RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 203

(1) 原文

De spirituum et angelorum statu percipiendi{1} ea quae sunt in corpore et in mundo

 

203.  Status angelorum et spirituum in hominibus, est, ut nihil possint percipere ab iis, quae sunt in sphaeris inferioribus, solum in iis, quibus porta in coelum aperta est, tunc vacare potest homo internis, abductis sensibus ab externis; quod tunc percipiant angeli et spiritus, in causa est, quod ii tunc attrahant quasi perceptiones, et homo cum iis communicet eas per reflexiones, quae sunt quasi invitationes ad percipiendum ea, quae extra eos sunt, hoc permultis confirmatum est, quare angeli et spiritus nihil prorsus percipiunt ab humanis, nisi quantum a Deo Messia, iis datur copia; quod ad reflexionem ut percipiant, multa dicenda forent. 1747, die 4 Oct. st. v.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. percipienda

 

(2) 直訳

De spirituum et angelorum statu percipiendi{1} ea quae sunt in corpore et in mundo それらを知覚する天使たちの状態についてそれらは身体の中と世の中にある

203.  Status angelorum et spirituum in hominibus, est, ut nihil possint percipere ab iis, quae sunt in sphaeris inferioribus, solum in iis, quibus porta in coelum aperta est, 人間の中の天使と霊たちの状態は、〜である、それらから何も知覚することができないような、それらはより低いスフェアの中にある、彼らの中にだけ、その者に天界の中への門が開かれている、

tunc vacare potest homo internis, abductis sensibus ab externis; その時、人間は内なるものに専心する(没頭する)ことができる、感覚で外なるものから引き出されて。

quod tunc percipiant angeli et spiritus, in causa est, quod ii tunc attrahant quasi perceptiones, et homo cum iis communicet eas per reflexiones, quae sunt quasi invitationes ad percipiendum ea, quae extra eos sunt, その時、天使と霊たちは知覚すること、理由の中にいる、彼らは、その時、いわば知覚(知覚対象・知覚されたもの)を引き寄せる、また人間は彼らとそれらを熟考によって伝達する、それらはそれら知覚すべきものへのいわば招待である、それらは彼らの外にある。

hoc permultis confirmatum est, quare angeli et spiritus nihil prorsus percipiunt ab humanis, nisi quantum a Deo Messia, iis datur copia; このことは非常に多くのもので確信された、それゆえ、天使と霊たちは人間からはまったく何も知覚しない、神メシアから〜のかぎりでないなら、彼らに機会が与えられる。

quod ad reflexionem ut percipiant, multa dicenda forent. 知覚するための熟考について、多くのものが言われなければならなかった(接続未完了)☆。

接続法・未完了で書かれているので、このようになっていますが、「述べておくべきであった」⇒「機会があったらいつか述べたい」ということでしょう。

1747, die 4 Oct. st. v. 1747104日に、旧暦。

 

(3) 訳文

身体の中と世にあるもの知覚する天使たちの状態について

 

203.  人間天使たちの状態、天界へのかれているのよりいスフェアのにいるだけにありそれらから知覚することができないようなものその時、人間感覚なるものからされてなるものに没頭することができるようなものであるその時、天使たちは知覚その理由、彼らがその時、いわば知覚対象、人間熟考によってらにそれらを伝達するからであるそれらはらのにある知覚すべきものへのいわば招待であるこのことは非常くのもので確信されそれゆえ、天使たちは人間からは、神メシアから、彼らに機会えられないかぎりまったく知覚しない。知覚するための熟考について、多くのものがわれなければならなかった(いつかべたい)1747104日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095072