RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 204

(1) 原文

De gentibus seu non instructis, quod facilius in Regnum Coeleste perveniant quam instructi

 

204.  Hodie mihi per vivam experientiam ostensum est, quomodo gentes, quoad indolem mali{a}, facilius{1} arripiant fidem, et charitatem exerceant, quam qui instructi fuerunt, gentes alioquin malae indolis aliquamdiu fuerunt, et plura mala excitarunt, sed ob causam, quod non potuissent audire et percipere ea, quae dicta et loquuta sunt; arbitratus sum quod essent mali spiritus, postmodum autem, quum lux intellectualis iis ex misericordia Dei Messiae data sit, ut perciperent sicut instructi, inceperunt loqui, et tam pie, inclamantes misericordiam Dei Messiae, et charitatem erga caeteros professi ex corde sunt, ita admissi, ut interessent, qui tam modeste se praebuerunt, et tam intelligenter ac sapienter, ut non potuissem non mirari, dum contra ii qui instructi, indignati, quod admitterentur, in coelum, ita qui spiritus arbitrati in angelos versi sunt: de persequutiones eorundem hac nocte, et praecedente vespera, aliquid non possum loqui, praeter quod persecutiones et lamentationes essent; arbitrari possum, quod persequutiones essent piorum{a} gentium, ab instructis. 1747, die 6 Oct. Sic et confirmatur quod venturi ab Arabia, qui pudore afficerent instructos, sicut in Cap. LXVI. Esaj. legitur. Obs: quando lux intellectualis iis aufertur, tunc sunt mali, quod etiam valde questi sunt, at vero dum lux intellectualis affulget, tunc cito convertuntur et sunt boni et chari; aliter instructi.

@1 in ms. facili in facile emendatum〔修正されている〕

@a gentes hic ut alibi masculine dictum〔ここに、他の箇所のように、男性で言われている、とありますが、当然なので、この注の意味がよくわかりません〕

 

(2) 直訳

De gentibus seu non instructis, quod facilius in Regnum Coeleste perveniant quam instructi 異教徒またはえられなかったについて、さらに容易に天界の王国の中へやって来ること、教えられた者よりも

204. Hodie mihi per vivam experientiam ostensum est, quomodo gentes, quoad indolem mali{a}, facilius{1} arripiant fidem, et charitatem exerceant, quam qui instructi fuerunt, 今日、私、生きとした経験によって示された、どのように異教徒が、(生来の)性質に関して悪い者〔異教徒〕、容易に信仰を把握するか、そして仁愛を実践する、教えられた者よりも。

gentes alioquin malae indolis aliquamdiu fuerunt, et plura mala excitarunt, sed ob causam, quod non potuissent audire et percipere ea, quae dicta et loquuta sunt; そうでなければ(意訳します)、悪い(生来の)性質の異教徒が、しばらくいた、また多くの悪をかきたてた、しかし、理由のために、それらを聞くことと知覚することができなかったこと、それらは言われ、話された。

arbitratus sum quod essent mali spiritus, 私った、彼らが悪霊であったこと

postmodum autem, quum lux intellectualis iis ex misericordia Dei Messiae data sit, ut perciperent sicut instructi, inceperunt loqui, et tam pie, inclamantes misericordiam Dei Messiae, et charitatem erga caeteros professi ex corde sunt, けれども、理解力(知的)に神メシアの慈悲から与えられた時、教えられた者のように知覚するために、話すことを始めた、またこのように敬虔に、神メシアの慈悲を懇願して、他の者に対する仁愛を心から示した、

ita admissi, ut interessent, qui tam modeste se praebuerunt, et tam intelligenter ac sapienter, ut non potuissem non mirari, のように許された(入れられた)、間にあるために☆、その者はこれほどに謙虚に自分自身をさし出した、またこれほどに知的にそして賢明に、私が驚かされることができないように。

「何の」間にあるかは、「天界の王国」でしょう。直後には「天界」とあります。

dum contra ii qui instructi, indignati, quod admitterentur, in coelum, ita qui spiritus arbitrati in angelos versi sunt: その時、彼らにしてその教えられた、憤慨した、入れられたこと、天界の中へ、そのように、その者は霊たちが天使に変えられた、と思った――

de persequutiones eorundem hac nocte, et praecedente vespera, aliquid non possum loqui, praeter quod persecutiones et lamentationes essent; このまた先立()この迫害について、何らかのものをすことができない、迫害悲嘆があったこと以外

arbitrari possum, quod persequutiones essent piorum{a} gentium, ab instructis. 私は思うことができる、敬虔な異教徒に、教えられた者から迫害があったこと。

1747, die 6 Oct. 1747106日。

Sic et confirmatur quod venturi ab Arabia, qui pudore afficerent instructos, sicut in Cap. LXVI. Esaj. legitur. このように、また確信された、アラビアからやって来ることになること、その者は恥ずかしさで教えられた者をひき起こす、「イザヤ書」第66章に読まれるように。

Obs: quando lux intellectualis iis aufertur, tunc sunt mali, quod etiam valde questi sunt, 注意☆――理解力の(知的な)光が彼らから取り去られる時、その時、彼らは悪い、そのこともまた大いに不平を言う(苦情を訴える)

Obs. observario(注意・注目)の略語。

at vero dum lux intellectualis affulget, tunc cito convertuntur et sunt boni et chari; しかし、理解力の(知的な)光が照らす時、その時、すぐに回心させられる(変えられる)また善良で愛すべきものである。

aliter instructi. 教えられた者に異なっている。

 

(3) 訳文

異教徒またはえられなかった者が、教えられた者よりも、さらに容易に天界の王国の中へやって来ることについて

 

204. 今日、私、生きとした経験によって示された、性質に関して悪い異教徒が、教えられた者よりも、どのように、容易に信仰を把握し、そして仁愛を実践するか。それほどに悪い性質でない異教徒が、しばらくいて、多くの悪をかきたてた、しかし、それらを聞き、知覚することができなかったの理由のために、それらが言われ、話された。私、彼らが悪霊であるとったけれども、理解力、教えられた者のように知覚するために、彼に神メシアの慈悲から与えられた時、神メシアの慈悲を懇願し、他の者に対する仁愛を心から示して、このように敬虔に話すことを始め、のように天界に入るのが許された、その者はこれほどに知的にそして賢明に、私が驚くしかないほどにも、これほどに謙虚に自分自身をさし出した。

その時、教えられた者は、彼らが天界の中へ入れられ、そのように霊たちが天使に変えられた、と思って、その者たちに対して憤慨した――私このまたこの迫害について、迫害悲嘆があったこと以外すことができない。私に、教えられたから敬虔異教徒迫害があったえる1747106日。

 このように、また確信された、「イザヤ書」第66章に読まれるように、教えられた者に恥ずかしさをひき起こす者がアラビアからやって来ることになることである。

 注意――理解力の光が彼らから取り去られる時、彼らは悪い、そのことに大いに不平を言う、しかし、理解力の光が照らす時、すぐに変えられ、善良で愛すべきものになる。教えられた者には異なっている。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095073