RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 215

(1) 原文

De cupiditatum, affectionum et desideriorum varietate

 

215.  Omnia desideria, tam edendi et bibendi, cum suis varietatibus, et omnium sensuum, tum eundi, proficiscendi, quotcunque eorum sunt genera et species, per longum tempus ita regebantur, mutabantur et variabantur a spiritibus et angelistam{1} manifeste, ut nihil manifestius dari queat, ut dicitur, et hoc per diutini temporis experientiam, per menses et annosut{2} inde manifeste concludere{3} possunt, quod omnia desideria, quaecunque sunt, et regunt vitam, et cogitationem{4}, unice a spiritibus et angelis, ita permittente, copiam dante, et volente Deo Messia, influant. 1747, 22 Oct. st. v. Variationes lentae fuerunt, et subitae, utque confirmarer, cum{5} spiritibus quibus permissum erat, loquebar; et de variatione ista loquutus, etc. etc.

@1 ms. angelis, tam

@2 ms. annos, ut

@3 imperfectum in ms.

@4 sic J.F.I. Tafel; ms. cogitatione

@5 ms. confirmarer cum〔コンマ(区切り)入れる〕

 

(2) 直訳

De cupiditatum, affectionum et desideriorum varietate 欲望の、情愛のまた願望の多様性(変化)ついて

215.  Omnia desideria, tam edendi et bibendi, cum suis varietatibus, et omnium sensuum, tum eundi, proficiscendi, quotcunque eorum sunt genera et species, per longum tempus ita regebantur, mutabantur et variabantur a spiritibus et angelis− すべての願望は、このように食べるまた飲む、その多様なものとともに、またすべての感覚も、なおまた行く、旅立つ、それらの属と種がどれほど多くても、長い期間にわたってそのように支配され、また変化された、霊と天使たちによって――

tam{1} manifeste, ut nihil manifestius dari queat, ut dicitur, et hoc per diutini temporis experientiam, per menses et annos− そのように明らかに、さらに明らかなものが何も存在することができないように、言われたように、またこのことが、長く続く期間の経験によって、月と年にわたって――

ut{2} inde manifeste concludere{3} possunt, quod omnia desideria, quaecunque sunt, et regunt vitam, et cogitationem{4}, unice a spiritibus et angelis, ita permittente, copiam dante, et volente Deo Messia, influant. (そのことを=qupd以下)ここからはっきりと結論することができる、すべての欲望は、どんなものであっても、またいのちを、また思考を支配している、もっぱら霊と天使たちから、そのように許されて、機会を与えられて、また神メシアに欲しられて、流入する。

1747, 22 Oct. st. v. 17471022日、旧暦。

Variationes lentae fuerunt, et subitae, utque confirmarer, cum{5} spiritibus quibus permissum erat, loquebar; 多様性(変化)はゆっくりであった、また急のもの、そして私が確信された(接続)ために、霊たちと、その者に許された、私が話す。

et de variatione ista loquutus, etc. etc. またその多様性(変化)などなどについて話された

 

(3) 訳文

欲望、情愛願望多様性ついて

 

215.  すべての願望、食むようなまたすべての感覚なおまた、旅立その多様なものとともにそれらのがどれほどくても、長期間にわたって、霊天使たちによってそのように支配され、変化された――そのようにらかにされたさらにらかなものが存在することができないようも、言われたようにこのことが、多くの年月にわたる期間経験によって――ここからはっきりと結論することができるすべての欲望どんなものであってもいのちをまた思考支配もっぱら天使たちからそのようにされて、機会えられてまたメシアにしられて、流入することである17471022日、旧暦。変化はゆっくりであり、また急なものであった、そして私が確信されるために、私は霊たちと話すことが許され、その多様性などについて話された。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095082