747915日、旧暦。そのように、「酔っている」ことが何か、「赤面すること」が何か、また同様のこと〔が何か〕。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095069