RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 206

(1) 原文

[VOLUMINIS PRIMI, extractorum sectio secunda, continens paragraphos 206 ad [972a], originaliter ex Indice Biblico Librorum Propheticorum extractas]{1}

 

Quod Abrahamus non sciat nos, ut legitur [Esaj. LXIII:16], quodque angeli non sciant

 

206.{2} Diu autumavi, quod angeli intimi ac intimiores scirent, quid agerem, et cogitarem, quoniam ab iis arbitrabar{3} venire, quod compescerentur continue falsorum spirituum intentiones malae, et falsiloquia, verum quum aliquoties ex Divina Dei Messiae misericordia, cum aliis loqui liceret, qui intellectualia eorum ad me deferrent, dictum est ab iis, quod prorsus nescirent, quid agerem, nec viderent, sicut spiritus proximi, verum quod usque continue essent in reactione contra conatus et actus spirituum malorum seu sphaerae eorum, quam optime sentiebant, sed ex qua causa et ex quo homine nesciebant, ita solummodo est Deus Messias, Qui per angelos Ipsius agit, Qui singularissima videt et novit, et sic disponit humanos conatus, hoc nunc est, quod intelligitur per ea verba, quod "Abraham non cognoscit nos"; hodie per abstractam quandam cogitationem, ascendebat aliquid ad angelos, quibus{4} movebantur, quod mirati, et sic per alios mecum loquuti. 1747, die 13 Oct. st. v. Angeli nec scire volunt, quid peragitur in terris, quia norunt quod nihil non perversum et vastatum est, quare desiderant, ut Regnum Dei Messiae veniat, sperantes quod sic aperiretur communicatio inter eos et homines.

@1 vide praefationem hujus voluminis sub capite "Numbers 206 to [972a]"

@2 hic supra post 205 ut ei infra post 972 inseruit J.F.I. Tafel paragraphum a nobis [972a] numeratam; vide praefationem hujus voluminis sub capite "Numbers 206 to [972a]"

@3 in ms. arbitror in arbitrabar emendatum

@4 sic ms.

この段落は『索引』の Angelus では次のようになっています。

 Quod angeli inteioris coeli nihil perceperint a sensualibus meis, sed usque quod in continua reactione communi fuerint contra singula tentamina malorum spirituum, de quibus etiam viva voce instructus: tum ex eo, quod iis datum subito quid percipere, quod mirati unde; et quod non desiderent in terrenis esse, quia remotiora ab iis, perversa, et particularia, n. 206. (さらに内的な天界の天使は、私の感覚ののものからは何も知覚しなかった、しかしそれでも絶え間のない全般的な反応(反動)があった、悪霊の個々の企て(試み)に対して、それらについてもまた、生き生きとした声で教えられた。なおまたそのことからも〔教えられた〕、彼ら(天使たち)に急に何かを知覚すすることが与えられること、ここから〔彼らは〕驚かされれたこと。また地の中にいること欲しない(=世俗的なものを望まない)と、彼らから遠ざかったもの、ゆがめられたもの、個別のものであるからである、206番。)

 

(2) 直訳

[VOLUMINIS PRIMI, extractorum sectio secunda, continens paragraphos 206 ad [972a], originaliter ex Indice Biblico Librorum Propheticorum extractas]{1} 

この第1(VOLUMINIS PRIMI)、引き出したもの第二断片(section)は、206 から [972a] までの段落を含んでいます、もとは『預言者の書の聖書(?)索引』から引き出しています。1 は失われた番号(箇所)についての「まえがき」参照ということです。

 

Quod Abrahamus non sciat nos, ut legitur [Esaj. LXIII:16], quodque angeli non sciant アブラハムは私たちを知らないこと、〔イザヤ63:16 に〕読まれるように、そして天使たちは〔私たちを〕知らないこと

