RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 205

(1) 原文

De fallaciis sensuum in omnibus rebus, quibus nisi discussis nusquam apparere potest veritas

 

205.  Angeli valde mirati sunt, quod homines hujus temporis, etiam qui docti audiunt, non capiant, quo homo ex tribus distinctis facultatibus consistant{1}, quae nempe se referunt [ad]{2} totidem coelos angelorum, praeter corpus quod moriturum est; tum etiam valde mirati sunt, quod nesciant adhuc, hominis vitam nusquam hominis esse, sed vitam omnem infundi a Deo Messia, quod nempe tantae umbrae et fallaciae sint, ut vix aliter autumare queant, quam quod oculus ex se videat, sic quod mens interior ex se sentiat, et quod intellectus humanus ex se intelligat, cum tamen inferior a suo superiori, et omnes a Supremo, sic a Deo Messia, sunt modo organica quae homo habet, ex quibus fluunt differentiae, ut notum esse potest. Quare nisi homo fallacias istas discutit, nusquam potest dici quod in veritate sit; ut fidem habeat, necessum est ut veritas{3} credatur, id pandit viam ad Deum Messiam, Qui est Ipsa Veritas. Quare etiam mirantur valde, quum homo ne [quidem] percipiat causas proximas naturalium objectorum, quod etiam non fidem habere velit spiritualibus, coelestibus ac Divinis, quae remotae, remotiores et remotissimae sunt, nisi eas oculis queat percipere et quasi sentire. 1747, 9 Oct.

@1 sic ms.; vide praefationem hujus editionis sub capite "Idiosyncrasies" 〔特異な表現について参照〕

@2 sic J.F.I. Tafel

@3 ms. in veritate m[aneat]

 

(2) 直訳

De fallaciis sensuum in omnibus rebus, quibus nisi discussis nusquam apparere potest veritas すべての事柄での感覚欺きについて、それらで追い散らされないなら狄人瓩老茲靴童修錣譴襪海箸できない

205.  Angeli valde mirati sunt, quod homines hujus temporis, etiam qui docti audiunt, non capiant, quo homo ex tribus distinctis facultatibus consistant{1}, quae nempe se referunt [ad]{2} totidem coelos angelorum, praeter corpus quod moriturum est; 天使たちは大いに驚いた、この時代の人間たちが、学識ある者と聞いている者もまた、把握していない、そのことを、人間が三つの区別のある(明確な)能力から構成される、すなわち、それらは同じ数の天使の天界に関係する、身体のほかに、それは死んでゆく。

tum etiam valde mirati sunt, quod nesciant adhuc, hominis vitam nusquam hominis esse, sed vitam omnem infundi a Deo Messia, なおまた、さらにまた大いに驚いている、依然として知らないこと、人間のいのちが決して人間のものではない、しかし、すべてのいのちは神メシアから注ぎ込まれること、

quod nempe tantae umbrae et fallaciae sint, ut vix aliter autumare queant, quam quod oculus ex se videat, sic quod mens interior ex se sentiat, et quod intellectus humanus ex se intelligat, cum tamen inferior a suo superiori, et omnes a Supremo, sic a Deo Messia, すなわち、それほどの陰(やみ)欺きがあること、ほとんど異なって思うことができないような、目がそれ自体から見ること以外に、このように内的な心がそれ自体から感じること、また人間の理解力がそれ自体から理解すること、そのときそれでも、低いものがその高いものから、またすべてのものは最高の者(至高者)から、このように神メシアから〔である〕、

sunt modo organica quae homo habet, ex quibus fluunt differentiae, ut notum esse potest. 単なる器官(有機体)ある、それらを人間は持つ、それらから相違が流れ出る、よく知られることができるように。

Quare nisi homo fallacias istas discutit, nusquam potest dici quod in veritate sit; それゆえ、人間はその欺きが追い散らされないなら、決して言われることができない、狄人瓩涼罎砲い襪海函

ut fidem habeat, necessum est ut veritas{3} credatur, id pandit viam ad Deum Messiam, Qui est Ipsa Veritas. 信仰を持つために、狄人瓩信じられることが必要である、そのことが神メシアへの道を開く、その方は狄人瓩修里發里任△襦

Quare etiam mirantur valde, quum homo ne [quidem] percipiat causas proximas naturalium objectorum, quod etiam non fidem habere velit spiritualibus, coelestibus ac Divinis, quae remotae, remotiores et remotissimae sunt, nisi eas oculis queat percipere et quasi sentire. それゆえ、さらにまた大いに驚いた、人間が自然的な対象の最も近い原因を決して知覚しない時、霊的なものに、天的なものに、そして神的なものに信仰を持つこともまた欲しないこと、それらは遠い、さらに遠い、最も遠いものである、それらを目で知覚することができないなら、またいわば感じること。

1747, 9 Oct. 1747109日。

 

(3) 訳文

すべての事柄での感覚欺きについて、それらが追い散らされないなら狄人瓩老茲靴童修錣譴襪海箸できない

 

205.   天使たちはこの時代人間たちが、学識あるといているもまた、人間つの区別のある能力から構成されることを把握していないことにいにいたすなわちそれらは天使天界関係、死んでゆく身体とは能力であるさらにまた、人間のいのちがして人間のものではなくすべてのいのちはメシアからまれることを依然としてらないことにいにいている。すなわち、目がそれ自体からこのように内的がそれ自体からじるまた人間理解力がそれ自体から理解するとしか、ほとんどなってうことができないような、それほどのやみときがあることであるそのときそれでも、低いものがそのいものからまたすべてのものが最高のものからこのようにメシアからであるよくられている(ことができる)ように、人間にあるものはなる器官ありそれらから相違ている

 それゆえ、人間はそのきがらされないなら、決して、狄人瓩涼罎砲い襪噺われることができない。信仰つためには、狄人瓩信じられることが必要であり、そのことが狄人瓩修里發里任△蕕譴訖瀬瓮轡△悗瞭擦魍く。

 それゆえさらにまたいにいた、人間自然的対象原因して知覚しない時、霊的なものに、天的なものにそして神的なものにそれらはさらに、最いものであるそれらにそれらを知覚することまたいわばじることができないなら、信仰つこともまたしないことである1747109日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095074