RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 201

(1) 原文

Odor foedus

 

201.  Quando vera et bona fidei destruuntur et sic obstruuntur, tunc repraesentantur ea per odores foedos, instar stagni, ac instar cadaveris, ita quoque si propter voluptates hominis; quare odor teter et foedus similiter mihi est exhibitus, clausis oculis tempore noctis.

 

(2) 直訳

Odor foedus 不快な臭い

201.  Quando vera et bona fidei destruuntur et sic obstruuntur, tunc repraesentantur ea per odores foedos, instar stagni, ac instar cadaveris, ita quoque si propter voluptates hominis; 信仰の真理と善が破壊され、またこのようにさえぎられる時、その時、それらが不快いによって表象される、池のようなそして死体のようなそのようにまた、もし、人間の欲望のために〔何かが行なわれている〕なら。

quare odor teter et foedus similiter mihi est exhibitus, clausis oculis tempore noctis. それゆえ、忌まわしいまた不快いが同様われた、夜閉ざされて。

 

(3) 訳文

不快

201.  信仰の真理と善が破壊され、このようにさえぎられる時、それらが池のようなそして死体のような不快いによって表象されるそのようにまたもし、人間欲望のために〔何かがなわれているならそれゆえ、忌まわしく不快いが同様われた、目閉じた夜

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095070