206.{2} Diu autumavi, quod angeli intimi ac intimiores scirent, quid agerem, et cogitarem, quoniam ab iis arbitrabar{3} venire, quod compescerentur continue falsorum spirituum intentiones malae, et falsiloquia, 長い間、私は思っていた、最内部そしてさらに内的な天使たちは知っていること、何を私が行なっているか、また考えているか、彼らからやって来ることを私は思っていたので、偽りの霊たちの悪の意図が絶えず抑制されている(comprimo)こと、またうそを語る〔意図〕。

verum quum aliquoties ex Divina Dei Messiae misericordia, cum aliis loqui liceret, qui intellectualia eorum ad me deferrent, dictum est ab iis, けれども、数回、神メシアの神的慈悲から、他の者と話すことが許された時、その者は彼らの知的なものを私に伝えた、彼らから言われた、

quod prorsus nescirent, quid agerem, nec viderent, sicut spiritus proximi, verum quod usque continue essent in reactione contra conatus et actus spirituum malorum seu sphaerae eorum, quam optime sentiebant, 彼らがまったく知らないこと、何を私が行なっているか、彼らは見てもいない、最も近い霊のように、けれども、絶えず悪い霊のまたは彼らのスフェアの努力と活動に対して反動の中にいること、それを最もよく感じていた、

sed ex qua causa et ex quo homine nesciebant, しかし、何の(どのような)原因からか、またどのような人間からか彼らは知らなかった。

ita solummodo est Deus Messias, Qui per angelos Ipsius agit, Qui singularissima videt et novit, et sic disponit humanos conatus, そのように神メシアだけである、その方がご自分の天使によって行なう、その方が最も個々のもの(最小のもの)を見る、また知る、またこのように人間の努力を配置する(整える)

hoc nunc est, quod intelligitur per ea verba, quod "Abraham non cognoscit nos"; さて(そこで)このことである、それらのことばによって意味されること、「アブラハムは私たちを知らない」こと。

hodie per abstractam quandam cogitationem, ascendebat aliquid ad angelos, quibus{4} movebantur, quod mirati, et sic per alios mecum loquuti. 今日、何らかの抽象的な思考によって、何らかのものが天使へのぼった、それらで彼らは感動させられた、驚いたこと、またこのように他の者を通して私と話した。

1747, die 13 Oct. st. v. 17471013日に、旧暦。

Angeli nec scire volunt, quid peragitur in terris, quia norunt quod nihil non perversum et vastatum est, quare desiderant, ut Regnum Dei Messiae veniat, sperantes quod sic aperiretur communicatio inter eos et homines. 天使たちは知ることも欲しない、何が地の中で起こっているか、知っていたので、ゆがめられてないまた荒れ果てて(ない)のは何もないこと、それゆえ、望んでいる、神メシアの王国がやって来ること、期待して、このように彼らと人間の間の伝達が開かれることを。

 

(3) 訳文

〔イザヤ63:16 に〕読まれるように、アブラハムは私たちを知らないこと、そして天使たちは〔私たちを〕知らないこと

 

206. 長い間、私は、偽りの霊たちの悪の意図、うそを語る意図のやって来ることが絶えず抑制されている、と思っていたので、最内部そしてさらに内的な天使たちは、何を私が行なっているか、また考えているか、知っていると思っていた。けれども、数回、神メシアの神的慈悲から、他の者と話すことが許され、その者が自分の知的なものを私に伝えた時、彼らから言われた、彼らが、私が何を行なっているかまったく知らないこと、彼らは、最も近い霊のように見てもいない、けれども、絶えず悪い霊のまたは彼らのスフェアの努力と活動に対して反動の中にいること、それを最もよく感じていた、しかし、どのような原因からか、またどのような人間からか彼らは知らなかった。そのように神メシアだけが、その方がご自分の天使によって行ない、その方が最小のものを見、知り、このように人間の努力を配置される。そこで、このことが「アブラハムは私たちを知らない」のことばによって意味されることである。今日、何らかの抽象的な思考によって、何らかのものが天使へのぼり、それらで彼らは感動させられ、驚いた、またこのように他の者を通して私と話した。17471013日、旧暦。

 天使たちは、地上で何が起こっているか知ることを欲しない、ゆがめられ、た荒れ果ててないものは何もないことを知っていたからである、それゆえ、神メシアの王国がやって来ることを、このように自分たちと人間の間の伝達が開かれることを期待して、望んでいる。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095075